水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > お風呂詰まりをラバーカップで解消!種類や正しい使い方・詰まり予防

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

お風呂詰まりをラバーカップで解消!種類や正しい使い方・詰まり予防

自分でお風呂詰まりを解消するには、ラバーカップが役に立つ場合があります。お風呂の詰まりは、おもに髪の毛や石鹸カス、体の皮脂などが原因です。詰まりを放っておくと、水の逆流や、悪臭、害虫などの被害につながってしまいます。

ここでは、お風呂詰まりをラバーカップで解消する方法だけでなく、お風呂詰まりの原因についてもご紹介しています。ぜひ実践して、お風呂詰まりを解消させてみてくださいね。

お風呂が詰まる3つの原因

お風呂が詰まる原因にはさまざまな理由が存在します。なかでも髪の毛や石鹸のカス、皮脂汚れなどによって発生する場合が多いといわれています。それでは、どのようにしてお風呂を詰まらせてしまうのか、詳しく原因をみていきましょう。

【原因1】固形物

【原因1】固形物

お風呂が詰まる原因の1つが、髪の毛などの固形物です。これらの固形物がお風呂の排水口をふさいでしまうことによって、詰まり発生する場合があります。

そのほかにも、カミソリの替え刃や入浴剤の袋、シャンプーなどの詰め替えパックの切れ端など、小さなものでもお風呂の詰まりを発生させる場合があります。

【原因2】カス汚れ

石鹸のカスやシャンプーなどのアルカリ性の汚れは、詰まった髪の毛に絡みヘドロのような状態になり詰まりを発生させます。また、このようなカス汚れは、排水口のヘアキャッチャーをすり抜けて蓄積されていくため、徐々に詰まりを起こします。

【原因3】皮脂汚れ

体の皮脂汚れも、日々排水口にたまっていくことで詰まりを発生させます。1度に多く溜まるようなものではありませんが、家族の人数やお風呂の使用頻度によって、少しずつ汚れが蓄積されて固まってしまい、詰まりを起こす原因になります。

放置すると害虫が出没!?

お風呂の詰まりをそのままにしておくと、水がきちんと流れないだけでなく、悪臭や害虫の発生につながるおそれがあります。排水口が不衛生な環境になってしまうことで、皮脂や石鹸カスをエサとするチョウバエやゴキブリなどといった害虫が出やすくなるため注意が必要です。

それだけでなく、排水口が詰まってしまうと、汚れや雑菌によって悪臭が室内にまで立ち込め、体調を崩してしまうことも……。日々の生活に支障が出てしまう前に、早めに対処するようにしましょう。

また、お風呂詰まりを自分で解決するのが難しい場合は、すみやかに業者に依頼することをおすすめします。弊社では、日本全国の水道業者が数多く加盟しているので、ご自宅付近の加盟店スタッフを早急に派遣いたします!

お風呂詰まりなどのトラブルにお困りの場合は、まず一度、弊社の無料相談窓口までご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

お風呂詰まりをラバーカップで解消

お風呂詰まりは、ラバーカップを活用することで手早く解消することができます。しかし、きちんと詰まりを解消するためにも、適した種類やサイズのラバーカップを使用することが大切です。使用するときのコツを含め、ラバーカップについての知識を深めておきましょう。

ラバーカップには「種類」がある

ラバーカップには「種類」がある

ラバーカップというと、通常トイレの詰まりを解消するための道具というイメージがあるのではないでしょうか。あまり知られていませんが、ラバーカップには底に出っ張りのついたトイレ用と、カップが平面の排水口用が存在します。

ラバーカップは、しっかりと密閉させることで効果を発揮します。トイレ用と排水口用では、それぞれゴム部分の形が違うので、目的に合ったものを使いましょう。

ラバーカップには「サイズ」もある

トイレ用や排水口用など、用途に合った種類を使うことも重要ですが、排水口をしっかりと覆うことのできるサイズを選ぶことも大切です。ラバーカップにも、大きいものから小さいものまでさまざまな種類があります。

カップのサイズが小さすぎても大きすぎても、正しく圧力を加えられないので、適切なサイズを選ぶことが大切です。

ラバーカップを使うときのコツ

ラバーカップを使って詰まりを解消するためには、排水口にゆっくりと押し込んで勢いよく引っ張ることが重要です。ついつい詰まりを取るために、ラバーカップを押し込んでしまいがちですよね。

