水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレが詰まった!スッポン(ラバーカップ)使い方|「引く」が正解

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレが詰まった!スッポン(ラバーカップ)使い方|「引く」が正解

トイレが詰まった!スッポン(ラバーカップ)の使い方

トイレが詰まったときの救世主、「スッポン」を自宅に置いているという方も多いのではないでしょうか。トイレのつまりはすぐに解消しなければ二次被害をもたらしてしまいます。このコラムでは、トイレの緊急事態に活躍してくれるスッポンの形状や使用方法ついてご紹介します。

洋式・和式・節水用で形状が違う

洋式・和式・節水用で形状が違う

トイレのスッポンは、洋式や和式の排水口に適した種類があります。スッポンと聞いてイメージするのは棒の先端にドーム型のゴム製カップがついたものではないでしょうか。このスッポンは和式トイレに使用するものなのです。

洋式トイレに使用するスッポンは、ゴム製カップの真ん中が突き出した形をしています。この部分が排水口に収まることで、つまりの解消に効果を発揮するのです。

また、節水型の洋式トイレに使用するスッポンは、ゴム製カップの先に平らな面がついています。このひだのような部分が排水口との隙間をカバーしてくれるのです。

前準備

スッポンを使用する前に、いくつかの準備をしておきましょう。これからご紹介する準備をしておくことで、トイレ内の汚れを防いだり、効果的につまりを解消したりすることができます。

・水はね防止

スッポンを引っ張ったときに便器の中の水がはねてトイレを汚してしまうおそれがあるため、あらかじめ対策をしておきましょう。

ゴミ袋や新聞紙など、便器を覆うことのできるものを用意して中央に穴を開け、スッポンの棒の部分を穴に通しておきます。スッポンを引いても便器の外に水がはねないようにゴミ袋や新聞紙を便器に固定しておきましょう。

・水位調整

スッポンを使用するとき、カップ内が真空になっていなければつまりの解消に効果がありません。ゴム製カップが水の中に納まるように水位を調節してください。水量が多い場合は便器内の水をバケツなどで汲み取ります。水位が低い場合には水を足しておきましょう。

・止水栓を締める

止水栓は、一般的にタンクと壁の間の給水管や床につながっています。トイレの水が詰まっているときに、便器内にさらに水が流れてしまうことがないように、止水栓を締めておきましょう。止水栓はハンドルやドライバーで締めることができます。

ラバーカップの使い方

準備ができたら、いよいよスッポン(ラバーカップ)を使用してつまりを取り除きます。以下の順番でつまり解消を進めていきましょう。

1.ラバーカップを浸す

使用されているトイレに適したラバーカップをトイレの排水口にあてます。便器内にラバーカップを垂直に入れてしまうとカップ内に空気がたまり、真空にするときに水はねしてしまうので、カップ内の空気を抜くように傾けて入れましょう。

カップ内を真空にするために、カップ全体が水に浸っていることを確認してください。カップが水に浸っていないと完全に真空状態にすることができません。足りなければ水を足しましょう。

2.ラバーカップを引く

ラバーカップを排水口に対して垂直にあてたら、密着させながらゆっくりと押していきます。カップがへこんでしっかり押し込めたら、今度は力を込めて引き抜いてください。このときに水はねすることがあるので、十分注意しましょう。

ラバーカップを引き抜いてから便器内の水が排水されていけば、つまりが解消されたということになります。一度で変化がない場合には、この作業を数回繰り返してみてください。

3.異物を回収する

大量にトイレットペーパーを流してしまったことなどが原因でトイレが詰まっている場合は、ラバーカップでつまりを解消することで排水されていきます。

しかし、水に溶けない異物を詰まらせてしまった場合は、取り除かなくてはなりません。異物が出てきたら、ゴム手袋などを使用して異物を回収しましょう。

4.水をそそいで流す

便器内へ水をそそいで水が流れていけば、つまりが解消されたということになります。水をそそいでも便器内にとどまっている場合はまだつまりが解消されていないと考えられるため、再度ラバーカップで対処してみてください。

また、大量のトイレットペーパーが出てきたときは、一度に流さずに何度かに分けて水で流しましょう。

使用後のお手入れ

使用後のラバーカップはきちんとお手入れをしましょう。便器内に使用したラバーカップをそのままにしておくと、虫がわいたり悪臭を放ったりしてしまいます。しかし、きれいにしようとして洗剤などを使用すると、ゴムが劣化してしまうおそれがあります。洗剤は使わないようにしてください。

使用後のラバーカップは水で汚れをしっかりと洗い流しておきましょう。洗ったあとは天日干しして、完全に乾いてからしまってください。

つまりが解消されないときはどうすべき?

