水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレが詰まりやすい原因は構造?使い方?詰まり予防と正しい修理方法

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレが詰まりやすい原因は構造?使い方?詰まり予防と正しい修理方法

トイレが詰まりやすい原因は構造?使い方?詰まり予防と正しい修理方法

トイレが詰まりやすい原因は、流すものや日ごろの使い方、トイレ自体の問題、経年劣化など、さまざまな問題が考えられます。トイレが詰まらないようにするためには、詰まりの原因を特定し、それに応じて行動する必要がある  のです。

「最近トイレが詰まりやすい」「変な音がする」という方は、まずは現状を確認し自分がやるべき予防策を日ごろから実践してみましょう。

このコラムでは、詰まりやすいトイレを改善するための原因と予防策、詰まってしまったときの解消法をご紹介します。原因によっては自分で予防・解消できないこともあり、そのまま使用していると詰まり以外の故障を招く原因にもなるので、一度業者に点検・修理を依頼するようにしてください。

トイレが詰まりやすい原因と日ごろの予防策

トイレが詰まりやすくなる理由は、おもに4つの原因があります。原因を知ることで予防策もわかり、トイレを詰まりにくくすることにつながるのです。

この章では、トイレが詰まりやすい原因と「詰まりやすい」と感じたときのちょっとした対策をご紹介します。

完全につまってしまったときの詳しい解消法は、次章以降の【トイレ詰まり解消法1~8】でご紹介しますので、まずはこの章でご自宅のトイレが詰まりやすい原因を突き止めてみましょう。

【原因1】トイレットペーパーの流しすぎ

トイレを詰まりやすくする原因として、“トイレットペーパーの流しすぎ”がよくあげられます。

トイレットペーパーを一気に流したり多量に流したりすると、徐々に排水管の中で流し残しが蓄積していきます。完全に詰まることは少ないとしても、詰まりやすくなってしまうのです。

そのため、トイレットペーパーの流し過ぎに心当たりがあるなら、一回に流す量に注意しましょう。トイレットペーパーを使用する量には個人差があると思いますが、「多いかな?」と感じる方は2~3回にわけて流す  ようにしてみてください。

もしトイレットペーパーを流した直後にトイレが詰まったときは、以下の方法で解消できるかもしれません。詰まりの原因がトイレットペーパーであれば、自分で解消することもできるので、あせらずに一度実践してみてください。

詰まりの解消法
    • しばらく放置してみる
    • トイレにお湯を流す
    • ペットボトルを使う
    • ラバーカップを使う
    • ワイヤーブラシを使う
  • ※詰まりの解消法の詳しい解説は、【詰まりの解消法1~8】でご紹介しています。

    また、つまりがひどいと水が逆流してくることもあります。トイレが詰まりやすい方は、以下のコラムで【逆流したときの対処法】も確認しておくと、すばやく対処できることでしょう。

    【原因2】節水型トイレを使用している

    節水型トイレを使用している”という場合も、トイレが詰まりやすい原因の1つになりえます。環境面や節約といった理由から節水型トイレを使用している方も多いかもしれません。しかし、設置場所や使用方法によっては詰まりやすくなることがあるのです。

    トイレで排泄物が流れていく原理を簡単に説明すると、水圧で押し流しているだけです。節水型トイレは通常よりも水量が少ないため、多量のトイレットペーパーや排泄物を十分な水圧で流すことができず詰まってしまうがあります。

    また、高層マンションなど高い場所に設置されている場合、低層よりも水圧が低くなるため、排泄物を押し流す力が弱くなり詰まりやすくなってしまうのです。

    ほかにも、節水型トイレを使用していなくても、トイレタンクの中にペットボトルを入れて節水している方は要注意です。この場合も、節水型トイレと同じ理由でトイレが詰まりやすくなってしまいます。

    一回に流す量に注意する ”ことで節水型トイレも詰まりを予防できますが、根本的な予防策となるとトイレタンクを交換しなくてはなりません。そうなると、安くても数万円、高くなると10万円以上必要となります。費用や手間を考えると、流す量を調節して予防していくのが現実的でしょう。

    もし節水型トイレで詰まってしまったとき、異物や破損が原因でない限りは、トイレットペーパーのときと同じ方法で解消できるはずです。業者に依頼する前に一度、以下の解消法を試してみてください。

