水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > キッチンのトラブル > キッチンの水漏れで床や床下が水浸し!原因の探し方と修理方法まとめ

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

キッチンの水漏れで床や床下が水浸し!原因の探し方と修理方法まとめ

キッチンの水漏れで床が水浸しになったときの応急処置

キッチンで水漏れが起きたとき焦ってしまうかもしれません。しかし、被害がこれ以上広がらないよう、まずは以下の2つのことをおこなってください。

  • 元栓や止水栓を閉めて水を止める
  • 水を拭き取って乾燥させる

元栓を閉めると自宅全体の水が止まってしまいますが、床が水浸しになっている場合はどこから水が漏れているかわからないこともあるので、元栓を閉めてしまうほうが安心です。また、水を拭き取らずそのままにしていると、カビが生えてしまい床材を傷めることになります。張替えが必要になると費用もかさむので、水を確実に止めたらきれいに拭き取っておきましょう。

キッチンの水漏れで床が水浸しになる原因を特定しよう

キッチンで水漏れが発生し床が水浸しになってしまったら、まずはどこから水が漏れているのか原因を探しましょう。原因を特定し、水漏れ箇所や程度にあわせて正しい方法で確実におこなえば、大きな被害をうけることなく解決できます。

ここでは、水漏れしやすい箇所やその原因を特定する方法をお伝えします。また、未然に水漏れを防ぐ対策もご紹介いたしますのでぜひ参考にしてくださいね!

水漏れ箇所の探し方

水漏れ箇所の探し方

水漏れに気が付いたら、いち早く以下の手順で水漏れ箇所を探してみましょう。

  1. シンクの下を確認
  2. 排水管、排水ホースの破損がないか確認
  3. コップの水を流して排水部分を確認
  4. 蛇口から水を流して確認

シンクの下に水がつたった跡やひび割れがないか目視で確認しましょう。そして、コップに入れた水をシンクに流してみて排水部分に異常がないかも確認します。

排水部分から水が流れていない場合、水栓の異常や排水管やシンクのすきまから水漏れしている可能性があります。蛇口から水を流してどこが原因になっているか突き止めましょう。

水漏れを放置するとどうなる?

水漏れを対処せず放置してしまうと、床や家具が水浸しになる以外にも以下のような問題があります。

  • カビやダニの発生
  • 水道代が高くなる
  • 階下に被害が広がる恐れ

とくにシンクの下にはキッチン用品を収納している方も多く、水漏れを放置すると収納物にもカビが生えてしまいます。カビの大量発生は、人間の健康にも影響を及ぼすことにもなりかねません。

漏れに気づかず放置していれば水道代も高騰してしまいます。金銭的な負担が大きくなっては家計にも大打撃ですよね。さらには、ご自宅だけではなく階下にお住いの方にも被害を広げてしまうおそれもあります。

ひどい場合、大きな工事を必要とし住民トラブルにつながってしまうのです。

水漏れ箇所がわからない場合は……

このように、水漏れの放置は大きなトラブルになるおそれもあるためいち早く対処することが大切です。しかし、突然水漏れが起こるとパニックになりどのように対処すればよいのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

水漏れが発生したらまずは止水栓や元栓を閉め、タオルやバケツを用いて応急処置をすることが大切です。しかし、それだけでは根本的な解決にはなりません。水漏れ被害を最小限に食い止めるためにも、いち早く水道業者へ連絡し対処してもらいましょう。

弊社「水110番」には、全国各地の水道業者が加盟しておりますので水漏れの緊急事態にも素早く対応することができます。いつでもお電話お待ちしておりますので、お気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水漏れの原因箇所に合わせた対処法

水漏れを解決するには、水漏れ箇所に合わせた対処が必要です。いくつか水漏れの原因と対処法をご紹介します。ぜひ、チェックしてみてください。

【原因1】排水トラップの水漏れ

【原因1】排水トラップの水漏れ

・排水トラップとシンクの接続部分

<原因>
接続部分に使用されているナットやパッキンの劣化やゆるみ

<対処法>
接続部分に使用されるナットやパッキンは、約10年で寿命をむかえます。10年を目安に定期的に交換しておくと安心です。また、劣化がなくても掃除のときなどに接続部分にゆるみがないか確認すると異常にいち早く気づくことができます。

ナットをしっかり閉めるには、ドライバーやモンキーレンチなどが必要になるので日ごろから準備しておくと安心です。ナットやパッキンの交換が必要な場合は、ホームセンターに販売されているので購入の際は形状や品番を確認しておくようにしましょう。

・排水トラップと排水ホースの接続部分

<原因>
接続部分に使用されているナットやパッキンの劣化やゆるみ

<対処法>
排水トラップ(下水の異臭やガスが住空間まで侵入しないようにするための器具)と排水ホースの接続部に使用されているナットやパッキンがゆるんでいたら、上記同様にしっかりと閉めなおしたり新しいものに交換したりするなどして対処しましょう。

【原因2】排水ホースの水漏れ

・排水ホース自体の水漏れ

<原因>
周辺物との接触や経年劣化などによる、排水ホースの亀裂

<対処法>
排水ホース周辺に空間を設けて収納物と接触しないようにしましょう。また、排水ホースはビニールで作られていることも多いため、劣化によって割れてしまうこともあります。

応急処置としてタオルや新聞紙などを巻きつけたり、ホームセンターにも販売されている配管用補修テープを巻きつけたりしておけば水漏れを軽減することができます。亀裂が大きくならないように、補修の際は慎重に取り扱いましょう。

