水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレが詰まりやすい4つの原因!自分でもできる詰まり解消法まとめ

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレが詰まりやすい4つの原因!自分でもできる詰まり解消法まとめ

トイレが詰まりやすい4つの原因!自分でもできる詰まり解消法まとめ

トイレが詰まりやすい原因は、おもに4つに分類されます。その中には、トイレットペーパーの詰まりや、節水型トイレを使用しているなどがあげられ、原因によっては自分でも解決が可能です。この記事では、トイレが詰まりやすい4つの原因とその解消法をご紹介します。

トイレが詰まりやすい4つの原因と対応策

トイレが詰まりやすい4つの原因と対応策

トイレが詰まりやすくなる原因にはさまざまなものがあり、場合によっては深刻なトラブルの予兆となっていることもあります。そのため、詰まりやすいと感じたら、その原因を解明し、適切な処置をおこなうことが重要です。

このコラムでは、詰まりやすい原因と詰まってしまったときの適切な対応についてご紹介します。自力では解決できない場合は修理業者への依頼が必要になるため、依頼のコツや手順についてもご説明します。ぜひ参考にしてください。

【原因1】トイレットペーパーの流しすぎ

【原因1】トイレットペーパーの流しすぎ

トイレットペーパーを一度にたくさん流してしまうと詰まりやすくなります。多量のトイレットペーパーを使いたいというときは、何度かにわけて流しましょう。そうすることで詰まりを回避できます。

【原因2】節水型トイレを使用している

節水型トイレは、そうでないタイプと比べて1度に使う水の量が少なく(水圧が弱く)、排泄物を流す力も弱いです。そのため、節水型でなければ問題ない量のトイレットペーパーでも、詰まりを起こすおそれがあります。

水量調整ができるトイレの場合は調整してみましょう。一般的なタンク式に交換する方法もありますが、便器の交換は安いものでも数万円します。

まずは水量を調整したり流す回数をわけたりといった、使い方の工夫を試してみるとよいでしょう。

【原因3】異物を流してしまった

スマートフォンなどの固形物、おむつや生理用品といった異物を流すと詰まりの原因になります。水に溶けないものは絶対に流さないようにしてください。便器の中に落としてしまったときはゴム手袋などをはめて回収しましょう。

流してしまってから落としたことに気が付いたときなど、自分で回収することが困難な場合は、業者に相談しましょう。

無理に回収しようとすると、より奥へ押し込んでしまったり、最悪の場合は排水管を傷つけてしまったりする危険性があるからです。

【原因4】使用年数の経過により汚れが溜まった

トイレの排水管の内部には、時間とともに汚れが溜まっていきます。蓄積した汚れは水の流れを悪くし、ひどくなれば詰まりを起こすため、排水管の定期的なメンテナンスが必要です。ずっと手入れをしていないのであれば、業者に高圧洗浄をおこなってもらいましょう。

どうしても直らない場合は?

自力で直せない場合は、まずは業者にご相談ください。詰まっている原因がわからない場合でも、業者であれば原因を解明し、トラブルを解決してくれます。

トイレを買い替えるという方法もありますが、修理したほうが費用が安く済む場合もあります。迷ったときは、どちらがよいかということも含め、まずは業者に相談してみましょう。

『水110番』では、24時間365日、トイレの詰まりに関するご相談をお電話で受け付けています。

早朝から深夜まで、みなさまのご都合がよいときに、ぜひ一度、ご連絡ください。お電話での会話の中で、スタッフが詰まりの原因を解明できる場合もあります。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

またトイレが詰まった……自分でも直せるカンタン解決法

またトイレが詰まった……自分でも直せるカンタン解決法

トイレの詰まりは、自力での解決も可能です。業者への依頼や買い替えを検討する前に、まずはこれからご紹介する解決法を試してみてください。

こんなトイレ詰まりは自分でも直せる!

こんなトイレ詰まりは自分でも直せる!

トイレ詰まりは、自分で直せるものとそうでないものがあります。自分で直すことができるのは、詰まりの原因や症状が以下のようなものである場合です。

  • 原因がトイレットペーパーや便などの水に溶けるものである
  • 少量ずつでも水が引いている

こういった状況であれば、まずは自分で解決できないか挑戦してみましょう。しかし、上記に当てはまらないトイレ詰まりの場合は、無理に直そうとすれば悪化させるおそれがあるため、業者に相談しましょう。

【1】トイレ詰まりを『放置』で解決する方法

トイレットペーパーや便、赤ちゃん用のおしり拭きシートやペット用シートなど、トイレに流せるものが原因であれば、2~3時間放置しておけば詰まりが自然に解消されることがあります。しばらく経過を見守ってみましょう。

ただし、放置してから半日が経過しても詰まりが改善されない場合は、それ以外の方法を試さなければなりません。以下でその方法をご紹介します。

どれも特別な道具がいるわけではなく、手順も難しいものではありません。ぜひ試してみてください。

【2】トイレ詰まりを『お湯』で解決する方法

お湯は、トイレットペーパーなどの水溶性のものをさらに溶けやすくする働きがあるため、お湯を流すことで詰まりが改善される場合があります。ただし、熱湯を流すと便器を損傷させてしまうため、水温は必ず40~60℃ほどにしてください。