    詰まりの解消法
    • しばらく放置してみる
    • トイレにお湯を流す
    • バケツやペットボトルを使う
    • ラバーカップを使う
    • ワイヤーブラシを使う
  • ※詰まりの解消法の詳しい解説は、【詰まりの解消法1~8】でご紹介しています。

    【原因3】異物が残ったままになっている

    トイレが詰まりやすくなる原因には、“異物が残ったままになっている”ことも考えられます。ここでの“異物”とは、たとえばおむつや子どものおもちゃなど、本来水に溶けないものや溶けにくいものを指します。

    異物が残ったままでは、排水管を傷つけたりその傷から水漏れしたりするなど、さらなる深刻な問題に発展する可能性があるので、早急に対処・予防したほうがよいでしょう。

    ■流さないほうがいいもの

    • ティッシュペーパー
    • トイレクリーナー
    • 生理用ナプキン
    • おむつ
    • ペットシート
    • 猫砂
    • 携帯電話
    • ハンカチ など

    携帯電話やハンカチなどを意図的にトイレに流そうとすることはないと思いますが、これらを落としたときには、必ず取り除くようにしてください。トイレットペーパーのように押し流す方法ではなく、取り除くことが大切です。

    トイレットペーパー以外のものを流さないこと が、詰まりにくくするための予防策となります。

    詰まりの解消法
    • ラバーカップを使う
    • ワイヤーブラシを使う
    • 真空式パイプクリーナーを使う
    • プロに依頼する
  • ※詰まりの解消法の詳しい解説は、【詰まりの解消法1~8】でご紹介しています。

    【原因4】頑固な汚れが残っている

    日ごろ見える部分をきれいに掃除していたとしても、排水管の奥に“頑固な汚れが残っている”こともあります。この頑固な汚れが、トイレを詰まりやすくする原因になっていることもあるのです。

    頑固な汚れには、トイレットペーパーの流し残しや汚れの蓄積が考えられます。そのため、定期的に排水管の掃除をすることが重要な予防策 になるのです。

    たとえば、“重曹とお酢”や“トイレ用パイプクリーナー”を使うことで、排水管を奥まできれいにすることができます。ほかにも、“高圧洗浄機”を使った掃除方法も効果的です。家庭用の高圧洗浄機も販売しているので、日ごろからぜひ活用したいという方は使ってみるのもよいでしょう。

    しかし、できれば頑固な汚れになる前に掃除しておくことが、詰まりやすくしないためのポイントです。もし頑固な汚れで詰まってしまった場合は、以下の解消法を試してみてください。

    ただ、無理に自分で解決しようとしないことも大切です。無理に掃除しようとすると、排水管を傷つけてしまうことにもなりかねません。その結果、排水管を傷つけて水漏れを起こしてしまうこともあるのです。もしものときはプロに依頼することも念頭に置いておきましょう。

    詰まりの解消法
    • 重曹とお酢を使う
    • 真空式パイプクリーナーを使う
    • プロに依頼する
  • ※詰まりの解消法の詳しい解説は、【詰まりの解消法1~8】でご紹介しています。

    「詰まりの原因がわからない」「日ごろからつまり予防をしてみても効果が感じられない」といった場合も、無理に自分で何とかしようとはせず業者に相談しましょう。原因の特定ができなければ正しい解消・予防をすることはできません

    弊社にご相談いただければ、詰まり解消・修理のプロをご紹介することが可能です。詰まりやすくなっている原因を特定してから作業しますので、失敗も少なく自分でやるよりも早く問題解決ができるでしょう。

    トイレの詰まりに関するお悩みがあれば、いつでも弊社までご相談ください。

    通話
    無料
    0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!
    プライバシーポリシー

    【トイレ詰まり解消法1~4】身近な道具でかんたんに

    ここまで、トイレが詰まりやすい原因や簡単な予防法をご紹介しました。しかし、どれだけ気をつけていてもトイレが詰まってしまうこともあるでしょう。トイレのつまりで困ったときは、ここからご紹介するトイレが詰まったときの解消法 を実践してみましょう。

