水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレレバーが【戻らない・空回りする】ときの対処法と交換方法

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレレバーが【戻らない・空回りする】ときの対処法と交換方法

トイレのレバーが戻らない・空回りするときの直し方

トイレの水を流して、そのままトイレレバーが戻らなくなったら、水があふれてしまう心配もあり慌ててしまうかもしれません。

ですが、冷静に対処することですぐにレバーを直すことができる場合もあるのです。このコラムでは、トイレレバーが戻らないときに確認する場所や対処方法などをご紹介します。

不具合箇所を調べる前に

不具合箇所を調べる前に

トイレレバーが戻らないときには、タンクから水かあふれないように、まず止水栓を閉めておきましょう。止水栓を閉めることで、タンクへの水の供給を止めることができます。ほとんどの場合、タンクから壁につながる給水管に止水栓はついています。

止水栓を閉めたら、不具合箇所を調べるためにトイレタンクのフタを開けます。ナットでフタが固定されている場合は、フタを持ち上げてナットを取り外してください。

確認ポイント【1】フロートバルブが外れていないか

トイレタンクのなかには、オーバーフロー管というパイプにフタをして、タンク内の水を止めておくための“フロートバルブ”というパーツがあります。フロートバルブはトイレレバーと鎖でつながっていて、レバーを回すと持ちあがって便器に水が流れるという仕組みです。

フロートバルブがオーバーフロー管の排水部分にはまっているか確認してみてください。フロートバルブがずれている場合は、もとに戻します。

確認ポイント【2】鎖の長さ・絡まりはないか

レバーにつながっている鎖の長さも確認してみましょう。鎖が短いと、フロートバルブがうまくはまらなくなってしまうこともあります。鎖が短くてトイレレバーが戻らない場合には、適切な長さの鎖に交換することで解消されるでしょう。

また、タンク内で鎖が絡まってフロートバルブが浮いてしまっている場合もあります。鎖をもとの状態に戻してみてください。

確認ポイント【3】レバー本体が故障していないか

トイレレバー本体に不具合がある場合、レバーがうまく回らなかったり戻りがわるくなったりします。サビていることで不具合が生じているなら、サビや汚れを取り除いてみてください。

さらに腐食してトイレレバーが劣化している場合は、故障によってレバーが戻らなくなっているおそれがあります。レバー本体が故障していたら、レバーを交換しましょう。

原因がわからない場合は一度見てもらおう!

確認ポイントを見ても異常がなく、不具合の原因がわからないときには、プロに見てもらって原因を突き止めてもらうとよいでしょう。豊富な知識を持つ修理のプロなら、トイレレバーの不具合をスムーズに解決してくれるはずです。

トイレレバーを自分で交換する方法

トイレレバーの交換は、自分でおこなうこともできます。ここからは、トイレレバーの購入から交換方法、トイレレバーが直るまでの応急処置についてご紹介します。手順をふまえて交換をおこない、不具合を解消しましょう。

トイレレバーはどこで買える?

トイレレバーはどこで買える?

トイレレバーは単品で購入することができます。お使いのメーカーのオンラインショップで、品番を確認して同じレバーを探すことができ、ネットで購入が可能です。

他にもネット通販サイトやホームセンターなどで購入することができます。トイレレバー本体にかかる費用は、おおよそ1,000円~2,000円ほどです。

交換するまでの応急処置法

レバーが直るまでのあいだ、排泄物をそのままにしておきたくはないですよね。止水栓を閉めていても排泄物を流したいときには、バケツいっぱいに水を汲んで、水の勢いで流してしまいます。この作業を2~3回繰り返してください。

この方法はあくまで応急処置です。繰り返しおこなうことで排水管を詰まらせてしまうおそれもあるので、注意しましょう。

トイレレバーの交換方法

必ず止水栓が閉まっている状態でおこなってください。タンク内の水が空になっていることを確認しましょう。水が残っている場合はトイレレバーを回して水を流してから、レバーにつながっている鎖とフロートバルブを取り外してください。

次に、トイレレバーとパッキンを外します。レバーはナットで固定されているので、ナットを外してください。手で外せない場合はモンキーレンチを使用します。

レバーの接続部分にはパッキンが挟まっているので外すときに確認してみてください。パッキンが劣化している場合は、こちらも交換する必要があります。

レバーとパッキンが外れたら、新しいレバーとパッキンを取り付けましょう。最後にレバーに鎖を取り付けたら交換完了です。フロートバルブを所定の位置に戻したら、止水栓を開けます。レバーが回るか確認してみましょう。

手早く直すならプロが安心!

自分でトイレレバーの交換をすることに不安のある方や、忙しくて時間がないという方には、修理業者へ依頼することをおすすめします。プロに任せておけば、レバーの調達から修理までをスムーズにおこなってくれることでしょう。自分で修理をおこなう手間や時間を省くことができます。

トイレレバーの修理にかかる費用はどれくらい?

いざ修理業者に依頼をしようと思っても、どのような業者がよいのか、また費用について気になりますよね。ここからは、トイレレバーの修理にかかる費用相場や、業者の選び方などをご紹介します。

トイレレバーの修理にかかる費用相場

トイレレバーの修理にかかる費用相場

トイレレバーの交換を業者に依頼した場合の費用相場はおおよそ8,000円~10,000円ほどです。ほかにもタンク内の部品を交換する必要がある場合などは、料金が高くなることもあります。夜間や早朝の修理には、割増料金が発生することもあるため、依頼する時間帯には注意しましょう。

どの業者に依頼をするのがよい?

水まわりの修理をおこなう業者はたくさんあります。そのなかから信頼できる業者を選ぶためには、確認しておきたいポイントがいくつかあるのです。トイレの故障などは、時間を選ぶことなく起きてしまいます。

24時間電話受付をしている業者なら、深夜に不具合が発生したとしても不安を抱えて夜を過ごすことはありません。

また、料金提示が明瞭なことも重要です。修理後になって、最初に聞いていた金額より高い料金を請求されるといったケースもあるので、注意が必要です。きちんと説明をしてくれる丁寧な対応の業者を選ぶとよいでしょう。

まずは電話で相談してみよう!

無料で電話相談を受け付けている業者もあるので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。複数の業者に無料見積りを依頼して、適正な金額を確認したうえで、よりよい業者を選ぶことをおすすめします。

トイレレバーが戻らないときには、慌てずに止水栓を閉めてから、原因を探りましょう。原因がわからない場合や自分で修理をすることに不安のある方は、決して無理はせずにプロの手に任せてしまえば安心です。

数ある修理業者のなかから納得のいくサービスをおこなってくれる業者をみつけて依頼すれば、丁寧かつ迅速にトイレレバーの交換をおこなってくれるはずです。トイレは毎日使用する場所ですから、早急に不具合を解消してしまいましょう。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較