水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> トイレットペーパーつまりは放置OK?お湯と道具でつまり原因を解消

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレットペーパーつまりは放置OK?お湯と道具でつまり原因を解消

トイレットペーパーのつまりは放置でいいの?正しい解決法とNG行動

トイレットペーパーのつまりは、放置しておくと解消することがあります。しかし、解消するまでに時間がかかってしまうほか二次災害が発生するおそれもあるのです。そのため、トイレでつまりが起きたらできるだけすぐに対処しなくてはなりません。

このコラムでは、【トイレットペーパーがつまったときの対処法】を詳しくご紹介します。身近な道具を使った対処法から便利な道具を使った対処法までお伝えしますので、お困りの方はぜひ参考にしてみてください。

トイレットペーパーつまり解消|作業前の確認事項

トイレットペーパーがつまっている状態で作業すると、便器から水があふれてくるおそれがあります。作業に取りかかる前には、以下の2つの項目を確認しておきましょう。

1|止水栓を閉める

水道のポタポタ修理を自分でおこなう方法

作業中に水があふれてくるのを防ぐため、まずは止水栓を閉めましょう。止水栓は、トイレタンクの横やうしろ、便器横のパネルのなかに収納されています。

■止水栓の閉め方
手で閉められるハンドルタイプのものもありますが、マイナスドライバーを用意し、止水栓のネジを右回りに回せば締めることができます。

2|ビニールシートを床に敷く

作業中は、便器内の水が飛び散ったりあふれたりするおそれがあります。また、床が濡れたまま放置すると、水が床に浸透してカビやシミが発生してしまうこともあり、最悪の場合、床板を張り替えなければなりません。

このような事態を防ぐため、作業前にビニールシートを敷くようにしましょう。ビニールシートが手元にない場合は、新聞紙や雑巾で代用できます。

やってはいけないNG行動

トイレがつまると慌ててしまいますが、以下のような行動はかえって新たなトラブルを引き起こしてしまうこともあるので避けてください。

■レバーを回す
トイレがつまったときはレバーを回して水を流してはいけません。トイレがつまっているということは水の出口がふさがった状態です。水を流したら行き場をなくした水が逆流してしまうかもしれません。

■無理やり水で流す
バケツなどを利用して便器に大量の水を入れて流そうとするのもやめましょう。大量の水を勢いよく流せばつまりが解決しそうですが、上記と同じく、逆流の危険があります。

■便器を外す
便器の着脱は大変な作業なのでやめましょう。慣れない作業で便器を壊してしまっては大変ですし、取り外しの際に汚物や下水でトイレを汚してしまうかもしれません。衛生的にもよくありませんし、被害を拡大させてしまうことにもなりかねないので、ご自身で便器を着脱するのは避けましょう。

知識がない状態で無理やり作業するとケガをするおそれもあります。「自分では対処できないかも」「とりあえず症状を確認してもらいたい」という方は、いつでも弊社の無料相談窓口へお電話ください。弊社の加盟店スタッフが、正しく安全に対処させていただきます。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

対処法1:しばらく放置する

ここからは、トイレットペーパーのつまりを解消する方法をいくつかご紹介します。まずは、【しばらく放置してみる】という方法です。

冒頭にもお伝えしましたが、トイレットペーパーのつまりは放置しているうちに解決することもあります。まずは道具を使わずに、しばらく様子をみてみるのもよいでしょう。

なぜ放置するとつまりが直るの?

なぜ放置するとつまりが直るの?

トイレットペーパーは、水に溶けやすい性質です。少しのつまりであればしばらく放置すると徐々に溶けていくため、つまりが直ることがあります。「一気にトイレットペーパーを流してしまった!」というときも、しばらく時間を置いてから流してみましょう。

放置する時間はどのくらい?

トイレットペーパーをつまらせたときは、3時間前後を目安に放置してみましょう。ただし、海外製のトイレットペーパーなど水に溶けにくいトイレットペーパーは、つまりが解消するまで時間がかかってしまうかもしれません。

3時間以上待ってもつまりが解消しない場合は、このコラムの後半でご紹介する別の方法を試すか、修理業者に相談することをおすすめします。

放置してOKなもの、だめなもの

トイレットペーパー以外にも、トイレのつまりを起こしてしまうものはたくさんあります。しかし、そのなかでも、トイレットペーパーと同じようにしばらく時間をおいてもよいものそうでないものがあるのです。

