水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > お風呂のトラブル > 風呂の排水溝に水がたまっているのは”つまり”かも|解消法を解説!

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

風呂の排水溝に水がたまっているのは”つまり”かも|解消法を解説!

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

お風呂の排水溝に水がたまっている、それは”つまり”のサインかも

お風呂は、毎日入るので排水溝に髪の毛などのゴミが付着すると水がたまって流れにくいことがあります。そのため、こまめに掃除をして予防することが大切です。

掃除を怠ってしまうと汚れが蓄積され、薬剤などを使用して取り除く必要があります。それでもお風呂の排水溝の流れが悪い場合は、なにかがつまっている可能性があるのです。

この記事では、自分でもできるお風呂の排水溝に水がたまったときの対処法をご紹介します。また、つまりの原因がわからない場合は、水のトラブルの業者に依頼することを検討してみてください。業者に依頼するときの費用相場についても解説してきます。

どうしてお風呂の排水溝がつまるの?

どうしてお風呂の排水溝がつまるの?

お風呂は毎日使う場所だからこそ、排水溝に髪の毛や石鹸カス、皮脂などが知らないうちにたまっていきます。このようなゴミや汚れが蓄積されることで水が流れにくくなり、つまりの原因につながるのです。

また、排水溝つまりの原因はそれだけではありません。つまりを解消するには原因によって対処法が異なり、掃除方法も変わってきます。そのため、つまりの原因をしっかりと理解することが大切です。

こんなものがつまりやすい!

お風呂の排水溝つまりの原因はさまざまです。そのため、どんなものがつまりやすいのか確認していきましょう。

・髪の毛
お風呂の排水溝のつまりの原因で一番多いのは髪の毛です。髪の毛は一人あたり1日に平均90~100本ほど抜けていくのです。とくに、髪が長い人は1回のお風呂で排水溝に髪の毛がびっしりたまることもあります。そのため、排水溝がつまらないよう毎回お風呂からでたら髪の毛を取り除くとよいでしょう。

・皮脂
体から出る汚れには皮脂が含まれています。皮脂は排水溝の内部に付着して蓄積されてしまい、水が流れにくくなるのです。そのため、定期的に排水溝の掃除をするほか、重曹などのアルカリ性の薬剤を使ってつまりを解消する必要があります。

・洗剤カス
お風呂で全身を洗うときは、石鹸やシャンプーなどさまざまな洗剤を使うでしょう。しかし、これらの洗剤カスは排水溝にたまった髪の毛などに付着します。付着した洗剤カスは蓄積すると粘る性質があり、これがつまりの原因になるのです。洗剤カスはアルカリ性の薬剤を使うことで取り除くことができます。

・固形物
シャンプー液などを補充するとき、あやまってビニール袋の切れ端などを流してしまったことはありませんか。ビニールや透明の小さい容器などはお風呂の蒸気で視界が悪いと発見しにくいものです。そんな固形物はつまりの原因になります。

水がたまっていたら排水トラップを確認してみよう

お風呂の排水溝には、排水トラップと呼ばれるものが存在します。排水トラップ内には封水という水がためられており、下水からくる臭いや虫が室内に侵入しないようにするための役割を果たしています。

排水トラップはワントラップとドラムトラップの2種類あります。排水トラップは各ご家庭で異なるのでご自宅の排水溝はどのタイプか確認していきましょう。排水トラップの種類によって掃除方法が異なります。

・ワントラップ
排水管にお椀のようなフタがついているタイプです。このタイプは、フタによって下水の臭いや虫の侵入を防ぎます。手で簡単にフタを取り外してお手入れができるのですが、封水が蒸発しやすいので下水の臭いが漂うことがあるのです。

・ドラムトラップ
貯水している箇所がドラム官のような筒状のものになります。築年数が比較的新しい住宅ではこのタイプが多いです。しかし、このタイプは自分で手入れすることが難しいため、つまったら業者に依頼することをおすすめします。

また、築年数が古い家などでは、お風呂の排水溝にトラップがない場合もあります。排水トラップがないと、お風呂の水が直接排水管に流れるので下水の臭いがすることが多いです。

臭いが気になる人は、排水トラップや防臭キャップなどを新たに設置して、排水口にフタをすることで臭いが軽減されることがあります。排水トラップや防臭キャップはホームセンターや通販で購入可能です。

