水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 最新情報・レポート > 洗濯機の給水ホースから水漏れ…蛇口や排水口も?対処方法は?

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

洗濯機の給水ホースから水漏れ…蛇口や排水口も?対処方法は?

 洗濯機の給水ホースから水漏れ…蛇口や排水口も?対処方法は?

 

洗濯機からの水漏れって焦りますよね。引っ越しの際に洗濯機を設置して使おうとしたタイミングや、昨日までは問題なく使えていたのに急に水漏れするなど、水漏れが発生するタイミングは急に訪れます。

 

水漏れが床下に浸水した場合、しっかり乾燥させることは大変だし、乾燥させずに放置するとカビが生える原因になるなど大変です。アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる人は下の階に影響した場合、トラブルになりかねないです。

 

今回は洗濯機を使っていて水漏れをする原因から対策までお伝えします。今まで洗濯機の水漏れを経験していないかたも、自宅の洗濯機から水漏れしたときに焦らないように、原因と対策をぜひ知っておいてください。

 

今回の記事を読んで、安心して洗濯機を使いましょう。

 

 

洗濯機の給水ホースからの水漏れ、原因

まずはどのようなことが原因で、洗濯機の水漏れは発生するのかを見ていきましょう。多くは洗濯機本体よりも、洗濯機周りの部品や蛇口が問題で水漏れするケースが多いです。

 

【1】蛇口と給水ホースをつなぐニップル継手の劣化

洗濯機の水漏れでとくに多いのが蛇口の先端部分である「ニップル継手」が劣化することで水漏れが発生するケースです。ニップル継手は洗濯機を設置するとき以外触ることはないと思いますが、ニップル継手は金属であるため、長く使うにつれてどんどん経年劣化していくのです。

 

【2】給水ホース内の汚れやパッキンの劣化

蛇口と洗濯機の間の給水ホース内に汚れがたまったり、ニップル継手と接する部分であるパッキンが劣化したりすることによって、接続部分に空間ができて水漏れの原因となります。

 

【3】蛇口のサビが水漏れの原因となることも

最後に蛇口がサビることで水漏れとなるケースです。蛇口部分は金属でできているので、やはり年月が経つとサビが発生してきます。蛇口がサビた結果、ニップル継手と上手くフィットしなくなり、水漏れが発生します。

 

洗濯機の給水ホースからの水漏れ、自分でできる対処法

洗濯機の給水ホースからの水漏れ、自分でできる対処法

 

上記で挙げたことが原因で水漏れが発生した場合、劣化した部品を自分で交換、対処できることがあります。自分で対処することで修理費用を抑えることができるため経済的です。詳しい知識がなくても対処できることが多いため、まずは自分で対処することを考えてみましょう。

 

まずは元栓をしめる

水漏れをこれ以上発生させないために、水道の元栓をしめましょう。水道の元栓の場所はさまざまですが、水道局のかたが検針の際にチェックする場所となります。アパートやマンションの場合は、玄関から一度外に出て家のドアの横にあることもあります。

また、あらかじめホームセンターや家電量販店の洗濯機売り場などで新しい交換部品を購入しておきましょう。

 

【1】劣化したニップル継手の交換方法

ニップル継手の劣化が原因の場合は、ニップル継手を交換しましょう。交換方法は以下の通りです。

 

1.蛇口をしめる

2.蛇口側の給水ホースを取り外す(ホース内の水がこぼれないように注意しましょう)

3.劣化しているニップル継手のネジを緩める

4.劣化しているニップル継手のナットと吐水口(とすいぐち)を外す

5.新しいニップル継手を取り付ける

6.蛇口側の給水ホースを取り付ける

 

ニップル継手はネジ式とジョイント式の2つの接続方法があるのですが、ネジ式はネジが緩んで外れてしまうことがあるため、これから購入する場合はジョイント式を選びましょう。

 

【2】パッキンの交換方法

給水ホースやとニップル継手の接続部分のパッキンが劣化している場合はパッキンを交換しましょう。パッキンの交換方法は以下の通りです。

 

1.蛇口をしめる

2.蛇口側の給水ホースを取り外す(ホース内の水がこぼれないように注意しましょう)

3.ナット、ホースのつながっている部分を外す

4.内部にある劣化したパッキンを取り外す

5.新しいパッキンを取り付ける

6.ナットとホースを取り付ける

7. 蛇口側の給水ホースを取り付ける

 

パッキンを交換した後、水を出したときに水漏れしないかの確認もしっかりおこないましょう。

 

【3】給水ホースの交換方法

給水ホースや劣化が原因の場合は給水ホースを交換しましょう。給水ホースの交換方法は以下の通りです。

 

1.蛇口をしめる

2.蛇口側の劣化している給水ホースを取り外す(ホース内の水がこぼれないように注意しましょう)