■放置してもOKなもの
大便は水に溶けやすいので、3時間ほど放置することでつまりが解消することがあります。また、トイレに流せるお掃除用のシートなど、トイレに流すことを想定して作られた製品なら、半日ほど待ってみるとつまりが解消されることがあります。

■放置したらNGなもの
トイレ掃除に使う洗剤のキャップや歯ブラシなど、水に溶けない固形物は時間をおいてもつまりは解消されません。

また、生理用品や紙オムツ・パッドなど、吸水性のあるものをトイレに流してしまったときはとくに注意が必要です。吸水性の高いものは、時間が経つと水を吸ってふくれ上がり、つまりを悪化させてしまうおそれがあります。

手が届きそうなら取り出す
水に溶けない固形物や吸水性の高いものをトイレにつまらせてしまった場合、手が届きそうならゴム手袋をして取り除きましょう。手が届かないときや見えないときは、むやみに手を入れず業者に相談してください。

放置のしすぎはトラブルの原因に!

「流れにくいけど問題はなさそう」と勝手に判断してトイレのつまりを放置していると、新たなトラブルを招く事態になってしまうかもしれません。

【トラブル1】水漏れ被害

「いつもより水の流れが悪いかも」と感じつつも、そのままトイレを使い続ける方もいるかもしれません。しかし、このような状態でトイレを使用し続けていると、水が逆流してあふれだしてしまうことがあります。

水漏れで床や壁をぬらしてしまうと、床材や壁材にダメージを与えてしまい、大がかりな修繕工事が必要になるかもしれません。

さらに、集合住宅に住んでいる人は、階下の部屋や家財の弁償費用を負担しなくてはならなくなるかもしれません。

水漏れに対応している損害保険もありますが、トイレのつまりを放置していたことによる水漏れだと、管理・メンテナンス不足で保険が適用されないこともあります。

【トラブル2】悪臭の発生

トイレのつまりを放置することで起きるトラブルには、水漏れ被害のほか、においの問題もあります。

普段、トイレを使って水を流した後には再び便器内に水がたまるようになっていますが、この水を“封水”といい、下水管からの悪臭を防ぐ働きがあります。

しかし、トイレがつまることにより封水がなくなってしまったり、量が少なくなったりしてしまうことがあります。そのため、下水管の悪臭がそのまま流れてきてしまうのです。

対処法2:ぬるま湯で溶かす

できるだけ早くつまりを解決したいという方は、【ぬるま湯】を使った対処法がおすすめです。しばらく放置して溶けるのを待っているのは時間がかかりますが、ぬるま湯ならトイレットペーパーが溶けやすくなります

熱湯を注ぐのはだめ
「トイレットペーパーを溶かすなら熱湯のほうがいいのでは?」と思うかもしれませんが、便器は陶器でできているため熱湯をかけると表面にヒビが入るおそれがあります。熱湯を使用するのは避けましょう。

■必要なもの
・便器の半分ほどのお湯(温度:約45~50度)
・バケツまたは、大きめのペットボトル
・ゴム手袋

■手順
1.便器内の水を抜いておく

便器内の水があふれそうなほど多い場合、はじめにバケツで取り除いておきましょう。水を減らすことで、お湯を流し込んだ際にあふれるのを防ぐことができます。

2.お湯を高い位置から流し込む
バケツに入れたぬるま湯を高い位置から流し込むことで、排水口の奥まで届かせることができます。しかし、一度に大量のお湯を流し込んでしまうと排水管にお湯が入りきらず、便器内にお湯がたまってしまうことがあるため、ゆっくりと流し込みましょう。

3.2を2~3回繰り返したら、放置する
お湯を流し込む作業をおこなったら30分~1時間ほど放置して、トイレットペーパーがお湯でふやけるのを待ちましょう。

4.つまりが解消されたか確認する
30分~1時間放置したら、レバーを回してつまりが解消できているのかを確認します。つまりが解消できていなかった場合、水が逆流してくるおそれがあるため、レバーではなくバケツに水をくんで勢いよく流し込んで確認をするとよいでしょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

対処法3:ラバーカップで除去する

トイレのつまりを解消させる際に便利なのが【ラバーカップ(スッポン)】です。ここでは、ラバーカップを使った対処の仕方を紹介していきます。

水量はゴムが浸るくらいが目安
便器内の水が少ない状態で使用してしまうと、ラバーカップを引き抜いた際に空気が入ってしまいうまく効果を発揮できません。ラバーカップを使用する際は、排水口に設置したカップが水に浸るくらいにしましょう。