値段は商品によって差がありますが、1,000円以内で購 入できるものも多く、設置も簡単なので試してみてはいかがでしょうか。ただし、購入の際は、排水溝の大きさの確認を忘れないようにしましょう。

排水トラップの掃除方法

お風呂の掃除を定期的におこなっている人も多いでしょう。しかし、排水トラップまで掃除する人は少ないかもしれません。排水トラップを掃除しないでおくと、汚れが蓄積されてつまってくるおそれがあります。そのため、しっかりと排水トラップを掃除して汚れを取り除くことが大切です。

排水溝がつまったらまず試してほしい掃除方法をご紹介します。排水管洗浄剤とワイヤーブラシ、ラバーカップを用意してください。掃除は、以下のような手順でおこないます。

<手順>

  1. ヘアキャッチャーのゴミを取り除く
  2. 排水トラップを取り外す
  3. 排水トラップについているゴミを取り除く
  4. 洗い流す
  5. 逆の手順で排水トラップなど部品を取り付ける

ワントラップもドラムトラップも、掃除方法はほとんど変わりません。しかし、ドラムトラップのドラムというパーツは取り外すのが難しいこともあるので、不安なときはむやみに外そうとしないでください。

工具などを使用して力をかけてしまうと、ドラムをロックしている突起が破損してしまうおそれもあるからです。

つまりがひどいときには、ラバーカップやワイヤーブラシを使って汚れを除去します。ラバーカップは、排水口にぴったりと隙間なくくっつけて押し引きすることで、異物などつまりの原因を取り除けます。

ワイヤーブラシは、つまりの原因となる蓄積した髪の毛などの汚れをかきだすようなイメージで使用します。つまりの性質にあわせて使いわけましょう。

道具を使ってもつまりが解消しない場合は、排水管洗浄剤を使いましょう。排水管洗浄剤を使うときは必ず換気をしてください。なぜなら強力な薬剤が使われていることがあり臭いもきついため、密室で使うと気分が悪くなるおそれがあるのです。

つまりの原因がわからない場合は?

排水トラップを掃除してもつまりが解消されず、原因が特定されない場合は、業者に依頼することをおすすめします。間違った対処をしてしまうと、配管が傷むなどトラブルが悪化するおそれがあるのです。そのため自分で対処できないときは業者に相談しましょう。

弊社では、水のトラブルを解決するプロをご紹介いたします。修理実績も多く、豊富な知識をもつ業者がトラブルを解決します。弊社では、365日いつでも電話でのご相談を受け付けています。水のトラブルはいつ起きるか予測できません。深夜でも困ったことがあれば、つまりを悪化させないためにもご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

排水トラップを掃除してもダメ…そんなときの解決法

排水トラップを掃除しても、またすぐにつまることがあります。業者に依頼するほどのつまりでなければ自分で対処したいですよね。そこで、自分でできる解決法をいくつかご紹介しますのでぜひ試してみてください。

【方法1】ワイヤーハンガー|すべてのつまりに

【方法1】ワイヤーハンガー|すべてのつまりに

ワイヤーハンガーはどんなつまりの原因にも比較的効果があるといわれています。ワイヤーハンガーの使い方は、まず排水トラップを外し、排水管の中に差し込みます。排水溝内にあるつまりにワイヤーハンガーの先があたったら、つまりに穴を開けるようなイメージで押し込んでみましょう。

つまりに穴が開き、少しずつ水が流れればつまりが解消された証拠です。曲がっている構造の排水管にも届くので、奥につまった汚れを除去することができるのです。

【方法2】パイプクリーナー|髪の毛つまりに

髪の毛がつまりの原因であれば、パイプクリーナーが効果的です。髪の毛の成分はタンパク質なので、パイプクリーナーがこれを分解し溶かすことでつまりが解消されます。

【方法3】ラバーカップを使う|固形物に

ラバーカップと聞くと、トイレのつまりと思う人も少なくないでしょう。しかし、お風呂の排水溝のつまりにも効果があるのです。ラバーカップは、排水口に直接カップを強く押しこみ、ゆっくり引いていきましょう。1度で効果がなければ数回おこなうことで固形物などのつまりが除去されるのです。

【方法4】重曹とクエン酸を使う|皮脂つまりに

皮脂がつまりの原因なら、重曹とクエン酸を使うと効果的です。皮脂は蓄積すると粘る性質があります。重曹はご家庭でも使うことがあるものなので、ぜひ試してください。クエン酸がない場合は、お酢でも代用可能です。

重曹とクエン酸を3:1で混ぜてください。混ぜ合わせたものを排水溝に回しかけましょう。そのあと、水をゆっくりそそいでください。この3つが合わさることで化学反応が起きて泡が発生します。泡が発生したら60分ほど置いてから水で流してください。これで、汚れがきれいに取れてつまりが解消されます。

【方法4】クエン酸と塩素系漂白剤は併用NG!

