水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> トイレ詰まりをスッポン(ラバーカップ)で解消しよう|使い方やコツ・和式用や洋式用の種類などを解説

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレ詰まりをスッポン(ラバーカップ)で解消しよう|使い方やコツ・和式用や洋式用の種類などを解説

2021.09.03

トイレ詰まりをスッポンで解消

スッポン(ラバーカップ)は、トイレ詰まりを解消できる便利な道具です。ただ、使用するうえでは種類や使い方のコツなどをきちんと知っておかないと、トイレ詰まりを解消できません。この記事では、そんなスッポンを使用するうえで知っておくべきポイントを解説していきます。 なお、もしもトイレ詰まりの原因がトイレットペーパーや便以外の固形物などである場合はスッポンで解消しようとしないでください。このケースにおいて無理にスッポンを使用すると、トイレ詰まりの原因となっているものが排水管の奥へ押し込まれて状況が悪化するおそれがあります。 また上記のケースに加え、そもそもトイレ詰まりの原因がわからないなら、専門の業者へ相談するようにしましょう。なおこのときには、【水110番】をご利用いただくことがおすすめです。

水110番について
・水のトラブル全般に対応できる ・24時間365日受け付け対応している ・最短15分で現場に駆けつけられる ・現地調査をおこなっての見積もりが無料 ・相談自体も無料

トイレのつまり・キッチンの水漏れなど税込8,800円~お電話1本ですぐに駆けつけます!※1 累計問合せ件数210万件以上※2 24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-220-377 メールで相談する
※1 対応エリア・加盟店・現場状況により価格が異なり、記載価格で対応できない場合がございます。 ※2 当サイト記載の累計問合せ件数について、弊社運営サイト全体のお問合せ件数になります。

【注意】トイレ詰まりの原因次第ではスッポンでの解消はNG

トイレ詰まりをスッポンで解消することは、このトラブルの代表的な対処法です。そのため、トイレ詰まりを起こしたらすぐにスッポンを使用することを考える方も多いかもしれませんね。 しかし、これは間違いです。というのも、トイレ詰まりにはスッポンで解消しない方がよいケースがあるのです。 それが、トイレ詰まりの原因がトイレットペーパーや便以外の固形物などである場合。この理由は、万一対処に失敗したときのリスクが高いためです。 運よくトイレ詰まりを解消できることもありますが、場合によっては原因となっているものをさらに排水管の奥へ押し込むことになり状況を悪化させてしまうおそれがあります。こうなってしまうと自分で対処することはもちろん、専門の業者でも手を焼く重度なトイレ詰まりとなり、便器の脱着が必要になるなどかかる費用も高額になってしまうのです。 そのため、トイレ詰まりの原因がトイレットペーパーや便以外の固形物などである場合には、下手に自分で手を出すことはやめて、専門の業者に相談するようにしてください。また、トイレ詰まりの原因となっているものがはっきりわからない場合も、もしかしたら固形物などである可能性があるため専門の業者に相談するようにしましょう。 なお、トイレ詰まりの原因となっているものが固形物などではなく、以下のようなものでもスッポンで解消することは控えるようにしてください。対処に失敗すると状況を悪化させるおそれがあります。

スッポンの使用NGのトイレ詰まりの原因
・おむつ →水を吸って膨張する ・生理用品 →水を吸って膨張する ・ペット用トイレ砂 →水を吸って固まる

このように、トイレ詰まりをスッポンで解消するとき、トイレットペーパーや便以外のものが原因である場合は、専門の業者へ相談するようにしてください。なおその際には、【水110番】をご利用いただくことがおすすめです。

水110番について
・水のトラブル全般に対応できる ・24時間365日受け付け対応している ・最短15分で現場に駆けつけられる ・現地調査をおこなっての見積もりが無料 ・相談自体も無料

トイレのつまり・キッチンの水漏れなど税込8,800円~お電話1本ですぐに駆けつけます!※1 累計問合せ件数210万件以上※2 24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-220-377 メールで相談する
※1 対応エリア・加盟店・現場状況により価格が異なり、記載価格で対応できない場合がございます。 ※2 当サイト記載の累計問合せ件数について、弊社運営サイト全体のお問合せ件数になります。