■必要なもの
・ラバーカップ
・バケツ
・ビニール袋
・ゴム手袋

■手順
1.バケツを使って、便器内の水を取り除く

先ほどのぬるま湯を使った対処法と同様に、まずは便器内の水を取り除きましょう。

2.便器をビニール袋で覆う
ラバーカップを引き抜いた際に、便器内の水が飛び散るのを防ぎます。便器のなかにラバーカップを配置する必要があるため、事前にビニール袋の中央にラバーカップが入るほどの穴を開けておきましょう。

3.ラバーカップで排水口を覆って、密着させる
排水口を覆うようにラバーカップを配置します。ラバーカップのゴムが排水口にしっかりと密着するように押し込むのがポイントです。

4.ラバーカップを引き抜く
ラバーカップを配置したら、勢いよく引き抜きましょう。上記の2~4を繰り返して、つまりが解消するまで繰り返します。

5.つまりが解消されたか確認する
先ほどのぬるま湯を使った対処法と同様に、バケツに水を汲み、便器のなかに流し込んで確認しましょう。

対処法4:ラップの圧力で除去する

身近なものでできる対処法として活躍するのが【ラップ】です。ぬるま湯やラバーカップを使った方法よりも比較的簡単なので、手元にバケツやラバーカップがないときはぜひお試しください。

ラップと便器の間に隙間を作らない
便器にラップを巻く際は、隙間ができないようにきっちりと巻くのが大切です。少しでも隙間ができてしまうと、ラップを十分に活用することができません。ラップは隙間のないようにしっかりと巻き、便器を覆いましょう。

■必要なもの
・食品用のラップ

■手順
1.ラップで便器を覆う

便器をすっぽり覆うほどの長さでラップを切り、便器を覆いましょう。一枚ではラップを押し込んだ際に破れてしまうため、何枚かを重ねて覆うのがコツです。

2.レバーを回して、ラップを押し込む
ラップで便器を覆えたら、レバーを回しましょう。レバーを回すことで便器内の圧力がかかりラップが膨らむため、ラップを下に押し込んで排水口内に圧力をかけます。

3.つまりが解消するまで続ける
つまりが解消されると、レバーを回したと同時に水が流れていきます。つまりが直ったら、ラップは便器に流さずゴミ箱に捨てましょう。

対処法5:真空式パイプクリーナーで除去する

トイレつまりの解消で役立つ道具として、ラバーカップを紹介しましたが、ラバーカップよりも吸引力が強く効果的な道具【真空式パイプクリーナー】です。

パイプクリーナーはレバーハンドルがついているため、ハンドルを動かすだけでつまりを解消することができます。

水量が少ないときは水を追加する
パイプクリーナーはカップを押し込んだ際にカップが水に浸っていない場合、うまく吸引できないことがあります。水が少なすぎる場合は追加しましょう。

■必要なもの
・真空式パイプクリーナー
・バケツ
・ゴム手袋

■手順
1.カップで排水口を覆う

パイプクリーナーの先についたカップで排水口を覆い、力を入れて押し付けましょう。カップを押し付けた状態でハンドルを上下に動かすことで、吸引力がさらに上がります。

2.レバーを勢いよく引き抜く
カップが配置できたら、ハンドルを引き抜きましょう。

3.つまりが解消されたか確認する
つまりが直ったらバケツに水を汲み、便器のなかに流し入れて確認しましょう。

パイプクリーナーには今回紹介した真空式のほかに、いくつかの種類があります。こちらのコラムでは、パイプクリーナーの種類や使い方について解説していますので、気になる方は、ぜひ合わせてごらんください。

対処法6:重曹とクエン酸で溶かす

普段の掃除や料理で使用する【重曹やクエン酸】で、トイレットペーパーのつまりを解消できることもあります。ここでは、重曹とクエン酸による対処法を解説していきます。

作業中は換気を忘れずに
重曹とクエン酸がつまりの解消に効果的なのは、アルカリ性の重曹に酸性のクエン酸が反応して炭酸ガス(二酸化炭素)が発生するからです。室内の二酸化炭素濃度が高くなると、めまい吐き気がすることもあるので、換気を忘れないようにしましょう。