    解消法1|トイレットペーパーの詰まりならしばらく放置してみる

    トイレが詰まりやすい原因は構造?使い方?詰まり予防と正しい修理方法

    まずは、しばらく放置してみるという方法です。トイレットペーパーなど水に溶けるものが原因で詰まっている場合、しばらく放置することで解消できるかもしれません。ただしこの方法は、軽度なトイレットペーパーの詰まりの場合にのみ有効だと考えておきましょう。

    この解消法は放置するだけになるので、道具も手順もありません。詰まってから2~3時間様子をみましょう。詰まりの原因が少しずつ水に溶けていけば、自然と流れていくはずです。

    3時間以上たっても詰まりが解消されないときは、別の原因が考えられます。そのときは、別の解消法を試してみてください。

    解消法2|トイレにお湯を流して異物を溶かす

    トイレにお湯を流す解消法も、詰まりの原因が軽度な場合に有効な手段です。専用の道具は必要ありませんので、すぐにでも実践することができます

    ■手順

    1. 40~60℃のお湯を準備する
      ※あまりにも高温のお湯だと便器が破損するおそれがあるので注意
    2. ゆっくり便器の中へとお湯を流し込んでいく
    3. 2~3時間ほど様子を見る
    4. 詰まりの原因が自然と“溶ける・流れる”ことで解消される

    トイレットペーパーなどの水に溶けやすいものは、お湯をかけることでより溶けやすくなります。そのため、放置してもダメなときには、一度お湯をかけてみると詰まりを解消できるかもしれません。

    解消法3|バケツやペットボトルの水で詰まりを押し流す

    異物や水圧の弱さが原因で詰まっている場合、バケツやペットボトルの水を勢いよく便器の中に流し込むことで解消できるかもしれません。ただ、便器周りが水浸しになることもあるので、マンションなど集合住宅に住んでいる方は床下浸水に十分注意してください。

    ■準備するもの

    • バケツやペットボトルなど水を溜められる容器
    • 床が濡れるのを防ぐ新聞紙など

    ■手順

    1. 便器のまわりに新聞紙などを敷き詰める
    2. 便器の水位を確認する
      ※水位が高い場合は、できる限り減らしておく
    3. 便器からあふれない程度の水を準備する
    4. 排泄物が流れる穴に向かって勢いよく水を流し込む
    5. 水の勢いで詰まりが取れれば解消される

    節水型トイレのように水圧の弱さが詰まりの原因になっている場合は、とくにおすすめの方法です。

    一回で詰まりが解消されない場合は、手順【2】~【3】を数回繰り返してみてください。それでもダメなときは、別の解消法を試すか、プロを呼んで対処してもらうのがよいでしょう。

    解消法4|重曹とお酢で汚れを浮かして詰まりの解消

    トイレの詰まりは“重曹とお酢”を使って解消することもできます。有名な掃除アイテムとしてご存じの方は多いかもしれませんが、重曹とお酢を混ぜることで炭酸ガスが発生し、汚れを浮かせて洗い流すことができるのです。

    また、ヌメリを落とす効果もあります。環境に優しいこともあり、日ごろの清掃用としての使用もおすすめです。ただ、汚れを浮かす程度で、詰まりの効果的な解消法とはいえません。詰まりの原因が軽度な場合に実践してみるとよいでしょう。

    【準備するもの】

    • 重曹:カップ1/4
    • お酢:カップ1/2(クエン酸で代用可)
    • お湯:40~60℃

    ※重曹とお酢は家庭用のもので問題ありません。

    【手順】

    1. カップ1/4の重曹を便器の中へ入れる
    2. カップ1/2のお酢を重曹のあとに入れる
    3. 最後に40~60℃のお湯を入れる
    4. 泡ができていることを確認して、1時間ほど放置する
    5. 勢いを付けて水を流し込み、流れることを確認する
      ※詰まりが解消されていない状態でトイレの流しを使うと、便器から水があふれるおそれがあるため注意
    6. 流れることが確認できたら詰まりの解消

    重曹とお酢を使っても詰まりが解消されないときは、汚れではなく異物が原因でトイレが詰まっている可能性も考えられます。次章でご紹介するラバーカップやワイヤーブラシを使った解消法を試してみてください。

    もし、「ほかの道具を用意したりするのは面倒」「自分でやるのは大変だから業者に頼みたい」とお考えでしたら、お気軽に弊社の無料相談窓口をご利用ください。もちろん、ご相談だけでも結構です。いつでも受付可能な体制でお待ちしております。

