水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> トイレが流れない原因は詰まりかも?身近なものを使った5つの対処法

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレが流れない原因は詰まりかも?身近なものを使った5つの対処法

トイレが流れない…5つの原因と4つの解消法|業者の費用・選びかた

トイレが流れなくなる原因は、トイレットペーパーや異物つまりのほかトイレタンクの異常など、さまざまなことが考えられます。解決するためには、原因を特定し状況にあわせた対処が必要です。

この記事では、トイレが流れない原因と対処法についてご紹介します。少し難易度の高い対処法もありますが、自分でもできる簡単な方法もご紹介しますので、ぜひ試してみましょう。

また、トイレが流れないトラブルを二度と起こさないための予防方法もまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

トイレが流れない!タンクの水位チェックとすぐできる修理・解決法

症状・直近の状態から流れない原因を特定

トイレが流れないとき「トイレがつまってしまった……」と思われる方も多いかもしれません。しかし、トイレが流れない原因はつまりだけではないのです。

原因を特定するには、タンク内部の水位がポイントです。タンク内部の水位をみると、ある程度、水が流れない原因や解決法がわかります。

原因ごとに解決法は異なるため、まずは原因を特定することが大切です。現在の状況が、下記の4点のいずれかにあてはまるかどうか、チェックしてみましょう。

これってトイレつまり?4つの原因
  1. タンクに水がない
  2. タンクに水がある
  3. タンクの水量は正常だが流れにくい
  4. 逆流する、異音がする
タンクレストイレはこちら
タンクレストイレは、タンク自体がないので水量を確認できません。また、タンクレストイレの場合、つまり以外に電気系統のトラブルも考えられます。詳しくは「タンクレストイレの水が止まらない!2つの原因と対処法について」をご覧ください。

1.タンクに水がない

トイレが流れないときには、まずタンクに水があるかどうかを確認しましょう。タンクに水がない場合は、止水栓が開いていないことが考えられます。

止水栓は、タンク内の水を供給する蛇口のようなものです。この止水栓が閉まっていればタンクに水をためることができず、水を流すこともできません。そのため、トイレの止水栓を開ける必要があります。

止水栓を開ける方法

トイレの止水栓は、タンクの後ろの壁や床、タンクの下に設置されていることが多いです。マイナスドライバーを使用して、反時計回りにまわすと止水栓を開けることができます。ハンドルタイプの止水栓なら、ハンドルを回すだけなので簡単です。

トイレの止水栓を開けるときには、その開け具合で水量が変わります。ある程度開いていないと水が上手く流れませんが、ひらきすぎていると水があふれてしまう原因になりますのでうまく調整しなくてはなりません。

■水量の調整
タンクの蓋を開けると、タンク内に浮き球という部品があります。この浮玉を下まで押し下げてから、少しずつ止水栓を開けていきます。

タンク内に設置されている“オーバーフロー管”という部品の先端に目盛がついているので、そのメモリを目安に水をためていきましょう。目盛がついていない場合は、オーバーフロー管の先端より2~3cm下に調整します。

浮き球を下に押し下げているときに、オーバーフロー管より1cm以上水位が上にならない程度に止水栓を開けましょう。水位が調整できたら押し下げていた浮き球をはなします。

2.タンクに水がある

タンクに水があったとしても、トイレがうまく流れないことがあります。「流しても便器内にトイレットペーパーが残る」「トイレットペーパーが完全に流れず浮いてくる」という症状があれば、タンク内の水位が正しく保てていないかもしれません。

タンクの内部には、水を給水するための装置と排水するための装置があります。タンク内の水位が正しく保てていないのは、それぞれの部品に不具合を起こしていることが原因として考えられます。

給水するための装置の異常

タンク内に水を給水するための装置として、“ボールタップ”“浮き球”があります。ボールタップとは、止水栓とつながって給水をおこなう部品です。ポールタップには浮き玉がついており、タンクの水位に合わせて浮き球が上下することによりに水位を保つことができます。

ボールタップや浮き玉に異常があると、タンクの水を正常にためることができず、トイレが流れなくなるのです。また、反対に「水が止まらない」というときもボールタップや浮き球に問題があることが考えられます。

排水するための装置の異常

トイレを流すときにレバーをまわすと、そこから鎖でつながれたゴムフロートという部品が持ち上がり、タンクにたまっている水を流す仕組みとなっています。ゴムフロートや鎖、レバーに異常があると、タンクに水があってもうまく流れないということがあるのです。