■必要なもの
・重曹(カップの4分の1程度)
・クエン酸(カップの2分の1程度)
・便器の半分ほどのお湯(温度:約45~50度)
・バケツ

■手順
1.バケツを使って水をなるべく取り除く

まずは便器内の水を可能なかぎり、取り除きましょう。水の量が多い状態だと、重曹やクエン酸を入れても効果があまり感じられないことがあります。

2.重曹→クエン酸の順に加える
はじめに重曹を便器内に加えます。先にクエン酸を加えてしまうと重曹のアルカリ性によって発生する泡が短時間で消えてしまい、効果が薄れてしまうのです。重曹とクエン酸を入れる順番を間違えないように気をつけましょう。

3.泡が発生したら、お湯を注いで放置
クエン酸を加えると、炭酸ガスと共に泡が発生します。泡がこれ以上増えないと感じたら、お湯を注ぎましょう。高い位置から注ぐことで排水管の奥までお湯を届かせることが可能です。

4.つまりが解消されたか確認する
最後にバケツに水を汲み、便器のなかに流し入れてつまりが解消されたか確認をしましょう。

つまりは尿石が原因である場合も
トイレットペーパーがつまる原因には尿石が排水管にたまっているケースもあります。尿石は尿に含まれる成分(カルシウムなど)によって発生します。尿石除去剤を便器に入れておくことで尿石がたまりにくくなり、トイレットペーパーのつまりも防ぐことができます

対処法7:ワイヤーブラシや針金で除去する

トイレのつまりを除去する道具には、【ワイヤーブラシ】もあります。ワイヤーブラシは先端に小さなブラシがついており、つまり部分にワイヤーを刺して抜き差しすることでつまりを解消します。

手元にワイヤーブラシがない場合は、針金ハンガーで代用することも可能です。ワイヤーブラシや針金ハンガーを使った対処法は以下を参考にしてみてください。

ハンガーは柔らかい針金がおすすめ
固い針金ハンガーでは、排水口内にうまく針金を入れることができない場合があります。つまりの箇所が排水口の奥だった場合にハンガーを奥まで差し込むことができないため、なるべく柔らかめのハンガーを使うようにしましょう。

■必要なもの
・ワイヤーブラシまたは、針金ハンガー
※針金ハンガーを使用する場合、ペンチも用意
・バケツ
・ゴム手袋

■手順
1.ワイヤーブラシを排水口内に差し込む

ワイヤーブラシは、ワイヤーが1m~5mほどまで伸びるものなど種類があります。しかしワイヤーブラシを使って自分で対処する場合、排水口からおよそ2~3mが限界となるため、ワイヤーの長さは2mほどにしておきましょう。

針金ハンガーを使う場合は、次に紹介する2からごらんください。

2.針金ハンガーをペンチで変形させる
ハンガーを使用する際は、フックの部分が不要なためペンチで切ります。フックの部分が切れたら、ハンガーを真っ直ぐに伸ばして、排水口に差し込む側の先端を輪の形に曲げましょう。

3.ワイヤーブラシやハンガーを抜き差しする
ワイヤーブラシやハンガーを排水管内に差し込んだら、排水管内をねじるような動きで抜き差しします。ワイヤーや針金をつまりに挿した状態で動かすことによって、つまりを崩して解消させることが可能です。

4.つまりが解消されたか確認する
排水管内で動かしている際に水が流れ始めたら、つまりが解消されている証拠です。つまりが直っているか確認する際は、バケツに水をくんで便器のなかに流し入れましょう。

ひととおり解決法を試してみてもトイレのつまりが直らないときは、あれこれと考えるよりもプロの手を借りた方が早く解決できるでしょう。

弊社はトイレのつまりや水漏れなど、トイレトラブルにいつでも電話対応いたしております。平日はもちろん、土日祝日も24時間いつでもご相談していただけるので、困ったときはご連絡ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレつまりを業者に依頼するといくらかかる?

トイレのつまりを業者に解決してもらうときは、状況によって数千円~数万円の費用がかかります。自力で直せないからといってトイレを故障したままにしておくわけにはいきませんが、やはり費用面は気になるものです。ここからは、トイレの修理にかかる費用についてお伝えします。

業者に依頼するときの費用相場

トイレつまりを業者に依頼するといくらかかる?