ラバーカップを数回使用してもトイレのつまりが解消されない場合は、無理に自分で対処せずにプロの手にお任せすることをおすすめします。

ラバーカップ以外でつまり解消する方法

ラバーカップ以外にも、つまりを解消する方法はいくつかあります。トイレのつまり専用の道具や、家にあるちょっとしたものを使った解消方法をご紹介します。

専用の道具でつまり解消

専用の道具でつまり解消

●真空ポンプ

真空ポンプは吸引する力が強く、ラバーカップでは解消できないつまりにも効果が期待できます。使用方法は、ゴム製のカップを排水口にあて、ポンプのハンドルを引き上げるだけと、誰でも簡単に使うことができます。

●ワイヤーブラシ

真空ポンプでもつまりが解消しない場合、ワイヤーブラシを使用するという方法もあります。ワイヤーブラシを排水管の中に通すことで、たとえばトイレットペーパーのかたまりなどをつぶしてつまりを解消することができます。

●トイレ用洗剤

市販されているトイレ用洗剤も、つまり除去に有効です。尿石を除去するものなど、排水管のつまりの原因となるものを分解してくれる洗剤があります。

家にあるものでつまり解消

専用の道具が手元にないときは、家にあるものでつまりの解消を試してみましょう。トイレットペーパーなど水に溶けるものが詰まっているときに効果のある道具と、その使用方法をご紹介します。

●ペットボトル・ビニール袋

ふたのついたペットボトルの底をハサミなどで切って排水口に押し込みます。ペットボトルを押し引きすることでつまりが解消できることがありますが、水はねするのでゴム手袋などを使用しましょう。

また、二重にしたビニール袋に手を入れて排水口の中に押し込み、押し引きする方法もあります。便器に手を入れるのは抵抗があるかと思いますが、道具がなく緊急の場合にはこのような方法も選択肢のひとつです。

●針金・ハンガー

針金・ハンガーを使用する場合、ペンチを使ってハンガーの引っかける部分を切り取ってから、排水口に押し込むほうの先が輪になるように曲げてください。この部分を使ってつまりの原因をかき出します。便器内を傷つけないよう注意が必要です。

●ぬるま湯、重曹、お酢など

トイレットペーパーなどのお湯で溶けるものが詰まっている場合は、お湯を入れてしばらく放置するのもつまり解消に効果があります。

ただし、温度が高すぎると便器を破損してしまうおそれがあるので、50度程度のお湯を使用しましょう。また、お湯に重曹とお酢を1:2の割合で加えると、さらに溶かす力を高めることができます。

自力?それとも業者に依頼?判断基準

ラバーカップやぬるま湯など自分でできる方法を試してみてもトイレのつまりが解消されないときは、深入りせずに業者に依頼することをおすすめします。異物を無理に取り出そうとして、さらに奥へ押し込んでしまったり、便器を破損させてしまったりするおそれがあるためです。

トイレットペーパーやトイレ用の掃除シートなど、水に溶けるものによる軽度なつまりなら、これまでご紹介した方法で解消することができるでしょう。便器にたまっている水の量が徐々に減っている場合は、つまりの状況が軽度であることが多いです。

しかし、大きな異物が詰まっていたり、積み重なったしつこい汚れがつまりの原因になっていたりする場合は、便器内の水量に変化はなく、自分で解消することは困難です。現状を悪化させないためにも、思いきって修理業者に依頼してみましょう。

プロに相談するメリット・費用・依頼時の流れ

プロにトイレのつまり解消を依頼すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここからは、業者のメリットや費用相場、業者選びのポイントなどをご紹介します。

業者のメリット

業者のメリット

トイレ修理のプロなら、その実績からスムーズにつまりの解消や修理をおこなってくれます。自分で慣れていない作業をしてトイレ内を汚してしまうといった心配もありません。

また、自分ではわからないつまりの原因も、プロの診断で突き止めることができ、早急に対応してもらえるといったメリットがあります。

業者に依頼した場合の費用・内訳

トイレのつまり解消を業者に依頼したときの費用相場は、おおよそ8,000円~10,000円です。内訳は、基本料金が4,000円~5,000円ほどで、プラスで作業料金がかかります。つまりの状態がひどく、専用機材を使用しなくてはならない場合には作業料金が高くなることもあります。

少しでも安くする3つの方法

・相見積りをとる

適正な金額を把握するためにも、複数の業者から見積りをとりましょう。そのなかで、金額や内容に納得のいく業者を選ぶことをおすすめします。

・見積り費用や出張料の確認

複数の業者に見積りを依頼する場合、無料見積りをしてくれる業者を選ぶようにしましょう。また、基本料金に出張費が含まれている業者と、別途で出張費がかかる業者があります。業者選びの際には費用の内訳を確認しておくことをおすすめします。

・費用の安い時間帯を選ぶ

業者によっては作業の時間帯によって深夜料金や早朝料金が加算される場合があります。割増料金のかからない時間帯を選んで作業を依頼しましょう。

依頼をするときの流れ

業者に連絡をして状況を説明したら、担当スタッフが見積りを取りに来ます。その後、作業をおこなって支払いをするといった流れになります。

スッポンを正しく使用すれば、自力でもトイレの詰まりを解消できることができます。ですが、場合によっては自分でつまりを解消することが困難なこともあります。無理に異物を取り出そうして、便器を破損させてしまっては余計な出費が生じてしまいます。

そんなときには業者に依頼して、安心・安全につまりを解消してもらいましょう。費用が心配な方は、無料見積りをしてもらってから検討されることをおすすめします。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較