水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレの逆流対処法6選!原因や解決法、業者選びのコツまとめ

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの逆流対処法6選!原因や解決法、業者選びのコツまとめ

トイレの逆流対処法6選!原因や解決法、業者選びのコツまとめ

トイレの逆流は、おもにトイレのつまりによって起こります。つまりが起きると、流した水が異物によって排水管を通ることができず、戻ってきて逆流してしまうのです。この記事では、トイレの逆流の対処法や逆流の原因、逆流を解消できる業者選びのコツなどをご紹介します。

トイレが逆流する原因と仕組みについて

トイレが逆流する原因と仕組みについて

トイレがつまってしまったら、まずは自分でできる対処をしましょう。それで改善しない場合は、業者に相談することが最善策でしょう。毎日の生活に欠かすことができないトイレ。そんなトイレが逆流してしまったら、困ってしまいますよね。

しかし、心配は無用です。原因を特定し適切な対処をすれば、トイレの逆流は解決できます。

トイレが逆流してしまう原因は主に3つ。つまりや故障、大雨などの災害時に発生する突発的なものです。当記事ではトイレが逆流する原因からその仕組み、状況別に応じた詳しい対処策をすべてまとめてご紹介します。最後には適切な業者選びのコツも網羅しました。

ぜひ参考にしていただき、トラブル解決にお役立てください。

逆流する原因

逆流する原因

トイレが逆流する原因でもっとも多いものが“トイレのつまり”です。便器内や配管内にトイレットペーパーや排泄物、そのほか、ペットを飼っている家庭では、ネコのトイレ用の砂“ネコ砂”のようなものがつまってしまうこともあるでしょう。

配管内に徐々に汚れや排泄物がたまり、つまってしまいます。

また、台風などの災害時に発生する大雨がトイレの逆流の原因になることもあります。大量の雨水がマンホールに流れ込みトイレからの排水をブロック、逆流につながるのです。

ほかには、汚水を排水するための“汚水ポンプ”の故障も、逆流の原因としては考えられるでしょう。トイレを含む複数の排水口が同時に不具合を起こした場合は、排水ポンプの故障を疑ってください。

逆流はどのようにして起こるのか

逆流は便器や配管にトイレットペーパーなどの異物がつまることによって発生します。トイレから水を流すと、便器や配管をとおって排水はおこなわれます。その途中に異物があると水の流れが遮られ、流した水が戻ってきて逆流という形になってしまうのです。

トイレ内に落としものをした場合などのわかりやすいケースもあれば、わずかなつまりが徐々に広がっていくこともあります。違和感を覚えたらすぐに対処に踏み出しましょう。

原因に心当たりがないときは業者に見てもらおう

トイレの逆流はつまりが主な原因です。とはいえ、逆流の原因に心当たりがないこともあるでしょう。そんなときは自分での解決を試みるよりも、知識のある業者に解決を依頼するのが賢明です。

弊社“水110番”の加盟店は、トラブルが起きた際の現地調査、修理費用の見積りを無料で承っております。お電話は24時間365日対応です。気になるかたは、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

逆流したときの対処と逆流するサイン

逆流したときの対処と逆流するサイン

トイレの逆流が発生したときは下記の6つの対処法を試してみてください。

  • お湯を流す
  • ラバーカップ(すっぽん)
  • ワイヤーブラシ
  • 真空式パイプクリーナー
  • 重曹とお酢
  • 塩(ネコ砂がつまりの原因の場合)

上記の6つの方法を、下記で詳しくご紹介していきます。また、方法に関わらずトイレの逆流に対処するときは必ずコンセントを抜いて、止水栓を閉めておきましょう。

コンセントを刺したままでは感電の危険があるほか、センサー式のトイレの場合、自動で水が流れてしまうことがあります。止水栓はタンク横の給水菅に付いている弁です。止水栓を閉めた後は、溢れた排水をキレイに掃除しておいてください。

ここまで準備を整えたら、トイレの逆流トラブル解消に進んでいきましょう。

つまりの対処法

つまりの対処法

6つの逆流の対処法、それぞれの詳しい方法は下記です。

・お湯(50度前後)を流す

つまりの原因がトイレットペーパーなどの水に溶けるものであれば、もっとも手軽で試しやすい方法が“お湯を流すこと”です。事前準備として、トイレ内の水を減らしておきましょう。水を減らした後、バケツに入れたお湯(50度前後)を勢いよく流していきます。

