水漏れ修理・水回りトラブルの事なら水110番 TOP > 最新情報・レポート > トイレの水が止まらない!原因と対処法を知って慌てず解決

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの水が止まらない!原因と対処法を知って慌てず解決

トイレの水が止まらない!原因と対処法を知って慌てず解決

 

毎日使っているトイレで急なトラブルが発生すると、とても慌てます。たとえば「水が止まらない!」このようなとき、どうやって対処したらよいのかわからない方も多いはずです。水が止まらないと水道代も上がりますが、それよりもこのままあふれてしまうんじゃないか、といった心配も出てきます。

 

トイレとは、生活をしていく中でなくてはならない存在です。故障したら早急な修理が必要ですが、まずは自分で何かできることがあるかもしれません。今回は、よくあるトラブル「トイレの水が止まらないとき」について解説していきます。いつこのような事態が起きても、慌てず行動できるよう重要なポイントをお伝えするので、これからのためにもぜひ参考に読んでみてください。

 

 

トイレの水が止まらない!自分で対応しよう

突然トイレの水が止まらず、流れたままだと慌ててしまいます。チョロチョロ出てる程度でも放置しておくと、状況が悪化していく可能性もあるため気づいたら早めの対応をしましょう。ここでは自分でできる水の止め方を解説していきます。

 

止水栓をとめる

水回りには必ず止水栓があります。まずはこの止水栓を止めましょう。止水栓は、トイレの近くの給水管についています。さまざまな種類がありますが、どれも構造は難しくないので簡単に止めることができます。※ウォシュレット機能のあるトイレは、ウォシュレット用の止水栓があります。間違えないように注意しましょう。

 

〇フィルターなしのタイプ

マイナスドライバーでくるくる回してください。

 

〇フィルター付きタイプ

付属の開閉具で、内側の溝のみ回してください。(付属品がなければマイナスドライバーでも大丈夫です。)

 

〇中に収納するタイプ

トイレの種類にもよって、止水栓が便器の外側に収納されている型もあります。パネルを手間に弾いて、フタを開けると止水栓があるので、手で回して止めましょう。

 

タンクのフタを外す

タンクのフタは落とさないように、両手で垂直に持ち上げてください。手洗い器のないタイプは、そのまま上に持ち上げれば外れますが、手洗い器付きのタンクは固定されている型もあります。

 

〇金属パイプで接続

手洗い管と金属パイプがつながっているタイプです。これはタンクを上へ持ち上げることで簡単に外すことができます。

 

〇蛇腹ホースで接続

手洗い器と透明な蛇腹ホースがつながっているタイプです。ナットで固定されていることもあるので、ナットをゆるめるとタンクも簡単に外せます。

 

〇ゴムホースで接続

手洗い器とゴムホースがつながっていて、バンドがついています。バンドをゆるめるとタンクも外れます。

 

ゴムフロートの確認

ゴムフロートとは、タンクの水が便器に流れないように止めているパーツです。チェーン付きの黒いボールです。ゴムフロートが劣化すると、タンク内の水が勝手に便器へ流れてしまいます。不具合が見つかれば交換が必要です。

 

〇タンク内の水を全部抜く

止水栓を止めて、水を流すレバーを引くことでタンク内の水がなくなります。

 

〇古いゴムフロートを外す

ゴムフロートは、2箇所接続されています。チェーンとオーバーフロー管です。先にチェーンを外します。次にオーバーフロー管を外します。こちらも左右にひっかけてあるので簡単に外せます。

 

〇新しいゴムフロートをつける

手順は取り外したときと逆におこなうだけです。オーバーフロー管を先に取り付けてから、チェーンをひっかけてください。

 

ボールタップの確認

タンクの中にボール状の浮き玉が浮いています。浮き玉とつながれているパーツがボールタップです。タンクに水が給水されると、一定の水量で自動に止める役割をしています。水が流れ続けていると、このボールタップが正常に作動していないことになります。不具合が見つかれば交換をしましょう。

 

〇給水管を外す

止水栓を止めてからおこないます。ボールタップは給水管とナットでつながれています。モンチーレンチでナットをゆるめ、ボールタップを外します。

 

〇新しいボールタップをつける

タンクに内側から、パッキンと新しいボールタップを給水管に誘込みます。

 

〇外側から固定

新しいボールタップを取り付けたら、外側もパッキンとナットを取り付けます。

 

〇止水栓を開け、水量調整

止水栓を開けてください。新しいボールタップから給水されてくるはずです。そしてある一定の量まで水がきたら、自動で止まります。理想の水位はオーバーフロー管から2-3㎝下です。水位の調整機能は、ボールタップにリングもしくは支持棒がついているので、それを上下または左右に動かすと、水位を調整できます。

 

オーバーフロー管の確認

オーバーフロー管は、タンク内にある細長い管のことです。給水管からの水が止まらないときに、タンクから水があふれないようにしています。これに亀裂が入るなどすると、便器内に水が流れ続けてしまいます。

 

〇タンクを外す

止水栓を止め、中のレバーを引いて、中の水を空にします。タンクと給水管をつないでいるナットをゆるめ、タンクごと外します。

 

〇オーバーフロート管を外す

タンクの底を見ると、でっぱった輪っかがついているので、回して外します。

 

〇新しいオーバーフロー管を取り付ける

外したときと逆で、取り付けて輪を回して閉めます。

 

〇タンクを戻す

給水管とタンクをもとのように、ナットで閉めましょう。

 

オーバーフロー管の交換は、タンクごと取り外さないといけません。タンクは重く、男の人でも力が必要です。交換用のオーバーフロー管も売っていますか、できればプロの方へおまかせした方が安心です。

 

手洗い管の水が止まらない!

