水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > お風呂のトラブル > 風呂のお湯が出ない|冬は凍結に注意!その他の原因と対処法もご紹介

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

風呂のお湯が出ない|冬は凍結に注意!その他の原因と対処法もご紹介

風呂のお湯が出ない|冬は凍結に注意!その他の原因と対処法もご紹介

冬にお風呂のお湯が出なくなる原因としては、給湯器周りの配管の凍結が考えられます。給湯配管は屋外に設置してあるため、気温の低い冬になると給湯器内と外の気温差によって配管内の水が凍結してしまうのです。

配管内が凍結したまま無理に水を出そうとすると、配管が破裂するおそれがありとても危険です。

このコラムでは、配管が凍結してしまった場合の対処法や冬場でも凍結させない対策、他の理由でお湯が出ない場合の原因を紹介します。いつでも暖かいお風呂にはいれるように対策しましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

風呂のお湯が出ない!冬に多い原因は凍結

冬場にお風呂のお湯が出ない時には、配管などの凍結が原因であることが多いです。まずは凍結が起きてしまった場合の対処法について紹介します。

冬にお湯が出ないのは凍結が原因かも!

冬にお湯が出ないのは凍結が原因かも!

お風呂のお湯が出てこない原因は、給湯器になんらかの不具合が起きていることが考えられます。その中でも冬にお湯が出てこない場合には、給湯器まで水を運ぶ配管内の水が凍結してしまっているかもしれません。

給湯器自体には凍結しないようヒーターが内蔵されているため、本体の凍結はヒーターが故障した時や、マイナス何十度という寒冷地以外ではほとんどありません。水道管も本来なら土の中に埋まっているため凍結の被害をあまり受けませんが、給湯器までつながっている管は土から露呈(ろてい)しているため、外気の影響を受けやすいのです。

配管のなかでも水入口と開閉止バルブは特に凍結しやすい箇所です。ここの凍結は水抜き栓を開けることで調査できます。水が流れたら正常で、水が流れなければ凍結しています。簡単にできるので、お湯が出ない時には確認してみましょう。

凍結が原因だった場合の対処法

お湯が出ない原因が凍結であることが判明した時の対処法をお教えします。

1.まずは蛇口の種類を確認
まず、蛇口でお湯を回して水が出るかどうか確認します。お湯を出そうとして水が出て来ない場合には、配管の凍結の可能性が高いです。お湯は出ないが水が流れ出した時には、給湯器の凍結や不具合が考えられます。

もしも水を出そうとしても出なかった場合には、水道管や水栓の不具合が原因であるおそれがあります。

2-1.配管が凍結していた場合
給湯器の配管が凍結している場合には、給湯器から伸びている配管に40度ほどのお湯やドライヤーを当てるなどして温めてください。熱湯をかけてしまうと配管が損傷してしまうおそれがあります。ゆっくり温めましょう。

2-2.給湯器が凍結していた場合
給湯器の凍結が考えられる場合には、給湯器の電源を切り、ガス栓を閉めます。そのあと蛇口をお湯の方から水を流しつづけます。

3.水漏れが起きていないか確認
給湯器が凍結により破損すると、水漏れが起きることがあります。この水漏れにより配線に水がかかると漏電のおそれがあり危険なので、水漏れの確認をおこないましょう。

4.お湯が出るか確認
2の作業後、しばらくしてからお湯をだします。給湯器の凍結の場合は電源を入れ、ガス栓を開けます。それでもお湯が出て来ない場合には、また同じ作業をつづけるか、自然に解凍されるのを待ちましょう。自分でどうにもできないと感じたら、業者に依頼するのもおすすめです。

【危険】凍結が原因でしてはいけないこと

配管や給湯器の凍結が原因の時には、熱湯をかけてはいけません。配管の損傷が起きたり、配管が破裂したりすることがあるからです。お湯をかける時には、40度程度のぬるま湯にしておきましょう。

硬くなった蛇口を無理に回すこともやめましょう。凍結している時に無理に蛇口を回すとパッキンなど蛇口の部品が損傷してしまうかもしれません。ゆっくり無理をせず蛇口を開けるようにしましょう。

配管は凍結すると破裂するおそれも

水は凍ると体積が増えます。そのため、凍結した配管は氷の体積に耐えられなくなり破裂するおそれがあるのです。

また、熱湯を配管にかけると急な温度差に配管が耐えられなくなり、破裂が起きるおそれがあります。早く解凍したいからといって熱湯をかけるのはやめるようにしましょう。早く凍結を解消したい時には、業者に依頼して適した方法で対処してもらうようにしましょう。

水道トラブルを業者に依頼するとかかる費用

凍結による水道トラブルでは、主に解凍作業と破裂の修理があります。解凍作業は、30分1万円前後ほどで依頼できる業者が多いです。しかし、解凍にかかる時間によって費用は変化してきます。

配管の破裂の場合には、損傷の大きさにもよりますが1万5千円~3万円ほどが相場です。業者によって料金の計算方法が異なり、安い料金を打ち出していても、出張費や作業費は別途加算されるということがあるため、注意しましょう。

