水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレタンクの水漏れ|原因を突き止めて部品を交換してみよう!

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレタンクの水漏れ|原因を突き止めて部品を交換してみよう!

トイレタンクの水漏れ|原因を突き止めて部品を交換してみよう!

トイレタンクの水漏れが起きる原因は、タンク内の部品の不具合が考えられます。原因を突き止めることができれば、自分でも交換して修理することが可能です。この記事では、トイレタンクからの水漏れの原因を突き止める方法から、自分で部品を交換する方法までご紹介します。

トイレタンクからチョロチョロ音が……まずは原因を探し出そう!

トイレタンクからチョロチョロ音が……まずは原因を探し出そう!

トイレの水を流したばかりであれば、タンクに水を溜めている間、チョロチョロという音は聞こえます。しかし、それは数分間の出来事です。

長時間チョロチョロ音が続いている場合、水漏れを疑ってください。ここではその理由と、自分でできる対策をご紹介します。

トイレタンクのチョロチョロ音の正体

トイレタンクのチョロチョロ音の正体

誰かが水を流したばかりでないのに聞こえるチョロチョロ音は、『フロートバルブ』または『ボールタップ』の不具合が原因による水漏れである可能性が高いです。そのため、ただちにどのような不具合が起きているのか、状況を把握しなければなりません。

トイレタンクの不具合を探し出す方法

トイレタンクの不具合を探し出す方法

トイレタンクの不具合は、以下の3段階を踏むことで、調べることができます。

1:止水栓を閉める
点検作業中に水を溢れてさせてしまう危険性をなくすためです。必ずおこなってください。

2:トイレタンクを開ける
トイレタンクのフタにある手洗い金具と、タンク内にあるボールタップは、管でつながっています。その管が差し込み型の場合、フタの取り外しは持ち上げるだけです。しかし管がナットなどで固定されているタイプもあります。その場合はまずナットを外しましょう。

3:水位の高さを確認する
タンク内に溜まっている水の水位によって、トラブルが起きているのか、そうでないのか、判断できます。『オーバーフロー管』の先端から2、3センチメートル低いところに水位があれば正常です。オーバーフロー管とは、タンクの底から直立している管のことをいいます。

正常値よりもあきらかに水位が低いと感じた場合は『フロートバルブ』に原因がある可能性が高いです。フロートバルブとは、タンクの底にある、ゴム製の球体のことを指します。タンク内から便器へ水が流れていかないための栓の役割を担っているパーツです。

そのため、これに不具合が生じてしまうと常に便器へ水が流れてしまい、結果、タンク内の水位が低くなってしまいます。「タンクの水位が少しだけ低いかも……」という場合でも、その状態が2~3日続くようであればフロートバルブの不具合を疑いましょう。

水位が正常値よりも高い場合、『ボールタップ』に原因がある可能性が高いです。ボールタップとは、タンク外の給水管と、タンク内にある浮き球と結ばれている部品を指します。

このボールタップが正常であれば、タンク内への給水と給水停止が正しくおこなわれます。しかし、このボールタップに不具合があれば、タンク内への給水が止まらなくなり、タンクから水漏れが起こってしまうのです。

水漏れの原因がわからない場合は?

タンク内の構造や、フロートバルブやボールタップの正常な機能についての知識が少ない人では、タンク内を調べてみても異常が判断できない場合があります。「確認したけれどわからない……」と不安を抱かれたときは、水漏れ修理業者に相談しましょう。

トイレのトラブルのことなら水110番へ!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

原因別!トイレタンクの水漏れを部品交換で直す方法

原因別!トイレタンクの水漏れを部品交換で直す方法

トイレタンクに使われている部品の中で、水漏れの原因となりやすいものは『フロートバルブ』と『ボールタップ』の2種類です。どちらもホームセンターやネット通販などで手に入ります。そのため、原因がそれらにある場合は、自分で新調することによって水漏れの解決は可能です。

フロートバルブの交換方法

フロートバルブの交換方法

まずは交換用のフロートバルブを用意しましょう。フロートバルブには『半球型のゴムから2本のゴム脚が伸びているタイプ』と、『球状のゴムに差し込み用の白い棒が付いているタイプ』の2種類あります。

サイズが大きいものと小さいものがあるため、間違えないようにしてください。写真に撮って店頭に行き、店員さんに同じものを用意してもらいましょう。

新しいフロートバルブを用意できたら、いよいよ交換作業です。問題がフロートバルブにあるとわかっている時点で、すでに止水栓は閉めてあり、タンクのフタも開いている状態だと思います。そのため、フタが開いている場面からの作業手順を、ご紹介していきます。

1:タンク内の水を流す
レバーを操作して、タンク内に溜まっている水を、すべて便器に流してください。タンク内に水が溜まっていれば、交換作業の障害になってしまうからです。

