水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 洗濯機の給水ホースから水漏れ…原因と蛇口、ホースの修理法を解説

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

洗濯機の給水ホースから水漏れ…原因と蛇口、ホースの修理法を解説

洗濯機の給水ホースの水漏れ原因|ニップル取り付けと詳しい修理方法

洗濯機の給水ホースから水漏れが発生した場合、できるだけ早く修理をしましょう。なぜなら、水漏れを放置することで症状が悪化し、洗濯機の故障や感電、床の張り替えなどさまざまな問題につながるおそれがあり危険だからです。

このコラムでは、洗濯機の給水ホースから水漏れが起きたときにおこなう応急処置の仕方や水漏れの原因によって異なる対処法について解説しています。自分で対処が可能なのか、業者に依頼をしたほうがよいのかを判断して確実に修理をしましょう

給水ホースから水漏れしたときの応急処置

まず、洗濯機の給水ホースから水漏れしているときにおこなう応急処置についてご紹介します。

1. 洗濯機の運転を止め蛇口を締める
まず、洗濯機の本体、もしくは給水ホースや排水ホースから水漏れが発生した場合、洗濯機の運転を止めましょう。洗濯機の運転を止めたら、洗濯機とつながっている蛇口(ハンドル)を締めます

蛇口を締めても水が止まらないときは、元栓を締めてもよいです。ただし、元栓を締めるとご自宅全体の水が止まってしまうので注意しましょう。

2. 溢れてしまった水をきれいに拭きとる
次に、洗濯機から漏れ出た水が周囲に飛び散っている、広がっている場合はタオルなどで拭き取りましょう。なぜなら、水浸しの状態のまま放置してしまうと、床や壁に水が浸透し劣化させてしまうおそれがあるからです。

このような応急処置を怠ってしまうと、漏れ出た水が広範囲に広がってしまったり、賃貸の場合下の階に被害を及ぼしてしまったりするおそれがあります。水漏れの症状が見られたら、素早く蛇口や止水栓を締めるのを忘れないようにしましょう。

水漏れの症状がひどく応急処置では対処しきれない場合は、早めに業者に連絡をして対処してもらいましょう。「どこに電話すればよいかわからない」「とにかく状況を見てほしい」という方は、ぜひ弊社にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水漏れの応急処置がほどこせたら、次は自分でできる対処法を解説していきます。対処の仕方は水漏れが発生している箇所によって異なるので、水漏れ箇所を確認し、正しく対処していきましょう。

修理に入る前に洗濯機の蛇口を確認しよう

修理に入る前に洗濯機の蛇口を確認しよう

修理作業を自分でおこなう方は確実に水漏れを解消できるように、現在お使いの洗濯機の蛇口の種類を確認しておきましょう。

主な洗濯機の蛇口の種類
万能ホーム水栓 洗濯機用ワンタッチ水栓 洗濯機用ストッパー付き水栓
よく見る一般的な蛇口であるが、現在販売されている全自動式洗濯機は、万能ホーム水栓にこのまま給水ホースを取り付けることができない。4つねじ式のニップルを取り付ける必要がある。 洗濯機用ワンタッチ水栓は、4つねじ式のニップルを取り付ける必要はなくワンタッチで簡単に給水ホースを取り付けられる水栓。ただし、万が一給水ホースが衝撃や振動で外れてしまうと水漏れしてしまう 洗濯機用ストッパー付き水栓は、万が一給水ホースが外れてしまったときに自動で水が止まる仕組みになっている。“止水栓付き水栓”や“オートストップ式給水ジョイント”ともよばれ、水漏れ防止になる優れもの

蛇口の種類が確認できたらいよいよ修理作業です。これからご紹介する手順通りにおこない、水漏れを早急に解決しましょう。

対処1|ニップルと給水ホースの間から水漏れ

ニップルと給水ホースの接続部分から水漏れが発生する原因は、以下のようなことがあげられます。

  • 給水ホースやニップルの劣化、故障
  • 接続部分に生じた隙間
  • ホース内で生じたつまりによって水が溢れる など

ここでは、給水ホースの劣化が原因だった場合の交換手順を解説します。洗濯機で使用する蛇口の種類によっては小型のプラスドライバーが必要になる場合があるので、事前に準備しておきましょう。

CHECK!給水ホース内の水を抜いておこう
作業をおこなうにあたりホースの中に水が残っていることがあるので、事前に給水ホースの中に溜まった水を抜いてから交換をしましょう。給水ホースの交換ができたら、水を出して水漏れが改善できたか確認をすることをおすすめします。

ニップルと給水ホースの間から水漏れするときの修理方法

  1. ニップルを固定するネジをドライバーで外す
  2. 洗濯機側の給水ホースについたネジを、反時計回りに回して外す
  3. 蛇口側の給水ホースについたレバーを下げながら引き抜く
  4. 新品の給水ホースのレバーを下げながら、新品の給水ホースを取りつける
    ※ホースの長さが足りない場合は、延長ホースをつなげる
  5. 洗濯機側に給水ホースをはめ込む

