水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレの水漏れ!パッキン交換、タンク確認で修理しよう【手順紹介】

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの水漏れ!パッキン交換、タンク確認で修理しよう【手順紹介】

「トイレから水漏れしてしまっているのを何とかしたい……」という方、必見です。トイレの水漏れをそのままにしておくと水道代がかかります。さらに、ひょっとしたらその水漏れ箇所の大きな破損につながる危険性があるかもしれません。

トイレの水漏れに気付いたら、まず原因がどこにあるのか追究して対処してください。このコラムでは、トイレの水漏れの対処方法を水漏れがおきている場所別で紹介します。

トイレの水漏れ場所を確認する方法

水は流れ方の関係上、頭上から床下にかけて順に濡れている場所を探していくと水漏れの場所を発見しやすくなります。次の手順で、どこから水が漏れているのか確認をしてみてください。

給水管などのパイプから

給水管などのパイプから

トイレのタンクには、パイプのようなものがつながっており、トイレタンクに水をためるために設置されています。

トイレの種類にもよりますが、ほとんどのトイレは給水管の途中の部分にネジのような接続部があります。これは止水栓といわれるものです。止水栓は、水道管からの水の流れを調節し、トイレのタンク内に水を入れる量を調整してくれる役割を果たしています。

これらの接続部分にはパッキンと呼ばれる、水漏れを防いでくれるゴムが内蔵されています。もしこの部分から水漏れしているようなら、パッキンが劣化しているものと考えられます。

まずは、この給水管や止水栓から水が漏れていないか確認をしてみてください。

トイレタンクから

便器内にいつまでも水が少しずつ流れ続けていませんか?これも水漏れの一種で、タンク内のなんらかの故障が考えられます。

トイレのタンクの中には次のような部品があります。

  • 水位を調整するリング
  • リングの先についているボールタップ
  • タンク内の水がある程度になったら水を流してくれるオーバーフロー管
  • 便器に水を流したり、止めたりする役割を果たしているゴムフロート

これらの部品の劣化や故障、もしくは鎖のからまりが原因で水漏れを起こしていると考えられるでしょう。便器の水がいつまでも止まらないようなら、トイレのタンク内を一度調べてみてください。

温水洗浄便座から

温水洗浄便座の利用をしていて、便座の脇や洗浄ノズルから水が漏れている場合です。これらは、洗浄便座を組み立てているパーツの不具合だったり、劣化だったりといったことが原因で水漏れを起こしている可能性があります。

この場合は、温水洗浄便器の交換をおすすめしますが、濡れた手で電源を抜く場合には、感電してしまうおそれがあります。十分に注意して手を拭いてから抜いてください。

床から

トイレの便器と床の隙間から水が染み出ている水漏れです。この場合は、便器の設置不備もしくは便器と排水パイプを接続している溶剤の劣化によるものと考えられます。この溶剤は、フランジパテといい、ホームセンターなどで販売されており、自身で補修作業をすることができます。

ただし、この場合は便器を動かす作業がともなうので、うまくパテで補修できたとしても排水管の故障という場合もあるので素人が修理をすることはおすすめできません。

またこのような水漏れが建物の2階部分でおこっている場合は、下の階へ水漏れを起こしてしまう可能性が非常に高くなります。すみやかに業者へ修理を依頼することをおすすめします。

原因が分からない場合はプロに調査依頼

  • トイレの水漏れの原因が上記のものに当てはまらない、もしくはトイレのタンク内を見てもよくわからないなど原因がつかめなくて困っている
  • 自分で修理をすることに少しでも不安のある

こんな人は、無理をしないですみやかに専門の業者までご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

パッキン部品の交換の前に準備すること

給水管のパッキンを自分で交換したいと考えている方のために、パッキンの交換方法について説明をしていきます。まずはパッキン交換に必要な道具や事前におこなうべきことについてご紹介しましょう。

交換に必要な道具の用意

交換に必要な道具の用意

必要な道具

  • マイナスドライバー
  • ウォーターポンププライヤー
  • モンキーレンチ
  • タオル
  • バケツ
  • ゴム手袋

※ウォーターポンププライヤーとは、給水管のナットを外すときにタンク内にあるボールタップが動いてしまわないように固定させておく道具です。

ボールタップを固定させる必要のないトイレタンクもあります。その場合、ウォーターポンププライヤーは必要ないので、タンク内を確認し、ご自身のトイレに合わせて準備してください。

・パッキンの準備
ホームセンターにいってパッキンを買いましょう。ひとくちにパッキンといっても、じつはトイレの種類によってパッキンのサイズは変わってきます。もし、パッキンのサイズがよくわからないときには、写真をやメーカーを記したメモを持っていき店員さんに相談してみましょう。

