水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 最新情報・レポート > マンションで断水する原因と対策。万が一のために要チェックを!

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

マンションで断水する原因と対策。万が一のために要チェックを!

マンションで断水する原因と対策。万が一のために要チェックを!

 

「あれっ?水が出ない!」日常生活を送る上で、そんな事態が急に起こることがあります。特に大きな地震の際は、断水が起きやすいもの。断水というのは、上水道から水が供給されなくなることで、断水した地域に大きな影響を及ぼします。

私たちが生活を送る上で、必ず水は必要となるものです。入浴やトイレ、洗濯など、生活する上で欠かせない水道が止まってしまったら本当に困ります。そんなときに備えて、普段から対策をしておくことが大切です。

 

マンションでの断水は一戸建てとは違い、複数のお宅に影響が出てしまうもの。そのため、問題がより大きくなりやすいのです。もしもの断水に備えて、私たちはどんなことをすればよいのでしょうか。

今回はマンションで断水が起こる原因と、日頃からできる対策などをまとめてみました。災害に備えたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

 

マンションの断水、何が原因?

一体マンションの断水というは、どんなことが理由で起こってしまうのでしょうか。

 

災害によってライフラインが遮断されたため

台風の影響で洪水となり、川があふれたりすると、水道管が壊れてしまうことがあります。また大きな地震が起こると地面に亀裂が入り、水道管が地面に露出したり破裂したりしてしまうことも。そのようなときは水道管が使えなくなるため、水が供給されなくなります。そのため、ライフラインが遮断されてしまうのです。

 

電気系統や給水設備のトラブルが起きたため

電気系統の工事があると、そのときだけ停電をする場合があります。マンションは受水槽からポンプによって、階下から上の階へと水道管から給水します。電気でポンプを動かして給水しているので、停電すると断水が起こってしまいます。

 

通常の場合は電気系統の工事があると、事前に管理会社などから入居者に向けて通知が行きます。しかしつい忙しくてその通知を知らずにいると、突然断水してあたふたしてしまうかもしれません。電気系統の工事の通知には、しっかり目を通しておきましょう。

また長い年月給水設備を使っていると、当然のことながら劣化して故障しやすくなります。給水設備が故障したときに、断水が起こることもあります。

 

給水設備の清掃・点検のため

マンションの中でも給水設備が旧式なところは、掃除したり点検したりするときに、断水することがあります。

 

水道管工事や水不足対策のため

水道管工事のために、一時的に断水をすることがあります。通常は時間帯が決められており、生活に支障が出ないよう配慮はされています。また雨がなかなか降らない地域だと、水不足のために断水することも。台風が来て雨がよく降るようになると、水不足は回復していきます。

停電による断水の可能性も…!

 

大きな地震があると土砂崩れが起こり、電線が切れることがあります。そのようなときは電力の供給が止まり、停電が起こります。マンションの水の供給は、受水槽から電力によりポンプが作動することにより、成り立っています。そのため停電が起こると、断水も同時に起こってしまうのです。

夏から秋にかけては、日本に台風が到来します。台風の影響で雷が落ちると、電線と地面を絶縁する設備が壊れてしまうことも。そのような時に停電すると、同時に断水も起こります。

マンションの断水対策をご紹介!

マンションの断水対策をご紹介!

 

自然災害による断水は水道管工事などとは違い、突然起こります。突然の断水にも困らないようにするには、私たちはどのような対策をしておけばよいのでしょうか。こちらでは、マンションの断水対策をご紹介します。

 

日ごろから飲用水をストックしておく

とても基本的なことですが、日ごろから飲用水をストックしておくことが大切です。人が一日に必要な飲用水は2.5リットルといわれています。やや多めの3リットルを常に用意しておけば、1日断水しても十分やり過ごせます。

 

お風呂のバスタブに水をはっておく

日常生活で私たちが使う水は、飲用水だけではありません。もし地震の影響などで停電したら、その後断水する可能性もあります。断水しているときでも、人は用を足したくなるものです。断水の際に、トイレに流す水がないほど困ることもないでしょう。

 

そんなときトイレに使う水には、お風呂のバスタブに水をはっておくのがおすすめ。通常の生活の際は、お風呂を使うときだけ水を抜けばよいのです。いざというときのために、水の供給があるうちにストックしておきましょう。

 