【3】トイレ詰まりを『ラバーカップ(スッポン)』で解決する方法

ラバーカップとは、長い柄にゴム製の吸引器具が付いた道具のことです。このラバーカップの使用は、トイレ詰まりの解決法として、多くの人が知っていることでしょう。

しかし、その種類や効果的な使い方まではわからない方もいるかと思います。ラバーカップについては以下で詳細にご説明していますので、参照してください。

※ラバーカップ(スッポン)の使い方について、詳しくはコチラ

トイレが詰まった!スッポン(ラバーカップ)使い方|「引く」が正解

【4】トイレ詰まりを『重曹&お酢』で解決する方法

重曹とお酢を使うことでも、詰まりは解消できます。重曹とお酢を混ぜると洗浄効果をもつ炭酸ガスの泡が発生し、排水管に蓄積している汚れやヌメリの除去することができます。

まずは重曹を計量カップに4分の1程度、お酢を計量カップに2分の1程度、そしてぬるま湯を用意しましょう。

ぬるま湯の量は、封水の水位が便器の半分くらいの高さまで上がるくらいです。準備が整ったら、以下の手順で、試してみてください。

  1. 便器の排水口に重曹をかける
  2. お酢をふりかける
  3. ぬるま湯をかけて炭酸ガスの泡が発生したら、そのまま1時間ほど待つ

そして最後に、バケツなどで水を流し、問題なく排水されるようなら詰まりが改善されたことになります。なお、重曹とお酢を入れる際には、重曹を先に入れるようにしてください。

解決しない場合は一度プロに見てもらおう!

これまでにご紹介した方法で解決できなかったときは、業者に相談しましょう。『水110番』であれば、原因の調査と見積りを無料でおこなっています。

見積り後のキャンセルにも対応しているため、とりあえず調査と見積りだけおこなうということも可能です。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレが詰まるとこんな症状が!頻繁に起こるなら要注意

実際にトイレが詰まると次のような症状がでます。

  • 水があふれる
  • ゴボゴボ音がする
  • 水を流すと水位がいつもより高い

この場合、トイレの使用をやめてつまりの原因を考えてみてください。それにより上記で解説している「自分でも直せるカンタン解決法」が役に立ちます。

また頻繁にトイレを詰まらせているときは、いちどトイレの使い方を見直す必要があります。普段からトイレットペーパーを使いすぎていないか、便器内に落としやすい小物をポケットに入れていないかなど、心当たりはないでしょうか?

トイレ詰まりを軽くみていると大変なことになります。最初は自分で解決できていても、異物が奥にいってしまったり汚れの蓄積がひどくなったりしたら、便器を取り外し排水管をチェックしないといけません。そうなれば費用も時間もかかるので、早いうちにトイレ詰まりを解決し、詰まらないための使い方をしてください。

トイレ詰まりを業者に依頼するといくらかかる?

トイレ詰まりを業者に依頼するといくらかかる?

業者へ依頼した際の費用は、各業者や修理内容によって変動します。ここでは『水110番』を例に、内容別の費用についてご紹介します。信頼できる業者を選別するポイントもご紹介しますので、お役立てください。

業者に依頼したときの費用相場

業者に依頼したときの費用相場

トイレ詰まりの際におこなう一般的な修理内容とその費用は、以下の通りです。

  • 薬品投入:7,000円
  • ドレンクリーナー:24,000円
  • 高圧洗浄:42,000円
  • 脱着:55,000円~

上記の金額は基本料金・作業料金・出張費をすべて合計した請求金額の目安です。ただし、トイレ詰まりの状況によっては、金額が変動する場合もあります。必ず見積りをとりましょう。

どの業者に依頼をすればよい?

業者選びの際に最も重要なことは、時間を問わずトラブルの相談が可能かどうかです。トイレ詰まりはいつ起きるかわかりません。そのため、早朝であれ深夜であれ、電話などで相談できる業者がよいでしょう。

費用について、詳細に情報を提示してくれる業者もおすすめです。見積りの際、業者によってはどの作業や部品にいくらお金がかかるのか、項目をひとつにまとめて提示する場合もあり、内訳が不明朗なこともあります。

見積りで提示された金額に対しては納得がいくまで質問をしましょう。快く丁寧に答えてくれる業者であれば、親身になってくれる、よい業者といえるでしょう。

業者に依頼~作業完了までの流れ

『水110番』では、以下の流れでトイレ詰まりのトラブルを解決しています。

  1. トイレ詰まりのご相談に対して、まずは電話で対応させていただきます。場所や現在の状況など、トラブルの内容をコールセンタースタッフにお伝えください。トラブルのほか、些細な疑問や検討していることなどもお気軽にご相談いただけます。
  2. 水トラブルに精通している加盟店スタッフを現地へ手配し、無料で現地調査とお見積りをおこないます。トイレ詰まりの原因解明や必要になる修理の内容について、そして費用のお見積りの詳細を説明させていただいたうえで、ご依頼の内容を検討していただきます。
  3. ご依頼をお受け次第、みなさまのご都合に合わせて作業日を決めさせていただきます。作業日が確定するまでは、無料でキャンセルが可能です。ただし、作業日が確定してからのキャンセルはできませんので、ご注意ください。
  4. 作業当日は、水トラブルのプロが迅速かつ丁寧に、トラブルを解決させていただきます。
  5. トラブルが無事に解決次第、現地スタッフより作業完了のご報告をさせていただきます。その後、お見積り時に提示しました金額を、請求させていただきます。

詳細は『水110番』の公式サイトを閲覧していただくか、『水110番』のコールセンターにご連絡ください。

まずは見積りで費用を相談しよう!

トイレの詰まりは、状態がどれほど深刻なのかによって修理内容が変わります。まずは業者に現場を直接見てもらい、見積りを作ってもらいましょう。

『水110番』では、無料で見積りをおこなっています。全国に多くの修理業者が加盟しているため、いつ、どこからのSOSでも迅速かつ的確にトラブル解決が可能です。トイレ詰まりが起きたときは、『水110番』にご依頼ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較