パッキンを外してホームセンターに直接持っていく場合は、止水栓を閉めて水が漏れない状態を確認してからにしてください。

交換の前に止水栓を閉めよう

パッキンの交換以前に、給水管から水が漏れているとわかった時点で、止水栓を閉めて水の流れを止める必要があります。

先ほど説明した通り、止水栓とはトイレのタンク内に水が流れる量を調整する役割を果たしているものです。止水栓がある場所は、給水栓の途中にあって壁から出ている配管と給水管を結んでいるので、壁際にあることが多いでしょう。

トイレの種類によって、止水栓の種類も違います。大まかには次の3つに分けることができます。

・マイナス溝タイプ
止水栓の突起部分がマイナスの溝ができているタイプのものです。一般的な止水栓は、このタイプです。この止水栓の閉め方は、マイナスドライバーを使用して右に回すことで閉めることができます。

・内ネジタイプ
マイナス溝タイプとは少し違って、突起がありません。止水栓にマイナスネジが埋め込まれたタイプで、この止水栓もマイナスドライバーを使用して右に回すことで閉めることができます。

・ハンドルタイプ
蛇口の三角ハンドルのようなタイプの止水栓です。金属のものだけでなくプラスチックでできているものもあるようですが、最近ではあまり見かけないタイプです。閉め方は上記のふたつのタイプ同様に右回りにハンドルを回すことで水を止めることができます。

どのタイプの止水栓にもいえることですが、回した回数は必ず覚えておくようにしてください。トイレを設置した業者があなたのトイレに合わせて水の流れる量を調整して、止水栓を閉めています。この回転数を間違えると水の使用量が急激に増えてしまうといったトラブルになることがあります。

そのほかの注意として、年数が経っている止水栓の場合はサビついてしまって回らなくなってしまうことがあります。この場合は無理に止水栓を回そうとすると、今度は止水栓自体が破損して水が一気に噴き出してしまうといった最悪なトラブルに発展することもあります。

止水栓がサビついて回らないときには、家全体の元栓を閉めてから作業をおこないましょう。戸建ての場合、元栓は家の敷地内の地面にあります。集合住宅などでは、共有スペースにある水道メーターが設置されている場所にあるので、確認をしてみてくださいね。

【3分でわかる】パッキンの交換手順

【3分でわかる】パッキンの交換手順

次はパッキンの交換方法について説明します。トイレのパッキンの交換費用は、道具がそろっていれば200~300円程度でおこなうことができます。水漏れしている部分ごとに説明しますので、あなたの水漏れ状況に合わせて参考にしてください。

給水管のタンク側のパッキン交換手順

給水管のタンク側にあるパッキンの交換手順は以下のとおりです。

1.モンキーレンチでタンクの外側にあるナットを奥に回して緩めてください。このとき、トイレのタンク内にあるボールタップが動いてしまうので、ウォーターポンププライヤーなどを使用してボールタップを固定させましょう。

2.ナットを緩めて無事に外すことができたら、ナットのなかに入っているパッキンの状態を確認します。古く劣化しているなら取り外して、新しいパッキンと交換しましょう。

3.あとはまた給水管とボールタップをつなげながらナットを手前に回して閉めて完了です。

給水管の止水栓側のパッキン交換手順

給水管の止水栓側にあるパッキンの交換手順は以下のとおりです。

1.止水栓側のナットをモンキーレンチで、左回しに緩めましょう。このとき、給水管に水が残っていると水が床に漏れてしまうので、バケツを必ず置いてください。

2.ナットを外すことができたら、ナット内にある劣化したパッキンを確認します。パッキンが劣化していたら新しいパッキンに交換をしてください。

3.パッキンの交換ができたら、止水栓と給水管をくっつけてナットを右回しで閉めましょう。

止水栓のパッキン交換手順

ここからは止水栓自体から水が漏れている場合のパッキンの交換方法です。この止水栓のパッキンを交換するときは、家全体の水道の元栓を閉めてから作業に取りかかってください。

1.止水栓のナットの部分をウォーターポンププライヤーで固定して、左回ししてナットを外しましょう。このとき、給水管に水が残っていると水が床にこぼれてしまうので、バケツを用意しておいてください。