そのまま放置しておくと症状が悪化してしまうおそれがあるため、部品に異常がある場合は、修理や交換をしなくてはなりません。

3.タンクの水量は正常だが流れにくい

タンクの水量は正常だとしても、トイレを流すときの「大」「小」を適切に使っていなかったり節水のためにタンク内にペットボトルを置いていたりすると、トイレが流れにくくなることがあります。

排泄物やトイレットペーパーを流すには、ある程度の水の勢いが必要です。水の勢いはトイレタンク内の水の量でも決まります。そのため、流す水が少なかったり節水していたりすると、水の勢いが弱くなり流しきれないということになるのです。

タンクにペットボトルを入れているときは、取り出してタンクに水がたまるのを待ち、再度流してみましょう。便器の種類にもよりますが、トイレを流すときの「大」は大便用、「小」は小便用です。「大」「小」を適切に使い分けるようにしましょう。

4.逆流する、異音がする

水を流しても逆流する場合や、水を流したときにゴボゴボというような異音がする場合は、トイレがつまっているおそれがあります。

つまりが原因でトイレが流れなくなった場合は、つまりを取り除かなければなりません。つまりの原因が排泄物やトイレットペーパーとわかっているときは、自分でつまりを解消することができます。

しかし、つまりの原因が異物の場合、自分で取り除こうとして反対に押し込んでしまと、つまりを悪化させてしまうおそれもあります。

台風などの災害時にも逆流が起こる

つまり以外にも台風など大雨が続くと排水管に大量の雨水が入り込み、水が流れにくくなることがあります。台風などの大雨が原因の場合は、台風が過ぎ天気も回復すると流れにくい症状もおさまる場合がほとんどです。

ただし、急激に排水管内の水位が上昇することによって水があふれてしまうこともあるので、ゴミ袋に水を入れたものを便器におくなど逆流の対策をしておくと安心です。

つまりが原因でトイレが流れないことは、よくあるトイレトラブルのひとつです。次の章からは、つまりが原因でトイレが流れないときの応急処置難易度別の対処法をご紹介します。しかし、原因がわからない場合解決法を試してもトイレが流れないときには、業者に相談してみるとよいでしょう。

弊社であれば、いつでもご相談いただけるよう24時間お電話を受け付けております。お気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【応急処置】トイレットペーパーのつまりならバケツと水でOK

【緊急】トイレが流れない!場所別4つの解消法

トイレが流れないときの応急処置として、バケツで水を流すという方法があります。バケツに水をため、腰くらいの位置から勢いよく水を流すことで、トイレを流すことができます。「とりあえず今、一度だけでも水を流したい」というときであれば有効な方法でしょう。

しかし、応急処置をして水を流したとしても、原因を解決しなければまた水が流れなくなるおそれがあります。つまりの原因に合わせてしっかりと対処しましょう。

ここからは、つまりを解消するための対処法を、かんたんなものから少し難易度の高いものまで順番にご紹介します。原因や状況にあわせて自分でできそうな方法を選び、対処してみてください。

かんたん対処法1|ぬるめのお湯で溶かす

トイレットペーパーは本来、水に溶けやすいようにできています。そのため、トイレットペーパーがつまったときには、ぬるめのお湯を流して溶けやすくすることで、つまりを解消できるかもしれません。

この対処法に効果があるのは、トイレットペーパーや排泄物など、ぬるめのお湯で溶かすことができるものです。固形物などの異物がつまっている場合は、つまりが悪化してしまうおそれがあるため、やめたほうがよいでしょう。

1.便器内に向けて、お湯を流す
便器内に水がたまっているときは、バケツや灯油ポンプなどを使用して水を取り除いてからおこないます。

バケツなどを使い、なるべく高い位置からぬるめのお湯を流します。お湯の温度は40℃~60℃くらいまでにしましょう。便器は陶器でできていることが多く、熱湯をかけるとヒビ割れを起こしてしまうおそれがあります。

もし便器にヒビが入ってしまえば修理や交換などをしなければならなくなり、その分費用がかかってしまいます。沸騰させたお湯に同量の水を足すなどし、温度調整をするとよいでしょう。