ウェットティッシュを用意しておく

断水して手洗いの水が出ないときは、手が汚れても洗うことができません。そんなときは、ウェットティッシュが大活躍します。トイレ用の水をバスタブにストックしておいても、その水で手洗いするのはやや抵抗があるものです。水で手が洗えないときのために、普段からウェットティッシュを多めにストックしておくことをおすすめします。

マンション断水に関する注意事項

断水がマンションで起こったとき、注意すべきポイントを集めてみました。断水が起こった時に困らないよう以下のポイントに注意して、いざ断水した際に役立ててください。

 

断水時は蛇口をすべて閉めておく

断水したときは、必ずすべての蛇口を閉めておくことが必要です。なぜなら、蛇口を開いたままにしておくと、蛇口に空気が入って蛇口を傷めることがあるからです。また水が復旧し、急に蛇口から水が出る恐れもあります。

 

断水時、停電時のトイレの使い方を紹介

断水した時は、トイレタンクに入っている水だけでは、トイレが流れない可能性があります。事前にバスタブに貯めておいた水をバケツなど深い容器に入れ、そのまま便器に流しましょう。

1度多めの水を流したら、その後すぐ、1度目に流した半分ほどの水を流します。水を流す時は、周囲に水が飛び跳ねないように、新聞紙などを敷いてから流すと周囲を汚さず済みます。

 

断水が終わったあとは、洗面所か台所の蛇口を最初に使う

断水が終わったら、蛇口を通常のように使えるのでしょうか。断水した後というのは、蛇口から濁った水や白い水が出てくるものです。濁った水になるのは、水道管の中のさびが水に混ざって出てきたからです。

鉄は人間に不可欠な栄養素ですが、あまり取り過ぎるのはよくありません。蛇口を開けたままにして、水が透明になるまで待ちましょう。白い水になるのは、水圧が変化したり空気が混ざって気泡になっていたりするからです。こちらは飲んでも健康に影響はありませんが、気になる方は水が透明になるまで出しっぱなしにしましょう。

水を使うことは生きることにつながります

水を使うことは生きることにつながります

 

人間は、水がないと生きていけません。飲用水のみではなく、トイレや入浴といった生活用水としても、人間にとって水は欠かせないもの。水を使うことは、私たちが生きることに直接つながっていきます。

 

災害を通して水の重要性に気づくひとも多い

地震や大雨など、災害があったときに断水して、水の重要性に気づく人は多いです。自然災害というのは、いつ来るという予測がなかなかつかないものです。いつ災害が来て断水が起こっても、おかしくありません。

いざ断水が起こったときに慌てないように、日ごろからトイレ用の水をバスタブや、生活用水をポリタンクにためておきましょう。

 

普段の生活で水が使えなくなる可能性も…

水が出にくいときや、トイレが詰まって流れないという症状は、別に災害の時でなくとも、あり得ることです。普段の生活においても、水が使えなくなる可能性は十分あります。給水管がさびで詰まっていたり、止水栓が閉まっていたりすると水が出にくくなるので注意が必要です。

トイレも同様に、止水栓が閉まっているとタンクに水がたまらなくなり、水が流れなくなってしまうことがあります。またタンク内が劣化していると、部品に不具合が生じて水が流れなくなることもあるのです。このように普段の生活の中でも、水が使えなくなるケースというのは存在します。

 

水のトラブルが起きたら業者に相談しよう 

万が一トラブルが発生したら、水のプロに修理を依頼しましょう。水道管に関するトラブルは、ご自身での修理はなかなか難しいものです。

水は生活するうえで欠かせないもの。トイレが流れなくなったりお風呂が使えなくなったりすると、直接私たちの生活に支障が生じてきます。水のトラブルが起こった時、一刻も早く水が流れるようにしてもらうためには、プロに頼むのが1番です。

まとめ

自然災害に見舞われると、いきなり断水が起こることがあります。災害はいつ来るか予想がつきません。そのため日ごろからいざという時のために、水をためておくことが大切です。

また普段の生活を送る上でも、トイレが流れないなどといったトラブルはありがちなもの。そんなトラブルが起こったら、早めに水のプロに相談をしましょう。

水は私たちの生活にとってかけがえのないもの。万が一を考えて大切に使うことはもちろん、普段から水のストックを準備しておくと、いざという時にも役立つはずです。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較