水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 洗面所のトラブル > 洗面台の排水管の接続部から水漏れした!修理するための方法とは

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

洗面台の排水管の接続部から水漏れした!修理するための方法とは

本コラムでは洗面台の排水管の接続部から水漏れする原因、対処法についてご紹介します。洗面台の排水管は劣化により水漏れしてしまうことがあります。洗面台の排水管の水漏れを放置していると悪臭や漏電などさまざまな弊害が生じるので、できるだけ早く対応しましょう。自分で交換するのが難しそうであれば、業者に依頼することで安全に交換が可能です。

排水管の水漏れに困っており原因が知りたい、もしくは交換をしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

洗面台の水漏れは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

洗面台の構造|排水管から水漏れする原因とは

まずは、排水管から水漏れしている原因を追究しましょう。どのような原因で排水管が水漏れしているのかを知っておくことで、原因に適した修理をおこなうことができます。

ここからは、洗面台の排水管の接続部から水漏れがする原因や洗面台の構造について解説いたします。

洗面台の構造

洗面台の構造

洗面台はおもに以下の4つのパーツにわけられます。

1.洗面器
蛇口からの水を受ける場所です。手を洗う際などに水を受けているのはこの洗面ボウルで、デザイン一つとってもカラフルなものや特殊な形のものなど多岐に渡ります。洗面器の上部に穴があいていることがありますが、これは「オーバーフロー穴」といって洗面器から水あふれないようにするものです。

2.排水金具
洗面器の水を流したり、溜めたりする際に排水口に装着する金具のことをいいます。排水金具は排水栓とも呼ばれています。

3.止水栓
洗面台の水を配水・止水するための栓のことです。水漏れなどのトラブルが起きた際に止水栓を閉めることで、配水を止めることができます。

4.排水トラップ
洗面台の下につながっている管のことをいいます。S字タイプとP字タイプがあり、排水溝内からの悪臭やガスを遮断する役割をもっています。

洗面台の排水管から水漏れする原因

洗面台の排水溝から水漏れが起きている場合、以下のような原因が考えられます。

・接続部の緩み
洗面器と排水管をつなぐ接続部はナットというねじで固定されています。この接続部が緩んでいると接続部のすき間から水漏れが起きることがあるのです。

・パッキンの劣化
洗面器と排水管はナットでつながれていますが、排水管とナットの間にパッキンが挟まれています。パッキンはすき間をなくすことで水漏れを起こさないようにする道具です。しかし、その反面消耗品なので劣化してしまいます。

・排水管の劣化
排水管が割れていたり折れていたりする場合、そのすき間から水漏れしているかもしれません。長年排水管をチェックしていないという場合は、劣化のおそれがあるでしょう。

日常的に使う洗面台は、パッキンや排水管など劣化しやすい箇所が多く、水漏れの原因になりやすいでしょう。もしも自分で原因がわからなければ、業者へお任せください。弊社では加盟店スタッフが、排水管が水漏れしている原因を突き止めます。排水管の水漏れでお困りの方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

洗面台の水漏れは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

洗面台排水管の接続部からの水漏れ修理法

これまで洗面台の構造や、水漏れする原因についてご紹介してまいりました。次に洗面台排水管の接続部から水漏れが起きた場合の修理方法についてご紹介していきます。業者へ依頼する際のコツについてもご紹介しておりますので、参考にしてみてください。

自分で修理してみる【作業手順】

自分で修理してみる【作業手順】

洗面台排水管の接続部が緩んでいる場合は閉める必要があります。接続部の緩みでできた隙間から水漏れが起こるおそれがあるためです。しかし、接続部の緩みを閉めても水漏れが直らない場合は、パッキンと排水管の交換が必要になります。ここでは、パッキンと排水管の交換方法・手順についてご紹介します。

【パッキンの交換方法】

1.止水栓をしめる
作業中に水が漏れてこないよう、あらかじめ止水栓を閉めます。

2.ナットを回して緩める
ナットは、レンチを使って緩めることが可能です。

3.排水トラップを取り出す
ナットを緩めていくことで排水トラップを取り外すことができます。排水トラップのなかには水が溜まっているので、こぼれてしまわないように水を受けるバケツを用意しておきましょう。