つまりを解消するために塩素系の漂白剤を使う人も多いでしょう。しかし、塩素系漂白剤とクエン酸を併用するのは危険なのでやめてください。

なぜなら、有毒ガスが発生し、換気が悪いと気分が悪くなるほか、人体に影響を及ぼす危険があります。それぞれ単体で使う分には問題ないですが、併用しないように注意してください。

ご紹介した解決法でもつまりが解消されない場合は原因が他にあると考えられます。自分でつまりが解消されない場合は、業者に依頼しましょう。自分で間違った方法をおこなうと排水管が傷ついてつまりが悪化するおそれがあります。そのため、お風呂のトラブルで困ったことがあれば、プロの業者にご相談ください。

弊社は全国の加盟店と提携しているため、ご希望にそった業者をご紹介できるほか、業者による現地調査を無料でおこなっています。お風呂まわりのあらゆるトラブルでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

早急なつまり解消への近道はプロを頼ること

排水溝がつまってお風呂に入れなくなってしまったら放置せず、すぐに業者に依頼しましょう。業者は高圧洗浄などあらゆる道具を使ってつまりを解消していきます。放置してしまうと水がたまり、床が水浸しになるおそれがあるため、すぐに対処する必要があります。

しかし、業者といってもどこに連絡すればよいか判断が難しいことがあります。なかには、高額請求する悪徳な業者もいるようです。そのため、信頼できる業者を探して依頼する必要があります。

そして、つまりを解消するために業者に依頼するとなると、費用もいくらかかるか気になりますよね。ここでは、業者に依頼したときの費用相場も一緒に説明していきますので参考にしてみてください。

つまりに気付いたら早く解消しよう

つまりに気付いたら早く解消しよう

排水溝に水がたまっているときは、つまりが原因なのですぐに解消していきましょう。放置すると、悪臭や虫が侵入するほか、逆流して水漏れするおそれがあります。二次被害を引き起こさないためにも早急な対応をすることが大切です。

つまり解消にかかる費用は?

業者に依頼しようか検討するときは、費用もどのくらいかかるか相場を知っておくと判断材料にもなります。つまりの度合いによって費用は変動しますので参考程度にしておいてください。

  • 排水溝のつまり 約4,000円~
  • 排水トラップ清掃 約5,000円~
  • 高圧ポンプ使用 約20,000円

業者によっては、この費用のなかに基本料金、作業料金、出張費が含まれています。しかし、別途交通費がかかる場合もあるので、最初に見積りを出してもらいましょう。また、3社ほどの業者と相見積りをするものひとつの方法です。

日ごろから予防することも大切

業者に依頼する場合、かかる費用はけっして安くはありません。急な出費で頭を抱えてしまう前に、日ごろからつまらないように予防しておきましょう。ここでは、自分でできる予防方法をご紹介しますので、試してみてください。

・ヘアキャッチャーで髪の毛がつまるのを予防
排水溝に髪の毛が入らないようヘアキャッチャーを設置しましょう。シールタイプやシリコンタイプなど種類が豊富です。また、ヘアキャッチャーには、カビや細菌の発生を防ぐ効果もあります。

・こまめに排水溝の汚れを取り除く
お風呂の排水溝はいつも清潔にしたいですよね。パイプクリーナーはつまってから使う人もいますが、つまる前にも使える優れものなのです。定期的にパイプクリーナーを使うことでつまりの予防につながるので、掃除のタイミングで一緒に使うとよいでしょう。

排水溝つまりの原因はさまざまです。原因を特定して正しい対処法で解消していきましょう。しかし、自分で対処できないつまりは業者に依頼して解決するのもひとつの方法です。一人で問題を抱え込まず、水のトラブルのプロに相談してみましょう。

弊社では、お困りの方がどんなトラブルを抱えているのかしっかり要望を聞いて正しい対処法で解決していきます。つまりを放置すると、水漏れなどトラブルが悪化するおそれがあるので早急な解決が必要です。水回りで困ったことがあれば、いつでもご連絡ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較