水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 排水管・排水口のトラブル > 排水トラップの嫌な臭いの原因はこれだ!原因と解消方法を紹介します。

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

排水トラップの嫌な臭いの原因はこれだ!原因と解消方法を紹介します。

キッチン、お風呂、洗面所、洗濯機などの排水溝には、下水管から上ってくる悪臭を防ぐための、排水トラップというものがあります。しかし、さまざまな原因によって、悪臭を防ぐという機能が働かなくなることがあるのです。本来の排水トラップの役割を維持するためには、その原因と解消法を知る必要があります。

ここでは、排水トラップの仕組みといった基本的な情報から、悪臭が漂ってしまう原因と解消法をご紹介します。ここでご紹介する情報を参考にしていただいて、排水溝から漂う悪臭の原因を取り除き、水回りの環境を快適にしましょう。

排水トラップは臭いを防いでいる!その仕組みについて

どうして悪臭がするのか、その原因を調べようにも、排水トラップの役割や構造を知らなければなにもわかりません。ここでは役割や構造といった基本情報をご説明いたします。排水トラップの仕組みを理解して、正しい処置ができるようにしておきましょう。

排水トラップの役割

排水トラップの嫌な臭いの原因はこれだ!原因と解消方法を紹介します。

排水トラップの役割は、排水口の臭気止めです。排水トラップに水を溜めておくことで、下水から上がってくる臭いを外に出さないようにフタの役割を果たしているのです。

また、下水から上がってくるのは不快な臭いだけではありません。ときには害虫も上がってくることがあります。排水トラップに水がしっかりと溜まっていることによって、害虫が上がってくることも防いでいるのです。

排水トラップの構造

排水トラップの構造はすべて同じものではありません。取り付けられている場所などによって形が異なります。

まずは、排水管を水が溜まる形に曲げることによって排水トラップの役割を果たしている「管トラップ」をご紹介いたします。

管トラップには、上から流れてきた水を蛇行して床の方向へ排水するS字タイプ、上から流れてきた水を壁の方向へ排水するP字タイプ、水の入口も出口も水平方向にあるU字タイプの3種類があります。

管トラップは排水管そのものを利用しているため、水を流すたびに管内部は洗浄されます。しかし、髪の毛などの異物は自然に溶けてなくなることがないため、管内部で絡まって毛玉となってしまうことがあり、つまりのトラブルが起きやすいという面もあります。

管トラップのほかにも「ワントラップ」という構造があります。ワントラップとは、お椀をひっくり返したような形をした排水トラップのことです。脱着が簡単で掃除がしやすく扱いやすい反面、溜まっている水は少量で蒸発しやすいため注意が必要です。

洗面台や浴槽には、オーバーフローという排水口がついていることがあります。オーバーフローは洗面台や浴槽の上のほうについています。水を出したままにしていたり、水道の故障で水が止まらなくなってしまったりしたときに、オーバーフローから排水されることによって洗面台や浴槽からあふれるのを防ぐ役割があります。

このように、排水トラップの構造はさまざまです。形によって起きやすいトラブルや有効な対処法は異なるため、悪臭対策には正しい原因を見極めることが重要となります。排水トラップの臭いに困ったら、水回りのことに詳しいプロの目で原因を突き止めて解消してもらいましょう。

弊社では、お悩みを迅速に解決してくれる業者のご紹介をおこなっております。ぜひお気軽にお電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

排水トラップの臭いが発生する原因と対処法

排水トラップの役割と構造は、ここまで読んでいただければ、十分におわかりいただけたかと思います。では次に、排水トラップに発生する嫌な臭いの原因を5つ、それぞれの対処法とともにご紹介いたします。

排水トラップの封水がない

排水トラップの嫌な臭いの原因はこれだ!原因と解消方法を紹介します。

排水トラップに溜まっている水を「封水」といいますが、この封水が嫌な臭いや害虫を防ぐフタになっているのです。そのため、蒸発したり排水トラップが破損していたりして封水がなくなっていると、悪臭や害虫が上がってきてしまうのです。

