水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 水漏れ・詰まり > 水道の元栓が止まらない緊急事態。応急処置の方法と解決策教えます!

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

水道の元栓が止まらない緊急事態。応急処置の方法と解決策教えます!

「止水栓と元栓」の違いと開け方・閉め方

止水栓と元栓はよく似ていますが、役割が少し異なります。水の止め方を調べているとき「止水栓?元栓?結局どっちを閉めればいいのかよくわからない」と困ってしまう方もいるでしょう。

止水栓と元栓の違いを正しく理解し、それぞれの開閉方法を知っておけば水漏れが発生したときも焦らず対処することができます。ここでは、ふたつの違いと栓の開閉方法をご紹介いたします。

止水栓と元栓はどう違うの?

止水栓と元栓はどう違うの?

止水栓とは、通常使用する蛇口以外に故障やメンテナンスの際に水を止めたり水量を調整したりすることができる水栓のことです。

そして止水栓とよく混同してしまう元栓は、止水栓のひとつです。自宅全体の水を止めたり流したりするときに使用する、大元となる水栓を指しています。

緊急のときは応急処置として元栓を閉めることもあります。ただし、元栓を閉めてしまうと自宅全体で水を使用することができなくなるのです。もし水漏れ箇所が把握できているならば元栓ではなく止水栓を閉めるようにしましょう。

水漏れ箇所だけを止める「止水栓」の開け方・閉め方

<止水栓の設置場所>
トイレ、浴室、台所など水を使用する場所には、蛇口の近くに止水栓が設置されていることが多いです。工事のときは、工事箇所に応じてそれぞれの止水栓を開閉しています。

<止水栓の開閉方法>
止水栓の閉め方は種類によって異なります。ドライバーで開閉するものや蛇口のハンドルのような形をしたものがあります。時計まわりにまわせば水を止めることができ、閉めた止水栓は反時計まわりにまわすと開栓できます。

より早く水漏れをとめるためには水漏れ箇所の特定が第一です。蛇口を開けていないのに水道メーターが動いているようなら、どこかで水漏れが起こっていると考えてください。

少し手間のかかる方法ですが、各水回りに設置されている止水栓をひとつずつ閉め水道メーターに変化がないか確認すれば水漏れ箇所を特定できます。

家中の水を止める「元栓」の開け方・閉め方

<元栓の設置場所>
元栓の設置場所は、住まいによって異なっています。たとえば、戸建て住宅は、駐車場や玄関先などの地下に埋められているような形で水道メーターが入ったボックスが設置されています。たいていは青色に着色されているのでわかりやすいです。

このボックスに、水道メーターと並んでハンドルのようなものがあります。このハンドルがお家の水道すべての流れをつかさどっている元栓です。

マンションやアパートタイプのお住まいの場合、玄関周辺にある水道メーターボックスのなかにあることが多いです。共有スペース(玄関ロビーなど)にまとめて設置されていることもあります。

<元栓の開閉方法>
止水栓と同じように時計まわりにまわせば閉めることができますが、ハンドルが固くなっていることがあります。軍手やペンチ、ハンマーなどを準備しておくと安心です。

元栓を開けるときは、ハンドルを反時計回りにまわします。閉めるとき同様、固くなっているときはペンチなどを使用すればスムーズに開栓できるでしょう。

本来、元栓は水道局が管理するので触れる機会は少ないですが、水漏れの応急処置として知っておきましょう。ただし、元栓に不具合があると元栓を閉めても水が止まらないおそれもあります。

突然の水漏れはパニックがつきものですが、慌てても水は止まりません。素早く水道局へ連絡するようにしましょう。

止水栓・元栓の場所や閉め方がわからない場合は?

止水栓や元栓の設置場所や開閉方法をお伝えしましたが、なかには特殊な形をした栓や設置場所がわからない場合も考えられます。万が一に備え事前に設置場所を確認していたとしても、焦ってしまい閉め方がわからなくなってしまうこともあるでしょう。

水漏れが起こると室内は水浸しになり、家電の故障につながります。また、ご自身の被害だけではなく近隣住民の方にも迷惑をかけてしまいます。できるだけ早急に対処するためにも、水道業者にいち早く連絡をしましょう。

業者なら水漏れ箇所を素早く特定し正しい手順で修理してくれるので、被害を最小限に抑えられます。突然の水トラブルにも対応できる24時間365日受付可能な業者に相談すればさらにスピーディーで安心です。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水漏れ箇所を特定する方法

では、水漏れはどんなところで起こりやすいのでしょうか。水漏れが起きやすい箇所を知っておくと素早く水漏れ箇所を特定できます。

水回りの水漏れに気が付いたら、まずは目に見えている範囲だけでも排水ホースや排水管にひびや割れがないか確認してみましょう。

また、コップなどに少量の水を入れ、少しずつシンクや便器など水漏れが疑われる本体に流してみてもよいです。それだけでも水漏れ箇所を特定できる可能性があります。

ここでは、よく水漏れが発生する箇所をいくつかご紹介します。素早い水漏れ箇所の特定のためにもしっかり抑えておきましょう。

トイレに多い水漏れ箇所

トイレに多い水漏れ箇所

トイレは使用する頻度が高く水漏れが起こりやすい場所です。なかでも、以下のような箇所でよく水漏れが発生します。

  • 排水管やパイプ
  • タンクや便器本体
  • 床と便器のすきま

水漏れの原因として考えられるのは、配管部は接続部のナットやバルブがゆるみや部品の劣化です。また、便器やタンクからの水漏れはひび割れが原因であることも考えられます。