その後、亀裂の入ったホースは再使用できないので新しいものに交換してください。

・排水ホースと床下の排水管接続部分

<原因>
経年劣化や地震など外的要因による、破損や接続部分のズレ

<対処法>
排水ホースと床下の排水管の接続部分は、ナットで固定されていないこともありはめ込んだホースが外れてしまうことがあります。もし排水ホースが排水管から外れていたら早急にはめ込んでください。

また、排水ホースが劣化していたりつまりによって一部分に水圧がかかってしまったりすると破損してしまう可能性もあるので、水漏れを発見したらすぐに配管用補修テープで補修するようにしましょう。

あくまで一時的な処置ではありますが、被害が一気に拡大してしまうのを軽減してくれます。

【原因3】蛇口の水漏れ

・蛇口周り

<原因>
蛇口と排水管の接続部分のナットやパッキンのゆるみ

<対処法>
蛇口は毎日ひねって使用する箇所なので、どうしてもナットやパッキンの劣化が生じます。もし、水漏れが起こってしまったら、ゆるんでしまったナットをしっかりと締めなおしてください。

また、蛇口に使用されているパッキンも硬くなったり伸びてしまったりして劣化します。ナットも同様ですが、部品自体に劣化があれば新しいものに交換するようにしましょう。

ナットやパッキンの周辺はカビや汚れが付きやすいので、きれいに汚れを除去しておくと劣化の進行を遅らせることもできるので、日ごろから清潔に保つことを心がけましょう。

・ハンドシャワーのホース切れ

<原因>
ハンドシャワーを出し引きすることによる、蛇腹部分の亀裂

<対処法>
普段からハンドシャワーのホースを出し引きするときに、強く引っ張ることがないよう注意することも大切です。もし、蛇腹部分に亀裂が入ったり破れてしまったりした場合はホースを交換しましょう。

もし「ホース自体に亀裂はないけど水漏れしているような気がする……」という場合は、蛇口の水栓自体やカートリッジ(水量を調整する部分)に問題があるおそれがあります。

カートリッジはホームセンターで購入できますが、形状が違っているとまた水漏れしてしまいますのでメーカーに問い合わせ確認するとよいでしょう。

【原因4】排水管のつまりによる水漏れ

・排水管つまり

<原因>
日ごろの排水に含まれる油や汚れの付着

<対処法>
ワイヤーなどで油や汚れを除去することでつまりを解消することができます。しかし、ワイヤーで完全に汚れをとることはできないので時間が経てばつまってしまうおそれがあります。

このような場合は、業者に高圧洗浄を依頼するとよいです。家庭用の高圧洗浄機もありますが、業者の高圧洗浄は強力ですしよりスムーズにつまりを解消できます。

修理や交換で直らない場合はどこに連絡すればよい?

キッチンを設置したとき、保証サービスに加入している方はハウスメーカーや施工業者に連絡してみましょう。約2~5年の保証期間が設けられていたり、メーカーによっては10年保証を設けていたりします。

保証期間内であれば無料で修理してもらえるので、経済的な負担もなく安心です。

もし、保証期間が過ぎてしまった場合は業者へ連絡しましょう。簡単な部品の交換や修理だけでは直らないこともあるので、普段は見えていない場所まで確認しなければ原因を特定できません。

水回りのトラブルに詳しいプロの業者ならスピーディーに対処し問題解決するだけでなく、ほかの異常や不具合も早期に発見できるでしょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

キッチンの水漏れ修理費用を知るには見積りをとろう

ここまで、キッチンで発生しやすい水漏れの原因や対処法などいくつかご紹介いたしました。簡単に修理できるものもあれば、発見の遅れや目に見えづらい箇所などは大規模な工事になるおそれもあるため、修理費用も頭に入れておかなくてはなりません。

ここでは、キッチンで起きた水漏れを修理するときの費用の相場や、できるかぎり費用を安くするためのポイントをお伝えいたします。業者に頼んで修理依頼をする際は、ぜひチェックしておきましょう。

キッチンの水漏れ修理の費用相場

キッチンの水漏れ修理の費用相場

キッチンの水漏れ修理の費用は業者によって料金設定はさまざまですが、ここでは弊社の料金設定を例に費用を確認してみましょう。

  • 蛇口のゴムパッキン交換:約4,000円
  • カートリッジの交換:約7,000円~
  • 排水ホースの交換:約15,000円~
  • シンクの交換:約38,000円~

交換する部品の種類によって料金が変動したり水漏れの状況によってオプション工事が必要となったりすることもありますが、簡単なパッキンの交換やカートリッジ交換なら10,000円以下で実現可能です。

費用を安く抑えるポイント(相見積り)

修理内容によって費用の違いがありますが、できるだけ費用を安くするためには「相見積り」がポイントです。相見積りをすれば、複数の業者の見積りを比較できます。

修理にかかる費用の内訳を知ることができますし、不要な工程やオプションが含まれていないかなども確認することができるのです。

修理料金が安ければよいということではないですが、同じ部品で同じ工事をするなら、当然安い業者に依頼する方がお得です。正式に業者を決めるときには、ぜひ複数の業者に見積りをとって比較検討してみましょう。

まずは見積りを依頼しよう!

費用を抑えて信頼できる業者に修理をしてもらうなら、見積りが大切だということをおわかりいただけたでしょうか。すぐに修理業者を決めてしまわないよう、まずは無料で見積りをとってくれる業者に相談してみましょう。

もちろん、弊社でも無料相談や無料見積りを承っております。もし、ほかの業者にてお見積りをとっていてその料金にご不安をお持ちでしたら、ぜひ弊社での相見積りをご利用ください。

24時間365日いつでも受付ができる状態でお待ちしておりますので、夜間や休日でも水漏れトラブルでお困りでしたらぜひ無料相談窓口にご相談ください。お電話お待ちしております。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較