水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > お風呂のトラブル > 浴槽が水漏れを起こしていたらまず原因を特定!修理方法も解説します

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

浴槽が水漏れを起こしていたらまず原因を特定!修理方法も解説します

お風呂にはシャワーや蛇口、排水口や給湯器など水漏れする原因となる箇所がたくさんあります。場合によっては浴槽自体からも水漏れがおこることがあります。毎日水を大量に使う場所であるため、少量の水漏れですと気付くのが遅くなるかもしれません。

この記事では、浴室で起きる水漏れ箇所のチェック方法から、浴槽で水漏れが起きた際の業者への修理依頼の注意点、浴槽から水漏れを起こさせないコツについてご紹介いたします。

浴室で水漏れしたときの対処法

水漏れの対策をするには、まずその原因を突き止める必要があります。そこで、まずは浴室で発生する原因を追究するために水漏れのチェック方法についてご紹介していきます。

水漏れ箇所のチェック方法

浴槽が水漏れを起こしていたらまず原因を特定!修理方法も解説します

浴室での水漏れをチェックする際は、次のような箇所を確認していきましょう。

・蛇口
蛇口は浴室の中では一番水漏れが疑われる場所です。水漏れの原因もほかの箇所で水漏れが起きたときと比べて発見しやすく、主に部品やパーツの劣化が考えられます。

・シャワーヘッド
シャワーヘッドやホースの劣化が原因で亀裂が生じ、水漏れがおこることがあります。シャワーヘッドとホースの接続部分やホース本体から水漏れがないか確認しましょう。自分でシャワーヘッドを取り付けた場合、蛇口とホースのサイズが合っていないことで接続部分から水漏れが発生している場合もあります。

・浴槽
浴槽からの水漏れは、主に浴槽の側面やゴム栓が損傷していることが原因です。浴槽がひび割れていないかを確認し、見当たらなければゴム栓の交換をおこなってみてください。それでも水漏れがおこる場合は、目視できない部分が損傷しているおそれがあります。

・床下や壁
お風呂場の床や壁は、水滴が外部に伝わらないように、タイルや浴室のパネルの隙間を密度の高いシリコン材で補強されているものが一般的です。このシリコン材などのコーティングが劣化して剥がれてしまうと、そこから水が染み出してしまうおそれがあります。

床に水が染み込むと、その下にある配管が劣化したり、床や柱が腐食してシロアリが発生したりと、被害が大きくなってしまうこともあります。日ごろから壁や床から水が染み出ていないかどうかを注意しましょう。

・給湯器
給湯器はお湯を作る機械で、浴室に取り付けるタイプと外に設置してあるタイプがあります。水漏れの原因となるのは、主に浴室に取り付けるタイプのもので、給排水ホースの亀裂や、パッキンや安全弁の劣化や緩みが原因であることが多いです。

給湯器の寿命は大体10~15年といわれています。長年使用し続けている場合は、劣化が原因である可能性もあります。

給湯器は見えるところについている配管やパイプ、弁ではなく、内部に水が溜まっていたり圧力がかかりすぎていたりすることが原因で、水漏れがおこることが多いです。給湯器の水漏れは、原因箇所を自分で特定することが困難なのです。

また、無理に自分で修理しようとすると、修理に失敗して正常だった部品に問題が発生してしまうおそれがあります。不具合のある給湯器は、不完全燃焼を起こして一酸化炭素を発生させるおそれがあります。一酸化炭素は無臭ですので、気付かないで放置してしまうと大変危険です。給湯器の水漏れが疑われる場合は、業者に相談することをおすすめします。

・換気扇
浴室に設置されている換気扇は、浴室からの蒸気が内部に溜まり、その水がポタポタと水漏れのように上から滴ってくる場合があります。また、内部に水が溜まってしまうこともあるため、サビができてしまい劣化が早まってしまうおそれもあります。水が換気扇から滴っている場合は、取り外して内部の水を掃除しましょう。

水位が止まるポイントで水漏れ箇所を特定

浴槽の水漏れ箇所を特定する場合は、まず浴槽に水を張って水の流れを見てください。水がある程度溜まるけれど、それ以上は溜まらない場合はその浴槽部分に亀裂があって水漏れしています。

一向に水位が上がらない場合や、どんどん水がなくなってしまう場合は、ゴム栓と排水溝の間に隙間ができているおそれがあります。給湯する穴や給湯器に関連する部品の付近へ水が流れている場合は、給湯器に関連する部品の劣化やひび割れによるものでしょう。

水漏れ箇所に応じた対処法

水漏れ箇所が見つかれば、修理や補強をするなど対処しましょう。主な対処法は以下でご説明します。

・浴槽のひび割れ
自力で修理する場合は、浴槽の素材を確認し、それに合った補修材でひび割れた箇所を修理することになります。接着剤や水中ボンドなどでひび割れた箇所を埋めてから、防水テープなどの補修材を張り付ければ作業完了です。ただし、これは一時的な補修になります。再度水漏れが発生するおそれがあることは覚えておかなければなりません。