台所・洗面所に多い水漏れ箇所

台所や洗面所は使用する水量が多く、水漏れすると被害が大きくなってしまうおそれがあります。台所や洗面所は以下のような箇所で水漏れが発生しやすいです。

  • 排水管や止水栓
  • シンクと排水ホースのすきま
  • 床下

台所や洗面所も、トイレの水漏れと同じように接続部の部品のゆるみや劣化によって水漏れが起こるケースがあります。とくに、接続部分のゴムパッキンは消耗品ですので定期的な交換が必要です。

排水ホースも劣化によって固くなると割れてしまうおそれもあるので、定期的に不具合がないか確認しておくとよいでしょう。

浴室に多い水漏れ箇所

浴室では、ほかの場所と比較にならないほどの水量を使用します。水漏れが発生してしまうと、浴室だけではなく脱衣所や周辺の床も被害を受けてしまうのです。浴室では、以下のような箇所での水漏れに注意しましょう。

  • シャワーホースや蛇口
  • 給湯器や壁面
  • 浴槽や排水溝

壁面や浴槽は丈夫そうに見えますが、固いものを落としたり経年劣化したりしてひびや割れが発生します。そのひびや割れのすきまから水漏れしてしまうことも少なくありません。

また、シャワーや蛇口は台所や洗面所同様にゴムパッキンの劣化で水漏れを起こします。とくに、毎日大量の水を使用する場所ですから少しでも異常があれば、すぐに水漏れ箇所の特定に急ぎましょう。

水漏れの原因がわからない場合はプロに相談しよう!

このように、住空間には水漏れしやすい箇所がたくさんあります。水漏れが発生したら原因を突き止め、素早い修理や交換が必要です。

たとえば、ゴムパッキンの交換をご自身でおこなうなら工事もそれほど複雑ではなく、部品の費用もひとつあたり数百円と比較的安価で部品を購入することができるので負担も小さいでしょう。

しかし素人の工事では、再度水漏れを起こしてしまうかもしれません。そもそも交換に必要な工具がそろっていない、詳しい知識がない、慣れていないために時間がかかってしまうなど心配ごとは山積みです。

それならば、はじめから業者に依頼してはいかがでしょうか。業者は正しく交換や修理をおこなうだけではありません。ほかに劣化や故障がないか隅々まで確認してくれます。専門知識と技術をもった業者に相談して、一刻も早い解決を目指しましょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水漏れ修理にかかる費用と安く抑えるコツ

ここまで、水漏れが起こりやすい箇所や対応についてお話しましたが、誰もが気になるのは修理や交換にかかる費用です。

ここでは、水漏れにかかる工事費用の相場や、費用の負担を軽くするコツをお伝えいたします。知っていて損はありません。ぜひ、チェックしてみましょう。

水漏れの修理費用はいくらかかる?

水漏れの修理費用はいくらかかる?

水漏れの修理費用は修理や交換の内容によって少し差がありますが基本的には以下のように設定されています。

修理代=出張料金+作業料金+部品代

(深夜、早朝など日程や時間帯によって追加料金が発生)

たとえば、ゴムパッキンの交換だけならすべて含めて5,000円~10,000円程度ですが、蛇口そのものに異常があるとその分費用が高くなります。

業者によって使用する部品や作業工程も異なるため、どうしても修理費用の差が生じてしまいます。予算が決まっている場合には工事前に相談しておきましょう。

費用を安く抑えるコツ

費用相場をおわかりいただいたところで、費用をできるかぎり安く抑えるコツもご紹介いたします。費用を抑えるコツは、以下の2つです。

  • 無料相談、無料見積りをしてくれる業者に依頼する
  • 複数社で見積りをとり比較検討する

インターネットで目についた業者を選んでしまいがちですが、料金だけで選ぶと工事後に高額な追加料金を請求されたり施工不良が見つかったりするなどトラブルに発展するおそれもあります。そうなると、結局余計なお金を払ってしまうことになるのです。

無料相談ができる複数の業者に相談し、それぞれの見積書を隅々まで確認して検討しましょう。無駄のない工事をしてくれる業者に出会うことができるはずです。

まずは電話で相談してみよう!

水漏れが起こったらとにかく早い修理が肝心ですから、いくら業者の比較が大切でもそればかりに時間を割くことはできません。

弊社には多数の水道修理業者が加盟しており、無料相談窓口にお電話くだされば迅速に対応できる体制を整えております。24時間365日受付可能ですので夜間や休日も対応可能です。

いくつものサイトを調べて比較することは大変ですが、弊社ならお電話1本で状況やお悩みをお伺いしご希望に合った業者をご紹介いたします。あらゆる水のトラブルの際はぜひ弊社へご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較