    通話
    無料
    0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!
    プライバシーポリシー

    【トイレ詰まり解消法5~7】専用の道具でより効率よく

    ここからは、身近なものよりも効率よく詰まりを解消できる道具とその使い方をご紹介します。専用の道具といっても、お近くのホームセンターやインターネットで購入可能です。

    「お湯とバケツじゃ解決できなかった」「異物がなかなか出てこない」という方は、こちらで紹介する道具を使ってみてください。

    解消法5|ラバーカップの圧力で詰まりを取り出す

    トイレが詰まりやすい原因は構造?使い方?詰まり予防と正しい修理方法

    昔から使われている方法ですが、“ラバーカップ”は異物を押し込んで流すのに最適な方法です。ただ、間違った使い方をしてしまうとうまく異物を取り除くことができません。使い方には注意しましょう。

    ラバーカップはホームセンターなどで購入することができます。洋式用/和式用があるので、使用しているトイレにあうものを購入しましょう。

    先端のゴムの部分がむき出しになっている昔ながらのラバーカップなら、【約500円】で購入可能です。収納時の水垂れが気になる方は、専用のカバー(ケース)が付いたものを選びましょう。カバー付きは【約1,000~2,000円】が相場です。

    トイレ4コマ

    ■準備するもの

    • ラバーカップ
    • 水はねしたとき用の雑巾
    • ビニールやラップ

    ■手順

    1. ラバーカップに空気が入らないよう、カップを便器の底に密着させる
    2. 便器の水が少なければ、ラバーカップが隠れるくらいまで水を足す
    3. 水はねが気になる方は、便器の上にビニールやラップを張る
    4. 詰まりが解消するまで押し引きを繰り返し、水が流れたら完了

    正しいラバーカップの使い方については、別コラムでも解説していますのでぜひご覧ください。

    解消法6|真空式パイプクリーナーで詰まりを取り出す

    真空式パイプクリーナー”は、ラバーカップよりも異物を押し出す力が強いのが特徴です。また、トイレだけでなくキッチンなどでも使える優れものです。ハンドル下にある筒の部分に水を吸い上げることで、強い圧力で異物を押し出すことで詰まりを解消します。

    また、真空式パイプクリーナーは【約2,000~3,000円】で販売されており、押し出せる圧力の強さによって値段は変動します。ご自宅のトイレが詰まりやすいということであれば、値段が高くなっても圧力の強い真空式パイプクリーナーを準備するのがよいでしょう。

    【準備する道具】

    • 真空式パイプクリーナー
    • 汚水飛び散り防止のためのカバー
    • 異物回収のためのゴム手袋

    【手順】

    1. 便器に汚水飛び散り防止のカバーをかける
      ※飛び散りが気にならない方は、なくても問題ありません
    2. 先端のゴムの部分で水が流れる穴を覆う
      ※しっかりと密着させて、すき間ができないように注意
    3. ハンドルを引っ張り、水を吸い上げる
    4. 引っ張ったハンドル押し込む
      ※ハンドルの上下を数回ほど繰り返す
    5. 異物が出てきたら、それを回収する
      ※手を入れるのが嫌な方はトングでも代用できます
    6. 最後に水が流れることを確認して完了

    真空式パイプクリーナーの使い方は、ほとんどラバーカップと同じです。道具の構造が違うだけですが、使い方を詳しく知りたい方は、上記ラバーカップのコラムを参考にしてみてください。

    解消法7|ワイヤーブラシで奥の詰まりも取り除ける

    便器の奥のほうで詰まってしまった異物を取り除くには、“ワイヤーブラシ”がおすすめです。よほど排水管の中で異物が引っかかっていない限りは、ワイヤーブラシで取り除くことができるでしょう。

    さまざまな種類のワイヤーブラシが市販されていますが、ハンガーを真っすぐ伸ばして代用することもできます。ハンガーを使うときは、先端でケガをしないよう注意してください

    【必要なもの】

    • ワイヤーブラシ(代用時:ハンガー)
    • 汚水飛び散り防止用のビニール(便器を覆えるサイズ)