リフォーム業者に依頼すると、アルミパテ補修やライニング補修、浴槽コーティングといった専門的な補修をおこなってもらえます。専門的な補修を一度してもらえば、水漏れが再発する可能性を抑えることが可能です。ただし、費用がかなりかかってしまいます。浴槽がひび割れた場合は、浴槽の交換作業を扱っている業者に依頼して、浴槽ごと新しく交換してしまったほうが費用面でもよい場合があります。

・排水口
排水口やゴム栓などが原因で起きる水漏れは、部品を交換すれば修理できることがほとんどです。排水口やゴム栓に溜まったゴミが原因で、排水口とゴム栓の間に隙間があいてしまっている場合もありますので、交換する前には一度きれいに掃除してください。

・給湯器
給湯器の配管にもパッキンが使われていますので、パッキンの劣化が原因の場合は交換すれば修理できます。また、配管やパイプ、接続金具などが劣化してそこから水が漏れている場合も、劣化している部品を取り替えれば水漏れが改善できる可能性は高いです。

しかし、給湯器に関しては水漏れ箇所を特定することも難しく、自力で修理することはおすすめできません。また、古い給湯器の場合は新しいものに交換する必要がでてくる場合もあるため、業者に相談するとよいでしょう。

・蛇口、水栓
蛇口や水栓などで起きる水漏れは、主にパッキンの劣化や接続部分の緩みが原因の場合が多いです。パッキンを交換し、接続部分を締めなおしてみてください。そうすることで水漏れが解決することもあります。ただし、パッキンを交換したり接続部分を締めなおしたりしても水漏れが続くときは、蛇口や水栓自体を交換しなければならないおそれがあります。

簡単な作業の場合は、ご自身で修理をおこなえば費用も節約になります。ただし、もし作業に不安を感じるときは、自力で作業することはやめておきましょう。不安なまま作業を始めれば、正常な部品を傷つけてしまうおそれがあります。そのため、無理をせずに、一度業者に相談することをおすすめします。

弊社にご相談いただければ、お客様に最適な業者をご紹介させていただきます。弊社に加盟している業者であれば、素早い対応で確実に修理することが可能です。弊社のサービスについて、詳しいことはお電話でご説明いたします。ぜひ一度、ご相談ください。

浴槽のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

浴槽の水漏れ修理を依頼するときの注意点

浴槽の水漏れ修理を依頼する際、どんな工事になるのか、費用がどれくらいかかるのか気になる方は多いかと思います。ここでは、業者に依頼するときに知っておくべき注意点から、費用に関することをご紹介します。「できるだけ費用は抑えたい」という方は、とくにご参考にしてください。

無理に自分で修理しようとしない

浴槽が水漏れを起こしていたらまず原因を特定!修理方法も解説します

「水漏れ修理にお金をかけたくない」という思いから、自分で修理ができないかどうか考える方も多いかと思います。自分で修理をおこなうと、交換用の部品を集めたり、作業するための時間を確保したりと、さまざまな手間がかかってしまいます。けれど、業者に依頼するよりも修理費用を抑えることができるのは確実です。

しかし、水漏れ箇所によっては、経験と知識が豊富な人でなければ修理が難しい場合があります。無理に作業をおこなうことによって、思わぬ危険を招く場合もあるため、自分で本当にできるのかをしっかり判断しなければなりません。

自分では難しい範囲の修理作業を無理におこなってしまうと、さまざまなリスクが発生してしまうからです。たとえば、修理経験が乏しいために、本当に必要な部品とは違うものを誤って購入してしまうかもしれません。ほかにも、修理の方法を間違えてしまったことで、問題のなかった部品まで交換しなければならなくなるといったリスクもあります。自分では難しい修理作業を無理におこなうことは、余計な費用と時間を生むおそれがあるのです。

そのため、修理が必要な水漏れが発生したときは、その修理作業が本当に自分でも可能なものかどうかをしっかり判断することが重要です。とはいえ判断することも決して簡単なことではありません。そのため、自分で修理をおこなう際は、「水漏れ箇所と原因が明確」であり「パッキンの交換など簡単な作業で済む」ものだけにするのがよいでしょう。

パッキンなどの部品の交換や接続部の緩みなどの修理は、比較的簡単におこなえます。必要な部品や道具はホームセンターなどで揃えてください。購入する際は、部品や道具のサイズの間違いに注意してください。部品がホームセンターなどで手に入らない場合は、業者やメーカーに問い合わせてみましょう。

また、接続部を締めなおすときには、力加減に気を付ける必要があります。力を入れすぎてしまうと、接続部に使われているナットという部品が変形してしまい、それが原因で新たな水漏れが起きてしまうおそれがあるからです。

