水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 洗面所のトラブル > 洗面台の水漏れ原因と自力修理法|料金相場もパーツごとに紹介

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

洗面台の水漏れ原因と自力修理法|料金相場もパーツごとに紹介

洗面台の蛇口やシャワーから水漏れする原因

水漏れは時間が経てば経つほど悪化していきます。最悪の場合は部屋の浸水にまで発展します。洗面台の蛇口やシャワーで起きた場合でも同じです。蛇口やシャワーの水漏れは、原因箇所が把握できれば自分で対処することも難しくありません。

そこで今回は、洗面台の蛇口やシャワーで起きた水漏れについて、その原因と適切な対処法をご紹介します。水漏れを発見次第、このコラムを参考にしていただいたうえで、なるべく早く修理してください。

蛇口の水漏れ原因と対処法

蛇口の水漏れ原因と対処法

一般的な家庭の洗面台にある蛇口は、『シングルレバー混合水栓』または『ハンドル混合水栓』の2種類が一般的です。

  • シングルレバー混合水栓:1つのレバーだけで水量や水温を調節できる蛇口
  • ハンドル混合水栓:冷水用と温水用の2つハンドルがある蛇口

水漏れの対処法は、蛇口のタイプによって異なりますが、基本的には部品の交換をするだけです。これから詳しく説明しますが、この部品はホームセンターや通販で購入できます。水漏れが起きたときは、まず蛇口の種類と原因を確かめ、必要な部品を購入してから、適切な対処法をとりましょう。

〇シングルレバー混合水栓の水漏れ原因と対処法について

・吐水口からの水漏れ

レバーを下げていても吐水口から漏水がある場合、バルブカートリッジの故障が原因である可能性が高いです。バルブカートリッジとはハンドルの下に内蔵されている、水量や温度の調節をおこなう部品になります。交換手順は以下の通りです。

1:止水栓を閉じてレバーハンドルを取り外す

交換作業中に水が流れることを防ぐために止水栓を閉じましょう。レバーハンドルは回すだけで外れるタイプもあれば、マイナスドライバー等で外す必要があるタイプもあります。取扱い説明書等で確認してください。

2:バルブカートリッジを交換する

ハンドルを外したら、そこにバルブカートリッジがあります。これまで使っていたバルブカートリッジをと新しいもの交換してください。

3:レバーハンドルを取り付ける

取り外したときと逆の手順をおこないましょう。バルブカートリッジのフタを閉じて、レバーハンドルを取り付けてください。これでカードリッジの交換は終了です。

・レバー下からの水漏れ

シングルレバー混合水栓で最も水漏れが起きやすい場所が、このレバー下です。ここからの水漏れの特徴は、蛇口の使用中に漏水することにあります。レバー下からの水漏れもバルブカートリッジの交換で改善することができます。前述した手順で交換してください。

・スパウト(レバー下にある金具部分)からの水漏れ

スパウトとは、吐水口が伸びている蛇口の胴体部分といえる部分です。スパウトに使われているパッキンやバルブカートリッジの交換で、水漏れは改善されます。

パッキンを交換方法は、まず前述したやり方でハンドルとバルブカートリッジを外し、スパウトを引き抜きます。するとパッキンが使用されている部分が見えるはずです。これを爪楊枝などで外したら、新しいパッキンを取り付けましょう。あとは外した部品を取り付け戻せば終了です。

〇ハンドル混合水栓の水漏れ原因と対処法について

・吐水口からの水漏れ

ハンドルを締めたにもかかわらず吐水口から漏水している場合、コマパッキンの劣化が考えられます。ハンドルを外すことで露わになる、スピンドルというパーツにコマパッキンは付いています。そのコマパッキンを交換しましょう。

・ハンドル下からの水漏れ

ハンドル下からの水漏れの原因は、ハンドル下にあるナットの内側にある三角パッキンの劣化が考えられます。ハンドルを外し、ナットも外せば、三角パッキンとパッキン受けが現れます。三角パッキンとパッキン受けを抜き取り、新しいパッキン受けと三角パッキンに交換しましょう。

・パイプの付け根部分からの水漏れ

パイプの付け根部分のパッキンが劣化しているか、付け根部分のナットの緩みが原因です。ナットが締まっているか確かめ、それでも漏水がある場合はパッキンを交換してください。

シャワーホースの水漏れ原因と対処法

シャワーホースから水漏れする原因の多くは、ホース部分の劣化です。ホームセンターや通販で購入できるホースに交換すれば、水漏れは解決できます。ここでは交換手順についてご紹介していきます。

〇シャワーホースの交換方法

交換手順は以下の4段階です。難しくはありませんので、ぜひ試してみてください。

1:止水栓を閉じる

洗面台の止水栓は洗面台下の、中央あたりに存在します。止水栓には『ハンドルタイプ』と『マイナス溝タイプ』の2種類が主に使われています。マイナス溝タイプの場合、マイナスドライバーを使って閉じましょう。

