水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレ詰まりの対処法を解説|普段の使い方を意識すれば予防できる!

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレ詰まりの対処法を解説|普段の使い方を意識すれば予防できる!

トイレ詰まりで緊急事態発生!原因と対処法

これからご紹介していくのは、トイレ詰まりの解消法となります。忙しい朝など、急いでいるときにトイレが詰まってしまったら、とても焦ってしまいますから、詰まらせないようにしたいですよね。じつは、トイレットペーパーなどの紙類の使い方を見直すだけで詰まりのトラブルを防ぐことができる場合もあるのです。

もし、“トイレが詰まってしまったときの対処法”や“トイレで起きたトラブルの解消方法”をお探しでしたら、この記事を参考にしてみてくださいね。それでは見ていきましょう。

こんな症状があったら”詰まり”のサイン!

トイレ詰まりの対処法を解説|普段の使い方を意識すれば予防できる!

  • 便器の水の流れが悪い
  • 水を流すと水位が急上昇する
  • 水を流してもトイレットペーパーのカスが残る、戻ってくる
  • 水を流すとゴボゴボと音がする

ご自宅のトイレにこういった症状がみられる方はいらっしゃいませんか?もし心当たりがあるという場合、トイレ詰まりを起こしてしまうおそれがあります。ですので、このような場合には業者に相談してみたほうがトラブルを未然に防げるかもしれませんね。

トイレを詰まらせる原因は何か

それではいったいトイレを詰まらせてしまう原因はなんなのでしょうか?原因がわかればトラブルを防ぐことにつながりますので、見ていきましょう。

・大量のトイレットペーパー
トイレットペーパーには1枚でできているシングルタイプと、2枚でできているダブルタイプがありますよね。たとえば、これまでシングルを使っていたという方が、ダブルになっても同じ長さ分のトイレットペーパーを出していたら、厚みが増えるため詰まってしまうというケースが考えられます。

・流せるトイレクリーナーなどの紙類
掃除をする際に使用するという方も多くいらっしゃるであろうトイレクリーナー。いくら流せるタイプのものであっても、一度に何枚も流そうとすると詰まってしまいます。

・生理用品、おむつ
生理用品やおむつの中には、流せるタイプのものもあります。ですが、一度に何枚も流してしまったり、水圧の弱いトイレに流してしまったりすると詰まってしまいますので、気をつけるようにしましょう。

また、水に流せるタイプでないものに関しては、水分を含むことによってどんどん膨張してしまいます。その結果水をせき止めてしまい、詰まりを起こしてしまう原因となるのです。

・ペットシーツ
ものによっては、流せるタイプのペットシーツがあります。ですが、先ほどと同じように、何枚も同時に流してしまったり水圧の弱いトイレに流してしまったりすると、詰まりの原因となってしまいます。もちろんこちらも水を吸収していきますので、便器の中で膨張し、詰まってしまうのです。

・猫砂
尿を含んだ砂同士がくっつくことで大きな塊となる猫砂ですので、当然トイレの水を吸収することでトラブルが起きてしまうケースもあります。そして、猫砂には便が混じっていますよね。動物の便には毛も多く含まれているため、それも詰まってしまう原因のひとつとなるのです。

・固形物
子どもが誤っておもちゃをトイレに入れてしまったり、ポケットに入ったスマートフォンがスルッと落ちてしまったりして、それに気づかず流してしまうと、当然詰まってしまいますよね。

・食べ残し
食品に含まれる動物性の油は、劣化するとドロドロのラード状になります。油は水と混ざり合わず溶けることもないため、排水管の詰まりを促進してしまうおそれがあるのです。

自分で対処できるか判断するポイント

トイレ詰まりが実際に起きてしまったときに自分で対処できるのは、原因が紙類であったり、水位が上昇しても水がゆっくりとひいていく状態のときです。後者に関しては、詰まりの度合いが軽度であるため、自分で対処できる範囲内であることが多いのです。

詰まり解消法3つ

・ぬるま湯を流す
ふやけることによって流れやすくなるトイレットペーパーなどの紙類は、ぬるま湯を流すことによって溶けやすくなるため、詰まりの解消に効果的です。

・ラバーカップを使う
ラバーカップとは、棒の先端にゴム製のカップがついたものになります。これを使用することによって、詰まりの原因となってしまったものを外へ取り出すことができるのです。

・それでもダメなら真空式パイプクリーナーを
真空式パイプクリーナーとは、ラバーカップと同様、詰まったものを吸引して詰まりを解消する道具です。ラバーカップの場合は、棒を引っ張ることで異物を吸引して詰まりを解消しますが、真空式パイプクリーナーは、付属しているポンプの力を利用することでより強い吸引力を生み出します。

また、作業をおこなう際は、汚水の飛び散り防止のために、必ず床にビニールシートを敷き、ゴム手袋を着用しておこなうようにしましょう。

「対処法を試しても解消されない……」諦める前にお電話ください

これまで、トイレ詰まりが起きてしまったときの対処法についてご紹介してきました。もしこれらの方法を試してみても解決することができなかった場合は、弊社“水110番”にご相談ください。弊社では、24時間365日お客様からのお問い合わせに対応することが可能です。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレ詰まりのもうひとつの原因は”水流が弱い”こと

さて、さまざまなトイレ詰まりの原因をご紹介していきましたが、それは流れていくものについてでしたよね。今度はもうひとつの原因である、水流についてご説明していきますので、参考にしてみてください。

水流が弱くなる原因は?

