水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレが流れない…5つの原因と4つの解消法|業者の費用・選びかた

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレが流れない…5つの原因と4つの解消法|業者の費用・選びかた

トイレが流れない…5つの原因と4つの解消法|業者の費用・選びかた

トイレが流れない原因には、詰まりや水流の強さが関係しています。原因によって対処法が異なり、場合によっては業者に依頼する必要もあります。この記事では、トイレが流れない原因の紹介から、それぞれの原因に合わせた解消法、業者の選び方などについてご紹介します。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

症状・直近の状態から流れない原因を特定

症状・直近の状態から流れない原因を特定

トイレをしている際に、「急に流れなくなってしまって大変な目にあってしまった」なんて経験をした人はいませんか?トイレが流れなくなってしまった場合は、まずは原因を特定することが大切です。

ここでは、トイレが流れなくなる原因となる症状や使い方をご紹介していきます。

異物や詰まりやすいものを流した

異物や詰まりやすいものを流した

異物や詰まりやすいもの流して詰まってしまった場合、トイレの水は途中で流れなくなってしまいます。たとえば、大量のトイレットペーパー、ティッシュペーパーや流せるシート、ペット用のトイレの砂、食べ残しなどです。

トイレの水が流れなくなる以前にこれらのものを流してしまった、あるいは流したことがある場合は、これらのものが排水部のどこかで詰まっていることが原因と考えられます。

水流が弱い・節水をしている

普段から流す水が少なかったり(小ボタンで流す)、タンク内にペットボトルを置いて節水をしていたりするとトイレが流れなくなる原因となります。

汚物を流すにはある程度の水の勢いが必要です。水の勢いはトイレタンク内の水の量でも決まるため、節水していると水の勢いが弱くなり、流しきれない場合が発生してしまうのです。

そのため、流す水が少なかったり節水をしていたりいていると、それが原因となって詰まりやすくなったり、トイレの水が流れなくなる可能性があるのです。

水位が低い

トイレで水を流したあと、残った便器内の水が少ないと感じたことはありませんか?この症状があらわれている場合は、排水部とトイレタンクに問題がある可能性が高いです。

排水部に異物が詰まっていると、便器内の水位が安定しなかったり、減りやすくなったりする場合があります。排水部は効率的に汚物を流すために複雑な仕組みになっていて、異物があると毛細管現象や蒸発によって水位が減りやすくなります。

また、トイレタンクに問題がある場合もタンク内の水量が減って便器内の水位が低くなることがあります。便器内の水位が低かったり不安定だったりした場合は、排水部の詰まり、もしくはトイレタンクが原因で流れなくなっていると考えられるでしょう。

水位が高い・逆流する

トイレで水を流したあとの水位がいつもより高い、水が逆流をしてしまうなどの症状が見られる場合は、便器内や排水部に何かが詰まっている可能性が高いです。詰まりかけている場合は排水のときにスムーズに流れず、水位が高くなるためです。

流れなくなる前に水位が高かった場合は、詰まっている可能性が高いです。また、流れてはいても水位が高く、流れにくい場合は詰まりかけている状態だと考えられます。

異音がする

トイレタンクや便器、ホースから「コボコボ」「シュー」「コンコン」など普段、聞きなれないような音がする場合は、排水部などで詰まっているか、トイレタンクなどに問題がある可能性が高いです。

排水部が詰まっているとトイレが流れなくなったりトイレタンクに問題があると便器内の水の量が増えたり減ったりとさまざまな問題が起きていると考えられます。

原因不明」ならプロに相談しよう

トイレで水が流れない原因としては上記で紹介したような原因がほとんどでしょう。しかし、上記のような症状は一例にしか過ぎません。

そのような原因不明の場合は、水回りの業者に相談をするのが1番効率がよいでしょう。最悪の場合は、便器そのものが壊れている可能性もあります。壊れているかどうかの判断をするにも水回りの業者に見てもらうのが1番ですよね。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【緊急】トイレが流れない!場所別4つの解消法

【緊急】トイレが流れない!場所別4つの解消法

トイレが流れないと生活に大きな支障が発生してしまいます。そこで、ここではトイレが流れなくなってしまった場合のすぐにできる解消法を場所別でご紹介していきます。

解消法1:便器編

解消法1:便器編

便器の詰まりが原因でトイレが流れなくなった場合は、詰まりの原因を取り除く必要があります。詰まりを解消するにはさまざまな方法があり、詰まっているものによって有効な方法は異なります。方法別にそれぞれ確認していきましょう。

・ぬるま湯

トイレットペーパーなどは本来、水に溶けやすいようにできています。そこでお湯を流すことでトイレットペーパーを溶けやすくして詰まりを解消することが可能です。

  1. 便器内に向けて、お湯(40℃~60℃)を流す(重曹を混ぜると効果大)
  2. 数回お湯を流したら、数時間ほど置いて様子を確認する。その後、バケツで水を流しスムーズに流れるかどうか確認をする。

・スッポン(ラバーカップ)

取手の先にゴム製の半球がついており、そのゴムが戻る力を利用して空気を振動させて水流を発生させ、詰まりを解消させることが可能です。

  1. 汚水が飛び散るのを防ぐためにトイレをビニールシートで覆う。透明のビニールシートの真ん中に穴を開けて、そこにスッポンを入れて作業をします。
  2. スッポンを排水口に押し込み、数回ほど押したり引いたりする。これをスムーズに排水されるまで繰り返す。
  3. 詰まりが取れたと確認できたらバケツで水をゆっくり流し、スムーズに排水されるか確認をしましょう。