    通常のワイヤーブラシは、先端にブラシが付いた長いワイヤーですが、機能付きワイヤーブラシは、パイプクリーナーとセットになっていたり先端がスプリングになっていたりと、より詰まりの解消がしやすくなっています。

    ワイヤーブラシ本体の値段は、【約300円~700円】ですが、機能付きワイヤーブラシは【約1,000円~2,500円】と値段は少し高くなります。

    【手順】

    1. 汚水飛び散り防止用のビニールにワイヤーを通す穴を空ける
    2. 便器を覆うようにビニールをかぶせる
    3. ビニールの穴にワイヤーブラシを通していく
    4. 異物に当たるまでゆっくり奥まで差し込んでいく
      ※ねじりながら差し込んでいくと異物に当たりやすくスムーズに作業が進みます
    5. 2~3mほど差し込んだら汚れや異物を掻き出すようにワイヤーを前後させる
    6. 無事に原因が取り除ければ水が流れる
    7. 使用したワイヤーブラシをしっかりと清掃して完了

    ※清掃に抵抗がある方は使い捨てとして使用する手段もあります

    トイレの奥まで差し込むことのできるワイヤーブラシですが、初めて使う方にとってはなかなか扱いが難しいです。

    しかし、詰まりの解消だけでなく日ごろの清掃にも使えるので、ひとつは持っておくと便利でしょう。5,000円以上する商品もあるようですが、清掃用としても考えるのであれば、機能付きのワイヤーブラシがおすすめです。

    【トイレ詰まり解消法8】業者に依頼・対処してもらえば失敗も少ない

    ここまで、自分でできる解消法を解説してきましたが、詰まりの原因によっては自分で解消できないこともあります。

    そういったときは、迷わずトイレ詰まり解消のプロに依頼する ようにしてください。繰り返しにはなりますが、無理に自分で詰まりを解消しようとすると、水漏れや破損など別のトラブルにつながるおそれもあるからです。

    ここでは弊社を例に、業者依頼の場合に発生する費用についてご紹介します。信頼できる業者を選別するポイントもご紹介しますので、お役立てください。

    業者に依頼したときの費用相場

    トイレが詰まりやすい原因は構造?使い方?詰まり予防と正しい修理方法

    トイレ詰まりを解消する一般的な修理内容とその費用は、以下の通りです。

    業者がおこなう作業内容と費用相場
    異物の除去 約4,000円~
    薬品投入 約7,000円~
    ドレンクリーナー 約24,000円~
    高圧洗浄機 約42,000円~
    脱着 約50,000円~

    詰まり除去の費用には大きく幅があります。これは、詰まり原因によって必要な作業が変わってくるためです。トイレットペーパーなど取り除きやすい異物であれば、ほとんどのケースで【約5,000円前後】の費用で依頼することができます。

    しかし、高圧洗浄機のような専用の道具が必要であったり、トイレの脱着のような大掛かりな工事が必要になったりすると、【数万円以上】と費用も高額になります。

    そのため、費用を少しでも抑えたいということであれば、トラブルが深刻化する前に依頼するのがよいでしょう。

    上記の金額は、基本料金・作業料金・出張費をすべて合計した請求金額の目安です。ただし、トイレ詰まりの状況によっては、金額が変動する場合もあります。必ず見積りを取ってから依頼するようにしてください。

    どの業者に依頼をすればよい?

    業者選びの際に重要なことはいくつかありますが、まず確認して欲しいポイントは、時間を問わずトラブルの相談が可能かどうか です。トイレ詰まりはいつ起きるかわかりません。そのため、早朝であれ深夜であれ、電話などで相談できる業者がよいでしょう。

    また、費用や作業内容について詳細に情報を提示してくれる業者もおすすめです。見積りの際、業者によってはどの作業や部品にいくらお金がかかるのか、項目をひとつにまとめて提示する場合もあり、内訳が不明朗なこともあります。

    見積りで提示された金額に対しては納得がいくまで質問をしましょう。快く丁寧に答えてくれる業者であれば、親身になってくれる、よい業者といえるでしょう。

    業者に依頼~作業完了までの流れ

    弊社をご利用する場合は、以下の流れでトラブルを解決しています。弊社を利用したことがない方でも、安心してご相談していただけるよう、依頼から作業完了までの流れをご紹介していきます。