2:水受けタンクを外す

止水栓を閉じたら、次はそのまま洗面台下にある水受けタンクを外します。水受けタンクはホースからつたい落ちる水を受け取るためのものです。水が溜まっている場合があるため、外す際にはこぼさないように注意してください。

3:ホースの接続を外す

次はシャワーホースが接続されている部位を確認しましょう。接続の仕方には『ワンタッチジョイントタイプ』と『ナット閉めタイプ』の2種類があります。

ナット閉めタイプの場合、不慣れな人が取り外しに挑むには難易度が高いため、業者に依頼することが一般的です。ワンタッチジョイントタイプの場合、取り外しはたやすいので、ホースの交換も難しくありません。

4:ホースを交換する

ホースの接続を外したら、ヘッド部分を持ってシャワーホース全体を引き抜きましょう。引き抜いたら、ヘッド部分とホース部分を取り外し、新品のホースをヘッド部分に取り付けます。そして、引き抜いたときと反対の要領でホースを差し込んでいけば、交換完了です。

最後に、止水栓を開けていつも通りに水を使ってみてください。その際に水漏れがどこからも起きなければ、シャワーホースの交換は無事に成功となります。

自分で修理しても水漏れが止まらないときは……

自分でおこなった修理でも改善されない場合や、そもそも自分で修理するのが不安という方は、できるだけ早く業者に依頼してください。水漏れの悪化は家屋の損傷につながります。

さらに、マンションなどにお住まいの場合は、水漏れが階下の住人にまで影響し、漏水事故に対する損害賠償請求をされるリスクもあります。繰り返しになりますが、自力では水漏れを改善できなかった場合、自力での修理が不安という場合は、早急に業者へ依頼しましょう。

洗面台の下から水漏れする原因と正しい対処

水漏れは、水の通り道であればどこでも起きてしまいます。そのため、蛇口やシャワーホースだけでなく、洗面台下にも水漏れの危険性があることを知っておきましょう。ここでは洗面台下で起きる水漏れの原因と対処法についてご説明します。

S字トラップからの水漏れ原因と対処法

S字トラップからの水漏れ原因と対処法

S字トラップとは、排水パイプにつながる部分のことです。排水口とつながっているパイプやU字パイプなど、いくつかのパイプが組み合わさった構造をしています。

そのため、その接続部位のナットが緩んでいたり、接続部位に使われているパッキンが劣化していたりすると水漏れが発生します。ナットを締めなおすか、パッキンを交換しましょう。

洗面台の止水栓から水漏れすることも……

止水栓での水漏れは、ナットが緩んでいるだけの場合もあります。レンチなどでナットを締めなおしてみてください。

ただし、止水栓が白や緑に変色している場合は、絶対に触ってはいけません。変色は腐食の証拠です。腐食している止水栓はとても破損しやすくなっています。折れてしまう危険性を考えて、まずは業者に相談しましょう。

洗面ボウルや床下排水管が原因なら

洗面ボウルの破損や、床下排水管の詰まりによっても、水漏れは起こります。洗面ボウルは通販などで購入できますし、排水管の詰まりもワイヤーを差し込むなどして除去できます。

ただ、天板を割ってしまったり、排水管を傷つけたりと、状況を悪化させてしまうおそれもあるため、知識と経験が少ない、少しでも不安がある場合は業者に依頼することをおすすめします。

洗面台の水漏れを修理すると料金はいくら?

なにを修理するにしても、費用というのはどうしても気になってしまいますよね。ここからは、洗面台の水漏れを改善するための修理費用についてご説明します。

洗面台の蛇口や排水パイプからの水漏れ修理料金

洗面台の蛇口や排水パイプからの水漏れ修理料金

多くの修理業者の料金設定は、基本料・水栓代・工賃の合計になります。また、業者によっては必要に応じて出張料が発生することもあります。工賃は業者によって異なりますが、おおむね4,000円~15,000円が相場です。

シャワーホースからの水漏れ修理料金

基本料と工賃、必要となった部品代の合計が、修理業者に支払う費用になります。費用相場は約8,000円~12,000円です。

止水栓、床下排水管、洗面ボウルの場合は……

止水栓、床下排水管、洗面ボウルなどで水漏れがおきたときは、被害状況やパーツの種類によって修理費用が変動します。そのため、まずは業者に見積りをとってもらいましょう。無料見積りをおこなっている業者の中から、信頼がおけそうな業者をいくつか選定し、相見積りをとることがおすすめです。

『水110番』では無料で見積りいたします。相見積りにも対応可能です。さらに24時間365日、水漏れに関するご相談を受け付けています。洗面台の水漏れで悩んでいるという方は、ぜひ一度、ご相談ください。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較