修理が安くなるケース・高くなるケース

浴槽のひび割れは、小さなひび割れの場合はその箇所だけを補修することができますが、ひび割れができた箇所によって補修の方法が変わり、それによって費用も異なります。

まずは、浴槽自体に影響がないような、上部に小さな穴があいてしまっている場合です。これは製造工程で樹脂を流し込む際に入った気泡が原因であることが多く、使用しているうちに小さな穴があいてしまいます。こうした穴は浴槽の耐久性に関係のない穴であることが多いため、アルミパテ補修と浴室コーティングで補修できます。費用は大体7~10万円ほどです。

一方、経年劣化によって浴槽の底や側面に亀裂が入っている場合は、しっかりした補修をおこなわないとどんどん劣化が進み、耐久性に問題がでてきます。その場合はアルミパテ補修では不十分なため、ライニング補修と浴槽コーティングをおこなうことになります。

ライニング補修とは、浴槽の表面を樹脂シートなどで覆って補修する方法で、費用は大体12~14万円ほどになります。ユニットバスの場合は浴槽だけのコーティングができないため、浴室コーティングをやってもらえるとしても費用が高額になってしまうおそれがありますので注意してください。

ひび割れの補修ができないほど損傷が激しい場合や、浴槽自体の寿命である15~20年を超えて使い続けているものだと、浴槽自体を交換する必要がでてきます。浴槽の交換には浴槽本体の価格と工事費がかかります。また、浴槽が埋め込みタイプ(浴室の床面に浴槽が埋め込まれているタイプ)なのか、据え置きタイプ(浴室のタイルの上などに置くだけのタイプ)なのかによっても、工事費が違ってきます。

取り付け工事だけだと4~5万円ほどの工事費が一般的ですが、床面や壁面のタイル工事などが含まれると15万円以上かかってしまう場合があります。浴槽本体も、安いものだと5万円ほどから販売されていますが、材質やサイズなどによって金額が変わってきます。値段だけで考えるのではなく、自分の好みにあった浴槽を選ぶことが最もよいでしょう。

料金だけでも知りたい!そんなときは見積りをとろう

料金の目安を知りたい場合は、見積りをとることがおすすめです。電話で大体の料金を教えてもらえる業者もあります。浴槽の修理や交換をする場合は、さらに何社かをピックアップして相見積りをとることが重要です。工事の内容や費用などを比較して、明細がはっきりしている業者を選びましょう。

見積りは、業者とのトラブルを防ぐためにも、しっかりしたものを出してもらうことが大切です。後で高額な追加料金を請求されたり、工事の内容が違っていたりということがないように、見積りの内容に納得してから依頼しましょう。

弊社では現地無料見積りをおこなっております。また、相見積りもご相談いただければ喜んで対応させていただきます。24時間365日稼働しているコールセンターで、電話でのご相談を受け付けておりますので、まずは一度ご連絡ください。

浴槽のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

浴槽の水漏れを起こさせないようにするコツ

日々の生活で簡単にできる浴槽の水漏れの予防法があります。少しでも劣化や破損を起こさないために、ぜひこれからご紹介する方法を試してみてください。

日常の使い方で水漏れを予防できます

浴槽が水漏れを起こしていたらまず原因を特定!修理方法も解説します

普段の生活において、水回りの使い方に少し気を付けるだけでも、十分に水漏れの予防になります。以下でご紹介することは特別難しいことではありません。ぜひ実践してください。

  • 湯を張る際には湯船からお湯が溢れないようにする
  • 石鹸カスや髪の毛が排水口に詰まることがないように、定期的に排水口を掃除する
  • 蛇口はかたく締めすぎるとパッキンの劣化が早まるため、締めすぎに注意する
  • 床のタイルの間に使われているシリコン・ゴム部分などにカビが付くと、劣化の原因となってしまうためこまめに掃除をする
  • お風呂場のカビの発生を防ぐために、こまめに換気する

ここでご紹介した予防法は、どれも簡単にできることばかりだと思います。日ごろからこうした予防法をおこなっていくことで、浴槽が劣化すること防ぎ、水漏れを回避することにつながるのです。時間があるときに少しずつでもやるとよいでしょう。

浴室のメンテナンスもおこないましょう!

水漏れが起きてしまう前に、浴室のメンテナンスをおこなうことも大切です。蛇口のパッキンや浴槽などが劣化していないかなどを確認し、長期間使用しているものであれば早めに交換しましょう。給湯器なども、使い始めてから長期間一度も点検をしたことがないのであれば、不具合が生じる前に業者に調べてもらうこともおすすめです。その際には、無料で現地調査をしてくれる業者に依頼するとよいでしょう。

業者の中には、浴室のハウスクリーニングをおこなっているところもあります。もし自分で落とせない汚れがあったり、掃除が苦手で汚れと向き合うことに抵抗があったりする場合は、業者に頼んで浴室のメンテナンスをおこなってもらうとよいでしょう。

弊社では24時間365日いつでも電話受け付けをしております。弊社に加盟している業者では、現地無料見積りもおこなったあとで、明瞭明確に費用もお伝えさせていただきます。最適な業者選びのお手伝いをさせていただきますので、浴室でのお困りごとはなんでもお気軽にご相談ください。

浴槽のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較