水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > お風呂のトラブル > お風呂のお湯が出ない!落ち着いて3箇所を確認|ガス・給湯器・水栓

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

お風呂のお湯が出ない!落ち着いて3箇所を確認|ガス・給湯器・水栓

お風呂のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

お風呂のお湯が出ない!焦る前にまず確認すること

お風呂のお湯が出ないと焦ってしまいますよね。なにが原因で起きているのかわからず、余計に混乱してしまうということもあるでしょう。しかし、あらかじめお湯が出ない原因を把握しておくと、落ち着いて対処することができます。

そこで、この記事ではお風呂のお湯が出ない原因について解説していきます。原因の紹介のあとには対処方法も解説していきますので、参考にしながらトラブルを解決してみてください。

お風呂のお湯が出ない……原因は主に3つ

お風呂のお湯が出ない!落ち着いて3箇所を確認|ガス・給湯器・水栓

お風呂のお湯が出ないときは、主に以下の3箇所が原因になっていることが多いです。しっかりとチェックしましょう。

・ガス
お風呂のお湯が出ない原因に、ガスがいき渡っていないことが考えられます。ガスコンロなどほかのガス機器もつかない場合は、ガスを止まっている可能性がたかいです。ガスメーターを確認してガス会社に連絡し、復帰操作をおこないましょう。

・水道
お湯も水も出ない場合には、水道の異常が考えられます。主なところでいうと、断水、凍結、元栓が閉じている、水道自体がとまっているということが原因として挙げられます。ほかの水道の蛇口を開いて、水の流れを確認してみましょう。

もし凍結している場合には、水まわりのトラブルに対応している業者に修理を依頼しなければなりません。元栓や水道料金の払い忘れがないかなどを確認して異常がわからなければ業者に相談してみるのがよいでしょう。

・給湯器
水道もガスも故障していない場合には、給湯器が原因の可能性があります。給湯器の電源が入っていないか、電池切れをしていないか、電源プラグが入っているのか確認してみましょう。もし問題がないようでしたら、給湯器本体が故障してしまっている場合があります。

給湯器に異常がありそうだと思った際は弊社にご相談ください。24時間365日ご相談をお受けしております。また、どんなお悩みでもお聞きしますのでいつでもお気軽にお問い合わせください。

お湯が出ないのはお風呂だけ?状況を把握しよう

お湯が出ないといっても、お風呂だけでその現象が起こっているのか。それともほかの場所でもお湯が出ないのか。それぞれによってトラブルの原因は変わってきます。以下をチェックしてみましょう。

ほかの場所(キッチン洗面所など)でもお湯が出ない場合

お風呂のみではなく、キッチンや洗面所からもお湯が出ない場合もあります。この場合はガスもしくは給湯器が原因だと考えられます。一度ガスメーターや給湯器を確認するようにしましょう。ガスや給湯器が原因と思われる場合の対処法に関してはこのあとすぐに紹介します。

お風呂だけお湯が出ない場合

お風呂だけお湯が出ない場合は、混合水栓という蛇口が原因かもしれません。ほかの場所からはお湯が出るのにお風呂だけ出ない場合は、ガスも給湯器も故障も原因ではないと考えてよいでしょう。混合水栓のトラブルの対処に関しては後述します。

【ガスの異常が原因の場合】注意点と対処法

では、まずはガスの異常が原因と思われる場合の対処法について紹介します。対処法は以下の通りです。

絶対に給湯器を使用しない

ガスの匂いが家中に蔓延しているようでしたら、まず窓を換気しましょう。ガス漏れを起こしている可能性があります。またガス漏れしてまったキッチンでの換気扇などの使用は引火する危険があります。無理になんとかしようとせずにガス会社に相談するようにしましょう。

賃貸住宅でガス給湯器が故障したら…

ガス給湯器は8年~10年が寿命といわれています。寿命が原因ではないかもしれませんが、どんな場合でも故障してしまったときには、無理に自分で修理するのではなく、故障の状況を大家さんや管理会社に報告するようにしましょう。このとき、給湯器のメーカーや型番を控えておくと対応がスムーズになります。

