水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 水漏れ・詰まり > 浄水器の水漏れ原因とDIY対処法|お得に業者依頼するコツも紹介

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

浄水器の水漏れ原因とDIY対処法|お得に業者依頼するコツも紹介

浄水器の水漏れ原因・対策方法

最近では、蛇口に浄水器を取り付けて、清潔な水を使用している人も多いことでしょう。しかし、毎日使用している人の中で、浄水器からも水漏れが起きてしまうことを知っている人は、それほど多くないかと思います。浄水器からも水漏れは起きてしまうのです。

そのため、浄水器に異常が見られたら、取り外して再度取り付けてみましょう。それでも、水漏れが見られるようであれば、浄水器が壊れている可能性があります。そこで、ここでは浄水器が水漏れをおこしたときの原因や対策についてご説明していきます。

浄水器の水漏れが起きる理由は?

浄水器の水漏れ原因とDIY対処法|お得に業者依頼するコツも紹介

浄水器には、蛇口直結型とビルトイン型の2種類があります。それぞれの種類によって、水漏れの原因と対処方法が異なります。浄水器が水漏れをおこす主な理由としては下記の3つが挙げられるでしょう。

部品の劣化による水漏れ

長い年月がたつと、ずっと使っていた浄水器が古くなってしまいます。古くなれば、浄水器に使われている部品のうち、劣化してくるものもできてしまいます。そうした部品の経年劣化が、水漏れがおこる原因になるのです。

浄水器の後付けによる水漏れ

古くなった浄水器を取り外し、新たに浄水器を取り付けようとすると、水漏れがおこることがあります。これは元々付けていた浄水器と、新しく購入した型番の種類が異なるためです。

カートリッジで詰まりをおこしている

カートリッジとは、水を出したり止めたりする蛇口の重要な役割を担う部分のことをいいます。そのため、カートリッジが詰まってしまうと、うまく水を出すことができずに、蛇口本体から水がポタポタと漏れてしまうことがあります。

どこから水が漏れているかを把握することが重要です。水漏れが起きているところを特定するには、蛇口を閉めてタオルで周りの水分を拭き取りましょう。そうすることで、蛇口のどの部分から水がにじんでくるのが分かるようになるため、水漏れをおこしている部分を把握することができます。

【蛇口直結型浄水器】の場合

蛇口直結型タイプの場合は、取り付けている浄水器と蛇口の接続部分を確認するとよいです。水が漏れてしまっている原因を把握する方法として、2点ご紹介します。

リングやコックを蛇口にきちんと締め付けているか

浄水器を固定する道具であるリングやコックから水が漏れているときは、蛇口に浄水器を適切に取り付けていないことが原因でおこっている場合が多いです。きちんとリングやコックを締め付けても、水漏れが発生する場合は、コックにヒビが入っていることがあります。もし浄水器に異変が見られたら、すぐに新しいものに取り換えましょう。

蛇口のパッキンが古くなって劣化していないか

パッキンとは、蛇口の接続部分に取り付けられているゴム製の部品のことです。水筒や弁当箱を開けたときに、ゴム製の部品がついているのを見たことがある方も多いでしょう。それがパッキンです。パッキンを取り付けることによって、液体が外に漏れるのを防ぐことができます。蛇口に使われているパッキンも、水が漏れないために使われているものです。

しかし、長い年月がたつと、パッキンがひび割れたり、ほかの部品とパッキンとの間に隙間ができたりします。その結果、水漏れを起きてしまうのです。そのため、蛇口のパッキンから水漏れが見られた場合は、対応したパッキンに取り換えていち早く直しましょう。

【ビルトイン型浄水器】の場合

ビルトイン型タイプの場合、水漏れの原因として考えられるのは、キッチン下のカートリッジにあることが多いです。とくに長い間カートリッジを交換していない場合は、カートリッジの内部に汚れがたまって目詰まりをしてしまい、うまく水が流れないおそれがあります。

しかしカートリッジを交換することは、素人の方ではむずかしいです。なぜなら、キッチンの下は複雑な構造になっており、下手に触ってしまうとほかの正常な部品を傷つけてしまうなどの危険があるからです。そのため、キッチン下のホースから水が漏れていたら、すみやかに業者に見てもらうことをおすすめします。

水漏れの原因が分からない場合はプロに相談を

ここまで浄水器の種類ごとに分けて、水漏れの原因について見てきました。しかし、水漏れの原因を探してみても、自分では解決できないこともあるでしょう。そんなときはプロに相談して、何が原因なのかきちんと見てもらい、交換や修理をしてもらいましょう。

弊社では24時間365日稼働しているコールセンターを設けています。お客様からの水回りのトラブルに関するご相談に、時間を問わず受付対応することが可能です。早朝や深夜でも問題ありません。浄水器からの水漏れなどでお困りの際は、いつでもご連絡ください。