業者にトイレのつまりを直してもらうときの費用は、だいたい【数千円~1万円以内】でおさまることが多いようです。

ただし、ローポンプという専用のつまり除去器具を使用する場合は1万円を超えることもあるでしょう。また、便器の取り外しや排水管の確認が必要なら【2~3万円以上】になることもあります。

そのほかにも、業者によって出張サービス料土日祝日・夜間対応費用が加算されることもあります。修理作業そのものの費用だけでなく、このような付帯費用も依頼前に確認しておきましょう。

このように、費用は業者によって料金形態が異なったり作業内容が変わったりするため、詳しいことは見積りをとってみなければわかりません

弊社では、どなた様も安心してご利用できるよう、ご相談やお見積りの際にはわかりやすい見積書を作成し、丁寧なご説明を心がけております。実際に弊社の見積書をみて、他社様との比較にご利用いただいても結構です。「費用が心配」「高額になったらどうしよう……」という方も、ぜひ一度ご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

最も有効なつまりトラブル解消法は【日ごろの予防】

トイレットペーパーや異物がつまったときの対処法や業者依頼について、ここまで詳しくご紹介しました。しかし、あくまでつまりが起こったときの対処法であり、つまりを予防する方法ではありません

最もよいつまり解消法は、【つまりを起こさないこと】です。そのためには、つまりの原因を知ること、ちょっとした異変に気付くこと、トイレの使い方を見直すことが大切なのです。

そこで、このコラムの最後に、つまりの予防として知っておいてほしいことをお伝えします。ご自宅のトイレを快適に使うための対策のヒントとして、ぜひ最後まで読んでみてください。

つまりやすい場所を知っておこう

トイレのつまりを解決する2つの方法

つまりが起こりやすいのは、目にみえにくい排水管です。トイレの排水管はS字状に傾いているため、いくら水に溶ける性質のトイレットペーパーといえ大量に流すと塊となってつまりをおこします

まっすぐ下に一直線に落ちる形状の排水管であれば、つまりも起きにくいかもしれませんが、悪臭や虫が上がってこないようにするためにはS字状になった排水管と封水が必要なのです。

こんな前兆には注意しよう

つまりやすい場所を把握していても、つまってしまうことはあります。しかし、トイレのつまりは完全につまる前の前兆がみられるので、その前兆に気づくことができればひどいつまりに悩まされることも減るでしょう。

  • 水位が高くなっている
  • 水流が弱くなっている
  • 流す際に異音がする

このような前兆が見られても、完全につまる前に対処すればひどいつまりに発展するリスクは減らせます。ちょっとした異常や違和感に気付いたら、一度自分で点検してみるか、業者に相談するようにしましょう。

つまりの原因を知って日ごろの使い方を見直そう

トイレットペーパーがトイレにつまる原因はいくつもありますが、事前に原因となりそうなものや行動を知っていれば、日ごろから気をつけて行動することができますね。つまりを起こさないために、以下の予防法をぜひ実践してみてください。

予防法1|トイレットペーパーを流し過ぎない
先ほど紹介したとおり、トイレの排水路はS字状になっているため、一度に大量のトイレットペーパーを流すことでつまりが起きやすいです。トイレットペーパーの流し過ぎによるつまりは、何回かに分けてレバーを回して流すことで予防することができます。

予防法2|節水トイレでつまりやすいなら水量調節してみる
近年は、水道代が節約できる節水トイレが多く販売されています。しかし、節水トイレは通常のトイレに比べて水量が制限されているため、トイレットペーパーが十分に流れずつまりが起きやすいです。

流れにくいと感じるなら、先ほどと同じように、トイレットペーパーを流し過ぎないようにするなど日ごろの使い方を見直すべきでしょう。

もし、水量が少ないと感じるなら、壁や便器の脇にあるリモコン(モニター)で水量調節してみるとよいでしょう。操作方法は、製品の説明書を確認してください。

予防法3|大レバーと小レバーを適切に使い分ける
トイレのレバーには、大小の2種類があります。小レバーは大レバーに比べて水流が弱いため、トイレットペーパーが完全に流れないことがあるのです。

トイレットペーパーが完全に流れないと排水管内に少しずつ蓄積されていき、トイレがつまる原因となります。小レバーは男性の小便時に使用し、そのほかは大レバーを使用するのがおすすめです。

トイレは毎日使う場所ですから、トラブルが起こると大変です。しかし、つまってしまう前に予防しておけばトラブルを減らすことができるでしょう。このコラムを参考に、日ごろのトイレの使い方を見直し、困ったときには【対処法1~7】をぜひ実践してみてください。

もちろん、はじめから弊社にご相談いただくことも大歓迎です。素早く、快適なトイレ空間を取り戻すお手伝いをいたします。お困りの際は、お気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較