よくある給湯器のトラブル集

給湯器からお湯が出ない原因として、意外にうっかりミスが原因で起こっている場合があります。例えばリモコンがついていない場合やそもそもブレーカーが落ちて電源が入っていない可能性があります。

実際に不具合が起きている場合は給湯器や付属のリモコンにエラーコードが出てきます。エラーコードは2桁もしくは3桁の英数字で表示されます。このエラーコードが出た場合には、説明書を読んでコードの内容を確認して自分で対応できるトラブルか確認しましょう。もし自分で対処できない場合には、業者に相談してみましょう。

ほかにも給湯器の故障の原因として、雨や強風、雪が原因で起こることがあります。外部設置用に作られていても、台風で強い雨風にさらされてしまうと故障してしまうことがあります。「なにが原因かわからないけど、給湯器でトラブルを起こしてそう……」と思ったら一度業者に相談してみるのがよいでしょう。

「原因がわからない!」そんなときは…

お風呂からお湯が出ない原因が、上記以外の場合には原因がわからずに悩んでしまうと思います。そんなときはひとりで悩まずに、業者に相談してみてください。確かな原因と対処法を教えてくれます。

弊社では水まわりのトラブルに対応した業者を紹介することができます。被害が起きている現場の調査を無料でおこなう業者を紹介いたしますので、「まずは相談だけしたい……」という場合でもお気軽にご相談ください。

お風呂のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

早くお風呂に浸かりたい……給湯器が原因の場合の解決法

もしお湯が出ない場合には業者に相談することがベストです。しかし修理法は給湯器のタイプによってことなります。なので、修理を業者に依頼する際に家庭で使われている給湯器のタイプを知っておくと相談がスムーズに進みます。

ここからは給湯器が原因でトラブルが発生した際の解決法について紹介していきます。

給湯器の設置タイプを知ると緊急時に役立つ!

お風呂のお湯が出ない!落ち着いて3箇所を確認|ガス・給湯器・水栓

給湯器のタイプは大きくわけて4種類あります。以下に特徴を書いておきますので自分の給湯器のタイプを確認してみましょう。

・壁掛け型
壁掛け型とは、外壁に固定されているタイプの給湯器です。一軒家の場合は外壁に設置されていて、マンションであれば、ベランダの壁に取り付けられています。給湯器下側から配管が出ていて、水道につながっていきます。

・据え置き型
据え置き型とは、屋外に設置するタイプの給湯器で、一軒家でよく使われています。給湯器の側面から配管が出ていているのが特徴で、浴槽本体につながる配管が1つだけあります。

・浴槽隣接型
浴槽隣接型も屋外で設置するタイプの給湯器です。給湯器の背面からは浴槽につながる配管、側面からはそのほかの水道につながる配管があります。

・PS設置型(標準、扉内設置)
PS設置型とは集合住宅で玄関通路が側にある、PS(パイプスペース)という場所に設置されているタイプの給湯器です。パイプスペースといった限られた場所に設置するので、取り付けられる給湯器のタイプもことなってきます。

また種類としては、標準設置型と扉内設置型の2種類があります。標準型はパイプスペースに扉がついていなく、給湯器がむき出しになっているタイプです。扉内設置型はパイプスペースに扉がついていて、扉を閉めると排気口が見えるようになっています。

給湯器で故障しやすい箇所とは

給湯器で故障しやすい箇所は割と限られてきます。以下に故障しやすい場所をピックアップしてみましたので給湯器でトラブルが起きた際は確認してみましょう。

・リモコン
給湯器で故障しやすい場所として、リモコンの故障が挙げられます。リモコン本体や配線が断線していると給湯器からお湯が出ない原因になります。

・内部の基盤
給湯器本体の基盤が故障していると、給湯器本体が動かない場合があります。長期間使用していると内部の故障が起きて、ショートにつながるので異変を感じたら寿命かもしれません。

・給水管
給水管のトラブルで、給湯器からお湯が出ない原因になります。サビや腐食でゴミが詰まってしまって、給湯器に入る水の水圧が弱くなると異常が発生します。

・給水バルブ
給水バルブとは水道の元栓です。この給水バルブのパッキンが悪くなると、水漏れの原因になります。この場合、パッキン本体を交換しないとトラブルは解決しません。

給湯器が故障したらどこに依頼する?

