水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > お湯だけ出ない!給湯器?水道蛇口?風呂・キッチンの症状別対処法

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

お湯だけ出ない!給湯器?水道蛇口?風呂・キッチンの症状別対処法

お湯が出ない!おもな原因と対処法

お湯だけが出なくて、水は出るという場合、おもな原因はガス、給湯器、水道の3つのいずれかにあることが考えられます。

ここでは、症状別にお湯が出ない原因と対処法を紹介していきます。ご自宅でお湯が出なくて困っている人は、ご自身の現状と照らし合わせて確認してみましょう。

1.ほかの蛇口からもお湯が出ない

水漏れ箇所を調べる前に!

お湯が出なくなった場合、まずはほかの蛇口も確認してみるようにしましょう。もし、ほかの蛇口からもお湯だけが出ない場合、給湯器かガスに原因がある場合が多いです。

まずは給湯器に異常がないか確認してください。異常を知らせるランプがついている場合は、説明書の指示にしたがって対処していきます。自身での対処が難しい場合は、給湯器のメーカーや修理業者に依頼するとよいでしょう。

次に、ガス漏れのにおいがしていないか確認します。ガスが漏れていると静電気などが原因で引火する危険もあるので、すぐにガス会社へ連絡して対処してもらいましょう。

コンロなどでガスが使える場合は、ガスメーターを確認します。ガスメーターが点滅している場合は、復帰ボタンを操作して復帰作業をおこなってみてください。

2.一部の蛇口からお湯が出ない

一部の蛇口からお湯が出ないときは、蛇口に原因があるかもしれません。キッチンや洗面所で使われる、レバーの左右の向きで温度調整をするシングルレバー混合栓では、バルブカートリッジによって水とお湯の切り替えや、水量の調節をおこなっています。

そのため、バルブカートリッジに不具合が生じるとお湯が出なくなることがあるのです。バルブカートリッジは自分で交換することもできます。

3.お湯は出るけどぬるい

お湯が出るけどぬるいというときには、給湯器か蛇口のトラブルがないか確認してみましょう。まず、給湯器が作動しているのにお湯がぬるい場合、設定温度が低くなっているのかもしれません。あるいは、給湯器が故障してお湯を作れなくなっていることもあります。

また、バルブカートリッジが原因の場合もあります。不具合の状態によっては、お湯は一応出るものの、お湯の割合が少なくなってしまい、温度調節がうまくできなくなる場合もあるのです。

水道が原因の場合はご相談ください!

料理に洗濯、お風呂、トイレなど、水は毎日欠かさず使うものですから、水回りのトラブルは早く解決しておきたい人が多いでしょう。

バルブカートリッジが原因である場合は、自分で交換することもできますが、適切な道具と、適合する部品を調達する必要があります。間違えると蛇口や配管のほかの部分を傷つけて悪化してしまう場合もあります。より確実で手間をかけずに修理したい人は、水道工事の業者に相談してみるとよいでしょう。

お風呂やキッチンは出る?お湯が出ないその他のケース

お湯が出ない原因は、ガスや水道、蛇口の故障だけとは限りません。天候など、故障以外の原因でお湯が出なくなることもあるのです。具体的な原因と対策についてみていきましょう。

1.天候の影響でお湯が出ない

大雨や台風、落雷などによってブレーカーが落ちると給湯器が作動しなくなるので、お湯が出なくなってしまいます。その場合は、ブレーカーを上げると再び給湯器の電源が入ることもあります。

暴風や大雨のときは、給湯器からの漏電を防ぐために安全装置が作動する場合もあります。その場合は、天候が回復してから給湯器の電源を入れなおすと復旧できるかもしれません。

雷の場合は、家に落雷しなくても近所に落ちた雷の電流が流れこみ、給湯器が壊れてしまうということもあります。落雷によって給湯器が故障するのを防ぐには、あらかじめブレーカーや電源を切っておくことをおすすめします。

2.災害の影響でお湯が出ない

大きな地震などの災害が発生すると、ライフラインが断絶してしまうかもしれません。水道が使えていても、ガスが止まってしまうとお湯が沸かせなくなるので、水しか出なくなるということも考えられます。

また、ライフラインに影響がなくても、ガスメーターが地震の揺れを感知し、安全のためにガスを止めている可能性もあります。そのような場合は、ガスメーターについている復旧ボタンを操作して、復旧できるか試してみるとよいでしょう。

3.冬場にお湯が出ない

寒冷地によくあるのが、冬場にお湯が出ないというトラブルです。給湯器にはヒーターがついていて、給湯器自体が凍結するということはほとんどないようです。しかし、給湯器の周囲にある配管が凍結するとお湯が供給されなくなってしまいます。

この場合は故障ではないので、気温が上がれば凍結は解消されますが、夜にお風呂に入ろうとしてお湯が出ないととても困ります。冬場にお湯が出なくなるのを予防する方法はいくつかあります。

まず、給湯器の運転をオフにして、水を流し続けるという方法です。給湯器そのものは内部にヒーターがあるので凍結しませんが、水の動きがない配管内は凍りやすくなっています。水を少しずつ流しておくことで、給湯器の配管が凍結しにくくなるでしょう。

ほかにも、給湯器の配管に保温カバーを巻くという方法もあります。

4.お風呂だけお湯が出ない

洗面所やキッチンなどでお湯が使えるのに、お風呂だけお湯が出なくなって困ることもあります。そのようなケースではほかの場所でお湯が使えているので、給湯器そのものには不具合はないことが予想できます。では、どこにお湯が出ない原因があるかというと、お風呂の蛇口です。

お風呂で多く使われるサーモスタット混合水栓と呼ばれる蛇口には、蛇口の設定温度に合わせて自動的に温度を調整するサーモカートリッジという部品が使われています。前章で解説したバルブカートリッジと同様、この部品に不具合があるとお風呂でお湯が使えなくなることがあるのです。

配管や蛇口が原因ならプロに頼ろう!

