水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 蛇口に緑色の汚れがついたときの対処法|こするだけでは落ちにくい!

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

蛇口に緑色の汚れがついたときの対処法|こするだけでは落ちにくい!

「蛇口に緑色の汚れがついていて、拭いただけではとれない!」という経験はありませんか?じつは、その汚れの正体は「サビ」なのです。サビと聞くと体に悪いのではないかとぞっとしますよね。

しかし、その緑色のサビは体には悪影響はありません。この記事では、サビの原因となるものや掃除の方法をご紹介しています。サビがどうしてもとれなかったときの対策についても、ご紹介していきますよ。蛇口をキレイにして清潔な状態を保ちましょう!

蛇口についた緑色の汚れの正体はサビ!

蛇口に緑色の汚れがついているのをみたことがあるでしょうか。その正体は「緑青(ろくしょう)」と呼ばれるサビの一種なのです。ここでは、「緑青」についてくわしくみていくことにしましょう。

緑色の汚れ【緑青(ろくしょう)】について

緑色の汚れ【緑青(ろくしょう)】について

緑青とは、銅・ニッケルなどが酸化してできるサビのことをいいます。蛇口に使用されるステンレスにも、緑青ができてしまいます。緑青は有毒ではありませんが、こするだけでは落ちません。

緑青をみつけた場合は、重曹やクエン酸などで落とすことが可能です。緑青の落とし方については、のちほどご紹介します。

その他の色の汚れ

蛇口には緑色だけでなく、そのほかの色のついた汚れが存在します。それでは、蛇口にできやすい汚れを色別にご紹介します。

・白:カルキ 
蛇口に白い塊がついていれば、カルキが原因です。カルキとは、水道水に含まれているカルシウムの一種です。このカルキが蛇口につくと固まり、白い汚れの原因となってしまいます。

カルキは、アルカリ性の汚れなので、クエン酸などの酸性の性質をもつもので汚れを落とすことができます。

・黒:カビ
  
蛇口の給水管のつなぎ目あたりにできる黒色の汚れは、カビです。黒カビは、放っておくとアレルギーを発症してしまうなど、体に悪影響を及ぼすので、すぐに掃除するようにしましょう。

黒カビは、スーパーや薬局で売られているカビ取り剤を使用して、カビの奥深くまで分解して落とすと効果的です。カビを落としきれないと、またすぐに発生してしまう場合もあります。徹底的に掃除したい場合は、業者に依頼するのもひとつの手です。

蛇口についた緑青を落とす方法

蛇口についた緑青は、どのように掃除すれば、キレイに落とすことができるのでしょうか。ここでは、緑青を落とすための4つの方法についてご紹介しています。

【1】歯ブラシやメラミンスポンジでこする

【1】歯ブラシやメラミンスポンジでこする

サビの症状が軽度なら、歯ブラシやメラミンスポンジで落ちる場合もあります。無理に何度も強くこすると、蛇口を傷つけてしまうので、やさしく磨きましょう。もしも、汚れが落ちなかった場合は、次にご紹介する方法を試してみてくださいね。

【2】重曹を使う

重曹に水を2:1の割合で混ぜて、緑青に塗りつけます。あとは10~20分ほど時間を置き、様子をみます。やわらかいスポンジを使って、こするようにしてサビを落としていきましょう。

歯ブラシなどで汚れを落とすこともできますが、蛇口に傷がついてしまわないように、やさしく磨いてくださいね。最後に水で流して、水気を乾いたタオルで拭いておきます。

【3】酸を使う

お湯100mlに、クエン酸小さじ半分を加えて混ぜ合わせておきます。緑青にスプレーして吹きかけるか、キッチンペーパーに含ませてかぶせてください。そのうえからラップをまいて乾燥を防ぎます。

緑青がとれるスピードはサビの程度によって異なるので、1回で落ちなかった場合は、数回くり返してみてください。

【4】サビ取り剤を使う

重曹やクエン酸を使っても緑青をキレイに落とすことができなかった場合は、蛇口の緑青落とし専用の洗剤 (サビ取り剤)を使用します。薬局やネット通販などで購入することが可能です。

雑巾にサビ取り剤をつけて、蛇口を磨きましょう。蛇口のフチなどの細かい部分は、綿棒を使うと磨きやすくなります。サビ取り剤を使用する際は、パッケージに記載されている使用方法をよく読んでから、使用するようにしましょう。

蛇口に緑青をつけないための対策

先ほどご紹介した方法でサビを落としても、またサビが発生してしまうこともありますよね。サビが生えてこないようにするには、予防法を知っておくことが重要です。ここでは、2つのサビ予防法についてご紹介していきます。

【対策1】こまめに手入れをする

【対策1】こまめに手入れをする

なんといっても、サビ予防に重要な方法は、こまめなお手入れです。蛇口を使用したあとは、水滴をタオルなどでぬぐっておきましょう。サビは水気がある部分に生えやすいからです。

