水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > 簡易水洗トイレの詰まりの原因と対処方法とは?家庭にあるもので対応!

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

簡易水洗トイレの詰まりの原因と対処方法とは?家庭にあるもので対応!

トイレには、汲み取り・簡易水洗・水洗のおもに3種類のトイレがありますが、私たちが普段使用することが多いのは水洗トイレではないでしょうか。

しかし、古くからある家や下水設備が不十分な地域などは、汲み取り式トイレや簡易水洗トイレが設置されていることがあります。本コラムでは、簡易水洗トイレに関する情報を、仕組みからつまりの原因と解消方法まで詳しくご紹介いたします。

簡易水洗トイレつまりの原因

簡易水洗トイレは、流水での洗浄により、汲み取り式に比べ衛生面で優れています。虫や臭いが上がってくることもありません。しかし、構造上つまりが起こりやすい場所があります。

どのような仕組みで排泄物を流し、どこでつまりが発生するのか詳しくお伝えいたします。

簡易水洗トイレの仕組み

優良業者を選ぶならココに注目!

簡易水洗トイレは、汲み取り式トイレと水洗トイレの両方の機能を少しずつ組み込んだような仕組みになっています。

水洗用の水が入った水洗水槽と、流した排泄物と水が溜まる便槽というタンクのようなものがあります。そして、便槽に溜まった排泄物と水はバキュームカーで汲み取ります。これを定期的に繰り返して使用するのが簡易水洗トイレです。

便槽はバキュームカーでの汲み取りがしやすいよう家の外にあります。そのため、便器から便槽へ排泄物がスムーズに流れ落ちるように、配管はくの字に曲げて勾配をつけています。この配管の曲がったところが、つまりの起きやすい場所です。

しかし、便器と便槽がフタとなるものもなくつながっていたら、悪臭や虫が上がってきます。それを防ぐためについているのがフラッパー弁というものです。便器から配管への入り口についていて、水を流すレバーを操作することで開閉します。

トイレつまりの原因となるもの

簡易水洗トイレのつまりの原因は、トイレットペーパーやお掃除シート、尿石などさまざまなものです。

トイレットペーパーやお掃除シートは、流れる水の量が少ないため、一度に大量に使用するとつまります。尿石は、掃除を怠ると固くこびりついてしまい、つまりの原因になります。

心当たりあり?トイレつまりの前兆

トイレがつまっていることに気付かないまま使用していると、すぐにでも修理業者に相談しなければならない事態になります。しかし、つまりが起こるときは前兆があり、使用後水を流したときにわかります。つまりの前兆である2つの異変をご紹介いたします。

・水位があがる

つまりのない状態であれば、流したものはすべて便槽に流れ落ち、便器に溜まる水の水位は変わりません。しかし、つまりが起こりかけていると、排泄物が流れ切らずに便器に溜まっている水の水位が上がります。

・便器からポコポコと音がする

水を流したときにするポコポコという音は、水がスムーズに流れずに障害物にぶつかっている状態であると考えられます。

「水が流れているうちは大丈夫」と油断せず、トイレの異変に気付いたら早めにつまりを解消させましょう。

トイレつまりの原因がわからない場合は

トイレの詰まりは必ず前兆があるわけではありません。そして、つまりの原因が配管の奥にあると、目視で状態を確認することもできないので、原因がわからないということもあります。

そんなときは、水回りのトラブルに詳しい業者に相談しましょう。原因がわからないからどんな業者に相談したいよいかわからないという方は、弊社にご相談ください。

お困りごとの原因を突き止め、解消してくれる業者をご紹介いたします。

簡易水洗トイレつまりの解消方法

トイレがつまってしまったらそのままでは使い続けられません。つまりを解消する必要があります。

ここでは、自分でできる簡易水洗トイレの詰まり解消方法をご紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

ラバーカップ(スッポン)を使う方法

知ってる?ラバーカップの正しい使い方!試しても治らないときは

ラバーカップとは、トイレ掃除でよく使用される「スッポン」と呼ばれているものです。ラバーカップを使用する際は、止水栓を閉めてから作業をおこないます。また、フラッパー弁を開けた状態で使用したほうが効果的なので、2人で作業することをおすすめします。

まず、フラッパー弁のやや上の位置まで水を溜めた状態で、1人がレバーを押さえてフラッパー弁を開けます。そしてもう1人がフラッパー弁の開いた状態の穴にラバーカップをかぶせます。

そのままゆっくりラバーカップを押したり引いたりしてください。押したり引いたりを何度か繰り返して、水が流れるような音がしたら、ラバーカップを外して止水栓を開けます。

少しずつ水を流し、スムーズに流れたら完了です。

トイレつまり用の洗剤を使う方法

2人がかりでの作業ができないときは、トイレつまり用の洗剤を使用する方法もあります。つまりの原因となりやすいトイレットペーパーやお掃除シートは、強アルカリ性の洗剤で溶かすことができます。

使い方は簡単です。止水栓を閉めてフラッパー弁を開け便器内に洗剤を流し、水を流すだけです。流す水はバケツや洗面器などに水を溜めて少しずつ流しましょう。洗剤をキレイに流したら、止水栓を開けて水の流れを確認し、スムーズに流れたら完了です。