交換する給水ホースは、洗濯機からの距離にあわせて選ぶようにしましょう。長さが短いと、洗濯機の振や衝撃で外れてしまう場合があります。必要に応じて、延長ホースを活用してもよいでしょう。

対処2|蛇口とニップルの間から水漏れ

蛇口とニップルの間から水漏れが発生する原因には、以下があげられます。

  • ナットの緩み
  • ニップルやパッキン、蛇口の劣化
  • パッキンにサビなど汚れによって水が溢れる など

ニップルや蛇口の劣化が原因だった場合の交換方法を解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

蛇口とニップルの間から水漏れするときの修理方法【ニップル交換】

対処2|蛇口とニップルの間から水漏れ

ニップルを交換する際は、水栓用のプライヤーという工具が必要となります。実際の交換方法は以下のとおりです。

  1. 蛇口側の給水ホースを【対処1|ニップルと給水ホースの間から水漏れ】で説明した手順で外す
  2. 劣化しているニップルを固定するネジを外す
  3. 劣化しているニップルのナットと吐水口を水栓用プライヤーで外す
  4. 水栓用プライヤーで新品のニップルのナットを取りつける
  5. 蛇口側の給水ホースを逆の手順で取りつける

蛇口とニップルの間から水漏れするときの修理方法【蛇口交換】

蛇口の交換作業では強い力が必要となるため、長めのモンキーレンチを準備することをおすすめします。作業手順は以下のとおりです。

  1. 上記で説明した手順で蛇口からニップルを外す
  2. 壁側の蛇口を反時計回りに回して蛇口を外す
  3. 蛇口の接続元(壁側)である配管の口にたまった汚れを歯ブラシなどで掃除する
  4. 新品の蛇口(配管に接続する側の管)に、水漏れ防止対策としてテープシールを時計回に5~6回程度巻きつける
  5. 時計回りに蛇口を取りつける
  6. ニップルを取りつける

劣化した蛇口を取り外した際に壁側から見える配管の口には汚れがたまりやすいです。たまった汚れを放置すると水漏れの原因となりやすいので、古い歯ブラシなどでキレイに取り除きましょう。

対処3|洗濯機と給水ホースの間から水漏れ

洗濯機と給水ホースの間から水漏れが発生する原因には、以下があげられます。

  • 給水ホース、パッキンの劣化や故障
  • 給水ホースが外れている
  • 排水口に汚れが溜まっている など

ここでは、パッキンの劣化が原因だった場合の交換方法を解説していきます。パッキンの交換作業では、レンチなどのナットを外す際に必要となるため、事前に用意をしておきましょう。交換手順は以下のとおりです。

洗濯機と給水ホースの間から水漏れするときの修理方法

  1. 蛇口側の給水ホースを【対処1|ニップルと給水ホースの間から水漏れ】で説明した手順で外す
  2. ナット、ホースのつながっている部分をレンチで外す
  3. 内部にあるパッキンを外す
  4. 新品のパッキンを取りつける
  5. レンチを使用してナットとホースを取りつける
  6. 蛇口側の給水ホースを取りつける

パッキンの交換が完了したら実際に水を出して、水漏れが改善されているかチェックをしましょう。

洗濯機本体の水漏れはメーカーへ問い合わせよう

「洗濯機本体から水漏れしている気がする……」というときは、洗濯機本体にひびが入っているなどほかの問題が考えられます

洗濯機本体の異常が疑われるときは、家電メーカーや家電量販店に相談し、点検してもらうと安心です。ただし、洗濯機本体の修理や交換が必要となってしまうと費用も高くなってきます。

  1. 交換できる部分が劣化や損傷していないか
  2. 部品が緩んでいる場所はないか
  3. 交換できる部分以外に損傷している箇所はないか

など、最低限自分でできるところはチェックしてから、メーカーに相談してみるとよいでしょう。もちろんこれは自分でできる範囲にとどめ、水漏れの程度がひどい場合や急を要する場合は、早急に対応してもらいましょう

洗濯機の水漏れ修理を任せたらいくらかかる?

「自分で洗濯機の水漏れを対処できない」「水漏れが悪化しそう……」などという場合は、洗濯機の水漏れ修理に対応する業者に問い合わせをしましょう。ここでは、修理費用の相場や依頼前の見積りについてご紹介します。

洗濯機の水漏れ修理にかかる費用

洗濯機の水漏れ修理を任せたらいくらかかる?

