水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > お風呂のトラブル > お風呂の排水溝のつまりを重曹で解決!クエン酸との合わせワザとは?

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

お風呂の排水溝のつまりを重曹で解決!クエン酸との合わせワザとは?

お風呂の排水溝は、髪の毛や石鹸カスなどがつまってしまうことによって、水の流れが悪くなることがあります。そのまま使い続けていれば状況は悪化するばかりなので、しっかりと掃除をしなくてはなりません。

そこで役に立つのが重曹です。重曹を有効活用することによって、つまりの原因となる汚れを劇的に落とすことができます。

この記事では、重曹を使った掃除方法や、重曹とクエン酸を混ぜ合わせることで掃除効率をアップさせる方法といったつまり解消法を、まとめてご紹介いたします。ぜひ参考にしてください。

お風呂の排水溝つまりには重曹が効果的?

お風呂の排水溝はつまりやすいですが、つまりの原因をご存知ですか?ここでは、お風呂の排水溝のつまりの原因と、掃除によく使われている重曹の効果についてご紹介いたします。さらに、重曹を使った掃除方法もお伝えいたしますので、ぜひ参考にしてください。

重曹とは?

重曹とは?

重曹とは、弱アルカリ性の発泡性のある粒子です。重曹には食用と掃除用があり、成分や粒子の細かさが異なります。掃除に使用するときは必ず掃除用を使用しましょう。

アルカリ性は酸性の油汚れや生臭いニオイを中和して落とすことができます。そのため、水回りの掃除には重曹が効果的なのです。

つまりの原因

お風呂場には、浴槽と洗い場の2つの排水溝があります。浴槽の排水溝は、基本的にお湯しか流しませんが、洗い場の排水溝にはさまざまなものが流れます。石鹸カスや髪の毛、シャンプーはもちろん、洗剤の詰め替えのときに袋の切れ端を落としてしまうこともあります。

排水口部分で止まるようなものは、排水溝内部へ流れていく前に回収することで取り除けます。しかし、一度奥に流れてしまったものは取り除くことは簡単には取り除けず、放置してしまいがちなことが多いです。

そういったものを放置しつづけると、どんどん髪の毛や石鹸カスといった汚れが排水溝に蓄積されていき、つまりが起きてしまいます。

重曹を使って掃除をする方法

つまった排水溝をそのまま使用するわけにはいきません。つまりがひどくなれば、水の流れが悪くなり、次第に悪臭が漂ってくる可能性もあります。早めに掃除してつまりを解消しましょう。

ただし、目に見えるところだけ掃除してもひどくなったつまりは解消されません。排水溝のフタ・ヘアキャッチャー・排水トラップなど、取り外せる部品はすべて外して、ひとつひとつの部品に付着しているすべての汚れを落としましょう。

掃除には重曹が効果的です。重曹を使って掃除をする際には、まず「重曹・ゴム手袋・使わなくなった歯ブラシ」を用意します。ゴム手袋を着用し、髪の毛など手で取れるものは先に取り除いておきましょう。

目に見えるゴミを取り除けたら、排水溝とヘアキャッチャーなどの外した部品に重曹をかけます。そして、そのまま5~10分放置して洗い流すだけです。落ち切らない汚れやヌメリがあるときは、歯ブラシでこすり洗いをしてから、再度洗い流しましょう。

汚れが落ちたら部品をすべて元に戻して、最後に排水溝のフタをすれば作業完了です。

クエン酸をプラスしてみる

重曹だけでも汚れやヌメリをキレイに落とすことはできますが、お風呂の汚れは酸性のものばかりではありません。水アカや石鹸カスはアルカリ性の汚れです。中和して汚れを落とすには酸性のものが必要になります。