しかし、これでは詰まりの原因となっているものを、さらに奥深くへ移動させてしまうかもしれません。排水口の詰まりを悪化させるだけでなく、排水管にまで負担をかけてしまいます。

きちんと効果を得るためにも、排水口にゆっくりとラバーカップを水平に押し当てて、強く引っ張るということを意識しましょう。この動作を何度か繰り返しおこなうことで、詰まりの解消につながります。

【番外編】他にもある!お風呂詰まりの解消法

お風呂の詰まりは、ラバーカップ以外にも、ワイヤーハンガーやパイプクリーナーなども効果的です。排水管に汚れの固まりが詰まっている場合は、服をかけるときに使うワイヤーハンガーを伸ばしたものを使うと、汚れを取り除き解消できる場合があります。

また、髪の毛が絡まることで詰まりを起こしている場合には、市販されているパイプクリーナーを使うことで手軽につまりを解消することができます。このほかにも、酸性の皮脂汚れには重曹を使用すると効果的です。

石鹸カスなどの汚れには、お酢やクエン酸を使うことで洗浄効果を得ることができるためおすすめです。

お風呂詰まりが解消されない場合は?

お風呂詰まりは、軽度のものであればラバーカップやパイプクリーナーを使うことで解消することができます。しかし、固形物が排水口や排水管の奥で詰まりを起こしていると、自分で詰まりを解消することが難しく、方法によっては状態を悪化させてしまう可能性があります。

そのような場合は、排水口や排水管を傷つけず適切に詰まりを解消するためにも、速やかに業者に依頼することが大切です。弊社では、24時間365日電話受付をおこなっています。水漏れの被害やトラブルにお困りの場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

お風呂詰まりは予防が大事!

お風呂詰まりを発生させないためにも、排水口の定期的な掃除やヘアキャッチャーにネットをかぶせておくなどといった事前の予防が大切です。予防策として、どのようなものが効果的なのか、いくつかみていきましょう。

【予防策1】ヘアキャッチャーにネット

【予防策1】ヘアキャッチャーにネット

多くの場合、お風呂の排水口には髪の毛の侵入を防ぐためのヘアキャッチャーが取り付けられています。しかし、ヘアキャッチャーの穴をすり抜けてしまう場合もあるため確実ではありません。

そんなときに、目の細かいネットをあらかじめヘアキャッチャーにかぶせておくことで、より髪の毛の侵入を防ぐことができます。また、取り換えも簡単におこなえるため、掃除もとても手軽になりおすすめです。

【予防策2】パイプクリーナー使用

詰まりが発生する前に、こまめにパイプクリーナーを使うことも予防策としておすすめです。詰まりの状態がひどくなってからでは、パイプクリーナーを使っても効果を発揮できない場合があります。

そのため、お風呂掃除の際についでに使うようにしておき、あらかじめ詰まりが起きないようにしておくことが大切です。

【予防策3】こまめな掃除

排水口が詰まってから対策をするのではなく、きちんとこまめに掃除しておくことが重要です。お風呂あがりにヘアキャッチャーのゴミや髪の毛をこまめに取り除くようにしておくだけでも、詰まりが発生しにくくなりますよ。

【予防策4】高圧洗浄作業を定期的におこなう

市販される高圧洗浄機を使って、定期的に排水口を掃除しておくことも予防策として効果的とされています。ホームセンターなどで購入する場合、価格の相場は、10,000~25,000円前後であることが多いです。

また、プロが使用するような高圧洗浄機よりも強力なものに関しては、100万円を超えるものも存在します。

しかし、高圧洗浄機は価格も高く、正しく使わないと排水口だけでなくお風呂場を傷つけてしまうおそれもあります。その場合は、プロに依頼して適切な洗浄作業をおこなってもらうことをおすすめします。

業者に高圧洗浄作業を依頼する場合、作業の難易度によって異なりますが以下が費用相場となります。

基本料金+高圧洗浄作業費:12,000~21,000円ほど

弊社では、電話相談だけでなくお見積りに関しても、無料でご提示させていただいております。お見積り後に追加料金やキャンセル料なども発生することはありません。また、24時間365日いつでも受付対応しております。

排水口の詰まりなどトラブルが起きた場合は、お気軽に弊社の無料相談窓口までご連絡ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較