排水トラップが破損している場合は、新しいものに交換する必要があります。しかし、蒸発してなくなっただけなら、水を入れることによって解消できます。ただし、勢いよく水を入れるとあふれてしまうので、水が溜まっていることを確認しながらゆっくり入れましょう。

ワントラップに隙間ができている

ワントラップの場合は、お椀をひっくり返したような形をした部分が外れていたり、破損したりしていると悪臭が上がってきます。お椀型のパーツが外れていたら、一度取り外してつけ直しましょう。破損している場合は新しいものに交換する必要があります。

汚れやカビ

封水よりも上の排水トラップ内部が汚れていると、排水口からは嫌な臭いがします。封水より下からの臭いは封水が防いでくれますが、封水より上の排水トラップに付着した汚れから発生した臭いに対しては、封水はまったく役に立つことができません。汚れやカビは定期的に掃除してキレイに落として、排水口を清潔に保つようにしましょう。

塩ビ管と排水ホースの間に隙間やひび割れがある

嫌な臭いの原因は、普段から目につくところばかりにあるとは限りません。見えている場所に原因がないときは、より奥のほうを調べてみましょう。

下水につながる塩ビ管と排水ホースの間に、劣化によって隙間があいていたりひび割れができていたりすると、そこを嫌な臭いが通ってしまいます。

小さな隙間や多少のひび割れなら、テープやコーキングなどで埋めて補修する程度で改善できますが、再発のおそれがあります。また、隙間の幅やひび割れが大きい場合は、水漏れなどの別のトラブルに発展するおそれがあるため、新しいものに交換しましょう。

交換の際、取り付け手順を間違えたり、誤って排水管などを傷つけてしまったりすると、排水トラップを交換してもトラブルが解消できないおそれがあります。修理業者に依頼して、安全に交換作業をおこないましょう。

排水口以外の原因

嫌な臭いの原因は、排水口にあるとは限りません。浴室のじめじめした臭いや、換気扇に溜まった汚れが発している臭いが原因かもしれません。そういったものが原因のときは、掃除をして汚れを落とし、水回りの換気をおこないましょう。

原因がわからなければ

排水口も排水トラップもそれ以外の場所も調べて、それでも原因がわからないときは、プロの目でしっかりと調査してもらいましょう。

弊社にご依頼いただければ、水のトラブルに対応している業者をご紹介いたします。弊社がご紹介する業者は、無料で現地調査とお見積りをおこなっております。「悪臭の原因がわからないから調査だけでもして欲しい」という方でも、安心してご利用いただけるはずです。ご相談は24時間365日対応しておりますので、いつでもお問い合わせください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

排水口の掃除・つまり解消方法

嫌な臭いの原因と解消法を知ることも必要ですが、日ごろから水回りのお手入れに気を配り、悪臭が発生しないような環境にすることが最も大切です。ここからは、簡単な掃除方法から、徹底的に汚れを落とす方法まで、まとめてご紹介いたします。以下を参考に快適な水回りを目指しましょう。

普段からできる掃除方法

排水トラップの嫌な臭いの原因はこれだ!原因と解消方法を紹介します。

毎日隅から隅まで掃除をするのは難しいでしょう。そこで、普段からできる手軽な掃除方法を3つご紹介いたします。

・お湯を一気に流す
最も手軽なのが、お湯を流すことです。やり方は簡単です。管タイプ以外の排水トラップであれば、フタや封水筒などの部品を取り外すことが可能なのですが、まずはそうした取り外せる部品があれば外しましょう。取り外せたら排水口にタオルをつめて、シンクの6~8割くらいまでお湯を溜めます。お湯が溜まったら、排水口からタオルを引き抜いて一気にお湯を流しましょう。

この方法は、排水口の流れが悪くなったときに有効です。一気にお湯を流すことによって、水流の勢いとお湯の温度で汚れを溶かして流します。ただし、60度以上の熱湯は、排水口の奥の塩ビ管が傷んでしまうので、お湯の温度には注意が必要です。

