水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > お風呂のトラブル > お風呂の水が流れない原因はこれ!つまりの原因ごとの解消法と予防策

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

お風呂の水が流れない原因はこれ!つまりの原因ごとの解消法と予防策

お風呂の水が流れなくなったとき、対処法を知っていないと困ることも多いと思います。お風呂の排水溝つまりの原因はさまざまで、状況によって対処法は変わってくるのです。トラブルの状況によっては、自分で対処することもできます。この記事では、お風呂の排水トラブルの対処法ついて解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

お風呂の水が流れない原因

お風呂の水が流れない原因はさまざまです。原因がわかっていないと実際に対処もできないでしょう。ここでは具体的にどんな原因があるのか紹介していきます。

排水溝の仕組み

排水溝の仕組み

お風呂の水が流れなくなる原因は浴槽のタイプによって若干異なります。浴槽には据え置き型と埋め込み型の2種類があり、それぞれ構造が異なってきます。埋め込み型は、浴槽の排水溝が独立しているタイプです。浴槽のお湯は浴槽下の排水溝に排水される仕組みです。

埋め込み型は浴槽に漂う髪の毛や垢などの汚れも直接排水管に流れていくため、排水溝自体がつまることはあまりないでしょう。据え置き型は浴槽と洗い場の排水溝を共有しているタイプで、浴槽のお湯が洗い場の排水溝に排水される仕組みになっています。

浴槽の汚れのほか、体を洗う際に出る皮脂や洗剤など、シャワーで流された汚れ集中するため洗い場の排水溝がつまりやすくなっています。中でも洗い場の排水溝にある排水トラップという箇所はつまりが起きやすいです。

排水トラップとは、水を排水溝に溜めることで、排水管の奥からの悪臭や害虫を塞き止める構造です。複雑な構造をしているため、汚れによるつまりが発生しやすいのです。

髪の毛

お風呂の排水溝のつまりで一番多い原因が髪の毛のつまりです。人間の髪の毛は一日で相当な本数が抜けるといわれています。シャワーで洗い流された髪の毛はどんどん蓄積していき、つまりの原因になってしまうでしょう。

もし髪の毛が原因でつまりを起こしてしまったら、パイプクリーナーを使用することをおすすめします。パイプクリーナーに含まれる次亜塩素酸ナトリウムや水酸化ナトリウムが髪の毛を溶かしてキレイにしてくれます。

  • 詳しいパイプクリーナーの使用方法は⇒⇒コチラです。
  • 石鹸・シャンプーなどのカス

    頭や髪の毛を洗う石鹸・シャンプーもつまりの原因になります。排水溝に流れる過程で髪の毛と絡みついてヘドロ状に変化し、つまりの原因になってしまうでしょう。つまりの解消法として、クエン酸を使うとよいです。

  • 詳しいクエン酸による洗浄方法は⇒⇒コチラで紹介していきます。
  • 皮脂・垢など

    体を洗っているときに流れ出る皮脂や垢なども排水溝をつまらせてしまいます。非常に小さいものですが、毎日お風呂を使用していると、塵も積もってつまりの原因になってしまうでしょう。皮脂と垢の洗浄には重曹を使うことがベストです。

  • 詳しい重曹による洗浄方法は⇒⇒コチラです。
  • 雑菌

    排水溝の雑菌を放置するとヌメリが発生して、つまりや悪臭の原因になってしまいます。雑菌は髪の毛や皮脂のたんぱく質を栄養にするので、排水溝は雑菌にとって住みやすい場所といえるでしょう。雑菌の対策としてはパイプクリーナーを使用するといいです。

  • 詳しいパイプクリーナーの使用方法は⇒⇒コチラで紹介しています。
  • 固形物

    シャンプーのフタや歯ブラシなどの固形物を排水溝に誤って落としてしまうとつまりの原因になります。もし自分で回収が困難な場合には、業者に回収を依頼してみましょう。弊社ではさまざまな状況に対応できる業者を紹介しています。もしお風呂のつまりに悩んでいるようでしたら、ぜひ一度弊社にご連絡ください。

    通話
    無料
    0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!
    プライバシーポリシー

    お風呂の排水溝つまり解消法

    これまではお風呂のつまりの原因について解説してきました。原因によってつまりの解消法は異なってきます。では実際にどんな方法があるでしょうか。

    ラバーカップを使う方法

    ラバーカップを使う方法

    ラバーカップはトイレのつまりの解消に使われることが多いですが、お風呂のつまりにもその力を発揮します。髪の毛や垢などの汚れや固形物を引き出すことが可能です。排水口にカップを被せてピストン運動を繰り返すことでつまりを解消することができます。

    パイプクリーナーを使う方法

    パイプクリーナーには、液体タイプのものと粉末タイプのものがあります。液体タイプは排水口に液体を流し込んで、洗浄成分で汚れや雑菌を溶かすことが可能です。まず液体を流し込んで放置し、15分~30分ほど時間を置いた後に水を注いで、液体を洗い流せば洗浄は完了です。