排水口に適した種類のスッポンで効果向上|洋式・和式・節水型

トイレ詰まりをスッポンを使用して解消する前に、まずはこの道具自体のことについて確認する必要があります。 というのも、スッポンを使用するときには排水口に密着させてトイレ詰まりを解消することになるのですが、この排水口に適したスッポンの種類があるのです。具体的にいうと、和式トイレと洋式トイレ、そして節水型トイレで排水口の形状は異なり、それぞれに適したスッポンの種類があるということ。

ラバーカップの種類
和式トイレ用※1 棒の先端にドームの形をしたゴムのカップがついている 和式トイレ用スッポン
洋式トイレ用※2 棒の先端にドームの形をしたゴムのカップがついていて、そこからさらにゴムの突起がついている 洋式トイレ用スッポン
節水型トイレ用※3 棒の先端にドームの形をしたゴムのカップがついていて、そこに平な面がついている 節水型トイレ用スッポン

※引用:Amazon(最終閲覧日2021年1月11日) ※1 ※2※3 

このように、スッポンには排水口の形状ごとに適した種類があります。しっかりと合ったスッポンを使用しないとトイレ詰まりを解消する効果を発揮しないこともあるため、間違いのないように選ぶようにしましょう。

スッポンはどこで購入できる?

なかにはスッポンを持っていない方もいるかもしれませんが、この道具はホームセンターで販売されています。そのため、トイレ詰まりをスッポンで解消することを考えている方はホームセンターへ行ってみるとよいでしょう。 なお、ホームセンター以外にインターネットで購入することもできます。ただこの場合、実際のスッポンを確認できないため、種類を間違えないように注意してくださいね。

スッポンにはさまざまな名称がある

スッポンを購入するときには、さまざまな名称の商品があり混乱してしまう方もいるかもしれませんね。

スッポンの名称
・ラバーカップ ・通水カップ ・シュポシュポ ・キュッポン ・吸引カップ  など

スッポンは、上記のようにさまざまな名称で呼ばれることがあります。地域によって使用される名称が異なるといった理由がありますが、基本的には同じものなので、そこまで気にしなくてもよいでしょう。

トイレ詰まりをスッポンで解消する前の準備

トイレ詰まりをスッポンで解消する場合には、いくつか事前におこなう準備があります。これらの準備を怠ると別のトラブルを起こすこともあるため、しっかり確認しておくようにしましょう。

止水栓を閉めて水を止める

まず事前の準備としてあげられるのが、止水栓を閉めて水を止めておくことです。これは、水のトラブルに対処する際にはほとんどのケースでおこなう必要のある準備となります。 トイレ詰まりをスッポンを使用して解消する際、誤ってレバーを回してしまうことがあるかもしれません。トイレ詰まりを起こしているときにこれをやってしまうと、水が溢れてしまうおそれがあります。 そのため、止水栓を閉めて水を止めておくようにしましょう。ちなみにトイレの止水栓の場所は、トイレタンクと壁の間の給水管、またにあります。

水の飛び散りによる濡れ・汚れを防止

トイレ詰まりをスッポンを使用して解消するときには、止水栓を閉めていても対処するなかでどうしても便器から水が飛び散ってしまうことがあります。そうなると周りが濡れてしまうことはもちろん、汚れてしまうことに。 そのため、準備としてはそのようなことにならないように、しっかりとガードをしておく必要があります。 具体的には、スッポンの棒が通る穴を開けた大きなゴミ袋などのビニール袋を便器に覆うといった方法があげられます。こうすることで、便器から水が飛び散ることを防止しながら対処することが可能です。また、もしものときのために床に新聞紙を敷いておくこともおすすめとなります。

便器のなかの水位を調整する

トイレ詰まりをスッポンを使用して解消するうえでは、ゴムのカップのなかを真空の状態にする必要があります。なぜなら、真空の状態になっていないとトイレ詰まりを解消する効果が見込めないためです。 そのため、便器のなかの水位をスッポンのゴムのカップが全体的にしっかり浸かるようにすることが大切となります。もしもそのような状態にできないなら、バケツを使用して便器に水を足したり汲み取ったりして調整しましょう。

スッポンの使い方|ポイント・コツを解説

ここでは、実際にトイレ詰まりを解消するうえでのスッポンの使い方を解説していきます。ポイントやコツにも触れていくので、効果を発揮させるためにもしっかり確認してくださいね。

スッポンの使い方|コツ・ポイント
➀スッポンを排水口に密着させる ★ポイントはゴムのカップが水に浸かるようにすること! ➁スッポンをゆっくり押し込み勢いよく引っ張る ★コツは押すのではなく引っ張ること! ➂トイレ詰まりの原因となっていたものが固形物などであれば取り除く ★流すと再びトイレ詰まりを起こすおそれがある! ➃バケツで水をゆっくり流す ★ポイントはトイレのレバーを回して水を流さないこと!