浄水器の水漏れトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

DIYできるか業者依頼かの判断ポイント

浄水器から水漏れが見られたときには、DIY(自分で修理すること)するのか、業者に依頼して交換してもらうかの、2つの解決策があります。しかし、水漏れの原因によっては、業者に依頼したほうがよい場合もあるのです。ここからはDIYできるかどうかの判断ポイントと自分で直すための方法などをご紹介していきます。

業者に依頼したほうがいいケース

浄水器の水漏れ原因とDIY対処法|お得に業者依頼するコツも紹介

浄水器を固く締め忘れていただけというように、水漏れの原因を自分で把握して解決できる場合は、自力で直してしまいましょう。しかし水漏れのほとんどは、自分で直すことがむずかしいです。自分で直すことで費用を抑えることができますが、基本的には水漏れ修理のプロに見てもらったほうが確実に水漏れを解決できます。

業者に依頼したほうがよいケースとしては、浄水器に破損や劣化が見られる場合や、水道蛇口の内部が劣化していて水が漏れている場合などが挙げられます。とくに、蛇口の内部を直す作業は、高度な技術や知識が必要になることがあります。また下手に触ってしまうと、さらに被害が悪化してしまうおそれもあるため、迷わずすぐに業者に依頼しましょう。

浄水器でなく蛇口が劣化していた場合

水漏れは、浄水器が原因でなく蛇口の劣化が原因でおこっている可能性があります。一般的に、水道蛇口の寿命は10年といわれています。またメーカーによっては、10年もたつと、商品の生産が終了しているケースが多いため、水漏れの原因を特定することができても、修理することができない場合があります。

そのため、蛇口に水漏れの原因があると分かったら、修理ではなく本体ごと交換することをおすすめします。キッチンのシャワーヘッドやレバーハンドルなど、一部の部品だけを修理する場合、商品の生産が終了していて部品が取り寄せられないことがあるからです。

もし、部品が手元に届いたとしても、型番が違うとうまく組み立てられないことがあります。また、適切に組み立てることができたとしても、再度水漏れが発生することも考えられます。このように、蛇口の一部分だけを修理しようとすると、トラブルがさらに悪化してしまうことになりかねません。蛇口に水漏れが見られたら、修理せずに本体ごと交換するとよいでしょう。交換することで、費用や手間を抑えることができます。

蛇口の種類と交換方法

ここでは、一般的な蛇口の4つの種類と交換方法をご紹介していきます。蛇口を交換するときには、六角レンチやプラス・マイナスドライバー、モンキーレンチなどが必要になります。また、水漏れを防ぐためにシールテープなども用意しておくとよいでしょう。蛇口の交換をおこなう際には、ぜひ参考にしてみてください。

ワンホール混合栓
ワンホールタイプの蛇口は、キッチンの天板に取り付けられており、レバー型のハンドルで出す水の調整をすることができます。具体的な交換の手順は下記のとおりです。

  • シンクの下にある止水栓・元栓を閉じて水を止める
  • 水栓から伸びている2本のホースと逆止弁を取り外す
  • 蛇口本体に固定されているナットを外す
  • 止水栓とキッチンの天板から外せたら、蛇口をゆっくり引き抜く
  • 新しい蛇口の部品と蛇口本体を取り付ける
  • 逆止弁と給水ホースを取り付ける
  • 止水栓や元栓を開き、きちんと水が出るかどうかチェックする
  • 適切に水が出れば交換完了

ツーホール混合栓
ツーホールタイプの蛇口は、キッチンの天板に穴が2つあり、水とお湯を出すことができます。具体的な交換手順は次のようになります。

  • シンク下の止水栓・元栓を閉める
  • 給水管・給湯管のナットを外す
  • 逆止弁を取り外す
  • 蛇口の水栓の裏側にあるナットを取り外す
  • 古くなった蛇口のパッキンを取り外す
  • 新しく購入した水栓、逆止栓を差し込んで取り付ける
  • 給水管・給湯管のナットを締める
  • 止水栓・元栓を開いてきちんと水が出るかチェックする
  • 適切に水が出れば交換完了

壁付けタイプ
壁付けタイプの蛇口は、名前のとおり、壁に取り付けて使用するものをいいます。具体的な交換手順は以下のとおりです。

  • 止水栓・元栓を閉める
  • 古くなった蛇口を取り外す
  • 蛇口と配管をつなぐ取り付け脚を取り外す
  • 蛇口の結合部分にたまっているゴミやカビを除去する
  • シールテープを使用して。新しい蛇口の取り付け脚を取り付ける
  • 取り付け脚と水栓のハンドルの位置を調整する
  • 水やお湯が出るのを確認すれば交換完了

単水栓
単水栓の蛇口は、水を出したり止めたりするもっともシンプルな蛇口です。交換の順序は以下のようになります。

  • 水道の元栓・止水栓を閉める
  • 古くなった蛇口を反時計回りに回して取り外す
  • 座金を取り付ける(回転数を把握しておく)
  • 新しい水栓にシールテープを巻いていく
  • 蛇口を取り付ける(回しすぎると戻すことができなくなるので注意する)
  • 元栓・止水栓を開け、正常に水が出れば交換完了

