水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> トイレレバーが戻らない・空回りする原因|修理・交換方法の手順書

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレレバーが戻らない・空回りする原因|修理・交換方法の手順書

トイレレバーが【戻らない・空回りする】ときの対処法と交換方法

トイレのレバーが戻らなくなったら、まずはレバーが戻らない原因を特定しましょう。多くの場合、レバー本体タンク内部のフロートバルブや鎖に問題があります。原因を特定し、新しい部品に交換すれば解決できます

このコラムでは、トイレのレバーが戻らないときに確認するポイントや交換方法について詳しく解説しています。「トイレのレバーが戻らない」「レバーが戻らず水が流れっぱなしになるから水道代が心配」こんなときにはぜひ、ご紹介する対処法を実践してみてください。

ただし、間違った手順で交換してしまうと水浸しにしてしまうおそれがあります。少しでも交換方法で迷ったら業者に相談をしましょう。

タンクをチェック!トイレのレバーが戻らない・空回りする原因

ここでは、トイレレバーが戻らないときに確認してほしい場所を詳しくご紹介します。「水が溢れそう!」と思うかもしれませんが、焦らず落ち着いて対処してきましょう。

不具合箇所を調べる前に止水栓を締めておく

不具合箇所を調べる前に止水栓を締めておく

トイレレバーが戻らないときには、タンクから水が溢れないように、まず“止水栓”を閉めておきましょう。止水栓を閉めることで、タンクへの水の供給を止めることができます。ほとんどの場合、止水栓はタンクから壁につながる給水管についています。

止水栓が見当たらない場合は、便器下のどちらかの側面にパネルがありそのなかに止水栓が収納されていることがあるので、一度確認してみましょう。止水栓の締め方は以下の手順でおこないます。

止水栓を締める手順
  1. マイナスドライバーを溝に押し当てる
  2. 時計回り(右回り)に回す
元栓を締めてもOK
止水栓を見つけられなかったら、元栓を締めてください。ただし、元栓を締めると家全体の水が止まるので注意しましょう。

止水栓か元栓を閉めたら、不具合箇所を調べるためにトイレタンクのフタを開けます。ナットでフタや手洗い管が固定されているタイプのトイレもあるので、その場合はフタを持ち上げてナットを取り外してください。

タンク内部の3つの確認ポイント

タンクの内部をのぞいてみて、以下の3つのポイントを確認してみましょう。各部品の状態をチェックし、異常があれば直していきます。

タンク内部の3つの確認ポイント

【確認ポイント1】フロートバルブは外れていないか

トイレタンクのなかには、“オーバーフロー管”というパイプやタンク内の水を止めておくための“フロートバルブ”というパーツがあります。

フロートバルブがオーバーフロー管の排水部分にはまっているか確認してみてください。フロートバルブがずれている場合は、排水部分にしっかりとはめて元に戻します。

【確認ポイント2】鎖の長さは適切か・絡まりはないか

レバーにつながっている鎖の長さも確認してみましょう。鎖が短いと、フロートバルブがうまくはまらず便器に水がチョロチョロと漏れてしまうこともあります。

鎖が短くてトイレレバーが戻らない場合には、フロートバルブが排水部分を覆っている状態で、鎖の玉が4つ程度たるむくらいを目安に長さを調整するとよいでしょう。

また、タンク内で鎖が絡まってフロートバルブが浮いてしまっている場合もあります。その際は鎖の絡まりを解き、元の状態に戻してみてください。

【確認ポイント3】レバー本体が故障していないか

トイレレバー本体に不具合がある場合、レバーがうまく回らなかったり戻りがわるくなったりします。

サビが原因でレバーが動きにくくなっているようなら、耐水ペーパーを使ってサビや汚れを取り除いてみてください。耐水ペーパーは、水で濡らして磨くことで研磨効果が得られます。

また、腐食による劣化でレバーが故障し戻らなくなっている場合は、本体ごと交換しましょう。詳しい交換方法は、3章の【トイレレバーを自分で交換する方法 】を参考にしてください。

賃貸物件にお住まいなら管理会社に連絡を
万が一水漏れが発生した場合は、管理会社や大家さんに報告しましょう。近隣住民との水漏れトラブルに発展するおそれがあるからです。また、水漏れトラブルの修理にかかる費用負担は状況によって変わるため、各自治体や管理会社に相談し指示を待ちましょう。

原因がわからない場合は一度見てもらおう!