➀スッポンを排水口に密着させる

まずは、排水口にスッポンを密着させましょう。 なお、このときには密着させるスッポンのゴムのカップがしっかりと水に浸かるようにすることがポイントになります。この状態でなければゴムのカップのなかを真空の状態にできず、トイレ詰まりを解消する効果を発揮できないことがあります。そのため、便器の水位が高すぎるまた低すぎる場合には、バケツを使用するなどで調整しましょう。 またスッポンを排水口に密着させるときですが、これは垂直におこなうのではなく、やや傾けておこなうことがおすすめです。こうすることで、ゴムのカップから空気が漏れて水が飛び散ることを防止できます。

➁スッポンをゆっくり押し込み勢いよく引っ張る

次は、スッポンを排水口にゆっくりと押し込んでいきましょう。このときには、ゴムのカップのなかを真空の状態にすることを意識してください。 そして、十分にゴムのカップがへこむほどスッポンを押し込めたら、勢いよく引っ張ります。ただ、勢いよく引っ張りすぎると水が飛び散るおそれがあるため、このことには注意をしながらおこなうようにしましょう。 なお、スッポンを勢いよく押し込んでトイレ詰まりを解消しようとする方が多いですが、これは間違いとなります。 スッポンは、トイレ詰まりを、原因となっているものを引っ張ることで解消する道具です。そのため、押し込むときではなく、引っ張るときに力を入れることがコツとなります。 また、スッポンを勢いよく押し込むことは、トイレ詰まりの原因となっているものを奥へ押し込むことになります。つまり、かえって状況を悪化させることになるのです。 ちなみに、スッポンをゆっくり押し込んで勢いよく引っ張っても、1回ではトイレ詰まりを解消できないケースもあります。そのため、この場合は数回繰り返しおこなうようにしましょう。

➂トイレ詰まりの原因となっていたものが固形物などであれば取り除く

トイレ詰まりの原因がトイレットペーパーや便であれば、解消されたらそのまま流すことになります。 しかし、もしも固形物などがトイレ詰まりの原因であった場合には取り除かなければいけません。流してしまうと再びトイレ詰まりを起こすおそれがあります。 そのため、手が汚れないようにゴム手袋などを着用して取り除きましょう。

➃バケツで水をゆっくり流す

トイレ詰まりをスッポンを使用して解消できたときには、便器の水が引いていったりゴボゴボと音がしたりします。しかし、油断は禁物です。というのも、じつはまだトイレ詰まりの原因が残っているかもしれないのです。 そのため、慎重な対処が求められます。とくに、安易にトイレのレバーを回して水を流してはいけません。もしもトイレ詰まりの原因となっているものが残っている場合には、水が逆流してきて便器から溢れてしまうことがあります。 そのため、バケツから水をゆっくり流してください。これで水が流れていけば、トイレ詰まりは解消できていると判断してもよいでしょう。

トイレ詰まりがスッポンを使用しても解消されないなら【水110番】に相談を

なかには、スッポンを使用してもトイレ詰まりが解消されない場合もあるでしょう。 なおこの場合は、トイレ詰まりの原因がトイレットペーパーや便以外のものである可能性があります。また、すでにトイレ詰まりの原因となっているものが排水管の奥へ押し込まれてしまっているかもしれません。 いずれにしても、スッポンを使用してもトイレ詰まりが解消されないのであれば、それ以上深入りはせずに専門の業者へ相談するようにしましょう。自分で対処しようとすることで状況を悪化させたり、場合によっては便器や排水管の破損といった別のトラブルを起こしたりしてしまうおそれがあります。 なお、専門の業者に相談する際には【水110番】をご利用いただくことがおすすめです。水のトラブルなら全般的に対応できるうえ、24時間365日受け付けをおこなっていて現場への駆けつけも最短15分と、スピーディーに対応することもできます。 さらに、気になる費用に関しても、現地調査をおこなってのお見積もりを無料で取っていただくことができて、さらにそこから追加料金がかかることはなく、明瞭です。【水110番】へのご相談自体も無料となっていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

水110番について
・水のトラブル全般に対応できる ・24時間365日受け付け対応している ・最短15分で現場に駆けつけられる ・現地調査をおこなっての見積もりが無料 ・相談自体も無料