そのほか身近なものを使う方法

ラバーカップやトイレつまり用の洗剤が手元にないときは、別の身近なものを使ってつまりを解消することもできます。身近なものを利用したトイレの詰まり解消方法を3つご紹介いたします。

・細長い棒でつつく

細長い棒を使ってつまりを解消する場合も、止水栓を閉めてから作業をおこないます。

レバーを回してフラッパー弁を開け、細長い棒をできる限り奥まで突っ込んでつまりの原因をつつきます。

つまりの原因に届かなかったり、なかなかつまりが直らなかったりしたときは、無理に作業を続けたり、強くつついたりせずに別の方法を試しましょう。

・お湯を流す

つまっているものがトイレットペーパーなどの紙類や排泄物のような溶けるものであれば、お湯を流すという方法もあります。

お湯の温度が下がって効果が落ちないように、便器に溜まっている水は抜いておきましょう。

お湯は40~60度くらいの温度のものを用意して、バケツや洗面器などから便器の穴に向けて流します。お湯の温度が高いと、便器や配管を傷めるおそれがあるので注意しましょう。

・重曹とお酢を使う

重曹とお酢を使ってもつまりの解消が期待できます。この方法も、止水栓を閉めてフラッパー弁を開けた状態でおこなってください。

まず、重曹を4分の1カップトイレに入れます。そこにお酢を2分の1カップ入れてぬるま湯を注ぎます。するとぶくぶくと泡立って配管内の洗浄をしてくれます。その状態で1時間ほど置いたら、今度は重曹とお酢を洗い流すように勢いよく水を流し込みます。最後に止水栓を開けて水の流れを確認し、スムーズに流れれば完了です。

お酢では臭いが気になるという方は、同じ量のクエン酸を使用しても構いません。

トイレつまりの予防方法も知っておこう

ここまでいくつかのトイレの詰まり解消法をご紹介してきましたが、つまりが起こらないように対策しておけば、焦って解消を試す必要もありません。トイレつまりの予防方法をあわせて覚えておきましょう。

簡易水洗トイレでできる対策はおもに2つです。使用後に流す水を多くすることと、一度に大量のトイレットペーパーを流さないことです。

流す水を多くすると、便槽がいっぱいになるのが早くなるので、汲み取りの頻度は上がりますが、つまりが起こる可能性は低くなります。トイレットペーパーは、場合によってはたくさん使いたいと思うかもしれませんが、できるだけ一度に使用する量は控えましょう。

トイレつまりが解消できない場合は業者へ

ここまでにご紹介した方法を試してもつまりが解消されないときや、解消法がうまくできるかわからないと不安になるときは、修理業者に依頼しましょう。

弊社には、24時間365日対応の無料相談窓口があり、いつでもご相談をお受けすることができます。お気軽にお電話ください。

業者へ依頼する際のポイント

ここまでは、自分でできるつまりの対処法や予防法をご紹介いたしました。しかし、自分ではつまりの原因を調べるのも、つまりの解消をおこなうのも不安という方もいるでしょう。

ここからは、簡易水洗トイレの詰まり解消を修理業者に依頼した際の費用と、業者選びのポイントをご紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

トイレ詰まり対応の費用相場

費用はどれくらいかかる?

トイレの詰まり解消にかかる費用は、つまりの状態やつまりが起こっている場所によって異なります。

軽度のつまりや配管の浅い場所でのつまりであれば、約4,000円~8,000円程度で対応しています。一方、つまりがひどい場合や配管の深い場所でのつまりだと、約8,000円~15,000円程度での対応となります。

かかる費用に差はありますが、つまりの状態がどの程度でも、プロに依頼すれば安全で確実につまりを解消することができます。

業者を選ぶ際のポイント

修理業者を選ぶときのポイントはご存じでしょうか。業者に依頼するのなら、費用がとても高かったりすぐにつまりが再発したりするのは避けたいですよね。そのような不安なく業者に依頼ができるように、業者選びのポイントを3つご紹介いたします。

・見積りが明確

つまりの解消作業を依頼する前に、まずは見積りを取りましょう。そして、その見積りを見て、技術費・薬剤費・道具代などの費用の内訳が明確にわかる業者を選ぶとよいでしょう。

・対応が丁寧

依頼時の電話対応や、現場での作業の説明などがわかりやすくて丁寧な業者も信頼できます。どのような作業をおこなうのか、作業中にトイレ以外の水回りへの影響がないかなどを確認してから作業をしてくれる業者が安心です。

・見積り無料

業者の中には、見積りだけでも料金が発生するところもあります。しかし、つまりの原因がわからないうちからお金がかかるのは困るという方もいるでしょう。見積りは無料でおこなっている業者がおすすめです。

以上3つのポイントを満たしている業者を選べば、安心して作業を依頼することができるでしょう。ただし、見積りはひとつの業者だけ見たのでは相場に見合っているのかという判断が難しいものです。最低でも3社の見積りを取って、費用を比較してから選ぶことをおすすめします。

しかし、3つのポイントを満たしている業者を自分で探すのは大変です。そんなときは弊社にご相談ください。弊社では、お客様のご要望をしっかりとお聞きして、全国各地の加盟店よりお困りごとの解決に適した業者をご紹介いたします。

毎日使うトイレのトラブルは早めの対処が必要です。「もしかしてトイレがつまっているかもしれない」と思ったらすぐにお電話ください。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較