4.パッキンを交換する
パッキンによって種類が異なるので、種類や大きさなどの互換性があるかどうか確認します。

5.ナットをしめる
緩めるときに使ったレンチでしっかりと閉めましょう。

6.止水栓をあける
パッキンの交換後、水漏れが起きないかテストします。

【排水管の交換方法】

1.止水栓を止める
パッキンと同様に、作業中の水漏れを防ぐために止水栓を閉めましょう。

2.ナットを回して緩める
レンチを使ってナットを緩めます。

3.古い排水管を新しい排水管と交換する
排水トラップが付いている場合は、トラップ部分を外してから交換します。排水管はきつめにセットしましょう。

4.ナットをしめる
レンチを使ってナットを閉めます。

5.止水栓をあける
少しも水漏れもないかどうか、止水栓をあけて確認しましょう。

このように、洗面台排水管の部品交換は、DIYも不可能ではありません。しかし、自分で修理をしても直らないこともあるので無理はしないようにしましょう。

プロに依頼する【業者選びのコツ】

「自分で直す術が見つからない……」という場合は、業者へ依頼するのも一つの方法です。業者へ依頼して一番に得られるメリットは、なんといっても「徹底力」です。自分で作業をおこなうと水漏れが再発してしまうこともしばしば。しかし、業者であれば豊富な知識と経験で、すぐに原因を突き止めて問題を解消することができます。

水漏れ修理の費用相場は、部品の交換で約8,000円~20,000円です。よりよい業者を選ぶためにも、同じ条件で複数の業者に見積りを依頼する「相見積り」をとるとよいでしょう。相見積りをとることで、提示された費用と費用相場を見比べることができるため、お得な業者を選びやすくなります。

初めて業者に依頼する場合、「どんな点に注目して業者選べばいいの?」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方は以下の3点を参考にしてみてください。

1.追加料金はないか
業者によっては、見積り後に追加料金を請求してくる場合があります。そのため、追加料金がかかる場合は、事前に伝えてくれる業者を選ぶようにしましょう。

2.現地調査をおこなっているか
電話で大体の見積りを提示するだけではなく、現地調査をおこなったうえで見積りを提示してくれる業者がおすすめです。なぜなら、水のトラブルは千差万別であり具体的な作業内容は、実際に目で見て確認しないとわからないことが多いためです。電話だけで見積りを済まると、作業日になってから料金が変更されるおそれもあります。

3.電話対応の様子はどうか
電話の対応は、実店舗でいうフロントスタッフの役割と同じです。顔こそ見えないものの、電話での受け答えのスムーズさ、丁寧さによってその業者の特長を伺い知ることができます。このときの電話対応がスムーズかつ丁寧であれば、実際の作業もスムーズかつ丁寧におこなってもらえることが多いでしょう。

弊社では無料での現地調査をおこなっているだけでなく、見積りご提示後に追加料金をいただくことはございません。「初めて業者に依頼するので不安……」という方でも、しっかりとお悩みをお聞きしたうえで、最適な業者を手配いたしますので、安心してご連絡ください。

洗面台の水漏れは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

その他の洗面台トラブル解消法|臭い・詰まり

これまで、水漏れしている洗面台排水管の接続部を交換する方法についてご紹介してまいりました。ここからは、水漏れ以外の洗面台トラブルについてご説明します。「最近洗面台から異臭が……」「洗面台の詰まりが気になる!」という方は必見です!

悪臭がする

悪臭がする

水回りというのはどうしても、カビが発生しやすい場所です。なぜかというと、カビは湿り気のある陰った場所を好みます。そのため、水を扱う洗面台はカビや細菌が発生し、悪臭がするのです。

排水管のなかにある排水トラップのなかには、悪臭を抑えるために「封水」と呼ばれる水溜まりのようなものがあります。この封水が蒸発することで、洗面台にまで悪臭が広がるのです。封水が少なくなっていると感じた場合は、水をゆっくり流しこむことで臭いが落ち着くでしょう。

排水管の接続部分に取り付けられている防臭パッキンに隙間がある場合は、防臭パッキンを交換します。排水パイプに損傷がある場合は排水パイプを交換しなくてはなりません・補修テープで損傷部分を修復することで一時的に解決はしますが、あくまで応急処置です。早めに業者へ交換を依頼するようにしましょう。

つまる・水が流れにくい

洗面台の前で髪の毛を整えたり、手を石けんで洗ったりすることも多いのではないでしょうか。このときに抜け落ちた髪の毛や石けんカスなどの汚れが蓄積されると、洗面台がつまる原因になります。ブラシで排水管を掃除する必要があるでしょう。

もしもヘアピンやピアスなどの固形物を流してしまった場合は排水トラップの分解をしなくてはなりません。自分で分解することができないタイプのものもあるので、強引に外そうとするのは控えて、業者へ依頼するのが賢明です。

水110番は水漏れやつまりなど、水回りで起きがちなトラブルに対応しております。洗面台周辺のあらゆるお悩みは弊社にご相談ください。水トラブルを迅速に解決へ導きます。

洗面台の水漏れは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較