水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 排水管・排水口のトラブル > 排水トラップの構造と役割を解説!悪臭やつまりを防ぐお掃除の方法

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

排水トラップの構造と役割を解説!悪臭やつまりを防ぐお掃除の方法

浴室やキッチンなどの排水管のほとんどには、下水からの臭いや虫の侵入を防ぐために排水トラップと呼ばれる構造が採用されています。排水トラップは快適に生活するにあたり、とても重要な構造なのです。この排水トラップに問題があると、排水口から下水の嫌な臭いが漂ってきたり、害虫が侵入したりします。この記事では、排水トラップの構造について詳しくご説明しつつ、排水口の掃除の仕方や詰まりの解消方法についてご紹介していきます。

排水トラップの構造と臭いの原因

排水口をしばらく使っていないと、排水口から悪臭が臭ってくることがあります、こういった臭いの原因は、排水トラップと呼ばれる排水口の構造の異常によるものが多いです。そこでここでは、排水トラップとは一体どのようなものなのか、その役割と悪臭が発生する原因についてご説明いたします。

排水トラップの種類

準備するもの

排水トラップというものは、簡単にいうと排水管の構造のことをさします。排水トラップにはいくつか種類があり、それぞれ長所と短所がありますので、順にご紹介いたします。

・椀トラップ

椀トラップは文字通り、お椀をひっくり返したような構造をとっている排水トラップのことです。このシンプルな形ゆえに掃除が簡単であるといった長所がありますが、後に説明する「破封」と呼ばれる異常が起こりやすいという短所もあります。

・ドラムトラップ

排水口がドラム状の構造をとっているものです。ドラム状の構造をとることで多くの水をトラップ内に溜めることができ、溜まっている水がなくなりにくいといった長所があります。しかし、ほかのトラップとは違い、トラップ内を排水が流れることである程度トラップ内が勝手に洗浄されるといった自己洗浄作用がないため、つまりが起きやすいという短所もあります。

・管トラップ

管トラップは、一般家庭に広く普及しているタイプの排水管の構造で多くの人が見たことがあると思います。こちらは、S字、U字、P字といった形に配管を曲げることで、意図的に水を溜めることのできる空間を作りあげているものです。

長所としては、ほか構造に比べてスペースをとらない、自己洗浄作用があるといったことがあげられます。短所としては、ほかの構造に比べて髪の毛などがつまりやすいといったことがあげられます。

排水トラップの役割

排水管は、下水管とつながっています。このため、排水管に何も工夫していないと下水の嫌な臭いや害虫が、排水管を通って家の中に入ってきてしまいます。このような事態を防いでくれているのが排水トラップなのです。

悪臭の原因と対策

本来、排水トラップは下水の嫌な臭いを防ぐための構造です。そのため、排水口から悪臭が発生しているということは、排水トラップ内で破封と呼ばれるトラブルが起こっていることが考えられます。

・破封(はふう)とは

本来、排水管の中には、下水からの悪臭や虫の侵入を防ぐために、水が溜めてあります。その水のことを「封水」と呼ぶのですが、その封水が何らかの理由により本来の役割を果たせなくなると、排水管から悪臭がしたり、害虫が侵入したりすることがあるのです。この封水が役割を果たせなくなることを「破封」といいます。

破封が起こってしまう原因はいくつかあります。「自己サイフォン現象」「吸い込み作用」「毛管現象」「蒸発」の4つが代表的なものです。以下でひとつひとつ詳しく説明していきます。

・自己サイフォン現象

自己サイフォン現象は、浴槽の中に溜まった水を抜くときやシンクに水を流すときなど、水を一度に勢いよく大量に流すときに起こります。

排水口に水を一度に大量に流すと、排水管内に勢いよく水が流れます。これにより、排水管に溜まっていた封水がその勢いで流されてしまうのです。排水管内の封水が流されて、量が少なくなってしまうと、破封が起こってしまうのです。これが自己サイフォン現象です。

自己サイフォン現象の原因は簡潔にいってしまえば、水を勢いよく流してしまうことです。このため、自己サイフォン現象による破封を予防にするには、勢いよく水を流しすぎないことを意識することが重要になってきます。また、勢いよく流してしまったら、その後にゆっくりと水を排水管の中に流して封水を溜めるなど封水が少なくならないように気をつけるようにしましょう。

・吸い込み作用

お風呂場やトイレからの排水管は、排水立管と呼ばれる排水管に合流しています。一般的な住宅であれば、各場所にある排水管は排水立管を介してつながっているということです。そのため、上階の排水管において排水が勢いよく流されると、水を流していない排水管においてサイフォン現象が起こり、封水の量が減少してしまうことがあります。これを吸い込み作用といいます。

吸い込み作用への対策ですが、自己サイフォン現象への対策と同様です。封水が少なくなって破封が起こらないように水を一度に勢いよく流さないように意識してあげることが大切です。また、水を勢いよく流してしまったら、その後にゆっくりと水を排水管の中に流して封水を溜めるなど、封水が少なくなりすぎないように気をつけるようにしましょう。