2:レバーを引き抜く
まず、レバーに巻き付いている鎖を外してください。その次に、レバーを固定しているナットを外して、レバーを抜き取りましょう。

3:フロートバルブの交換
『半球型のゴムから2本の脚が伸びているタイプ』は、ゴム脚をオーバーフロー管から外して、新しいものを同じように取り付けるだけです。

『球状のゴムに差し込み用の白い棒が付いているタイプ』は、ゴム球を指先で軽く潰して横にずらすように外したら、こちらも外したときと同じように取り付けます。

※取り付ける際に、あまり力を加えると、オーバーフロー管は折れてしまうおそれがあります。交換する際は、できるだけ力を加えないように、、細心の注意を払ってください。

ボールタップの交換方法

トイレタンクは『タンクの横から給水管が出ているタイプ』と『タンクの下から給水管が出ているタイプ』の2種類があります。タイプによってタンク内の構造は異なり、それによってボールタップの交換難易度も大きく変わります。

まずは使用中のトイレの給水管が、横か下か、どちらから伸びているか確認しましょう。下から伸びている場合は、ボールタップの交換難易度が高く、個人でやると失敗して水漏れを悪化させてしまうおそれが極めて高いため、早急に業者へ相談してください。

タンクの横から給水するタイプを使用中の場合は、次に新しいポールタップを用意しましょう。

ポールタップは種類が豊富で、好みのものを選べばよいのですが、必ずタンクの内側やオーバーフロー管、フロートバルブに触れないものを選んでください。タンクの内側などに触れてしまうものを選ぶと、せっかく新しくしたのに誤作動を起こすおそれがあります。

新しいボールタップを用意できたら、いよいよ交換作業です。ボールタップに不具合があると確認している段階で、すでに止水栓は閉めてあり、タンクのフタも開いた状態だと思います。そのため、フタを開いてある状態での作業手順を、以下でご説明いたします。

1:タンク内の水を流す
レバーを操作して、タンク内に溜まっている水を、すべて便器に流してください。タンク内に水が溜まっていると、交換作業の障害になってしまいます。

2:古いボールタップを取り外す
ボールタップから伸びる、手洗い金具と連結するための管を、ナットを緩めて外しましょう。ボールタップと手洗い金具を分離させたら、ボールタップを固定しているナットを外して、タンク内から取り外してください。

3:新しいボールタップを取り付ける
取り外したときとは、逆の手順をおこないます。交換用のボールタップを、外したナットを使って、斜めにならないように注意しながらタンク内に固定してください。

そのあと、手洗い金具との連結用の管も元の通りにナットを使ってつなげて、フタを閉めましょう。

部品を交換しても直らない場合は?

フロートバルブやボールタップを新しくしても、チョロチョロ音が変わらず聞こえるという場合は、オーバーフロー管の損傷やレバーのナットの緩みなどが考えられます。

ここまでにご紹介した処置のほかに、トイレタンクの水漏れに関して知識も経験も少ない人がおこなえる処置はありません。そのため、自分でどうにかしようとは思わずに、まずは業者に相談しましょう。

トイレのトラブルのことなら水110番へ!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレタンクの水漏れ修理にかかる費用はいくら?

トイレタンクの水漏れ修理にかかる費用はいくら?

修理を業者に依頼するにしても、多くの人が費用次第でどうするかご決断されるかと思います。そのため、ここからは『水110番』を例に挙げて、修理費用や費用を抑えるコツをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

修理を依頼したときの費用相場

修理を依頼したときの費用相場

『水110番』では、トイレタンクに関するトラブルを、以下の費用で解決しています。

  • タンクの内部調節:3,000円~5,000円程度
  • タンク内部品交換:7,000円~1,0000円程度

料金設定には、基本料金も作業料金も出張費も含まれています。タンク内の不具合の状況によっては修理内容や必要な部品も変わってくるため、上記の金額は参考として考えておきましょう。

過剰な費用請求を避けるためにも、実際の費用は見積りをとって詳細を確認することが大切です。『水110番』では、無料での現地調査とお見積りをおこなっています。費用についてご不明な点があれば丁寧にお答えしますので、ぜひご相談ください。

費用を安く抑えるコツ

費用を抑えるためには、複数の修理業者に相談をして相見積りをとることにあります。なぜなら業者によっても費用は異なるからです。

最近では多くの業者が公式サイトをもっています。それぞれのサイトから業者の基本情報を集め、複数の業者をピックアップしたら相見積りをおこないましょう。そうすることで、安い業者を選ぶことが可能です。

相見積りに対応しない業者も存在するので、相談時は確認が必要です。『水110番』では快く相見積もりに対応しますのでご安心ください。

まずは見積りを取ってみよう!

誰かが使ってからしばらく経過するのに、それでも聞こえてくるトイレタンクのチョロチョロ音は、タンク内で水漏れが発生しているおそれがあります。放置すれば最悪の場合、トイレ内の浸水被害にも発展しかねません。早急な処置が重要になります。

とはいえ、費用などの情報を調べないで業者に依頼してしまうと、高額な支払いを請求されるなどのトラブルが起きてしまうかもしれません。そのため、まずは見積りを頼み、費用について知りましょう。無料で見積りをしている業者に依頼することをおすすめします。

『水110番』では無料で見積りをおこなっています。見積り後のキャンセルも問題ありません。また、お見積りで提示させていただく金額以上は請求しません。

さらに、24時間365日、水に関するトラブルのご相談を受け付けているため、迅速な対応が可能です。トイレタンクの水漏れを含め、水に関するトラブルが起きたときには、『水110番』にご連絡ください。

トイレのトラブルのことなら水110番へ!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較