給湯器は故障した場合に、個人で対処するのは大変危険です。さらに状況を悪化させるだけではなく、下手をするとショートや発火で事故につながる可能性もあります。安全に修理をおこなうには業者に依頼することをおすすめします。確かな技術で修理をおこなってくれます。

お風呂のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

お風呂のお湯だけ出ないのは混合水栓の故障かも

給湯器やガスも異常がなく、ほかの台所や洗面所からお湯が出る場合は混合水栓の故障が原因と考えられます。混合水栓とはお風呂の蛇口で温度を調節する部品です。この章では混合水栓について詳しく解説していきます。

お風呂の混合水栓は主に3種類

お風呂のお湯が出ない!落ち着いて3箇所を確認|ガス・給湯器・水栓

混合水栓と一言でいっても、大きくわけて3つの種類があります。それぞれの修理方法も若干変わってくるので自分の混合水栓がどのタイプなのかチェックしておきましょう。

シングルレバー混合栓

シングルレバー混合栓とは1つのレバーハンドルを上下に動かし、水の勢いを調整する水栓です。左右に動かすことで、水とお湯の割合を調整して温度調整をおこないます。操作がわかりやすく、温度調整が用意にできるという特徴があります。このタイプは、主に洗面台に使われることが多いです。

ツーハンドル混合栓

ツーハンドル混合線とは水のハンドル、お湯のハンドルの2つをひねることで、温度調整をおこなうことができます。シンプルな構造をしているので、本体部品が安い、メンテナンスがしやすいという特徴があります。

サーモスタット混合栓

サーモスタット混合栓とは、サーモスタットカートリッジというお湯の混合量を調整する部品で温度調整をすることができます。お湯の量を自動で調整してくれるので、急に水が冷たくなったり、熱くなったりすることを防ぐことができます。またレバー1つで、水量を変えることができるのが特徴です。現在、戸建てを新築で購入すると、浴室のシャワーはこのタイプの水栓であることが多いです。

混合水栓の交換方法

混合水栓の交換方法は以下の通りです。

  1. 元栓・止水栓を閉める
  2. 水栓を取り外す
  3. 新しいものに取り換える
  4. 水を流し、異常がないか確認

止水栓や元栓をしっかりと閉めておかないと、水がいきなり噴き出してしまいますので必ず水栓は閉めましょう。水栓はスパナもしくは、モンキーレンチでナットを緩めて取り外していきます。

取り外した際にはナットを取り外した箇所のサビや汚れをしっかりと掃除するようにしましょう。取り換えることができたら水がきちんと流れるか確認してください。このとき少しでも水漏れを起こしてしまっていると、その部分からどんどん劣化してしまうおそれがあります。

水栓を交換するといくらかかる?

水栓を交換するにはどれくらいの費用がかかるのか気になるという方も多いでしょう。費用はDIY(自分ですべて修理)する場合と業者に依頼する場合で変わってきます。以下にまとめておきましたので参考にしてみてください。

DIYする場合

水栓をDIYでおこなう場合には、新品の水栓+ナットを閉める道具、この2つの費用が必要です。新品の水栓はどの種類でも、5,000円~15,000円くらいの料金で購入することができます。工具は2,000円もあれば全部そろえることができるでしょう。

業者に依頼する場合

水栓の交換をする際には、業者に依頼することもあるでしょう。業者に依頼する場合の料金は8,000円~12,000円が相場です。このほかに新品の水栓の料金や出張費などが加算されることもあるので、業者に依頼する際は一度、電話で見積りの依頼をしてみるとよいでしょう。

自分で水栓の交換をおこなうと作業が不十分で、またトラブルが起きる原因になります。もし水栓の交換で悩んでいるようでしたら、1度業者に相談してみてください。スピーディに確実に交換をおこなってくれることでしょう。弊社で紹介している業者では、現地の調査、見積りが無料でおこなえます。「一度料金を確かめてみたい……」と思いましたら、一度弊社までご相談ください。

お風呂のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較