・洗剤で洗う
排水口の掃除をこまめにおこなうのも有効です。水洗いでは落ちる汚れに限界があります。洗剤を使って可能な限りしっかりと汚れを落としましょう。

・重曹を使って洗う
弱アルカリ性である重曹は、油汚れなどの酸性の汚れや臭いを中和して落としてくれるので、排水口の掃除には最適です。

さらに、重曹をかけたところにクエン酸と水を合わせて使用すれば、アルカリ性と酸性と水分の化学反応でぶくぶくと発砲して汚れを浮かせることができます。アルカリ性と酸性の両方の汚れを落とせるため、おすすめの方法です。

ガンコな汚れやつまりを取る方法

簡単な掃除だけでは、落ちない汚れや解消できないつまりがあります。そんなときは、さまざまな道具やクリーナーなどの薬剤を使用して、徹底的に汚れやつまりを落としましょう。

・ラバーカップ
ラバーカップとは、よくトイレ掃除などに使用されている「すっぽん」と呼ばれているものです。使用する場所に応じてさまざまな形があり、トイレだけでなく排水管のつまりを直すのに有効な手段です。水が飛び散っても大丈夫なよう新聞紙やタオルなどで周囲が濡れないよう覆いをかぶせてから作業しましょう。

ラバーカップを使用する際には、まず排水口のフタを外し、その下にある部品も外せるものはすべて取り外してください。そして、排水口にラバーカップをセットし、ゴムの上まで水を溜めます。水が溜まったら、つまりが解消するまでラバーカップを押したり引いたりしましょう。つまりが解消したら、ラバーカップを外して作業完了です。

・真空クリーナー
真空クリーナーは、ラバーカップに押し引きするハンドルがついた形のものです。使用方法はラバーカップと同じですが、ポンプの力でより強力な吸引力と圧力がかけられます。作業前には、水が飛び散っても大丈夫なように新聞紙やタオルなどで周囲が濡れないよう覆いをかぶせておきましょう。

真空クリーナーを使う際も、まず排水口のフタを外してから、その下にある外せる部品をすべて外してください。そして、排水口に真空クリーナーをセットします。ゴムの上まで水を溜め、つまりが解消するまでハンドルを押したり引いたりします。つまりが解消されたら、真空クリーナーを外して完了です。

・塩素系洗剤
ラバーカップや真空クリーナーがつまり解消に効果的であるのに対し、塩素系洗剤は汚れやヌメリを落とすのに効果があります。スプレータイプが使いやすくておすすめです。

使用方法は簡単で、排水口や排水口まわりの部品に塩素系洗剤をまんべんなくかけます。5~10分ほど放置して、しっかりと洗い流したら作業完了です。

汚れやつまりを放置するとどうなるのか

排水口のつまりや汚れは、放っておくと嫌な臭いの原因になります。道具や洗剤を使った掃除も、定期的におこなわなければ、掃除をおこなった日からしばらくはきれいな状態を保つことが可能です。しかし、お風呂場や洗面所といった毎日使う場所の排水口は、またすぐに汚れてしまいます。日ごろからこまめに掃除をおこなうようにしましょう。

どうしても自分で掃除をすることが面倒だという方は、徹底的な掃除を業者に依頼する選択肢もあります。排水口の汚れやつまりを解消する作業の費用は、約4,000円でおこなう作業から50,000円前後の費用がかかる作業まであります。つまりや汚れの状態と、使用する道具や洗剤によって、費用には大きく幅があるのです。

費用に大きな幅があると、業者を選ぶことにも迷ってしまう方もいらっしゃるかと思います。そんなときはぜひ弊社にお任せください。お客様のお悩みの状況や予算など、さまざまなことを考慮して適した業者をご紹介いたします。ご相談は24時間365日受け付けております。まずはお電話いただき、見積りから始めてみてはいかがでしょうか。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較