    【1】ご相談を受け付け
    トイレ詰まりのご相談に対して、まずは電話で対応させていただきます。場所や現在の状況など、トラブルの内容をコールセンタースタッフにお伝えください。トラブルのほか、些細な疑問や検討していることなどもお気軽にご相談いただけます。

    【2】加盟店スタッフを手配
    水トラブルに精通している加盟店スタッフを現地へ手配し、 無料で現地調査とお見積りをおこないます。トイレ詰まりの原因解明や必要になる修理の内容について、そして費用のお見積りの詳細を説明させていただいたうえで、ご依頼の内容を検討していただきます。

    【3】作業日の調整
    ご依頼をお受け次第、みなさまのご都合に合わせて作業日を決めさせていただきます。作業日が確定するまでは、 無料でキャンセルが可能です。ただし、作業日が確定してからのキャンセルはできませんので、ご注意ください。

    【4】トラブルの解決
    作業当日は、水トラブルのプロが迅速かつ丁寧に、トラブルを解決させていただきます。

    【5】作業完了の報告、お支払い
    トラブルが無事に解決次第、現地スタッフより作業完了のご報告をさせていただきます。その後、お見積り時に提示しました金額を、請求させていただきます。詳細は、弊社の公式サイトを閲覧していただくか、コールセンターまでご連絡ください。

    まずは見積りで費用を相談しよう!

    トイレの詰まりは、状態がどれほど深刻なのかによって修理内容が変わります。まずは業者に現場を直接見てもらい、見積書を作ってもらいましょう。

    弊社では、無料で見積りをおこなっている業者をご紹介させていただいています。全国に多くの修理業者が加盟しているため、いつ、どこからのSOSでも迅速にトラブル解決の手助けをすることが可能です。お困りの際は、いつでもお気軽にご相談ください。

    通話
    無料
    0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!
    プライバシーポリシー

    トイレが詰まるとこんな症状が!頻繁に起こるなら要注意

    ここまで、トイレが詰まってしまったときの解消法や業者依頼に関する情報を詳しくご紹介しました。困ったときはぜひ実践していただきたいものですが、できればちょっとした異変に気づいて、早い段階で対処してもらいたいものです。

    ここでは、詰まりが深刻化する前に気づいて欲しい“ 3つの症状”をご紹介します。このような症状が現れたら、早いうちに点検し対処することが大切です。

    詰まりの“3つの症状”とは?
    • 水があふれる
    • ゴボゴボ音がする
    • 水を流すと水位がいつもより高い
  • この場合、トイレの使用をやめて詰まりの原因を考えてみてください。それにより上記で解説している【トイレのつまり解消法1~8】が役に立つでしょう。

    1:水があふれる

    水があふれる場合は、完全に詰まっている可能性が高いです。詰まってしまったことにより、トイレの水が逆流していることも考えられます。

    2:タンクや便器内からゴボゴボ音がする

    ゴボゴボ音がするのなら、詰まりかけている可能性が高いです。ワイヤーブラシなどを使って掃除しておくと安心でしょう。

    3:水を流すと水位がいつもより高い

    水を流したときに水位がいつもより高い場合は、詰まりかけ以外にトイレタンク内に不具合が起きている可能性も考えられます。トイレの水位を調整する“ボールタップ”周辺に異常がないか確認してみてください。

    トイレが詰まりやすいなら使い方を見直そう

    頻繁にトイレを詰まらせているときは、一度トイレの使い方を見直す必要があります。トイレ詰まりを軽くみていると大変なことになります。異物が奥にいってしまったり汚れの蓄積がひどくなったりしたら、便器を取り外し排水管をチェックしないといけません。

    そうなれば費用も時間もかかるので、早いうちにトイレ詰まりを解決し、詰まらないための使い方をしてください。

    それでも、「完全に詰まってしまった」「自分で対処してみたけど直らない」というときは、早いうちに弊社へご相談ください。状況をきちんと調査し、 正しい処置ができる業者をいち早くあなたのもとへ派遣いたします。いつでもお気軽にお電話ください。

    通話
    無料
    0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!
    プライバシーポリシー
    水のトラブルは水110番にお任せください!
    通話
    無料
    0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!
    プライバシーポリシー
    無料相談窓口へ
    よくあるご質問
    他社との比較