お湯を使うことでトイレットペーパーの繊維がほどけやすくなり、つまり解消につながります。熱湯を使うと便器にヒビが入ってしまうこともありますので、温度には注意しましょう。また、勢いよく流すことで、配管の奥にあるつまりの原因までしっかりとお湯を届かせることができます。

「でも、トイレットペーパーって放っておけば自然に溶けるんじゃないの?」という疑問が頭をよぎるかたもいるでしょう。実はトイレットペーパーは流される過程で徐々に溶けていくものです。つまってしまい動かない場合、自然に溶けることは期待できないのです。

お湯を流し入れた後は1時間ほど置いて、再度バケツを使って少しずつお湯を流していってください。そのまま流れれば逆流の問題は解決。解決しなければ、業者への依頼を検討してみましょう。

・ラバーカップ

“すっぽん”とも呼ばれるラバーカップ。使うときはゆっくりと便器に押し込みましょう。カップの中を真空にするようなイメージです。限界まで押したら、次はラバーカップを勢いよく引きましょう。この動作を何回か繰り返すことで、トイレつまりの解消につながります。

そして、ラバーカップを使用する前には念のために床に雑巾やごみ袋などを敷いておきましょう。周囲に汚れた水が飛び散る場合もあります。事前に敷いておくことで、作業後の掃除がラクになりますよ。

・ワイヤーブラシ

針金の先端にブラシがついた“ワイヤーブラシ”。便器や配管のつまりを解消するために用いられます。使うときのポイントは壁をこそげるように動かすこと。ワイヤーブラシは業者が使用する専門的なものも販売されています。強度の高い業者用のものがよいでしょう。

・真空式パイプクリーナー

真空式パイプクリーナーはラバーカップの強化版のようなものです。手持ち部分にポンプが付いていて、使いかたはラバーカップと同様で便器に当てポンプを引いていきます。ラバーカップよりも吸引力が強いため、手ごわいつまりも解消可能です。動かすときは“ゆっくりと”がコツです。

・重曹とお酢

トイレットペーパーや排泄物が原因のつまりの場合、重曹とお酢を使用することで解決することが可能です。重曹とお酢を混ぜることで炭酸ガスが発生し、トイレットペーパーや排泄物を分解してくれ、溶けやすくなります。

それぞれの使用量を下記にまとめました。作業前に準備しておきましょう。

  • 重曹:1/4カップ
  • お酢:1/2カップ
  • お湯(50度前後)

熱湯を用いると便器の破損につながるおそれがあるため避けましょう。まずは重曹を便器に流し入れ、次にお酢を同様に入れます。お湯を注ぐと泡立ってきます。問題ないので驚かないように要注意です。1時間ほど放置したらバケツなどに水をため、少しずつ流していきましょう。

・塩(ネコ砂がつまりの原因の場合)

ネコのトイレ用の砂、いわゆる“ネコ砂”がつまりの原因の場合は、“塩”を活用することで解決が見込めます。ネコ砂は水を含むと固まり、トイレつまりの原因になってしまいます。

塩を流すことでネコ砂の分解をうながし、つまりの改善が期待できるでしょう。塩を入れるときは大さじ3杯を目安に少しずつがコツです。数十分放置してネコ砂が溶け、水が流れればつまりは解消です。何回か試して解決しなければ、業者に相談しましょう。

大雨災害の対処法

台風などの自然災害時に発生する大雨がトイレの逆流につながることもあります。トイレから“ゴボゴボ”という音がしたら危険信号です。ゴボゴボ音が聞こえたら、トイレの使用を中止し、雨が止むまで見守りましょう。雨が止めば自然に問題が解消されることもあります。

また、大雨中にトイレの水が溢れそうなときは、簡易的な“水のう”を用意しておきましょう。“水のう”のイメージとしては便器に直接重たいフタを置くようなものです。

2重にしたゴミ袋におよそ20リットルの水を入れ、空気を抜いて作りましょう。準備ができたらトイレ内の水量に気を配りながら、ゆっくりと水のうを入れてください。逆流する水の勢いを抑え、防ぐことができます。

水流が弱い・汚水ポンプ故障

水流が弱いこともトイレのつまり、及び逆流につながります。トイレのタンク内にペットボトルを入れて節水をしていたり、レバーを“小”で流していたりはしないでしょうか?

