水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > キッチンのトラブル > シンク下に防臭キャップをつけて悪臭を解消しよう!悪臭の原因と対策

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

シンク下に防臭キャップをつけて悪臭を解消しよう!悪臭の原因と対策

キッチンや洗面所は毎日料理をするほか、歯磨きすることで排水溝に汚れが付着するなど、シンク下に悪臭が発生する要因がいくつかあります。なかには掃除しても臭いがとれない、なんて経験をした人もいるでしょう。

じつは、その臭いはパイプの隙間が原因かもしれません。パイプの内部はなかなか自分で掃除することができないのですが、防臭キャップを使うことで悪臭を解消することができるのです。

この記事では、防臭キャップの設置方法や悪臭を解消するための対策方法をご紹介します。居心地のよい家にするためにも不快な悪臭は消していきましょう。

シンク下のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

シンク下の悪臭は防臭キャップで対処!

シンク下の悪臭は防臭キャップというアイテムで対処することができるのです。防臭キャップは、下水管から発生する悪臭を防ぐものになります。床と排水管の隙間に防臭キャップを設置することで悪臭のトラブルを解決することができるのです。

しかし、マンションや賃貸の人は自分で防臭キャップを設置する前に、事前に管理人に連絡する必要があります。なぜなら、管理会社が提携している業者が対応してくれる場合があるからです。

防臭キャップの役割

シンク下の悪臭は防臭キャップで対処!

掃除しているのにシンク下が臭うときは、排水ホースを確認してください。なぜなら、床とホースに隙間があると、そこから臭いが発生していることがあるからです。そんな臭いは、防臭キャップを取り付けることで解消することがあるのです。

防臭キャップは排水ホースに取り付けることで、床と密着させ隙間をなくす役割があります。そのため、隙間からの臭いを抑える効果があるのです。防臭キャップはホームセンターなどで比較的簡単に手に入れることができます。そのため、自分でも取り付けることができるのです。

また、防臭キャップの取り付けは簡単かつ取り付けに工具も必要ないので、悪臭に悩んでいる人は試してみてはいかがでしょうか。

シンク下に防臭キャップを取り付ける方法

防臭キャップを正しく使うには適したサイズを用意する必要があります。なぜなら、サイズが違うとはまらないほか、隙間が空いたままで効果が薄くなるからです。そのため、防臭キャップを用意するときは、サイズを確認しましょう。

サイズを選ぶときのポイントは、排水口と排水ホースの直径を確認することです。キッチンと洗面所では排水口の大きさが異なることがあります。一般的に、排水口が32 mm、排水ホースが50 mmといわれていますが、マンションなどでは異なるので事前に計っておきましょう。

最近では、どんな大きさにも調整できる万能タイプの防臭キャップもあります。間違ってサイズの違いものを購入したいためにも、調整できる万能タイプを検討してみてください。

取り付け方は、シンク下を確認して排水ホースを確認します。このとき、排水ホールにある水があふれてくる可能性があるので、タオルなどを用意しておきましょう。また、ぬれないよう周辺にものを置かないようにしてください。

排水ホースが床につながっているので、そこの箇所を開けます。排水管につながっているホースを外して防臭キャップを取り付けましょう。防臭キャップを取り付けて再度、排水管につなげれば完成です。

防臭キャップは正しく取り付けないと外れてしまうことがあります。自分でおこなうのが難しいときは、業者に依頼しましょう。「水110番」は水のトラブルのプロです。設置方法がわからないときは相談して解決していきましょう。

シンク下の悪臭は、保管している食材に臭いが移るおそれがあります。そうならないためにもしっかりと臭いを消していきましょう。

シンク下のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

防臭キャップでは解消できない悪臭

定期的にシンク回りを掃除していても、臭いだけが消えないなどのトラブルも少なくありません。防臭キャップをしていても悪臭が解消できない場合は原因を調査し、適した方法で対処することが大切です。ここでは、自分でできる悪臭の解消方法をご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

築年数が古い家などでは、排水トラップがついていない場合があります。排水トラップは、悪臭や害虫の侵入を防ぐための装置です。そのため、排水トラップがない家はホームセンターなどで購入して設置することをおすすめします。

キッチンでは、ゴミをキャッチする水切りネットをゴミ受けで使っている人も多いでしょう。この水切りネットは定期的に交換する必要があります。なぜなら、放置することでゴミが腐敗し、ぬめりが発生する原因となるからです。腐敗したゴミは臭いが発生する前にキレイにしておきましょう。

キッチンの排水管は汚れていることが多いです。なぜなら、食器についた油は水に溶けにくく排水管まわりに付着し、汚れがたまりやすくなるからです。排水管についた油汚れを落とすには、重曹とお酢を使ってキレイにしていきましょう。

用意するものは、重曹、お酢、50度のぬるま湯です。重曹とお酢の割合は、2:1で使います。まずは排水溝に重曹を回しかけてください。その上に、お酢をそそぎましょう。そしたら泡が発生するので、30~40分ほど放置してから、ぬるま湯をそそいでください。これで、汚れが落ち、臭いが解消されるのです。

排水管は、食べカスが水と一緒に流れるため、汚れがつきやすい場所になります。そのため、日ごろから臭いを発生させたいために毎日食べカスを取り除くことが大切です。お皿を洗う前にティッシュなどで油などを落としてから洗うとよいでしょう。

防臭キャップをしていても臭いが解消できない場合は、排水管と床の接続部分に問題があるおそれがあります。シンクの下に排水管が床と接続している塩ビ管のジョイントが外れていないか、劣化して亀裂が入っていないか確認していきましょう。外れていたら、しっかりつなげてあげ、亀裂が入っていたら、交換してください。