水漏れ修理にかかる費用は、水漏れの症状によって変動することが多いです。費用が変動する理由は、水漏れの症状や程度によって修理内容や修理の難易度が異なるためです。

たとえば、故障した蛇口の交換でかかる修理料金は【約8,000円】で、パッキンの交換には【約1,000~3,000円】かかります。排水ホースの交換や修理では【約5,000~7,000円】となります。ほかにも、出張費や交換する部品費用などもかかることを覚えておきましょう。これらの費用は業者によって異なるため、事前に確認をしておくことをおすすめします。

詳しい修理費用を知るには見積りを

上記でご紹介した費用はあくまで相場であるため、より詳しい修理費用を確認するには見積りが必要となります。

また、1社から見積りをとるのでなく複数の業者から見積りをとることで、提示されている費用が適正なのか、不要な作業内容がないかを確認することが可能です。ほかにも費用を見比べることで、よりお得な業者に任せることができるなどメリットがたくさんあります。

弊社は無料で見積りをとることができるので、初期費用の心配もなく安心です。また、すでに他社から見積りを出してもらっている場合も、相見積りを出すこともできます。「費用がどのくらいになるか心配……」という方も、安心してご相談ください。お電話お待ちしております。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

洗濯機の水漏れを予防し、洗濯機の寿命を延ばすコツ

ここまで、洗濯機の水漏れ対処法をご紹介しましたが、二度とこのようなトラブルが起きないよう再発防止ができると安心ですよね。

洗濯機は生活に必要不可欠な家電製品です。そんな洗濯機を長く使用するには、日ごろの使い方がカギとなります。ここでは、洗濯機の水漏れが起きないよう予防をかねて、洗濯機の寿命を延ばすコツを紹介していきます。

洗濯機を使っていないときは蛇口をしめる

洗濯機を使っているときは当然蛇口を開けると思いますが、洗濯機を使っていないときに蛇口が開きっぱなしだと洗濯機に水圧がかかり負荷をかけてしまいます。そのため、洗濯機を使っていないとき(長期間の旅行など)は蛇口を締めておきましょう

洗濯物は入れすぎない

洗濯機は、洗濯槽に入れられる容量が決まっています。そのため、一度に決まった容量より多い洗濯物を入れることで洗濯機の寿命が縮むおそれがあるのです。

また、乾燥機能つきの洗濯機で衣類を乾燥させる場合、何度も乾燥機を回すのが面倒だからと一度に大量の衣類を入れてしまう方もいるかもしれません。しかし、一度に乾燥ができる容量は、洗濯時よりも少なく定められていることが多いので衣類の入れすぎには注意しましょう。

水栓の種類を変える

洗濯機の水栓には通常の万能ホーム水栓のほかにも種類があります。たとえば、洗濯機用ストッパーつき水栓(オートストップ式給水ジョイント)は、蛇口から給水ホースが外れた際に自動で水を止める機能がついているため、給水ホースが外れたことに気がつかず、床が水浸しになるといった心配がありません。

「給水ホースが外れてしまわないか心配……」と水漏れが不安な方は、洗濯機用ストッパーつき水栓への交換を検討してみるとよいでしょう。

蛇口に防水テープを巻きつける

洗濯機の蛇口交換の箇所で、蛇口と給水ホースを接続する部分に巻くことで水漏れを対処できると紹介しました。ほかにも、防水テープは水漏れ症状を一時的に補修する効果や、蛇口の補強に役立つ効果もあります。

防水テープはホームセンターやドラッグストアでも購入可能で、費用もおよそ500~800円とお手頃なものもあるので、試してみてはいかがでしょうか。

定期的にメンテナンスして劣化や損傷を早期に発見する

定期的に、洗濯機本体や洗濯機周りをチェック、メンテナンスして、パーツの劣化や損傷を早期に発見できるようにしましょう。

とくに、ニップルや給水ホースなどは消耗品です。いつ破損するかわかりません。そのため、定期的に変形やヒビ割れなどしていないかを確認しましょう。

人間が定期的に健康診断を受けないと病気の初期状態に気づきにくいのと同じように、洗濯機などの家電製品も定期的なチェックが必要です。洗濯機を使用している際に、「なんとなく洗濯機がおかしい気がする」「洗濯機の周りに水溜りがある」といった場合は、早めに業者に問い合わせをして対処をしてもらいましょう。

弊社は、洗濯機の給水ホースや蛇口との接続部分のほか、洗面台の水漏れやキッチン、浴室の水トラブルなど、あらゆる水回りのお悩み、お困りごとに対応可能です。水トラブルでお困りでしたら、いつでもお気軽にご連絡ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

洗濯機の付属品に関する記事はこちら

■水漏れが心配なときの調査方法と費用を抑えるコツ
■知っておきたい洗濯機の故障原因と対処法、修理や買い替えのこと
■水漏れで下の階に被害が!原因を突き止めて責任の有無を確認しよう
■洗濯機の蛇口にはアタッチメントが必要かも!設置前に要チェック!
■洗濯機には排水エルボが必要?取り付けを正しく行って水漏れを防ごう
■洗濯機の蛇口の形状|種類の違いや給水ホースの取り付け方法もご紹介
■排水ホースの交換方法【台所・洗濯機】手順をわかりやすく解説します
■洗濯機の給水蛇口にまつわるトラブルをご紹介!取り付け、水漏れなど
■給水ホースの取り付け・外し方を解説|手順を踏めば1人でも簡単!
■洗濯機ホースのつなぎ方を徹底解説!手順や取り付ける際の注意点
■ドラムトラップ|役割やトラブル・自分で出来る対処法について紹介
■洗濯機の給水ホースから水漏れ…原因と蛇口、ホースの修理法を解説

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較