そこで効果的なのがクエン酸です。重曹とクエン酸を一緒に使うことで、酸性とアルカリ性両方の汚れに効果を発揮し、隅々までキレイにすることができるのです。

使い方は、まず排水溝と、ヘアキャッチャーなどの外した部品に重曹をかけます。その上にクエン酸をかけたら、コップ1杯のお湯をかけ、約30分放置して洗い流します。

汚れやヌメリが残っていたら歯ブラシでこすり洗いをしてから、再度洗い流しましょう。汚れが落ちたら排水溝を元に戻して完了です。

クエン酸が手元になければ、お酢を代用することも可能です。ただし、クエン酸と違って臭いが強いので、臭いが気になるという方はクエン酸を購入してください。

お風呂の排水溝つまりで困ったら

お風呂の排水溝つまりは、放っておくとひどくなり、掃除するのも一苦労になります。そうなる前に掃除ができればよいのですが、なかなか時間が取れなくて難しいという方もいらっしゃることでしょう。

そんなときは、水回りのトラブルに詳しい業者へ、排水溝のつまりの解消を依頼してみることをおすすめします。

弊社では、お客様のお悩みに合わせて、全国各地の加盟店から問題解決に最適な業者をご紹介しております。お気軽にご相談くださいませ。

お風呂の水漏れトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

お風呂の排水溝つまりの解消法

お風呂の排水溝つまりの解消法は、重曹やクエン酸だけではありません。ここでは、3つの掃除方法についてご紹介いたします。別の掃除方法も覚えておくことで、より効果的に掃除することができるようになるはずなので、ぜひご一読ください。

また、つまりの中には業者に依頼したほうがよいものもあります。業者に依頼した場合の費用や、自分で解決できるつまりがどのようなものかなども、あわせてご紹介いたします。

ラバーカップ

ラバーカップ

トイレ掃除でよく目にするすっぽんのことをラバーカップといいます。ラバーカップはお風呂の排水溝の掃除にも使えるのです。

まずは排水溝のフタを外し、ヘアキャッチャーや排水トラップといった部品を取り外します。そこにラバーカップをかぶせて排水溝をふさぎます。

隙間なくふさいだら、ラバーカップのゴムの上の部分まで浸るように水を溜めて、ゆっくり押したり引いたりしましょう。引き抜くときの吸引力で、つまりの原因を引き出すことができます。

同じ使い方をするもので、真空ポンプクリーナーというものがあります。これは、ポンプのチカラによって、より吸引力が強くなったものです。ラバーカップで解消されないつまりの場合は、真空ポンプクリーナーを使ってみてもよいでしょう。

ワイヤーブラシ

ワイヤーブラシは、その名のとおりワイヤーの先にブラシがついた掃除道具です。排水管の長さを考えて、5メートルほどの長さのものを選ぶとよいでしょう。

使い方は簡単です。排水溝のフタを外してヘアキャッチャーや排水トラップを外し、排水管にブラシを入れるだけです。途中で引っかかる感覚があれば、なにかがつまっている状態なので、ブラシを回してゴミを取りましょう。

奥まで入ったらブラシを引き抜いて、付着している汚れを雑巾などで取ってゴミとして処分し、一度水を流してみましょう。スムーズに水が流れたら、つまりは解消されています。排水溝の部品を、外したときとは反対の順で戻して、最後に排水溝のフタをして完了です。

汚れが多い洗い場の排水溝からブラシを入れて掃除するのが一般的ですが、排水溝のつまりがひどくブラシが入りにくい場合があります。そのときは浴槽の排水溝からブラシを入れて、排水管の掃除をしましょう。

薬剤

ひとくちに薬剤といっても、種類はさまざまです。ここでは3種類の薬剤をご紹介いたします。

パイプクリーナー

ホームセンターや薬局で購入できる、液体のものが使いやすくておすすめです。使い方は、排水溝のフタ・ヘアキャッチャー・排水トラップを外し、排水溝にパイプクリーナーを流し入れます。