2.ナットを外すと、三角パッキンがついていることが確認できます。パッキンが劣化していれば、新しいものと交換しましょう。

3. 三角のパッキンを取り外すと、中にはスピンドルという留め具があるのを確認できます。このスピンドルは、左に回すと取り外せます。

4.先ほど取り外したスピンドルのなかに、コマパッキンと呼ばれるコマの形をしたパッキンがあります。コマパッキンが劣化している場合は、新しいものと交換しましょう。

5.それぞれのパッキンを交換できたら、外した手順とは逆の手順で取り付けます。

ボールタップのパッキン交換手順

ボールタップとは、トイレのタンク内にありボールタップの先端についている浮き球のことです。この浮き球の浮き上がり具合によって、弁の開け閉めを調節しています。

ボールタップのパッキン交換方法は次のとおりです。

1.止水栓を閉めて水が流れないようにする

2.タンクを開けてボールタップを固定しているナットを上側に回して外し、ボールタップを取り外す

3.ボールタップを取り外したら、浮き球がついているふたつの蝶ネジをモンキーレンチで反時計回りに回してピストンバルブを取り外す

4.ピストンバルブの接続部分にあるパッキンが劣化していたら新しいパッキンと交換する

パッキンの交換でも水漏れが解消しない場合は

パッキンの交換の方法を紹介しましたが、もしパッキンを交換しても水漏れが止まらない場合は別の問題が考えられます。そのような場合は、すみやかに専門業者までご連絡ください。トイレ水漏れの原因を的確に判断して、すみやかに修理いたします。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの水漏れにありがちなトラブル

トイレの水漏れの原因として多いのは次の5つです。簡単な対処方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

トイレの水チョロチョロ

トイレの水チョロチョロ

水がチョロチョロと流れる原因は、タンク内の部品が破損や劣化が原因と考えられます。

今回のコラムで説明したパッキンの劣化が原因だったり、鎖がからまったことによっておこる蓋がしまらない現象だったりと原因がいくつか考えられるでしょう。部品の交換や鎖のからまりを外すなど、対処をしてください。

チョロチョロだから大したことではないと、ついそのままにしてしまいがちです。しかしこれは水がずっと流れている状態です。そのままにしておくと、ずっと水道代がかかってしまう状態なので、はやめに対処しなくてはなりません。

水が止まらない

いつもどおりに水を流すためにレバーを回したら、そのまま水が止まらなくなってしまう現象です。これはかなりの量の水が流れ続けることになり、水が流れきれずに床に水が浸水してしままったり、水道代が余計にかかったりします。

まずは、水が流れ続けないためにも止水栓を閉めましょう。水が止まらなくなる原因はいくつか考えられますが、タンク内の部品の故障や劣化が原因で機能しなくなっていることだと考えられます。

タンク内をのぞいてみて、原因がわかるようなら自分で修理をしてみるのもいいでしょう。もし、少しでも不安があるようならすみやかに専門の業者に相談をしましょう。

水が流れない

レバーを回しても水が流れないという現象です。まずはタンクのなかに水が溜まっているか確認をしてみましょう。タンクに水が溜まっているようなら、便器に水を流したり止めたりするフロートバルブというゴムの蓋の不具合が原因と考えられます。

フロートバルブに水垢やゴミがつまったことによって、動かなくなってしまっているかもしれません。その場合はフロートバルブについている水垢やゴミを取り除きましょう。しかしタンクのなかに水が溜まっていない場合は、別の原因が考えられます。

水が溜まらない

タンクに水が溜まらない現象がおきている場合は、給水管にサビやゴミがつまることによって、水が流れなくなってしまっていることが考えられます。この場合は、給水管を取り外して掃除をする必要があります。

もし、自分で作業をすることに少しでも不安がある場合は、無理をしないで専門の業者に任せましょう。

水漏れ修理にかかる費用相場

修理業者によって金額は違います。水漏れ修理の相場は次のとおりです。参考にしてみてください。

トイレのつまりによる水漏れ修理 5,000~50,000円
タンクからの水漏れ修理 6,000~12,000円
ウォシュレットの水漏れ修理 4,000~12,000円
排水管からの水漏れ修理 7,000~15,000円

水漏れ修理の費用にはかなり幅があります。タンクを開けてちょっとした部品を交換する軽度の修理からトイレの便器自体を丸ごと外したり交換したりなど高度な修理をする場合もあるためです。

このほかにも、出張費や便器の交換費用などが別途かかる場合があります。いくつかの業者から見積りを取り、作業内容や料金などを比較してみるといいでしょう。

SOSはお早めに

トイレの水漏れは、チョロチョロと水が流れている程度だとついそのままにしてしまいがちです。しかし、そのままにしていても水道代がかかり続けます。さらには、小さな故障から大きな故障につながる危険もあります。

自分で修理できる場合もありますが、失敗をすることや原因が違うこともあります。自分で修理をすることに少しでも不安があるなら無理はしないで専門の業者までご連絡ください。弊社は、24時間365日お電話によるご相談をおうけしています。いつでもお気軽にご相談ください。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較