水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレつまりをパイプクリーナーで解消|種類・使い方・つまり予防策

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレつまりをパイプクリーナーで解消|種類・使い方・つまり予防策

トイレのつまりは軽度のうちにできるだけ早く解消する必要があります。つまりを放置していると、水が流れずにトイレが使用できなくなってしまう、せき止められた水が逆流するなどのトラブルにつながってしまうおそれがあるからです。そのようなトラブルに発展する前に、トイレのつまりはできるだけ早く解消しましょう。

この記事では、パイプクリーナーを使ってつまりを解消する方法から、パイプクリーナーを使った詰まりの予防法をご紹介します。パイプクリーナーを活用して、トイレの水トラブルをうまく解決しましょう。

トイレつまりの原因と症状

トイレつまりにパイプクリーナーを使う前に、まずは本当につまっているかどうか確認しましょう。もちろんつまりを起こしていなくても、メンテナンスの一環としてパイプクリーナーを使用しても問題ありません。

しかし、トイレの不具合の原因がつまりでない場合、パイプクリーナーを使用しても解決できないことがあります。そこで、まずはトイレつまりの原因と症状をチェックしていきましょう。

こんな症状が出ていたらつまりのサインかも

こんな症状が出ていたらつまりのサインかも

つまりが起きているときは、いくつかのサインがあります。ここではサインとなる3つの症状についてご紹介します。

【症状1】便器の水位が高い
トイレがつまると、水がうまく排水されずに排水管内でたまってしまい、便器内の水位が上がることがあります。しばらくすると水位が正常になるようなら、水が流れにくいもののわずかにすき間はあるという状態であり、軽度のつまりが疑われます。しばらくしても水位が変わらずに高いままの場合は、ひどいつまりを起こしている可能性が高いです。

【症状2】水が勢いよく流れない
水が流れてはいるものの勢いが悪いというのは、軽度のつまりにみられる症状です。便器や排水管に異物があり、水の流れをさまたげていると考えられます。

【症状3】異音や悪臭
トイレを流したときに便器から異音がする場合、つまった異物が水の流れを邪魔しているのかもしれません。ただし、異音がタンクからする場合は、つまりではなくタンクになんらかの不具合が起きている可能性もあります。また、きちんと掃除しているのにトイレから異臭がするときは、つまりによって通気不良が起きているおそれがあります。

以上の症状があるときは、つまりを改善するために適切な対処をおこないましょう。つまりの原因や、パイプクリーナーを使った解決方法は、以下でご紹介していきます。

トイレがつまる原因は?

原因が何もないのに、つまりが起きることはありません。必ず原因があります。ここでは代表的な3つの原因についてご紹介いたします。

【原因1】大量のトイレットペーパーを流してしまった
水に溶けやすいとはいえ、大量に流すとトイレットペーパーでもつまりの原因となってしまいます。そのほか、水に溶けるティッシュやトイレ掃除に使う流せるシートも、大量に流すとつまってしまうおそれがあります。

【原因2】 タンク内の水量不足
タンク内に節水のためにペットボトルなどを入れている、常に「小」の水量で流している人は要注意です。流れる水量が少ないために、汚物やトイレットペーパーを流れず、トイレがつまることがあります。

【原因3】 固形物を流してしまった
ポケットの中身を落としてしまった、残飯や生理用品・おむつを流してしまったときも、便器内や排水管でつまってしまうことがあります。

原因を理解しておけば、それが起きないようにすることで、つまりを防ぐことが可能です。ここでご紹介したものを起こさないように注意してください。

原因が分からないときはプロに相談!

原因に思い当たることがない、つまっているのかどうか分からないというときは、水回りのプロに相談しましょう。自己判断で対処すると、かえって事態を悪化させてしまうかもしれません。トイレのつまりやそのほか水回りのトラブルは、“水110番”までお気軽にご相談ください。

パイプクリーナーの種類と使い方

トイレのつまりは、程度によってはパイプクリーナーで解消することが可能です。しかし、つまりの状況に合わせて正しいタイプのパイプクリーナーを選ばなければなりません。この章では、4つのタイプのパイプクリーナーについて、ひとつひとつの性質をご紹介します。

なお、パイプクリーナーを使用しても、トイレの状況に改善がみられない場合があります。そうしたときは、事態が悪化する前に水回りのプロに相談することをおすすめします。

パイプクリーナーは4タイプ

パイプクリーナーは4タイプ

パイプクリーナーには主に以下の4タイプがあります。ひとつひとつの特徴は以下のとおりです。

【種類1】液体タイプ
洗浄効果のある液体を流しこみ、つまっている汚れを分解します。パイプに液体を流しこんでクリーナーが汚れを分解するのを待ち、最後に水を流してクリーナーの成分と汚れを一掃します。