3つの確認ポイントを見ても不具合の原因がわからないときには、プロに見てもらって原因を突き止めてもらうとよいでしょう。豊富な知識をもつ修理のプロに任せれば、素人にはわからない原因を見つけられることもあります。

弊社は、無料でトイレトラブルの相談や現地調査をおこなっております。初期費用はかからないので、「原因がわからないけどとりあえず相談だけ」ということも大歓迎です。お気軽にお電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

作業前に工具や新しいレバーを準備しよう

トイレのレバーの交換は、自分でおこなうこともできます。自分で交換する際は、新しく取り換えるレバーのほかに以下のような工具が必要です。

  • マイナスドライバー
  • モンキーレンチ
  • グリス(潤滑剤)
  • ゴム手袋

潤滑剤は交換時にレバーの軸の部分に油をさすことができるため、動きがスムーズになります。また、作業中は手が汚れたりケガをしたりするおそれがあるので、ゴム手袋を着用するよいでしょう。

トイレレバーの購入場所と値段

トイレレバーの購入場所と値段

トイレレバーはインターネットやホームセンターで購入可能です。お使いのメーカーに品番を確認して、同じレバーを探しましょう。トイレレバー本体は、およそ【1,000円~2,000円】で購入可能です。

水の流れる仕組みをもう一度おさらい

交換作業では、細かい部品に触れることになります。ここでもう一度、部品の位置・構造を確認するとともに、簡単に水が流れる仕組みをおさらいしておきましょう。

水の流れる仕組みをもう一度おさらい

水が流れる仕組み
  1. トイレのレバーを引く
  2. 鎖の先のフロートバルブが開く
  3. 便器内へと水が流れる
  4. タンクの水位が下がる
  5. ボールタップの先の浮き球も下がる
  6. ボールタップが開く
  7. 給水管からタンクへ水が流れる

このように、トイレは何度も同じ動作を繰り返して洗浄しています。水が流れる仕組みがわかったところで、次章を参考にしながら実際にレバーの修理・交換をやってみましょう。

トイレレバーを自分で交換する方法

準備ができたら、いよいよ交換作業です。ここからは、トイレレバーが直るまでの応急処置と詳しい交換方法についてご紹介します。手順をふまえて交換をおこない、不具合を解消しましょう。

交換するまでの応急処置

交換するまでの応急処置

レバーが直るまでのあいだ、排泄物をそのままにしておきたくはないですよね。水道の止水栓を閉めていても排泄物を流したいときには、バケツいっぱいの水を勢いよく流すという方法を試してみてください。

あくまで応急処置ではありますが、水の勢いで、便器内を排水・洗浄することができます。1度では流せないかもしれないので、この作業を2~3回繰り返してみましょう

つまりがあるときは要注意
トイレのつまりが起きているときは注意が必要です。この方法は応急処置であって、根本的なつまり改善方法とはいえないので、何度もつまりが起こるときは一度点検することをおすすめします。

トイレレバーの交換方法

止水栓を締めて水を確実に止めることができたら、さっそくトイレレバーを交換していきます。交換の手順は以下を確認してください。

1.タンクが空になっているかを確認
水が残っている場合はトイレレバーを回して水を流してから、レバーにつながっている鎖とフロートバルブを取り外してください。

2.トイレのレバーを外す
トイレレバーはナットで固定されていることが多いので、モンキーレンチを使って外しましょう。ナットが外せたらそのままレバーを引き抜きます。

3.パッキンの状態を確認
レバーの接続部分にはパッキンが挟まっているので、外すときに状態を確認しておきましょう。パッキンが劣化している場合は、新しいパッキンに交換する必要があります。