・毛管現象

排水管に、髪の毛などといったものが流れずに引っかかっていると、水の表面張力によって封水が髪の毛を通じて吸い上げられるという毛管作用が起きてしまいます。これにより封水が少しずつ流れて出して封水の量が減少し、破封が起こることがあります。これを毛管現象といいます。

毛管現象による破封は簡単にいってしまえば、排水管内の汚れが原因です。このため、予防としてはパイプクリーナーなどを使って排水管内の汚れやつまりを取り除いて排水管内をキレイに保ってあげるようにすることが効果的です。

・蒸発

長い間、水が流されないままの状態が続くと、排水溝の中が乾燥していきます。排水管の中にある封水も普通の水ですから、排水溝内の乾燥状態が長く続けば、蒸発して封水が少なくなってしまうのです。蒸発がずっと継続されれば、やがて破封が起こってしまいます。

蒸発による破封を防ぐには、定期的に水を排水口からゆっくり流し込んで封水を補給してやったり、封水蒸発防止剤を流しこみ蒸発しにくくしてやったりすることが効果的です。また、旅行などで長期間水道を使わない場合は排水口にサランラップ等をまいて封水が蒸発しにくいような環境を作ってやるのもおすすめです。

排水口から生じる嫌な臭いの原因とその対策についてご紹介いたしました。排水口からの臭いが破封によるものだった場合、ご紹介した対策を実践することで状況が大きく改善することが考えられます。しかし、臭いが改善されない場合は、排水トラップそのものに欠陥があることが考えられます。

ご家庭で対策してみて、十分な効果が得られなかった場合はプロに相談するようにしましょう。弊社の加盟店では、無料での現地調査とお見積りをおこなわさせていただいております。ご家庭の排水口の状態について確認したい方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

排水口がつまったらどうする?

キッチンやお風呂場の水道を使っていると、排水口がつまって水が流れなくなってしまうことがあります。こうしたとき、すぐに業者を呼ぶ方もいることでしょう。ですが、つまりの具合が経度である場合、自分でも簡単につまりを解消できることがあります。ここでは、ご自宅でできるつまりを解消する方法についていくつかご紹介いたします。

排水口がつまったときの対処

【方法1】雑巾とお湯を使う

排水口がつまってしまった際のご家庭での対処法としては、「薬剤でつまりを除去する」「ラバーカップでつまりを取り除く」といったものがあげられます。順にそれぞれの特徴や方法についてご説明させていただきます。

・薬剤でつまりを除去する

排水管がつまってしまう原因としてあげられるのが、髪の毛や油分、汚れです。こうしたものが排水管内で絡みつくことでつまりが生じます。ここで有効なのが、パイプクリーナーです。つまりの原因である、髪の毛や油分等を薬剤の力で溶解してつまりを解消できます。

パイプクリーナーを使う際は、始めに必ずパッケージなどにある取り扱い方法を読みましょう。商品によっては使い方が異なる場合もあるからです。一般的な使い方は、パイプクリーナーを排水口から決められた量を流し込み、30分ほど放置してから蛇口の水で十分に洗い流すだけになります。パイプクリーナーは薬局やコンビニで入手することができるため、ご自宅でも簡単につまりを解消してくれる方法といえるでしょう。

・ラバーカップでつまりを取り除く

ラバーカップは、トイレのつまりを解消するための道具として有名ですが、排水口のつまりの除去にも非常に有効です。使い方は極めて簡単です。ラバーカップの先端にある半球状のゴム部分を排水口にあてて、柄の部分を強く押し込み、ゆっくりと引き上げるだけになります。この作業を何回か繰り返すことで、水の力でつまりを除去することができます。

つまりが直らない場合

排水口内のつまりの具合があまりにもひどい場合や、つまりが排水口の奥のほうの部分にある場合は、自分でつまりを解消するのは難しいです。とはいっても、つまりを放置してしまうと配管を劣化させ水漏れの原因になったり、日常生活に支障をきたしたりします。

自分で対処してみて十分な効果が得られなかった、自力でつまりを解消できる自信がないといった方は、プロに相談することをおすすめいたします。つまり除去の経験が豊富なプロですと、圧力ポンプなどの特別な機材やご自宅の浴室の状況に合った薬剤を用いて排水管をピカピカにしてくれます。弊社にご連絡いただければ、全国の提携会社からお客様のご要望に合った業者をすぐに派遣させていただきます。お気軽にご連絡ください。

排水口のお掃除方法

私たちの今の生活にとって、水道はなくてはならないものです。そのため、定期的に水回りの掃除をしなければならないのです。排水口を定期的にきれいにしてあげることで、つまりが起きるリスクを大幅に引き下げることができます。ここでは、つまりが起きやすい場所の排水口のお掃除の仕方についてそれぞれご紹介いたします。

浴室排水口のお掃除方法

優良業者を選ぶならココに注目!

