水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > お風呂のトラブル > 浴槽のひび割れ、交換でなく修理が可能かも!判断ポイント2つ

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

浴槽のひび割れ、交換でなく修理が可能かも!判断ポイント2つ

浴槽のひび割れ|修理より交換が適切なケース

毎日使用している浴槽。なんとなく丈夫なものだし、壊れそうもないと思いませんか?

しかし、経年劣化や思わぬ事故により、浴槽にひび割れが発生することもあります。そんな浴槽のひび割れを発見した場合、修理なのか交換なのか迷うところです。

特に、ちょっとしたひび割れであれば、たいした問題ではないようにも思えます。

しかし浴槽のひび割れを放置してしまうと、家じゅうが水浸しになり、マンションの場合は階下への水漏れなど大きな被害につながるかもしれません。早めに修理をすれば、被害を最小限に抑えられるでしょう。

しかしひびの状態によっては、修理よりも交換が望ましい場合もあります。今回は、浴槽の修理、または交換が適切なケースをご紹介します。

浴槽が埋め込み型の場合

浴槽が埋め込み型の場合

もし使用されている浴槽が埋め込み型であれば、修理よりも交換が適しているでしょう。埋め込み型のように床と浴槽が一体となっているタイプは、ひび割れのある浴槽のみをコーティング剤で補修しても十分とはいえないのです。

また、据え置き型の浴槽に比べて、修理費用も高額になることが多いでしょう。

大きなひび割れや、サビが発生している場合

大きなひび割れやサビが発生している場合にも、交換の方が適切といえます。小さなひびであれば修理で十分対応可能なことが多いですが、大きなひびでは強度の観点から修理だけでは完全な修復は難しいからです。

浴槽には入浴時に体重と水圧がかかります。修理でひびがきちんと塞がれたように見えても、大きな圧力がかかれば再び同じ箇所にひびが入ったり、水漏れしてしまうことも考えられるのです。

また、浴槽にサビが発生している場合、浴槽を設置するための金属パーツが腐食しているおそれがあります。以上の理由から、浴槽の強度に影響するような大きなひびやサビが発生しているのであれば、交換が安心といえるでしょう。

業者によっては修理だけで済むケースも!

上記のようにいくら修理よりも交換が適している状況だとしても、交換となれば高額な費用が必要になります。そして、発生しているトラブルの状況によっては大きなひびだとしても、修理で済むことも考えられます。

浴槽のひび割れに対する対処法は、さまざまな要因を踏まえたうえで最適な方法を選ぶ必要があるのです。そうなるとやはり、知識や経験が豊富な業者に判断を仰ぐのが最善です。

業者によっては、無料で見積りを出してくれるところもあります。そういった業者に調査してもらいましょう。業者によっても判断が異なるため、念のため複数の業者へ見積りを依頼しておくとより安心できるのではないでしょうか。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

修理での対処が可能なケース

経年劣化による浴槽のトラブルは、どの家庭でも起こりうることです。初期段階のトラブルであれば、ほとんどは修理で対応可能といえます。そのためにも、修理で済むようにできるだけ早く対応することが求められるのです。

浴槽が据え置き型の場合

浴槽が据え置き型の場合

浴室と一体となっていない据え置き型の浴槽の場合、一体型の浴槽に比べても修理で済むことが多いといえます。床と浴室が別々の作りになっているのでコーティング修理がしやすく、一体型に比べ費用も抑えられるでしょう。

ひびが小さい、強度に影響のない位置にある

小さいひびであったり、浴槽への強度に影響がないような位置にある場合にも、交換ではなく修理で対応が可能なことがあります。

浴槽の強度に影響がないような小さいひびを修理する場合、アルミパテ補修と浴槽コーティングをおこないます。比較的費用を抑えることができる修理方法ですが、浴槽の素材によってはこの方法は使えません。

強度に影響がある浴槽の底の部分や側面のひびには、ライニング補修がおこなわれます。浴槽の表面を樹脂シートなどで覆い、浴槽に新しい樹脂層を形成して強度を高める方法です。強度を高める修理方法ですが、アルミパテ補修よりも費用は高額になるでしょう。

浴槽がひび割れする原因と予防策とは

経年劣化によりヘアークラック(髪の毛状の細い亀裂)が入ることがあります。また、経年劣化に加え、入浴時には浴槽の側面や手足をかける部分に体重がかかりひびが入る可能もあります。

ほかにも、日ごろ使用している浴室用洗剤によっては、浴槽の表面に施されたコーティングを傷めるものもあり、劣化を通常よりも進めてしまう要因になることがあります。浴槽素材に適した洗剤を使用するようにしましょう。

コーティングがはがれてきてしまっているのであれば、大きなひびが入る前に保護コーティングしておくという選択も可能です。コーティングし直すことにより、浴槽が汚れにくくなり、なおかつ劣化を食い止めることが期待できます。

浴槽のヒビ割れは自分で修理できる?