3.洗濯機側の劣化している給水ホースを取り外す(このときもホース内の水がこぼれないように注意しましょう)

4.新しい給水ホースを蛇口側に取り付ける

5.新しい給水ホースを洗濯機側に取り付ける

 

劣化したホースの中にも水が残っていることが多いので、中の水が漏れないように気を付けながら交換しましょう。給水ホースを交換した後、水を出したときに水漏れしないかの確認もしっかりおこないましょう。

 

【4】洗濯機用蛇口の交換方法

蛇口のサビが原因の場合は蛇口を交換します。蛇口の交換方法は以下の通りです。

 

1.蛇口をしめる

2.蛇口からニップル継手を取り外す(水がこぼれないように注意しましょう)

3.壁側の蛇口の根元を回して劣化した蛇口を取り外す

4.蛇口の接続元(壁側)である配管の口にたまった汚れを歯ブラシなどで掃除します

5.新しい蛇口を取り付ける

6.新しい蛇口にニップル継手を取り付ける

 

劣化した蛇口を取り外した際に、壁側に配管の口が見えると思いますが、そこにたまっている汚れが残っていると水漏れの原因となりますので、しっかりと掃除しましょう。

 

洗濯機の水漏れを予防し、洗濯機の寿命を延ばすコツ

ここまで、水漏れが発生する原因と自分でできる対処をお伝えしてきました。しかし水漏れによる被害は甚大なもの。できれば避けたいですし、もし起こっても二度と水漏れしないようにしたいですよね。

水漏れの予防方法を実施することで洗濯機への負荷を下げるため、結果的に洗濯機の寿命を延ばすことができます。

 

自動止水栓を取り付けて、給水ホースが外れたときの被害を最小限にする

自動止水機能が付いたニップル継手に交換することで、万が一給水ホースが外れたときに自動的に水を止めることができます。

 

洗濯機を使っていないときは蛇口をしめる

洗濯機を使っているときは当然蛇口を開けると思いますが、洗濯機を使っていないときに蛇口が開きっぱなしだと洗濯機に水圧がかかり負荷をかけてしまいます。そのため洗濯機を使っていないとき(洗っていないとき)は蛇口をしめましょう。

 

定期的にメンテナンスして劣化や損傷を早期に発見する

定期的に洗濯機本体や洗濯機周りをチェック・メンテナンスして、パーツの劣化や損傷を早期発見しましょう。とくにニップル継手や給水ホースなどは消耗品です。いつ破損するかわかりません。そのため定期的に変形やヒビ割れなどしていないかを確認しましょう。

人間が定期的に健康診断を受けないと病気の初期状態に気づきにくいのと同じように、洗濯機などの家電製品も定期的なチェックが必要なのです。

 

洗濯機の水漏れがどうしても直らないときは

洗濯機の水漏れがどうしても直らないときは

 

上記に挙げたように部品の交換で済む場合は自分でおこなうことができます。しかし部品の交換で水漏れが直らない場合や、自分で交換することが難しいと感じた場合は業者に修理を依頼しましょう。

 

交換で済むか修理が必要かのボーダーライン

ニップル継手やパッキン、給水ホースの劣化は部品の交換で水漏れが解消する場合が多いですが、洗濯機を10年以上使用している場合は部品の交換では解消しないことがあります。その場合は洗濯機本体の修理が必要になる可能性があります。

 

修理を依頼するまえにセルフチェックを

洗濯機本体の修理となるとやはりそれなりの費用がかかってしまいます。修理を依頼する前にもういちど自分で対処できないかチェックしましょう。

 

・交換できる部分が劣化や損傷していないか

・緩んでいる場所はないか

・交換できる部分以外に損傷している箇所はないか

 

上記に該当する場合、まずは自分で部品の交換を試してみて、解消しないようでしたら業者に修理を依頼しましょう。

 

修理費用が不安なら、比較サイトで相場を知ろう

もし自分で対処できないようでしたら修理が必要となりますが、水漏れは直してほしいけど修理費用をできるだけ抑えたいというのが本音ですよね。

費用を抑えたいということならインターネット上の口コミサイトや比較サイトで、複数の業者を探して見積りをとりましょう。業者に見積りを依頼する場合、同条件で価格を比較する相見積りをとるのがオススメです。

 

まとめ

いかがでしたか。洗濯機からの水漏れは緊急を要するため、業者を適当に選んで修理を依頼するかたもいらっしゃると思います。しかし業者に依頼する前にまずは自分で対処できないかを調べましょう。自分で簡単に対処できるようなら、費用を交換部品代だけに抑えられます。

 

もし自分で修理・交換することが難しい場合は業者に頼りましょう。その場合はインターネット上の口コミサイトや比較サイトを使って、納得できる費用で修理してもらえる業者を選びましょう。今回の内容は、予備知識としても覚えておいてくださいね。

 

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較