トイレ詰まりの対処法を解説|普段の使い方を意識すれば予防できる!

・タンク内の水量が少ない
水量が少なくなってしまう原因には、水位設定のミスや、フロートバルブ・ボールタップ・浮き球の劣化や破損が考えられます。

フロートバルブとはトイレタンクの中にある、排水レバーと連動して排水をおこなうための部品です。ボールタップとはタンクへの給水量を調整している部品で、水位によって上下する浮き球という部品と連動することでタンク内の水量を調節しています。

・タンク内で水量が抑えられている
節水のためにペットボトルなどでわざと水の量を少なくしていたり、水を流すときに使用するレバーを小のほうにして流したりすると、排水の水流が弱くなってしまう原因となります。

水流を元に戻す対処法

・タンク内の水量が少ない
タンクの中で水位調節リングがほかの部品に引っかかってしまっている場合、水がたまりにくくなります。ですので、正しい位置に調整をしましょう。もしそれでも解決できないという場合にはフロートバルブや浮き球の劣化が考えられますので、新しいものに交換するようにしましょう。

・タンク内で水量が抑えられている
レバーをきちんと上げ切らないで流すと、便器に流れる水も当然少なくなってしまうのです。そのような場合は、レバーを頻繁に何度も上げるというようなことはせず、適度に時間を置くなどして正しく使うようにしましょう。

判断が難しいトイレ詰まり……迷ったらプロに頼りましょう

いかがでしたでしょうか。水流が弱い原因はいくつか自分で考えることができるものの、どの対処法を実践したら解決するのか、なかなか自分で判断することが難しいですよね。そういった場合には、トイレ修理のプロに相談するようにしましょう。

弊社が提携している業者は、これまで多くのお客様のご依頼に応えてまいりました。そしてお喜びの声も多くいただいておりますので信頼のできる業者となっております。ですので業者を利用したことのないという方でも安心してご利用していただけます。

また、トイレ修理のお見積りを出したあとに追加で費用がかかるようなことも一切ございませんので、費用面に関する心配も無用です。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレ詰まりを放置すると大変!早めにプロに依頼して被害を防ごう

自分で判断することが難しいからといってトイレ詰まりを放置するのは危険です。なぜなら、さらに詰まりがひどくなってしまうなどの状況悪化が考えられるためです。

ここからは、トイレ詰まりを放置したときにどのようなことが起こるのか、詰まりを起こさないための使い方、トイレ詰まりを業者に依頼したときの費用に関してご紹介していきます。

トイレ詰まりを放置した結末は……

トイレ詰まりの対処法を解説|普段の使い方を意識すれば予防できる!

トイレが詰まりやすい状況を放置していると、下水管のにおいの逆流を防ぐための封水がなくなってしまうことがあります。そうなることによって、下水管のにおいが逆流してきてしまい、異臭に悩まされることになってしまいます。

また、共同住宅にお住まいの場合は、詰まってあふれた水が階下に漏水してしまうおそれもありご近所トラブルにつながってしまうケースも考えられますので注意しましょう。トイレ詰まりによって起こる被害がひどくなってしまうその前に、改善をしなければなりません。

普段の使い方を少し意識してみよう

・トイレットペーパーは使いすぎない
いくら水に溶けるからといって、大量の紙は流れません。とくにダブルのトイレットペーパーをお使いの場合は紙の量が2倍になってしまいます。ですので、一度に使いすぎないように注意しましょう。

・流せるトイレクリーナーなどでも流しすぎに注意
流せるトイレクリーナーは、その名のとおり流すことは可能ですが、完全に溶けるというわけではありません。ですので、一度に何枚も流すことのないよう、気をつけましょう。

・固形物を落とさないように気をつける
ポケットに入れていたスマートフォンが落ちたり、小さなお子様がいらっしゃる家庭では誤っておもちゃなどを便器の中に入れたりしてしまうというケースもあります。ですので、トイレに入るときにはポケットにスマートフォンを入れるのをやめたり、小さなお子様がいらっしゃる場合は常に目を離さないようにしたりするなどして気をつけましょう。

・レバーを正しく使う
レバーは正しく使用しないとタンク内の水量に影響を及ぼすことがあります。ですので、普段何気なく操作するという方も、頻繁に何度もレバーを動かしたりせず、最後までレバーを動かすなど、正しい使い方を意識しておこなうようにしましょう。

・なんでもかんでもトイレに流さない
調理された食品には油が使用されていますよね。その油は、冷えると固まってしまいます。そして、排水管の中にこびりつき、詰まってしまうのです。もちろん調理されていなくとも、異物であることには変わりありませんので、流さないようにしましょう。

トイレ詰まりの修理費用は?

トイレが詰まってしまった場合、修理にかかる費用は大体4,000円~となっております。ですが、業者によっては出張料を設けている場合もありますので、どうしても差が出てきます。修理を業者に依頼する際には、きちんと見積りをとってからにしましょう。

水110番は、相談だけでなく現地調査やお見積りも無料でおこなっており、作業後に追加費用がかかることも一切ないので安心してご利用いただけます。

弊社は24時間365日お客様からのお問い合わせに対応することが可能です。深夜でも早朝でもお気軽にご相談していただけますので、普段お忙しくされている方もご都合のよろしいお時間、お日にちにご連絡ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較