    粉末タイプは水と合わせて泡にして、その泡を使って洗浄することができます。まず粉末を入れてからコップ一杯ほどの水をゆっくり流し込んでいき、5~10分置いたのちに水で洗い流せば作業完了です。

    ワイヤーブラシを使う方法

    ワイヤーブラシとは、先端のブラシで汚れを削り取ってつまりを解消する道具です。最初にワイヤーを排水口に突っ込んで、先端のブラシを回転させながら排水管を進んでいきます。ブラシが進まなくなったら、そこの箇所がつまりの原因です。そこでワイヤーでくるくる回転させながら押し込んでいき、貫通すればつまりは解消しているでしょう。

    重曹やクエン酸を使う方法

    重曹とクエン酸を使うことで、排水口につまったヘドロのような汚れを解消することが可能です。まず、重曹を100g排水口にふりかけてその上から50gのクエン酸の粉を注ぎます。つぎにコップ1杯分のぬるま湯を流して30分ほど放置してから水で洗い流せば作業は完了です。

    真空式パイプクリーナーを使う方法

    真空式パイプクリーナーはラバーカップと同様に、先端のカップで汚れを吸引してつまりを解消することができます。ラバーカップとの違いはポンプの力を使ってより強力な力で吸引できることです。ハンドルレバーを押し込んだ状態で排水口にカップを被せてから、ハンドルレバーを操作して汚れを吸い出すことができます。

    自分で直せない場合は業者に相談

    上記の方法を試してもつまりが解消しない場合は、個人では対処できないほどのつまりかもしれません。力任せにつまりを無理矢理解消しようとしても古い排水管ですと、破損につながる危険があります。自分で対処できない場合には無理をせずに業者に相談してみてください。

    費用は作業によって使う機材が違うので異なりますが、8,000~20,000円くらいが大体の相場です。業者の選定でお悩みの場合にはぜひ弊社にご連絡ください。弊社では全国の優秀な業者を紹介しているので、お客様の状況に合わせた対応をすることができます。お風呂のつまりで悩んでいるようでしたら、一度相談してみてください。

    通話
    無料
    0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!
    プライバシーポリシー

    つまり・臭い・害虫を予防!排水溝のお掃除法

    これまではお風呂のつまりの解消法について解説してきました。しかしできることならつまりが起きる前に予防したいですよね。つまりを予防するためには、こまめな掃除が必要です。ここでは具体的なお風呂の掃除方法について解説していきます。

    つまりだけじゃない排水溝の汚れ放置のリスク

    つまりだけじゃない排水溝の汚れ放置のリスク

    排水溝の汚れはさまざまなリスクの原因になります。髪の毛や垢などの汚れはたんぱく質を栄養にする雑菌にとっての大好物で、雑菌を増やす原因になるでしょう。この雑菌が悪臭を引き起こして、せっかくのお風呂のリラックスタイムが台無しになってしまいます。

    またチョウバエなどの害虫が発生することも考えられます。チョウバエは石鹸のカスや髪の毛や垢が大好物です。排水溝を清潔に保って匂いや害虫の発生を予防する必要があるでしょう。

    ヘアキャッチャーの掃除

    ヘアキャッチャーは髪の毛が溜まりやすい部品です。雑菌や害虫は、髪の毛を餌にします。雑菌や害虫を防ぐためにも、溜まった髪の毛をこまめに掃除するようにしましょう。掃除方法しては、まず髪の毛や細かいゴミを取り除いて歯ブラシを使って汚れを落とすことで作業は完了です。

    排水トラップの掃除

    ヘアキャッチャーを掃除したら、排水トラップの内部を掃除していきます。ヘアキャッチャーを外すと見える封水筒を引き抜いて、封水筒についた髪の毛などのゴミを取り除いてぬめりを歯ブラシで落としましょう。封水筒の掃除が終わったら、封水筒を抜いた後のスペースの汚れも掃除しましょう。ぬめりやカビが残らないように念入りに掃除をおこなってください。

    排水管の掃除

    排水管の汚れが、匂いにつながる場合があります。配水管の掃除方法としては前述した、重曹とクエン酸を使う方法やパイプクリーナーを使用する方法があります。ほかにも手軽な方法で40~50度のお湯を流しこむことで汚れの解消につながることがあります。お湯を流す方法をこまめにおこなうことで、事前に汚れを予防することが可能です。

    排水溝つまりの予防法

    上記の方法を定期的におこなうことで、排水溝の汚れを予防することができます。髪の毛や垢をこまめに取ることで、つまりの予防になるでしょう。しかし素人がおこなう掃除は、排水管の奥の汚れまでは十分に落とせていない場合があります。

    排水溝のつまりは自分でも予防できますが、配水管のつまりは完全には予防できません。定期的に業者に点検・掃除をしてもらうことをおすすめします。弊社ではさまざまなトラブルに対応できる業者を紹介しています。お風呂のつまりで悩んでいるようでしたら1度ご相談ください。

    通話
    無料
    0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!
    プライバシーポリシー
    水のトラブルは水110番にお任せください!
    通話
    無料
    0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!
    プライバシーポリシー
    サービス品質について
    無料相談窓口へ
    よくあるご質問
    スタッフ紹介
    他社との比較