弊社では、基本料金・作業費・出張費を合わせた金額を見積り時にご提示いたします。紹介する業者は無料見積りをおこなっていますので、ご納得の上、依頼していただくことができますよ。まずはお気軽にご相談くださいませ。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

凍結を未然に防ぐための方法

凍結を防ぐために必要な方法を紹介します。破裂などの被害を受けないためにも日頃から気をつけましょう。

1.水落とし(水抜き)をする

1.水落とし(水抜き)をする

冬場に冷え込みが予想される時には、蛇口から少量の水を一晩流したままにしておきましょう。凍結が起きるのは、配管などに水がとどまっているからです。流したままにしておけば、凍結は防げます。水道代が気になってしまう時には、お風呂場などで水落としをおこなうと、その水を翌日の洗濯に使用することができますよ。

また、給湯器などに水抜き栓が設置されている時には、水抜き栓を開けてしっかり水抜き作業をおこなっておきましょう。

2.給湯器の電源を切る

水落としをする時には、給湯器の電源を切りましょう。その時に、電源プラグは抜かないようにしてください。最近の給湯器は凍結防止のヒーターが内蔵されているため、プラグをつけておいたままの方が給湯器本体の凍結を防ぐことができます。

3.タオルや新聞紙を巻く

配管にタオルや新聞紙を巻き付けて凍結を防ぐことができます。巻き付けておくだけで風などの冷気を直接受けないため、効果があります。

より効果を得たい時には「凍結防止テープ」を使用しましょう。凍結防止テープには保温効果があるため、まんべんなく配管に巻いておくだけである程度凍結を防ぐことが可能です。

4.凍結防止ヒーターを設置

配管の凍結を防ぐために配管用のヒーターがあります。ひも状になったヒーターを配管に巻き付けることにより、管を温め凍結を防げます。凍結が多くて困っている場合には非常に便利ですね。ただし、樹脂管にヒーターを使用すると配管を傷めるおそれがあるため、きちんと材質を確認してから購入しましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

凍結以外の原因でお湯が出なくなることもある

ここまでで凍結の原因や凍結の解決法についてわかりましたが、最後に凍結以外の原因でお湯が出ないケースを紹介します。

【症状1】お風呂だけお湯が出ない

【症状1】お風呂だけお湯が出ない

キッチンなど他ではお湯が出るのにお風呂だけお湯が出ないという場合、お風呂場の水栓が原因かもしれません。蛇口についている混合水栓の故障によってお湯が出なくなってしまうことがあります。水栓の取り換えや部品の交換によって解決の見込みがあります。

【症状2】すべての箇所でお湯が出ない

キッチンでもお風呂でも洗面所でもお湯が出ないという場合、凍結するほど寒くない日なら給湯器の故障が考えられます。給湯器の修理は自分でおこなうのは難しいため、業者に依頼しましょう。

給湯器の寿命は10年といいます。もしも10年以上使用続けている場合には、修理費用も高額になってしまうおそれがあるため、新しいものと交換を考えてもいい時期です。

【症状3】ガスは使えるがお湯が出ない

ガスに異常がない場合には、給湯器か水道が原因であると考えられます。水が正常に出てガスコンロなどでガスは通常通りつかえているのなら、まず給湯器に異常がないか確認しましょう。

【給湯器の異常の確認方法】

  • 給湯器の電源は入っているのか
  • 給湯器のプラグは外れていないか
  • ブレーカーは落ちていないか
  • 温度設定が低くなっていないか
  • エラーメッセージが表示されていないか

これらの確認をしてもお湯が出ない場合には、給湯器の不具合のおそれがあります。給湯器の修理や交換を検討することをおすすめします。

【症状4】お湯も水も出ない

お湯も水も出なくなってしまった場合には、水道が原因であると考えられます。地震などの災害や工事による一時断水ではありませんか?また、水道料金を長期滞納している時にも水が止まります。止水栓がしっかり開いているのに水が出ないという時には、水道会社に連絡してみましょう。

原因不明で水が出ないという時には、水道の修理業社に修理を依頼しましょう。弊社では、24時間365日いつでも相談を受け付けています。水道のことで困りごとがあった時にはお気軽にご連絡ください。

お客様の相談にあったお近くの業者を紹介いたします。早急に対処してほしい・時間に制限があるなどなんでもご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

まとめ

お風呂場でお湯が出なくなってしまった時の対象法について紹介しました。凍結によってお湯が出なくなってしまった時には、ゆっくり溶けるのを待つのが大切です。熱湯は配管を傷つけるおそれがあるため、すぐにお湯を使いたい時には業者に依頼することをおすすめします。

凍結が起きないように日頃から対処することによって被害を抑えることができます。水落としなど、冬場は気をつけて水道を使いましょう。もしも給湯器の不具合が原因だった場合には、確認事項をよく見てから修理するようにしてください。

お湯が出ないと特に冬場は大変です。快適な毎日が送れるように、日々の対処によって凍結を防げるように気をつけていきましょう。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較