新しい蛇口を買う前に気を付けること

ここまで、業者に依頼するかの判断基準や蛇口の種類・交換方法を見てきました。蛇口の交換方法が分かったら、早速購入の検討をしていきましょう。

新しく蛇口を購入する前には、今取り付けている蛇口のメーカーや商品の品番を確認することが重要です。メーカー名や品番は、蛇口の水栓や裏側に記載してあることが多いです。探してみても、メーカー名や品番が特定できなかったら、商品の取り扱い説明書や会社の公式ホームページを参考にしてみるとよいでしょう。

しかし、メーカー名や型番を特定することができたとしても、どうやって直せばよいのか戸惑うことが多いでしょう。そのため、自力で修理や交換するのがむずかしいと感じたら業者に依頼することをおすすめします。

浄水器の水漏れトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

浄水器の水漏れ修理や蛇口交換の依頼先は?

蛇口や浄水器の水漏れを直す際、とくに気になるのは修理や交換の費用ですよね。ここでは良心的な水道業者を選ぶポイントや、費用を少しでも抑えるコツなどをご紹介していきます。

損しないために!最初に確認すること

浄水器の水漏れ原因とDIY対処法|お得に業者依頼するコツも紹介

浄水器や蛇口の水漏れを業者に依頼する前に、確認しておいたほうがよいことがふたつあります。

ひとつ目は、浄水器の保証期間を把握することです。商品のメーカーによっては、期間内であれば無料で修理をしてくれるところもあります。そのため保証期間が分からなくても一度メーカーに電話やメールなどをして、問い合わせてみるとよいでしょう。

ふたつ目は、メーカーと業者のどちらに依頼すれば費用を抑えられるか確認することです。もし保証期間が過ぎているのであれば、メーカーより水漏れを修理してくれる業者に依頼したほうが安くなる場合があります。事前にインターネットなどで調べておくとよいでしょう。

修理交換費用を抑えるコツ

蛇口の修理交換費用を少しでも抑えるコツは、修理よりも蛇口本体ごと交換することです。蛇口の一部分を修理したとしても、蛇口本体が古くなっていると、再び水漏れが発生するおそれがあるでしょう。しかし蛇口本体ごと交換すると、すべてが新品の状態なので、水漏れをおこす心配がありません。

蛇口の修理と交換の費用を比べてみても、それほど大きな差はありません。部品を探す手間や時間を節約することもできますので、蛇口本体を交換することをおすすめします。

業者に依頼する際は、基本料金のほかに、出張料金や作業料金などが必要になる場合があります。業者によっては、早朝・深夜料金が発生することもあります。そのため業者に見積りをとる場合は、記載されている金額が総額かどうかを確認しましょう。

水道業者を選ぶときのポイント

水道業者を選ぶ際には、どのような点に注意して見ていくとよいのでしょうか。具体的には以下の4つが挙げられます。ぜひ業者を選ぶときの参考にしてみてください。

事前に無料で現地調査が可能であるか

無料で現地調査ができるかどうかは確認しておくとよいです。なぜなら、現地調査をおこなった後の見積りは、水漏れの状況を実際に把握することができるため、大幅に料金が変更されないからです。事前に業者にチェックしておくと安心でしょう。

追加料金がかからないと明記している

追加料金が発生しないと記載されている業者は、信頼してよいでしょう。もし追加料金の有無が記載されておらず、見積り金額が安すぎる場合は、後から別途料金を請求されるおそれがあるため、事前に確認しておきましょう。

実績があり評価が高い

良心的な水道業者を選ぶときは、ホームページや口コミなどを参考にするとよいです。とくに、実績件数や作業時間、口コミ評価などは、業者のイメージや作業内容を把握することができるため、活用してみるとよいでしょう。

いつでも相談可能

「24時間365日対応」など、いつでも相談することができることが記載されている業者は安心してよいです。なぜなら水漏れを放置しておくと、水道代が高くなることやさらなる蛇口のトラブルなどがおこるおそれがあるからです。そのため、いつ水漏れが起きても、すぐに相談することができるというのは大きなメリットになります。

依頼先の決め手は無料見積り!

浄水器の水漏れが見られたら、業者に依頼してみましょう。業者を選ぶ際は、3社以上の候補の会社を選ぶとよいです。そして、3社以上の業者を選んだら、無料見積りをおこないましょう。

複数の業者から見積りをとることで、もっとも優良な依頼先をみつけることができます。プロの方に相談することで、水漏れを改善することができ、安心して浄水器を使えるようになるはずです。

弊社には、水回りトラブルを解決できる業者が多数加盟しております。そのため、お客様のご要望に合った業者を手配させていただくことが可能です。問題解決までの速さをお求めになられるお客様には、現場までもっとも速く駆け付けられる業者を手配いたします。24時間365日稼働しているコールセンターで、常に水回りトラブルのご相談を承っておりますので、お困りのことがあればぜひご連絡ください。

浄水器の水漏れトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較