浴室の排水口トラップは、ヘアキャッチャー、封水筒、排水ピースといった部品から成り立っています。こうした部品に髪の毛や汚れが付いていると排水口のつまりの原因となってきます。そこで、ここでは、こうした部品の掃除の手順についてご紹介いたします。

必要なもの:ゴム手袋、歯ブラシ、スポンジ

1.排水口カバーを外す

2.カバーの下にあるヘアキャッチャーと封水筒のつまみ部分を持って、回しながら取り外しましょう。取り外したら、大まかな汚れを取り除いた後に、歯ブラシやスポンジなどを使って細かな汚れを取ってあげましょう。汚れやゴミは洗い流してしまうとつまりの原因になってしまうおそれがあるため、必ずゴミ袋に入れて処分しましょう。

3.封水筒の下にある、排水ピースと呼ばれる部品もきれいにしましょう。らほかの部品を掃除するときと同様に、歯ブラシやスポンジで細かな汚れを取り除きます。

4.すべての部品の掃除が終わったら、外したときと逆の手順で部品を元の場所に戻します。

部品をひとつひとつ取り外して掃除をすることで、汚れや除去できるだけでなく部品の状態も確認することができます。部品に欠けているなどの不備がないかどうか確認して、もし何か問題があるようであれば、新しいものに交換してあげるのも、つまりを予防するという点で効果的です。

キッチン排水口のお掃除方法

キッチンの排水口には、ゴミ受け、トラップ、排水口カバーなどの部品があります。こうした部品をキレイにしてやることで、食べ物カスなどの汚れが排水口に流れたことによるつまりのリスクを大きく下げることができます。具体的な掃除の手順についてご紹介します。

必要なもの:ゴム手袋、歯ブラシ、スポンジ、台所用中性洗剤

1.排水口カバーを取り外します。カバーは中性洗剤を含ませたスポンジで洗いましょう。

2.排水口カバーの下にあるゴミ受けを取り外します。ゴミ受けは網目状の構造をしているため、一般的なスポンジではキレイに掃除することが難しいです。そのため、歯ブラシなどを用いて汚れを取り除いてあげましょう。

3.ゴミ受けの下にあるトラップを取り外す。トラップは種類によって取り外し方が異なる場合がありますが、多くのものは半時計周りに回すことで取り外すことが可能です。こちらも歯ブラシに中性洗剤をつけて汚れを落としましょう。

4.すべての部品を取り外したら、最後には排水口の中も歯ブラシやスポンジを用いて掃除してやります。

5.すべての部品を元の場所に戻す。

汚れがひどいと、中性洗剤では十分に除去できないことがあります。この場合、中性洗剤ではなく、重曹やお酢を使ってやることで汚れが除去できることがあります。また、部品を大まかに掃除してから、10分ほど洗剤につけてやると汚れが落ちやすくなる可能性があります。状況に応じて洗剤を変えたり、部品を洗剤につけたりして、キレイにしましょう。

洗面所排水口のお掃除方法

洗面台の排水口には、ヘアキャッチャーがあります。洗面台を使っていると、ここに髪の毛などのつまりの原因となるものが溜まっていきます。週に1回程度の頻度で大丈夫なので、ヘアキャッチャーを確認し、溜まった髪の毛などを取り除きましょう。

また、排水管内部にもヌメリや赤いカビが繁殖していることがあります。こうした汚れには、塩素系漂白剤がおすすめです。掃除の仕方としては、ヘアキャッチャーに溜まった髪の毛などを取り除き、スプレーします。スプレーしたら数分間放置するだけです。

細かい使用上の注意は製品によって異なりますが、基本的には、換気扇を回しながらおこなう、放置しすぎないといったものがあります。使用の際は使用量や用途などの注意事項をよく確認するようにしましょう。

排水口トラブルを業者に頼んだ場合の費用

定期的に掃除をしていても、掃除の量が足りていなかったりすると、どうしてもつまりといった排水口トラブルは起こってしまうものです。なかには、自分で無理に対処しようとすると、かえって状況が悪化してしまうケースもあります。そういった場合には、業者に依頼するのが一番確実で得策といえます。

業者に依頼する際に、気になってくるのがその費用だと思います。業者によって料金体制は大きく異なりますが、つまりの解消作業にかかる費用の相場は、おおよそ4,000~9,000円です。

しかし、ご自宅のつまりの状況によっては専門機材を使ったり、部品を交換してあげる必要が出てきたりすることがあります。この場合、費用は10,000円を超えてしまうこともありますので、高額な費用であれば業者依頼は避けたいという方は、まず見積りをとるとよいでしょう。業者のなかには、無料で見積りをおこなっているところもあります。

弊社にご依頼いただければ、多数の加盟店のなかから、無料にて現地でのお見積りをおこなう業者をご紹介いたします。お見積りの際には、ご自宅で起きているつまりの状況や必要な作業の内容に関して詳しくご説明することを心がけている業者ばかりですので、ご安心ください。排水溝トラブルでお悩みの際は、お気軽にご連絡ください。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較