お湯をかけるときに、重曹とお酢を使用することも効果的です。重曹は弱アルカリ性でできており、排泄物などの酸性の汚れを中和させます。お酢と合わせることで発砲し、中和した汚れを浮かす仕組みです。

重曹とお酢を使用するときには、はじめに重曹をかけ、次にお酢をかけます。そのあと、ぬるま湯をなるべく高い位置から流しましょう。使用する量は“重曹1に対してお酢2の割合”です。

2.しばらく放置し、水が流れるか確認する
つまりが溶けるまで1時間ほど様子をみます。そのあと、バケツで少しずつ水を流しスムーズに流れるかどうか確認しましょう。

つまりが解消していない状態で水を流してしまうと、水があふれてしまうおそれがあります。そのため、レバーを引いて一気に水を流すのではなく、バケツで水を流すようにしてください。

水が流れたあとの仕上げとして、このあと紹介する“ラバーカップ”を使用すれば、よりしっかりとつまりを取り除くことができるでしょう。

かんたん対処法2|ラバーカップで取り出す

ラバーカップとは、すっぽんともよばれる取手の先にゴム製の半球がついている道具です。ゴム製の半球が戻る力を利用して空気を振動させて水流を発生させることで、つまりを解消させることが可能です。

ラバーカップは、トイレットペーパーや排泄物など、トイレに流せるものがつまったときにとくに効果的です。

1.便器を養生する
ラバーカップを使用すると、便器回りに汚水が飛び散ることがありますので、便器の周りを透明のビニールシートや大きめのビニール袋で養生しましょう。ビニールシートやビニール袋の真ん中に穴を開けて、そこにラバーカップを入れて作業をするのがおすすめです。

便器内に水がたくさんたまっているようであれば、バケツや灯油ポンプなどを使用して水を取り除きます。ラバーカップのゴム部分が浸るくらいの水量がよいでしょう。

2.ラバーカップを使ってつまりを取り出す
ラバーカップを排水口と平行になるようにゆっくり押しあて、カップの中が真空状態になるように密着させます。その後、勢いよく引っ張ってください。

ラバーカップは勢いよく引っ張ることでつまりを解消しやすくなります。スムーズに排水されるまで数回ほど押し引きを繰り返しましょう。

3.バケツで水を流して確認する
つまりが取れたと確認できたら、バケツで水をゆっくり流し、スムーズに排水されるか確認をしましょう。

ラバーカップのほかに“真空式パイプクリーナー”も使用することができます。真空式パイプクリーナーは、ラバーカップよりも強い圧力をかけてつまりを取り除くことが可能です。使用するときの手順はラバーカップと同様です。

かんたん対処法3|ラップやペットボトルの圧力で流す

ラバーカップや真空式パイプクリーナーなどの道具がなくても、食品用のラップやペットボトルを使ってつまりを取り除くことができます。

ラバーカップと同じく、トイレットペーパーや排泄物など、トイレに流せるものがつまったときに効果的な方法です。

ラップを使用した対処法

ご自宅にある食品用のラップを使ってつまりを取り除く手順をご紹介します。

1.便器にラップを張る
便座をあげた状態で、便器を覆うようにラップを張っていきます。隙間なく密閉されるようにしっかりとラップを重ねていきましょう。便器に水がたまっている場合は、水を取り除いてからおこなってください。

2.水を流してラップを手で押す
ラップを張ったまま水を流すと、圧力によりラップが膨らみます。膨らんだラップの中心をゆっくりと押し、はなします。ラバーカップを使うときと同様、この作業を何度か繰り返してください。

水を流してもラップが膨らまないときは、ラップに隙間ができていることが考えられます。隙間がないようにラップを重ねて張りましょう。

ペットボトルを使用した対処法

ペットボトルもラバーカップのように使うことができます。ペットボトルを使用した対処法についてみていきましょう。

1.ペットボトルを切る
ペットボトルの底側を、ハサミやカッターナイフを使って切り取ります。ペットボトルのフタも開けておきましょう。

2.ペットボトルを便器へ入れる
ペットボトルの口を指で塞ぎながら、底側が下になるように便器へ入れます。ラバーカップと同じように、吸引するように出し入れを繰り返します。出し入れをするときに水圧が生まれることでつまりを解消できます。