そのまま15~30分放置したら、洗面器やバケツに水を溜めて、一気に洗い流しましょう。少量の水で勢いがないと、排水溝内に薬剤が残ってしまうかもしれません。

大量の水でしっかり洗い流して、薬剤まで落としきりましょう。薬剤まで落としきったら、排水溝を元の状態に戻して作業完了となります。

カビの除去スプレー

カビの除去スプレーも、ホームセンターや薬局で購入できます。水回りは湿度が高くカビが発生しやすいので、カビの除去もおこなうことをおすすめします。

カビ取り用の薬剤は塩素系のものです。人体にはあまりよくないものなので、ゴム手袋やマスク、ゴーグルを装着して作業しましょう。また、作業中は窓を開けるなどして換気しておくことも重要です。

使い方は簡単です。排水溝のフタ・ヘアキャッチャー・排水トラップを外して、排水溝と外した部品に薬剤を噴射します。そのまま2~3分放置して、しっかり洗い流しましょう。薬剤が残らないように隅々まで洗ったら、排水溝を元の状態に戻します。

自分で解決できるかのポイント

お風呂の排水溝のつまりは、自分で解決できない場合もあります。ここでは、どのようなトラブルのときは業者に依頼する必要があるのか、ご紹介いたします。

固形物がつまっている

つまっているのが、汚れや小さなゴミなどではない場合は、業者に依頼しましょう。固形物がつまっていると、大きさによっては取り出すこと自体が困難です。つまっているものによっては、無理に引き出せば排水管などを傷めてしまうおそれもあります。

排水管の奥がつまっている

排水管の奥でつまりが発生している場合も、自分で解決することは極めて困難です。排水溝や排水管の浅い部分でのつまりであれば、これまでにご紹介したような道具があれば掃除して解消することができます。

しかし、原因がもっと奥にあった場合、薬剤や道具の効果が原因に届かないことがあるのです。

排水溝で発生しているつまりの程度が上記のようなときは、決して無理をせずに、水回りトラブルを解決している修理業者に依頼して、つまりを改善してもらいましょう。

排水溝トラブルを業者に相談すると費用はいくら?

自分で解決するのが難しいときは、業者に依頼するのが最適です。実際にトラブルが起こったときに躊躇なく業者に依頼できるよう、あらかじめ費用の相場を覚えておくことはとても大切です。

お風呂の排水溝のつまりは、特殊な道具や薬剤が不要な軽度なものであれば、「約5,000円~」対応している業者があります。ただし、高圧ポンプや専門的な薬剤を使用しての作業の場合だと、費用は高額になってしまいます。

業者選択は見積りから始める方もいます。依頼する業者に迷ったら、まずは弊社にご相談ください。いくつかの業者に見積りを依頼し、料金を比較して業者を選ぶことができます。

お風呂の水漏れトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

排水溝つまりの予防法&重曹の活用法

ここまで排水溝のつまりの原因や解消法についてご紹介いたしましたが、つまりが起こらないように予防ができればそれが1番です。そこで、ここからはつまりを起こさないための予防法をご紹介いたします。

また、排水溝のつまり解消に有効な重曹は、それ以外にも活用方法があります。重曹の別の使い道も覚えて便利に活用しましょう。

これからできる排水溝つまりの予防

これからできる排水溝つまりの予防

つまってしまったものは解消するしかありませんが、つまらないように予防をおこなうことも大切です。日常生活に取り入れられる排水溝のつまり予防をご紹介いたします。

こまめな掃除
つまりが起こるのは、原因となる汚れやゴミを放置するからです。週に1回など期間を決めて、こまめに掃除をおこないましょう。

定期的にパイプクリーナーを使用する
排水溝の掃除はしていても、排水管の掃除をさぼっているとつまりは起こります。定期的にパイプクリーナーを使用し、排水管にも汚れが溜まらないように注意しましょう。

目の細かいネットを取り付ける
髪の毛がからまると汚れやゴミと絡みついて厄介なつまりの原因になります。髪の毛が排水溝の奥に入り込まないよう、ヘアキャッチャーに網目の細かいネットを取り付けて予防しましょう。