トイレのつまり・キッチンの水漏れなど税込8,800円~お電話1本ですぐに駆けつけます!※1 累計問合せ件数210万件以上※2 24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-220-377 メールで相談する
※1 対応エリア・加盟店・現場状況により価格が異なり、記載価格で対応できない場合がございます。 ※2 当サイト記載の累計問合せ件数について、弊社運営サイト全体のお問合せ件数になります。

【水110番】にトイレ詰まりへの対処を依頼したときの費用例

対処 費用
トイレ詰まり
薬品投入 8,800円~
高圧ポンプ 27,500円~
脱着 61,600円~
下水詰まり
薬品投入 8,800円~
ドレンクリーナー 27,500円~
高圧洗浄機 47,300円~

※消費税込みの表記です。

トイレ詰まりを解消できたら|スッポンをきれいに手入れ

トイレ詰まりを解消することができたら、使用したスッポンをきれいに手入れすることは忘れずにおこなうようにしましょう。 使用したスッポンは、当然便器や排水管にあった汚い水、またトイレ詰まりの原因となっていたものに触れています。そのため、何もせずにそのまま放置しておくと、悪臭や害虫を発生させるおそれがあるのです。 とはいえ、手入れ方法としては水洗いをするだけで十分。ただ水洗いをしたら、菌が繁殖しないようにするためにも、天日干しをして完全に乾いてからしまうようにしましょう。 なお、スッポンはゴムでできています。そのため、洗剤や漂白剤をして洗うことはやめるようにしましょう。スッポンの種類にもよりますが、劣化させてしまうおそれがあります。

トイレ詰まりを解消する他の方法|家にあるもので・専門の道具で

トイレ詰まりをスッポンで解消することは、このトラブルの代表的な対処法です。なお、トイレ詰まりへの対処法は何もスッポンを使用して解消することだけではありません。 そこでここでは、トイレ詰まりへの対処法としてスッポン以外の専門の道具を使用する解消方法をご紹介していきます。また、家にあるものでトイレ詰まりを解消する方法についてもご紹介するので、スッポンを持っていない場合にはぜひ参考にしてみてください。

家にあるものでトイレ詰まりを解消する方法

まずは、家にあるものでトイレ詰まりを解消する方法をご紹介していきます。

家にあるものでの対処法
・お湯を使用する ・ペットボトルを使用する ・ビニール袋を使用する ・針金ハンガーを使用する ・重曹と酢を使用する

お湯を使用する

お湯を使用することで、トイレ詰まりの原因となっているものを溶かす方法で解消できる場合があります。やや高い場所から排水口に向かってお湯を流し、約1時間放置するという簡単な方法です。 なお、お湯といっても熱湯を使用してはいけません。トイレは陶器でできているため、熱湯をかけると割れるなど破損してしまうおそれがあります。約50度のお湯を使用するようにしましょう。

ペットボトル・ビニール袋を使用する

スッポンと同じ原理でトイレ詰まりを解消できるのが、ペットボトルやビニール袋を使用する方法です。 ペットボトルに関しては、底の部分をカッターナイフなどで切り、口の部分を指で押さえて排水口に押し込みます。そして引っ張る動きを繰り返すことで、トイレ詰まりを解消する効果が期待できるのです。 ビニール袋を使用したトイレ詰まりの解消方法は、二重にしたものに手を入れて、その状態で排水口に押し込んだり引っ張ったりすることで同じ原理を生むことができます。ただ、ビニール袋越しとはいえ便器に手を入れることになるため、抵抗がある方も多いかもしれませんね。

針金ハンガーを使用する

トイレ詰まりを解消できる家にあるものとしては、針金ハンガーもあげられます。ペンチなどで針金ハンガーの引っかける部分を切り取り、輪になるように形を整えて、こちら側を排水口に押し込み、原因となっているものを直接削ることでトイレ詰まりを解消することが可能です。 ただ、針金ハンガーを使用することは、便器や排水管を破損させるリスクがあります。そのため、このことについては十分に注意しながらおこなうようにしましょう。

重曹と酢を使用する

お湯とセットで重曹と酢を使用することも、トイレ詰まりの解消が期待できます。重曹と酢が組み合わさることで発生する炭酸ガスに原因となっているものを溶かす力があるのです。 なおこの対処法に関しても、使用するお湯は熱湯にしないようにしてください。また、炭酸ガスが発生することで水が溢れるおそれがあるため、便器の水位にも注意が必要となります。