作業をするときには手が汚れるので、ゴム手袋を着用するとよいでしょう。ペットボトルを引き出すときに水が飛び散ることがあるので注意が必要です。

3.バケツで水を流し確認する
つまりが解消されたらバケツで水を流し、しっかりと流れるか確認しましょう。

このように、トイレが流れないときにはご自宅にあるものを使って対処をすることができます。しかし、ご紹介したようなかんたんな対処法をおこなってもつまりが解消されない場合や、自分でおこなうことが難しいと感じられる場合は、無理せず業者に依頼しましょう

そのまま放置していると症状が悪化して、水があふれたり逆流したりするおそれがあります。一度流れないことが多いと感じたら、はやめに業者に依頼をして根本的に解決をしてもらいましょう

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

難易度高めの対処法4|ワイヤーハンガーで掻き出す

かんたんな対処法をおこなってもつまりが改善されなかった方のために、ここからは少し難易度の高いですが効果的な対処法についてご紹介していきます。まずは、ワイヤーハンガーを使った対処法です。

太めのワイヤーハンガーを使用して、つまりを取り除くことが可能です。針金でも代用することができます。

1.ワイヤーハンガーを加工する
まず、ワイヤーハンガーを伸ばし、先端を円状に丸めます。

2.ワイヤーハンガーを使ってつまりを取り除く
円状にした部分を便器内の排水管の奥まで入れ、つまっている箇所を確認してください。流せるものであればゆっくりとハンガーを動かしてつまりを分解し、奥に押し流します。固形物などの異物がつまっている場合は、円状の部分に引っかけて掻き出すようにしてください。

3.バケツで水を流し確認する
つまりが解消されて水が流れるようになってきたら、バケツで水を流し、うまく流れるかどうか確認しましょう。

つまりが解消されないからといって無理にハンガーを動かすと、便器を傷つけてしまったり、奥に入り込んでハンガーの形が変わり、抜けなくなったりするおそれがあるので注意が必要です。

難易度高めの対処法5|高圧洗浄機で押し流す

高圧洗浄機とは、強い圧力で水を勢いよく噴射し、その水圧でつまりや汚れを崩しながら押し流すことができる道具です。家庭用としても販売されており、外壁の掃除にも使われることがあります。

お湯を流したりラバーカップを使ったりしてもつまりが直らない場合や、一度直ってもまたすぐにつまってしまった場合には、試してみてもよいでしょう。

家庭用の高圧洗浄機は、約20,000円前後で販売されているものも多くあります。ほかの道具と比べると少し高いですが、頻繁につまり、困っているときには役立つかもしれません。

ただし、便器の排水口から使用するのが難しいため、トイレで高圧洗浄機を使用するときには便器を取り外してから作業しなければならないこともあります。業者に相談するほうが安心です。

効果がみられないなら業者へ相談してみよう

【依頼前にチェック!】依頼タイミング・費用相談・選びかた

トイレトラブルの解決を業者に依頼したいと思っても、なにもわからなければ依頼するのも身構えてしまうかもしれませんね。そこで、ここからは、業者に依頼したときの費用や業者の選び方についてご紹介していきます。

トイレつまりを業者に依頼したときの費用相場

業者にトイレつまりの修理を依頼したときの費用は以下の通りです。費用の内訳は、基本料金+作業料金+出張費となります。

■トイレ詰まりの修理費用の相場
・薬品投入:約6,000円~7,000円
・トイレタンク内部品交換:約7,000円~9,000円
・高圧ポンプ:約20,000円~24,000円
・便器の脱着:約55,000円~60,000円

上記の価格はあくまで目安です。出張費用や部品費用は修理代に含まれている場合もありますが、別途請求される場合もあります。また、土・日・祝日や、夜間に修理を依頼する場合には、追加で料金がかかることもありますので、見積りの際に確認しておきましょう。

業者を選ぶときのポイント

トイレ修理の業者を選ぶ場合は、以下の5つのポイントを重視して選ぶことが重要です。

トイレ修理業者の選ぶポイント
  • 即日対応してもらえるか
  • 修理実績が豊富で必要な資格を有しているか
  • 費用に関する明確な表記や説明があるか
  • 申し込みや相談のときの対応は丁寧か
  • 修理後のアフターサービスが充実しているか

以上のポイントを押さえていれば、安心してご自宅のトイレを修理してもらうことができるでしょう。それでも心配な方は、まずは無料の相談窓口に電話をしてみるのがおすすめです。弊社であれば、ご依頼前のご相談も受け付けております。誠意をもって対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレが流れない!こんなトラブルを起こさないために