たとえ大きなひび割れでも修理で対応できることもあるとお伝えしました。業者に修理を依頼するよりも、自分でおこなった方が費用も抑えられ、思い立った時に作業できるなどさまざまなメリットがあります。

そうなると頭をよぎるのは、「修理できるひび割れであれば自分で修理したい」ということでしょう。では、本当に自分での浴槽の修理は可能なのでしょうか?

結論からいえば、浴槽の強度に影響がないような小さなひび割れ程度であれば可能です。しかし、おすすめはしません。

なぜなら浴槽の修理を失敗してしまうと、被害は甚大になってしまうからです。自分で完璧に修復できたと思って通常通りに使用していて、実は不十分だった場合、思わぬ水漏れに発展してしまいます。

集合住宅であれば階下に水漏れし、損害賠償なんてことになるかもしれません。また、浴槽を使用中に割れてしまえばケガや事故にもつながりかねません。

浴槽の強度に影響がないひび割れかどうかの判断は、プロに仰ぐのが最善なのです。どういった小さなひび割れであれ、まずは業者へ相談するようにしましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

ひび割れた浴槽の修理・交換料金はいくら?

浴槽のひび割れの修理や交換には、いくらかかるのでしょうか?しっかりとした業者を選ぶためにも、相場を把握しておくことは重要です。

ひび割れを修理する費用

ひび割れを修理する費用

ひび割れ修理にはいくらかかるものでしょうか。前述したように浴槽には埋め込み型や据え置き型などタイプがあり、また使用されている素材も多岐にわたります。

ほかにも、ひびの大きさ、位置にもよって修理方法が異なっているので、一概にはいえません。今回お伝えするものは目安としてお考えください。

浴槽の素材がFRP(繊維強化プラスチック)の場合、90,000円から110,000円ほどの修理になることが多いようです。

FRP素材の場合表面のひび割れだけということもよくあり、ライニング補修まで必要とならない場合には比較的費用が抑えられます。一体型の場合には、これに加えて床などのコーティングも必要となり、数万円の料金が加算されるでしょう。

アクリル素材の浴槽であれば、FRPのものよりも料金が高くなる可能性があります。アクリルの場合、FRPと異なり繊維素材が入っていないので、ひび割れが長く入る傾向があるためです。

ひびが長く大きくなれば、その分料金もかかりライニング補修も必要になることが考えられます。ライニング補修が含まれる修理は、120,000円から140,000円が相場とみられており、一体型の浴槽であればさらに30,000円から50,000ほど加算されるでしょう。

浴槽のタイプ別・交換費用

浴槽の交換の場合、浴槽本体にかかる料金と作業費が必要になります。いくつか浴槽素材によっての料金みていきましょう。FRP素材の浴槽本体価格は20,000円~350,000円ほどで、浴槽の素材のなかでは比較的安価で種類も豊富であり、最も選ばれています。

また、防水性が高く、軽量で耐久性もあり、補修に大掛かりな工事が必要でないという点もメリットとして挙げられます。

人口大理石の浴槽はアクリル系とポリエステル系の2種類に分けられ、価格帯はそれぞれ、アクリル系が300,000円から1,200,000円、ポリエステル系が50,000円から400,000円ほどといわれています。

人口大理石の浴槽はFRP素材のものに比べると価格は高いのですが、高級感があり、汚れや傷がつきにくいというメリットがあります。ほかにも、ホーロー素材の浴槽は80,000円から1,400,000円が目安とされています。

これら浴槽本体にかかる費用以外に、作業費がかかります。作業にかかる費用は30,000円から400,000円ほどが相場といわれています。相場だとこれだけの幅が出てしまうので、詳しい料金が知りたい場合は見積りをとることをおすすめします。

いずれも、本体込みで見積りをとることになるでしょう。どの素材の浴槽にするのか、ご自宅の環境によってどれほど作業が必要になるのかしっかりと相談をし、複数の業者から見積りをとりましょう。

修理業者をしっかり比較した方がよい理由

複数の業者で少なくとも3件の相見積りをとることをおすすめします。業者ごとにサービス内容や料金も異なり、またすぐに対応してくれるのかも違いがあります。

ほかにも、業者によっては対応できる補修内容に差があり、修理可能なひびであっても交換が必要と判断されることもあるのです。

総合的にみてご自身にあった業者を選ぶためにも、複数業者から見積りをとったうえで、検討をしましょう。弊社でも無料で見積りにお伺いいたしますので、お気軽にお問合せください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較