また、サビはほこりなどの汚れを栄養として繁殖していくので、週に1回程度は洗剤を使って、スポンジで汚れを落としておくことをおすすめします。

【対策2】蛇口や配水管を交換する

緑青ができるということは、蛇口や排水管の劣化がすすみ、水漏れを起こしている場合もあります。蛇口はものにもよりますが、短くて10年、長いものでも20年が寿命といわれています。

蛇口や排水管の劣化が気になる場合は、新しいものへの交換がおすすめです。古い蛇口や排水管は汚れがたまり、不衛生ということも考えられます。新しい蛇口や排水管に交換すれば、サビ臭くない美味しい水を飲むことができますよ。

蛇口を自分で交換してみよう!

サビ予防法のなかで、蛇口や排水管を交換する対策をご紹介しました。蛇口の交換は、正しい方法を理解していれば自分でもできる場合があります。ここでは、簡単に蛇口交換方法についてご紹介しています。

しかし、失敗してしまうと水漏れの原因になるおそれがあるので、自信がなければ、無理せずに業者に依頼すると安心です。

蛇口の交換方法

蛇口の交換方法

まずは、もともと取り付けられていた蛇口と同じタイプ(壁付け、ツーホールなど)の蛇口を用意していください。蛇口のメーカーに問い合わせると、型番と購入方法を案内してもらえるはずです。

あとは、ナットなどを緩める際に使用するモンキーレンチなどの工具も用意しておきましょう。

・壁付けタイプ
まずは、止水栓を閉めます。次に、蛇口を壁に固定されている取り付け脚から外します。蛇口が取り外せたら、今度は取り付け脚を壁から取り外します。このとき、取り外した部分に汚れが溜まっていればキレイに掃除しておきましょう。

取り付け脚の接合部には、シールテープという水漏れを防止するためのシールがまかれています。新しい取り付け脚をはめ込む前に、新しいシールテープを接続部分に7~8回ほどまいておきます。

取り付け脚は、八の字になるように微調節しながら取り付けてくださいね。最後に、パッキンの位置に注意しながら新しい蛇口を取り付ければ完了です。

・ツーホールタイプ
まずは、止水栓を閉めます。次に、給水管のナットやパッキンなどの部品を外し、古い蛇口を取り外してください。蛇口がとれたら、新しい蛇口をツーホールの穴部分にぴったりあうように差し込みます。

あとは、逆の手順でパッキンを取り付け、ナットを閉めていけば完了です。

ここでは、2つのタイプの蛇口交換方法をご紹介しました。蛇口交換の際には、止水栓を必ず閉めて、作業中に水が噴き出さないようにしましょう。また、最後には止水栓を開けて、水が出るか、水漏れがないかをチェックするようにしてくださいね。

蛇口の交換はDIYでできないこともないですが、方法を間違えれば水漏れの原因となったり、工具で指をはさんでしまったりするおそれがあります。

蛇口の交換は、業者に依頼すれば水漏れの心配なく、安心して使用することができます。自分ではできないと思ったら、悩まずに業者に相談してみましょう。

蛇口や配水管の交換は業者に任せたほうが安全

蛇口の交換は、自分でも蛇口の仕組みや手順を知っていれば、なんなくできるかもしれません。しかし、排水管は水が直に流れているところなので、自分で触って穴を開けてしまうと大変です。水が穴から漏れて、部屋が水浸しになってしまうかもしれません。

蛇口の交換についても、心配なら業者に任せたほうが安全です。業者なら、蛇口の仕組みを熟知しており、交換作業も数多くこなしてきているので、すばやく丁寧に交換してくれます。

業者に任せると費用が心配という人もいるでしょう。そういうときは、複数の業者から見積りをとって、比較してみることをおすすめします。

あくまでも相場ですが、蛇口交換には4,000~15,000円ほどかかるようです。相場金額の開きが大きいのは、蛇口の種類や、取り付けの難易度によって費用に差が出るからです。

弊社のホームページでは安心してお申し込みいただけるように、料金表を掲載しています。ぜひ一度ご覧いただき、他社と比較したうえでご相談いただければ幸いです。

蛇口の緑青は水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

まとめ

緑青の正体はサビで、水道水に含まれているカルキが原因ということがわかりました。カルキは、初期段階ではスポンジなどでこするととれる場合もありますが、放っておくと、なかなかとれない頑固な汚れになってしまいます。

頑固な緑青には、重曹やクエン酸を使って汚れを落としましょう。それでも落ちない場合は、専用のサビ取り剤を使用します。緑青を掃除しても、またできるようであれば、蛇口や排水管の劣化が原因でしょう。

蛇口や排水管の交換は、蛇口の仕組みや手順をしっかり理解していないと、うまく交換できずに、水漏れを起こしてしまう場合もあります。蛇口・排水管の交換は、業者に依頼すれば、その後も安心して使用することができますよ。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較