お湯が出ないトラブルは、配管や蛇口が原因である場合も少なくありません。配管や蛇口の不具合はぱっと見ただけではわからないことも多く、自力で直すには難しいこともあるでしょう。また、お湯が出ないトラブルは不便なので、とにかくすぐに直したいと考える人もいるはずです。

迅速かつ確実に配管や蛇口のトラブルを解決したいなら、業者に依頼するのがおすすめです。経験豊富な水道修理の業者に相談してみてはいかがでしょうか。

業者選びのポイントと費用相場

費用はどれくらいかかる?

お湯が出ないと不便な生活を強いられます。できるだけ早くトラブルを解決したいですが、そのなかでもできるだけ安く、信頼できる業者を選びたいでしょう。

ここでは、水道業者を選ぶときのポイントと、費用の相場について紹介していきます。いざというときに備えて、参考にしてみてはいかがでしょうか。

お湯が出ないときの修理費用の相場

業者に修理を依頼すると、素早く確実にお湯のトラブルを解決できるでしょう。それでも、いざ業者にお願いするときには費用が気になる方も多いのではないでしょうか。

一例として、蛇口を修理するときは8,000円~15,000円程度が費用相場のようです。蛇口には単水栓や混合水栓などの種類があり、その種類や修理箇所によって料金が変動します。

蛇口全体を交換しなければならないときは、30,000円~50,000円程度かかる場合もあるようです。蛇口はほぼ毎日使うものなので、経年劣化によって故障することも少なくありません。部品交換では対応できない場合は、全体の交換も視野に入れておくとよさそうです。

また、修理費以外にも材料費や出張費が別途かかることもあります。費用面で不安がある人は、事前に見積りを確認し、料金の内訳を確認しておきましょう。

業者を選ぶときのチェックポイント!

業者に依頼するときは、料金面以外でも気になるポイントがいくつかあります。料金とサービスともに納得できる業者を見つけたい人はぜひチェックしてみてください。

・迅速に対応してくれる
お湯が出ないなどの水回りのトラブルは、日常生活に影響する問題なのですぐに解決したいと考える人が多いでしょう。水回りの不具合は夜間や連休でも突然起こります。そのようなときにも、すぐに対処してくれる業者を見つけておくと安心です。

・口コミの確認
口コミは、実際に業者を利用したことのある人の意見として参考になります。実際にどのようなサービス内容だったか、丁寧に施工してくれたか、などの口コミがわかると業者に対する信頼感も増すことでしょう。

ただし、口コミだけを鵜呑みにすると、イメージと違ったということもあるかもしれません。口コミを参考にしたうえで、実際に業者に相談して話を聞いてみるのがよいでしょう。

・資格の有無
水道業者のなかには、水道局の指定工事店というものがあります。水道局指定免許のある業者は、公共の案件を受注していることもあり、信頼できるという目安の1つになります。より信頼できる業者を見つけたいという人は、水道局の指定免許があるところを選んでみるのはいかがでしょうか。

・相談に乗ってくれる
突然お湯が出なくなると、どこが壊れているのかもわからず不安に感じることも多いはずです。そんなとき、親身に相談に乗ってくれる業者は心強い存在になるはずです。業者を選ぶときは、費用の安さだけでなく、不安や質問に対して真摯に答えてくれるところを見つけておくとよさそうです。

・しっかり見積りをする
水道の工事は、故障している箇所や状態によって金額が変動することがほとんどです。そのため、事前にしっかり見積りを出して明朗会計につとめる業者を選ぶことをおすすめします。

修理費が安くても、後から材料費や出張費などが発生して予算をオーバーするということもないとはいえません。事前に疑問点はしっかり質問し、施工にかかる全体の予算を見積りに出してもらうようにしておきましょう。

・説明が適切
業者の説明がわかりやすく、適切であることも安心や信頼につながります。実際に不具合が起きている箇所を見ながら説明したり、質問に対して的確に答えたりしてくれる業者は信頼しやすいでしょう。施工前になるべく不安を取り除いてから修理を依頼することをおすすめします。

まずは電話で相談してみよう

水道のトラブルがあると日常生活が不便なものになってしまいますので、迅速に対応できる業者を見つけておくといざというときに安心です。

お湯が出なくなって困っているという人は、ぜひお電話でお問い合わせください。弊社“水110番”では24時間365日お問い合わせを受け付けており、「迅速に対応できる業者を探している」などの要望にあわせて水回りのプロの業者をご紹介しています。

夜間や年末年始など、急に水回りのトラブルが発生して困っているという場合にも、時間を問わず受け付けておりますので、相談だけでもお気軽にお電話ください。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較