・ワイヤー式トイレクリーナー

排水管の内部を掃除する道具で、ワイヤーの先端で汚物や異物を押し流したり、引っかけて取り出したりします。

  1. 排水口にワイヤーの先端を差し込んで、ハンドルを回します。
  2. ワイヤーが押しにくくなったら、詰まっている部分であると考えられるので、無理に押し込まずにハンドルを回して回転させます。
  3. 汚物なら押し流し異物なら引っかけて取り出しましょう。

解消法2:トイレタンク編

詰まりが原因ではない場合はトイレタンクに異常があることが考えられます。トイレタンクの異常である場合は、タンク内に水があるかどうかで対処法が変わってきます。

・水がある場合

水がタンク内に入っているのに流れない場合は、水を流すレバーハンドルの動きを伝える鎖に不具合が起きていることが考えられるでしょう。鎖が外れていた場合は、鎖をレバーハンドルの位置に正しくかけ直しましょう。鎖が切れていたり劣化したりしている場合は、新しい鎖と交換する必要があります。

・水がない場合

タンク内に水が入っていない場合は、とりあえずタンク内の部品で何かおかしいところはないか全体的に確認をしましょう。

解消法3:止水栓の確認

止水栓はタンク内の水を供給する蛇口のようなものです。当然この止水栓が閉まっていれば水が流れることはありません。ですので、この止水栓が閉まっている場合はすぐに開けるようにしましょう。

また、止水栓を開けるためには、マイナスドライバーが必要な場合もあります。

解消法4:電気まわり

バルブやポンプのような電気まわりの故障によってトイレの水が流れない場合もあります。普段は確認できない場所にありますので、劣化や破損があっても気づきにくい部分です。基本的には新しい部品と交換になります。

「直らない!」「時間がない!」そんなときはどうすべき…?

トイレの水が流れない原因は上記で挙げたものだけではなく、ほかにもさまざまな原因があります。「すぐに直したい!」「直す時間がない…」という方はトイレ修理の業者に相談することをおすすめします。

多くのトイレを修理してきたスタッフが迅速に対応してくれることでしょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【依頼前にチェック!】依頼タイミング・費用相談・選びかた

【依頼前にチェック!】依頼タイミング・費用相談・選びかた

しかし、実際に業者に依頼をしようにもどの程度の症状から依頼したほうがいいのか分からない場合もありますよね。ここでは業者の選び方や費用についてご紹介していきます。

「自分?業者?」依頼タイミングの見分けかた

「自分?業者?」依頼タイミングの見分けかた

トイレが流れなくなってしまった場合、自分で直すのか業者に直してもらうのか、その区別が分からない方も多いでしょう。ご自身で修理できるかどうか判断するには以下のポイントを参考にしてみてください。

【自分で簡単に修理できるケース】

・トイレ詰まりの原因がトイレットペーパーである場合

詰まっている原因がトイレットペーパーと考えられる場合は、上記で紹介した方法で十分に解消できることでしょう。逆に、トイレットペーパー以外のものが詰まった場合は、自身で取り除こうとすると反対に奥まで異物を押し込んでしまうおそれもあります。不安であれば業者の方へ依頼をしましょう。

・水が少しずつ引いていく場合

便器内の一時的に水位が高くなっても徐々に水位が下がっていく場合、詰まっているのはトイレットペーパーや汚物などである可能性が高いです。明らかに異物を流してしまったという場合でなければ、まずは自分で対処してみるのもいいかもしれません。

上記のようなケースであれば流れなくなったトイレを自分で直すことも難しくありません。しかし、その後も頻繁に流れなくなっている場合、そのまま放置していると症状が悪化して、最終的にはあふれたり逆流したりするおそれがあります。

一度流れないことが多いと感じたら、早めに業者の方に依頼をして根本的に解決をしてもらうほうがよいでしょう。

業者依頼をしたときの費用

実際に業者の方にトイレの修理を依頼したときの費用は以下の通りです。費用の内訳は基本料金+作業料金+出張費となります。

【トイレ詰まりの修理費用の相場】

  • 薬品投入:6,000円~7,000円
  • トイレタンク内部品交換:7,000円~9,000円
  • 高圧ポンプ:20,000円~24,000円
  • 便器の脱着:55,000円~60,000円

*上記の価格はあくまで目安となります

出張費用や部品費用は修理代に含まれている場合もありますが、別途請求される場合もあります。また、土・日・祝日や、夜間に修理を依頼する場合には追加で料金がかかることもあるので見積りの際に確認しておきましょう。

ココだけ見れば大丈夫!5つの確認ポイント

トイレ修理の業者を選ぶ場合は以下の5つのポイントを重視して選ぶことが重要です。

【トイレ修理業者の選ぶポイント】

  • 対応スピードが早い(急な依頼でも即日対応できるか)
  • 技術力(ホームページなどに修理実績などが豊富・資格を有しているか)
  • 料金が明確(修理前に見積りを出して、その後に追加費用をとらない)
  • 接客態度(申し込みの際の態度が良いか)
  • アフターフォローが充実しているか(修理後も定期点検などのサービスが充実しているか)

以上のポイントを押さえていれば、安心してご自宅のトイレを修理してもらうことができるでしょう。それでも、まだ心配な方は無料の相談窓口に電話をしてみるのもいいかもしれませんね。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較