重曹のチカラは排水溝つまりだけではない

重曹は酸性の汚れやニオイを落とします。そういった汚れは排水溝のつまりだけではありません。つまり解消以外の用途を3つご紹介いたします。

カビ取り

重曹は、使用方法を変えればカビ取りの効果もあります。重曹と酸素系漂白剤とお湯を混ぜて重曹ペーストをつくります。それをカビが気になるところに塗りつけたら、ラップを被せて4時間以上置いたのちに、しっかりと洗い流しましょう。

汚れが残っていたら歯ブラシなどでこすり洗いをし、再度洗い流すことによってカビを取ることができます。

つけ置き洗い

お風呂で使う洗面器や子供のおもちゃなどは、つけ置き洗いでキレイになります。湯船の残り湯か、なければお湯をためて、1カップ分の重曹を溶かします。

そこに洗面器や子供のおもちゃなどのお風呂で使う小物を入れてひと晩漬け、翌日に水で洗い流しましょう。洗面器やおもちゃに付着していた湯垢などが落ちているはずです。

入浴剤

肌の弱い方でなければ、入浴剤として使用することもできます。使用量はひとつかみ程度で大丈夫です。皮脂や角質を落とす効果があります。

上記でご紹介したとおり、重曹は万能な道具です。ただし、使い方次第では人体に悪影響となってしまう危険性もあります。そのため、重曹の使う際の注意点について、しっかりと理解しておかなければなりません。使用する際の注意点については以下でご説明いたします。

重曹を使うときの注意点

重曹は人体でも生成される成分でつくられているため、基本的には安全なものです。しかし使い方によっては、絶対に影響が出ないとはいえません。

まず、重曹には食用と掃除用の2つの種類があります。食用は料理に使うものとして、安全面・衛生面ともにきちんと管理されたものしか入っていません。

しかし、掃除用は粒子が粗く、掃除に適したものとなるように添加物が入っている場合があります。口に入れてすぐに被害が出るようなことはないかもしれませんが、用途を確認してから購入してください。

また、短時間の使用なら問題ありませんが、長時間素手で触れていると肌荒れをおこすおそれがあります。長時間使用するときはゴム手袋を着用して、直接肌に触れないようにしましょう。

さらに、重曹を使うことで素材を傷めてしまうこともあります。大理石や無垢のフローリングなどには、できるだけ使わないようにしましょう。

大理石はアルカリ性にも酸性にも弱く、重曹を使用すると変質するおそれがあります。無垢のフローリングは塗装がされていないため、黄色く変化してしまうおそれがあるからです。

重曹は正しく使用すれば役に立つアイテムです。正しい使い方を覚えて活用しましょう。

排水溝のつまりは放置しないで早めに対処しましょう

排水溝のつまりは、面倒だと思って放置していると、別のトラブルに発展するおそれがあります。排水溝がつまるということは、水が流れなくなるというだからです。

流れないまま水が溢れてしまえば、水漏れ被害へと発展する危険性があります。水漏れはご自宅で起きた場合の対処も大変なトラブルですし、マンションやアパートといった集合住宅で生活されている場合は階下に影響を及ぼす危険性もあります。

水漏れといった大きなトラブルに発展しないよう、お風呂の排水溝つまりは早めに対処しましょう。どうしても時間が取れなくて自分では解決できなかったり、自分では解決できないほど問題が深刻化してしまった場合は、決して放置はせずに業者へ依頼しましょう。

弊社では、全国各地よりお風呂の排水溝つまりを迅速に解決してくれる、水回りのトラブルに詳しい業者をご紹介いたします。

「費用を抑えたい」「排水溝のつまり以外にも気になることがある」など、ご要望に応じて最適の業者を手配させていただくことも可能です。ご相談は、24時間365日受け付けておりますので、いつでもお電話ください。

お風呂の水漏れトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較