専門の道具でトイレ詰まりを解消する方法

次に、トイレ詰まりをスッポン以外の専門の道具で解消する方法を見ていきましょう。

専門の道具での対処法
・真空式パイプクリーナーを使用する ・ワイヤーブラシを使用する ・トイレ用洗剤を使用する

真空式パイプクリーナーを使用する

トイレ詰まりを解消する専門の道具の代表的なものとして、真空式パイプクリーナーがあげられます。これは、簡単にいうとスッポンをより強力にしたものです。 先端にゴムのカップがついていることはスッポンと同じですが、真空式パイプクリーナーは棒の部分がポンプになっています。これによって、引っ張る力が強くなっているのです。 使い方は、基本的にはスッポンと同じになります。ただ、排水口に押し込んだり引っ張ったりすることはハンドルを操作しておこないます。

ワイヤーブラシを使用する

ワイヤーブラシは、針金ハンガーを使用してトイレ詰まりを解消する方法と同じ原理を用いた専門の道具です。ワイヤーの先端についたブラシを排水口に押し込みハンドルを操作して原因となっているものを直接削ることで、トイレ詰まりを解消することができます。

洗剤を使用する

トイレ詰まりを解消する方法としては、専門の道具とはいえないかもしれませんが、洗剤を使用することもあげられます。ちなみに使用する洗剤は、食器用や洗濯用で大丈夫です。 これらの洗剤を排水口に入れて、そこにお湯をゆっくり流してしばらく放置します。そうすることで、トイレ詰まりの解消が期待できるのです。

こちらの「トイレのつまりを取る道具はラバーカップ(すっぽん)だけ?各種道具の名前、価格、使い方を完全解説」では、この章でご紹介した道具の使い方や注意点価格などをまとめてあります。

より詳しく知りたい方は、こちらもあわせてどうぞ。


ここまで、家にあるもの、またスッポン以外の専門の道具を使用してトイレ詰まりを解消する方法をご紹介してきました。ただ、これらの解消方法でトイレ詰まりへ対処することも、原因となっているものがトイレットペーパーや便である場合に留めておくようにしましょう固形物などがトイレ詰まりの原因である場合は、対処に失敗すると排水管の奥へ押し込んでしまうなど、状況を悪化させるおそれがあります。そのため、トイレットペーパーや便以外の固形物がトイレ詰まりの原因である場合には、専門の業者へ相談するようにしてください。 なお、原因がわからないけどトイレ詰まりを起こしているというケースもあるでしょう。この場合も、固形物などがトイレ詰まりの原因である可能性があります。そのため、トイレ詰まりの原因がはっきりとわからないときにも、専門の業者へ相談することがおすすめです。 なおその際には、【水110番】へぜひご相談ください。

水110番について
・水のトラブル全般に対応できる ・24時間365日受け付け対応している ・最短15分で現場に駆けつけられる ・現地調査をおこなっての見積もりが無料 ・相談自体も無料

トイレのつまり・キッチンの水漏れなど税込8,800円~お電話1本ですぐに駆けつけます!※1 累計問合せ件数210万件以上※2 24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-220-377 メールで相談する
※1 対応エリア・加盟店・現場状況により価格が異なり、記載価格で対応できない場合がございます。 ※2 当サイト記載の累計問合せ件数について、弊社運営サイト全体のお問合せ件数になります。

まとめ

この記事では、トイレ詰まりをスッポンで解消するときの使い方を、この道具の種類などの注意点も交えながら解説してきました。トイレ詰まりをスッポンを使用して解消することを考えている方は、しっかり頭に入れたうえで正しく対処するようにしてください。 なお、トイレ詰まりの原因となっているものがトイレットペーパーや便以外の固形物などである場合には、スッポンを使用しないように、また自分で対処しないようにしましょう。もしも対処に失敗すると、トイレ詰まりの原因となっているものが排水管の奥へ押し込まれてしまうなど状況を悪化させるおそれがあります。 トイレ詰まりの原因がはっきりわからないケースも含め、このような場合は専門の業者へ相談するようにしましょう。なおその際には、以下のようなメリットのある【水110番】をご利用いただくことがおすすめです。

水110番について
・水のトラブル全般に対応できる ・24時間365日受け付け対応している ・最短15分で現場に駆けつけられる ・現地調査をおこなっての見積もりが無料 ・相談自体も無料
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-220-377 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較