【種類2】粉末タイプ
水に反応して泡が出て、つまっている汚れをきれいにします。液体タイプと同じように、パイプに入れてしばらく待ち、最後に水で流すという使い方をします。

【種類3】ワイヤータイプ
ワイヤーの先にブラシがついていて、汚れやつまりを直接こすったり引っかけたりして使います。液体タイプや粉末タイプのクリーナーと併用すると汚れが落ちやすいです。ただし、何mもあるワイヤーを操作することになるため、慣れるのに時間がかかることがあります。

【種類4】真空式タイプ
ラバーカップ(スッポン)のような使い方をするパイプクリーナーです。ラバーカップは空気が入ると効果が半減してしまうため、水がたまっているときにしか使えません。しかし、真空式のパイプクリーナーは水がなくても強力に吸引できます。

パイプクリーナーはつまり解消に便利な道具ですが、使用方法を間違えてしまうとパイプを傷めてしまうおそれがあります。そのため、各種パイプクリーナーを使用する際は、必ず商品に記載されている説明や使用方法をよく読んでから使用しましょう。

パイプクリーナーを使うときは注意しよう

液体タイプや粉末タイプといったパイプクリーナーに含まれている、汚れを分解する成分には、業務用か家庭用かを問わず皮膚内の栄養素も分解してしまうものがあります。手についてしまったら水で早急に洗い流し、必要であれば医師に診てもらうようにしましょう。

つまりが解消されないときはプロに依頼しよう

パイプクリーナーを使用してもトイレのつまりが解消されないときは、できるだけ早く水回りトラブルを解決しているプロに相談しましょう。つまりを放置して悪化させてしまうと、水がうまく排水されずに便器からあふれてしまうといったトラブルにもつながります。軽度のつまりであっても、できるだけ早くプロに直してもらいましょう。

“水110番”では、みなさまからの水トラブルのご相談を24時間365日受け付けております。水トラブルにお困りのときは、いつでもご遠慮なくお問い合わせください。水トラブルのプロがスピーディーに問題を解決いたします。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

毎日の心がけでトイレつまりを予防しよう!

トイレがつまったときにすばやく対処して被害を最小限にとどめることも重要ですが、なによりも大切なのは、つまらせない使い方で日ごろからトイレを使用することです。この章では、トイレのつまりを予防するための方法をご紹介します。

知っておきたいトイレつまりの前兆

知っておきたいトイレつまりの前兆

トイレを問題なく使用できている場合でも、水の流れが悪い、便器の水位が高い、異音や異臭がするときは、つまりかかっているかもしれません。トイレの様子が少しでもおかしいと気づいたときには、様子を見ながら必要に応じて水回りトラブルを改善しているプロに相談しましょう。

普段からできるつまり予防法

ここでは3つの予防法をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

・つまる原因になるものを流さない
トイレに食べ残しやポケットの中身などの固形物を流さないことはもちろんですが、トイレットペーパーなどの水に溶けるものでも流しすぎないようにしてください。

食べ残しを流してしまうと、食品に含まれている油分がパイプ内で固まってしまい、つまりを引き起こすおそれがあります。トイレットペーパーなどの水に溶けるものでも、量が多ければ溶けるまでに時間がかかり、パイプ内でつまってしまうのです。

・水を流すときは正しくレバーを使う
ほとんどのトイレのレバーには「大」と「小」があり、流したときの水量がそれぞれ違います。レバーを正しく使い分けて、つまりを防ぎましょう。

・適度に掃除をする
定期的に排水管を掃除しましょう。液体・粉末タイプのパイプクリーナーであれば、クリーナーを流しこんで待ち、最後に水を流すだけなので手軽におこなえますよ。

以上のことを日常的におこなっておけば、つまりの予防になります。どれも難しいことではないことなので、トイレを使う際には意識するようにしましょう。

「あれ?トイレの流れが悪いかも」と感じたら早めに相談しよう

トイレの調子が悪いときは、放置せずにできるだけ早く水回りトラブルを改善するプロに相談してください。修理が必要なほどの不具合でなくとも、放置することで状況が悪化してしまうおそれがあります。つまりや不具合の症状が軽いうちに直して、被害を最小限におさえましょう。

トイレやそのほか水回りのトラブルが起きたときは、ぜひ“水110番”にお任せください。深夜や早朝、休日のトラブルでも喜んで対応いたします。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較