これらはトイレの水流を弱くする原因です。配管内につまりを生み出す原因にもなるため、注意する必要があります。節水のつもりが修理費用で余計に出費がかさんでしまった……ということにもなりかねません。心当たりがある人は、改善してみましょう。

“汚水ポンプ”はトイレの排水に使用される機具のことです。地下階の部屋や郊外の家など、設置しているところは限られているものですが、汚水ポンプの故障も逆流の原因として考えられるでしょう。トイレのほか、いくつかの排水口に不良が出たときは故障が疑われます。

排水ポンプの故障が疑われるときは、いさぎよく業者に相談しましょう。

こんなサインが出たら逆流の可能性が

  • 流れが悪い
  • 異音がする
  • トイレの水位が高い

上記の3点はトイレの逆流が起こるサインです。水の流れが悪い場合は便器や配管つまりの可能性が高いでしょう、“フロート弁”などの部品の故障も疑われます。

異音がするのは排水管でつまりが起こっている可能性が高いです。今は排水ができていても、後々つまりに発展する可能性もあるでしょう。“ゴボゴボ”などの異音が聞こえた場合は、危険信号です。

トイレを流した後にすぐに水位が下がらず、10分ほどの時間が経たないと戻らない場合もつまりや逆流につながるおそれがあります。これらのサインが見られた場合は、ここまでに紹介してきた対策方法を試してみましょう。

しかし、原因がわからない場合は、業者への相談を検討したほうがよいかもしれません。

無理な対処は状況を悪化させることも

ここまでご紹介してきたトイレの逆流の対処法。水を流したりラバーカップを使用したり、手軽にできるものも多いのでまずは試してみるのがよいでしょう。

しかし、上記の方法でトイレのつまりや逆流が改善しない場合は、配管や汚水ポンプなどの自分の手が届かないところが故障していることが大半です。

むやみに一人で解決しようとすると、かえって故障場所に刺激を与えてしまい事態が悪化するかもしれません。ある程度の対処を試して直らないのであれば業者に相談するのが賢明です。

水110番は24時間365日のお電話対応で、突然のトラブルにも安心してご利用いただけます。現地調査やお見積りも無料です。まずはお気軽にご相談からでも歓迎しております。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

業者に依頼すると費用はどれくらい?

業者に依頼すると費用はどれくらい?

自分でトイレの逆流が改善できない場合は、業者に依頼することを検討しましょう。しかし、そのときの“費用”はどうしても気になることでしょう。ここからはトイレの逆流の修理を業者に依頼した場合の費用相場や適切な業者の選びかたをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

費用について

費用について

トイレの逆流の修理を業者に依頼した場合、「出張費+作業費+材料費」の合計金額になることがほとんどです。そのほか、便器を取り外したり、高圧洗浄機などの専門機器を使用したりすることで費用は変動します。トイレの逆流の修理費用相場は、下記のとおりです。

基本料金 3,000円~
出張費 無料~5,000円
作業費 無料~5,000円
材料費(部品代) 300円~10,000円
便器の脱却 15,000円~20,000円
高圧洗浄機の使用 15,000円~45,000円
トイレのつまり解消 4,000円~8,000円
配管のつまり解消 8,000円~15,000円

土日や深夜などの追加費用、業者が使用した駐車場代などがかかることもあります。もろもろの状況を踏まえたうえでの、トイレ逆流の一般的な修理費用相場は10,000円前後です。実際の費用は作業前に見積りを依頼し、必ず確認しておきましょう。

信頼できる業者とは

トイレの修理にかかる費用は間違いなく重要です。しかし、費用と同様に業者の“信頼性”も重要な要素でしょう。いくら費用が安くても作業内容が適当であれば、逆流の解決はおろか再発の可能性も高くなってしまいます。業者を選ぶときは、慎重に検討を重ねましょう。

トイレ修理の業者を選ぶときは、下記の5つのポイントに注意してみてください。

  • 知識や経験、実績があるかどうか
  • 公式サイトの内容は充実しているか、口コミの内容はよいか
  • 無料の現地調査、見積りをおこなってくれるかどうか
  • 追加費用のない明朗会計か
  • 相談や保証内容が充実しているかどうか

経験や実績は業者の公式サイトや口コミサイトを参照するのがよいでしょう。また、現地調査や見積りを無料でおこなってくれることも重要です。明朗会計は後々のトラブル回避にも大切でしょう。相談や対応が丁寧か、施工後の保証が充実しているかもポイントです。

弊社水110番は、厳格な基準を満たした優良な加盟店をご紹介しております。24時間365日の電話対応で安心もお届け。突然のトラブルでもご相談いただけます。もし、あなたがトイレの逆流に困っているのであれば、まずはお気軽に弊社にお電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較