トイレのつまりが解消されたとしても、再びつまることがないように予防方法についても知っておいたほうが安心です。

「大」「小」を適切に使い分ける

トイレを流すときの「大」は大便用、「小」は小便用に分かれています。流れるものによって必要な水量は異るため、「大」「小」を適切に使い分けていないと、つまりが起こる原因になるのです。

たとえば、節水を意識して大便を「小」で流していると、水に溶けやすいトイレットペーパーだとしてもつまってしまうことがあります。流れたとしても、配管内にたまってしまうおそれもあります。

便を流すときは「大」で流すようにするなど、適切にレバーを使い分けるようにしましょう。

節水(水量制限)は控える

トイレのタンクにペットボトルなど入れると、節水対策になるといわれています。しかし、タンクにはトイレを流すために必要な水量が入っているため、水量制限をしてしまうとトイレットペーパーや排泄物をうまく流せないことがあります。

そのため、節水対策としてトイレのタンクにペットボトルなど入れるのは控えたほうがよいでしょう。

固形物を落としたら必ず除去する

ポケットに入れていたポールペンや眼鏡、携帯電話などをトイレに落としてしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。落としたままトイレを流してしまうとつまりの原因になります

流すタイミングで落としてしまい、そのまま流れたとしても、排水管の中に残っていることもあり、つまりの原因になるのです。固形物を落としてしまった場合は放置せず、必ず除去しましょう。

トイレットペーパーを流しすぎない

トイレットペーパーは水に溶けるようにできていますが、大量に使用してしまうと溶けずにつまってしまうことがあります。そのため、一度にたくさんトイレットペーパーを流しすぎないようにしましょう。

残り汁などを流さない

食べ残した残り汁などを流すことも、つまりの原因になります。残り汁には油分や塩分が含まれていることが多く、この油分は排水管に付着してつまりの原因となります。また、塩分も排水管の劣化をはやめるおそれがあるのです。

排水管が劣化してしまうと修理をしなければならなくなります。食べ残した残り汁などをトイレに流すことはやめたほうがよいでしょう。

溶けにくいものを流さない

トイレは排泄物やトイレットペーパーを流す場所です。同じ紙でも、ティッシュペーパーなどは水に溶けるようにつくられていません。

トイレットペーパーがなく、仕方なくティッシュペーパーを使用したとしても、そのまま流してしまうとつまりの原因となります。ティッシュペーパーを使用したときには可燃ゴミとして捨てるようにしましょう。

日ごろのトイレの使い方を見直してみよう

日常使用しているもトイレが流れないと、生活に支障が出てしまいます。予防対策を意識しておこなっていたとしても、つまってしまうこともあるかもしれません。

自分でつまり除去の作業をしても改善されないときや、自分で作業するのが難しいと判断したときは業者には、業者に依頼してみるとよいでしょう。弊社にご相談いただければ、状況に合わせてお近くの業者をご紹介いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

トイレの詰まりに関する記事はこちら

■節水型トイレは詰まりやすい|原因と自分でできる対処法を徹底解説
■トイレの流れが悪い原因は便器かタンクにあり!流れにくい原因&対処
■トイレ詰まりの対処法を解説|普段の使い方を意識すれば予防できる!
■トイレつまりをパイプクリーナーで解消|種類・使い方・つまり予防策
■トイレのつまりで水位が下がるのは危険のサイン!原因と解消法を解説
■簡易水洗トイレの詰まりの原因と対処方法とは?家庭にあるもので対応!
■トイレの詰まりはラップで解決!圧力を利用した上手な活用法について
■トイレの詰まりは薬剤で解決しよう!その他のお手軽解消法もご紹介
■トイレがよく詰まる原因は5つ!今後の予防法や詰まり解消法をご紹介
■トイレが詰まったら!放置してよいかの判断基準と効果的な対処法3選
■トイレ詰まりを直す道具と使い方!ご家庭にあるもので詰まりが直せる?
■トイレの水がなくなる原因と対処法|臭いのは封水切れ!いますぐ解決
■トイレのタンクに水が貯まらない原因と自分で修理する方法を解説!
■トイレつまりの料金相場!業者に修理を依頼するときの正しい選び方
■トイレのつまりは業者に依頼しよう!料金や業者選びのコツもご紹介

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較