4.パッキンとレバーを取り付ける
レバーとパッキンを取り付ける際は、取り外したときと逆の手順でおこないます。レバーを差し込む際は、レバーの向きが逆にならないように注意してください

5.鎖を取り付けて動作確認をする
レバーに鎖を取り付け終えたら、フロートバルブを所定の位置に戻して止水栓を開けます。止水栓を開けたら、ボールタップが開いて水がタンク内へと流れてきます。タンク内に水がたまったら、一度レバーを回して正常に作動するか確認してみましょう。

このように、トイレレバーは自分で交換することが可能です。しかし、なかには「自分で正しくできるか不安」「直し方がよくわからない」「やってみたけど失敗してしまった……」といった方もいるかもしれません。

トイレレバーの交換をプロに任せることで、難しい作業も確実かつ丁寧に対処してもらうことができるため水漏れや故障などのリスクが少なく安心です。不安なときは無理せず、一度弊社にご連絡ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレレバーの修理にかかる費用はどれくらい?

いざ修理業者に依頼をしようと思っても、どのような業者がよいのか、また費用について気になりますよね。ここからは、トイレレバーの修理にかかる費用相場や、業者の選び方などをご紹介します。

トイレレバーの修理にかかる費用相場

トイレレバーの修理にかかる費用相場

トイレレバーの交換を業者に依頼した場合の費用相場は、およそ【8,000円~10,000円】です。ほかにも、タンク内の部品を交換する必要がある場合などは料金が高くなることもあります。

夜間や早朝の修理には、追加(割増)料金が発生することもあるため、依頼する時間帯には注意しましょう。

どの業者に依頼をするのがよい?

水まわりの修理をおこなう業者はたくさんあります。そのなかから信頼できる業者を選ぶためには、確認しておきたいポイントがいくつかあるのです。

【1】夜間や休日も受付してくれる
トイレの故障などは、時間を選ぶことなく起きてしまいます。24時間電話受付をしている業者なら、深夜に不具合が発生したとしても不安を抱えて夜を過ごすことはありません。

【2】料金が明確である
また、料金提示が明瞭なことも重要です。修理後になって、最初に聞いていた金額より高い料金を請求されるといったケースもあるので注意が必要です。

【3】質問にも丁寧に応えてくれる
修理を依頼すると、見積書の内容や作業中にも、「これってどういうことだろう……」とわからないことや不安なことがあるかもしれません。このようなとき、そのままにせず業者に質問して不安を解消しておきましょう。きちんと説明をしてくれるかどうかも、優良な業者を選ぶときの基準になります。

まずは電話で相談してみよう!

全国に多くの修理業者がいますが、やはり実際に話を聞いてみないと細かいサービス内容や料金ははっきりとわかりません。無料で電話相談を受け付けている業者もあるので、まずは相談してみましょう。

複数の業者に無料見積りを依頼して、見積書を比較してみると料金や作業内容の違いがよくわかります。見積書を確認し適正な価格やサービスを知っておくと、優良な業者に出会うことができるでしょう。

弊社では、トイレで生じたさまざまなトラブルに無料で相談や見積りをいたしております。「レバーが戻らない!ぐらぐらする」「水が止まらない」「タンクのなかから変な音がする」「突然水が溢れてきた」など、どんなお悩みでも結構です。

弊社と提携している数ある修理業者のなかから、お悩み、ご相談内容に最適なサービスをおこなってくれる業者をすぐに手配いたします。トイレは毎日使用する場所ですから、一刻も早く解決できるようお手伝いさせていただきます。ぜひ一度、お電話ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

トイレの水が止まらないトラブルに関する記事はこちら

■トイレレバーが折れた!自分で交換するときの費用や手順のまとめ
■トイレの水が止まらない原因|自分でできるタンクや手洗管の修理方法
■トイレの水がチョロチョロ流れ続ける……考えられる原因と対処方法
■トイレの水が止まらない原因は浮き玉?チェック方法や修理方法を解説

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較