防臭キャップの使い方は比較的簡単ですが、シンク下の排水管を取り外していく作業は構造をしっかり確認してからおこなうようにしましょう。取り付けたとしても、元に戻せなくなったりするほか、設置方法が間違って臭いが軽減されないケースも少なくありません。

自分で防臭キャップを設置するのが難しいときは、業者に相談しましょう。「水110番」は、どんな水のトラブルにもスピーディーに解決します。豊富な知識と経験からお客様がどんな状況なのかをしっかり把握して適切なアドバイスもおこなっているのです。24時間いつでも電話やメールでのお問い合わせが可能なので、気軽に相談してください。

悪臭を解消する方法

外出先から家に帰ってきたときに、突然シンク下から悪臭がしたなどのトラブルも少なくありません。定期的に掃除をしていても、排水管までが掃除が行き届くことは難しいですが、自分でも悪臭を解消する方法があります。排水管の構造を把握して、正しい掃除をすることが大切なのです。この章では、排水管の構造と、掃除方法についてご紹介します。

悪臭の解消法

悪臭の解消法

悪臭の原因のひとつとして、排水管に汚れがつまっていることがあります。排水管は下水の臭いを防ぐために排水トラップと呼ばれるフタがあります。このフタの下には空気の層があり、ここで下水の臭いを遮断してくれるのです。また、害虫の侵入を防ぐ効果もあります。

排水トラップは悪臭の原因となる汚れが付着しやすいため、掃除をしてキレイにする必要があります。しかし、排水トラップを掃除したことがない人も多いのではないでしょうか。そこで、排水トラップの掃除方法をご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

【掃除】
排水管や排水トラップを掃除するときは、ジェルタイプのパイプクリーナーがおすすめです。ホームセンターやスーパーなどで手に入ります。使い方は、ジェルを排水口に直接そそいでください。そそいだら約20~30分おいて、浸透させましょう。その後、多めの水でしっかり流すことで汚れが落ちます。

製品の使い方は取扱説明書に従いましょう。説明書の指示以上の時間で放置することは逆効果なので気をつけてください。長時間放置することでパイプの中でジェルが乾いてしまい、つまりの原因になるおそれがあるのです。また、強力な薬剤を使っているタイプもあるので換気は忘れずにおこないましょう。

【排水管の交換】
掃除や薬剤を使用しても悪臭が解消できない場合は、排水管の交換をおすすめします。長年使っているとパイプ内に汚れが蓄積し、固まってこびりついてしまうのです。そうなってしまったら薬剤を使用しても汚れが落ちづらいため、交換することで解消させましょう。

排水管の交換は業者に任せましょう

排水管には種類が豊富で、どれを選んでよいか判断が難しいでしょう。そのときは、業者に相談することをおすすめします。なぜなら、業者は経験豊富でどんな排水管でもスピーディーに交換することが可能です。しかし業者に依頼となると、費用面も気になる人多いでしょう。ここでは、業者に依頼したときの費用相場についてご紹介します。

・キッチンの悪臭解消 5,700円~
・排水管の高圧洗浄 18,000円~
・排水管の交換 現場見積り

業者によっては、上記の金額の中に基本料金と出張費が含まれていることがあります。しかし、別途交通費が請求される場合もあります。業者に依頼するときは、最初に見積りを出してもらい、内訳を確認することでどんな費用がかかるか知ることが大切です。

また、排水管の交換には、家によって排水管の構造がさまざまなので現場で見積りを出すケースが多いです。相場を知るためにも3社ほどの業者に相見積りしてもらうことをおすすめします。

「水110番」では、電話で相談が無料のほか、現地調査を無料でおこなっています。また、見積り後からさらに追加で費用が発生することがないため安心です。また、見積りの金額がそぐわないときはキャンセルが可能です。悪臭に悩まされる前に相談してトラブルを解決していきましょう。

シンク下のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

悪臭の予防法

毎日の食事ででるゴミは、極力シンクに流さないことが悪臭の予防につながります。そのため、日々の生活でできる悪臭の予防方法をご紹介します。日ごろから悪臭を漂わせないためにも自分でもしっかり予防していきましょう。

悪臭の原因の多くは食べカスなどを放置して腐敗することです。そのため、シンクには食べカスはもちろんのこと、油も極力流さないようにしましょう。油は、排水管につきやすく蓄積すると悪臭になるおそれがあります。油がついたお皿はティッシュなどでふき取ってから洗うようにしましょう。

また、排水管に汚れが付着しないよう、日ごろからこまめに掃除することが大切です。汚れが固まって悪臭が漂う前に、定期的にパイプクリーナーなどで掃除を心がけてください。

それでも、排水桝や排水管の奥など手の届かない箇所で悪臭が発生することがあります。この箇所の悪臭は自分で掃除をすることができないので、業者に依頼しましょう。業者は高圧洗浄を使ってトラブルを解消してくれます。

掃除できないからといって放置すると、臭いが悪化するだけでなく、つまりとなって水漏れするおそれがあるので、すばやい処置が大切です。水のトラブルで困ったことがあれば業者に依頼して解決していきましょう。

「水110番」は、キッチン以外でも洗面所やお風呂といった水回りのトラブルのプロです。

水のトラブルで不安を感じたら業者に依頼して解決していきましょう。多少の臭いを放置すると、どんどん蓄積され、悪臭につながります。悪臭をすぐに消して、快適な生活をおくりましょう。

シンク下のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較