手洗い管の水が止まらない!

 

上記では便器への水流れがメインでしたが、手洗い管からも水が止まらなくなることはあります。次に、手洗い管かたの水が止まらないときの対応についてチェック手順をお伝えします。タンクのフタを開け、中を見てみましょう。

 

〇タンク内の水位がオーバーフロー管まできていない

  • チェーンが邪魔をしている…チェーンが引っかかっているとゴムフロートが閉まらず、水が流れます。チェーンをちょっと引っ張るなどして位置を直してあげましょう。
  •  

  • ゴムフロートと排水弁にゴミがつまる…排水弁とはオーバーフロー管の底にある、排水口の弁です。ゴムフロートと排水弁にゴミや異物が挟まると、ゴムフロートがうまく開閉できなくなります。ゴミを取り除きましょう。
  •  

  • ゴムフロートが劣化している…ゴムフロートが劣化すると、勝手に水が流れるので交換をしましょう。
  •  

     

    〇タンク内の水位がオーバーフロー管の上にある

  • 浮き玉の固定…何かにひっかかっていたり、外れているならしっかり固定しましょう。
  •  

  • ボールタップの異変…水アカがたまっている、パーツが外れている、劣化しているのなら交換や掃除をしてみましょう。
  •  

    トイレの修理にかかる費用は?

    個人で修理をするなら、問題のあるパーツを購入するだけなので高額になることはあまりないでしょう。しかし、素人による修理は失敗する恐れもあるため、失敗してよけいにひどい状態になる可能性もあります。そうなると、専門業者へ依頼することとなりますが、気になるのが費用です。ここでは費用について解説します。

     

    まずトイレにはいろいろパーツがあります。修理内容でもパーツを交換するだけと、タンクごと交換では料金に差が出ます。タンクごと交換のほうが、料金が上がります。またパーツだけの交換でも、タンクを取り外すか、外さないかでも変わります。タンクを外さず交換をするほうが安価で済みます。

     

    パーツの交換で、止水栓・ゴムフロート・ボールタップならタンクを外さず交換できるので、このあたりの交換では料金に差があまり出ないでしょう。しかし、給水管の交換は、これらより少し料金が上がることがあります。

     

    急なトイレトラブル。まずは構造を知っておこう

    急なトイレトラブル。まずは構造を知っておこう

     

    トイレの急なトラブルで慌てないためにも、構造を理解しているともしものときでも自分で対応ができるようになります。トイレのタンクの構造と、よくあるトイレトラブルについて説明します。

     

    トイレの構造を知ろう

    • ① 水を流すレバーを回すと、チェーンによってゴムフロートが引き上げられます。ゴムフロートが上がり、排水口へ水が流れると水が便器に流れていきます。
    • ② 水位が下がり、浮き玉も下がります
    • ③ ボールタップが開き、ボールタップの弁が開きます。給水管と手洗い管へ水が給水されます。
    • ④ 水位が上がると、浮き玉も上へ上がり、一定の水位になればボールタップからの給水が止まります。

     

    よくあるトラブル、原因を知って対処する

    水が止まらないトラブルも多いですが、とくに多いトラブルは「つまって流れない」です。つまる原因は、トイレッットペーパーを多く流しすぎた、異物や水に溶けないものを落としてしまったことが考えられます。この場合の簡単に自分でできる対処法を解説します。

     

    ・お湯を流す

    トイレットペーパーのような溶ける素材であれば、ゆっくりお湯を流すことで溶けやすくなりつまりも解消されます。

     

    ・ラバーカップを使う

    排水口にゆっくりラバーカップを押し当て、いきおいよく引っ張りあげます。異物を無理に流すのではなく、引き上げることでつまりを解消します。

     

    ・ワイヤーブラシ

    便器の排水口はS字型に曲がっているので、奥でつまっているときは、ワイヤーブラシでひっかけて異物を取り出します。

     

    以上の方法でも、うまくつまりが解消されなければ専門業者へ依頼しましょう。またウォシュレット機能の不具合であれば、電化製品であるため自分での対処は難しいです。寿命による経年劣化も考えられるで、買い替えも検討する必要があります。

     

    対処できないときはプロへお願い

    自分で対処できるトラブルもあれば、プロへまかせたほうがいいトラブルもあります。プロへ依頼するとき、信頼できる業者へお願いしたいですが、たくさんの業者があってどこがよいのかわかりません。ここではよい業者の選び方をお伝えします。

     

    〇スピーディーな解決をしてくれる

    水回りのトラブルは早い解決が必要です。時間がかかれば、その間、使用できずに生活に支障がでます。また水漏れであれば水道代も不必要にかかります。連絡をしたらすぐに対応してくれることが重要です。

     

    〇明確な見積り書

    料金設定が明確で、修理費用も相場とかけ離れていないことを確認しましょう。急いでいるときは目についた業者へ連絡してしまいがちですが、あとから冷静になったとき後悔しないよう無料見積りで、よく話を聞いてくれる業者を選びましょう。

     

    〇アフターケアがある

    修理をしたのに次の日にはまたトラブルが起きたとなったら、困ります。もしものときのために無料で対応してくれる保証やアフターサービスがきちんとあるか確認をしましょう。

     

    まとめ

    今回は、トイレの水が止まらないときの対処法をお伝えしました。まずタンクを開けて、どこがおかしいのか原因を特定することで解決できることがあります。それにより自分で修理できることもありますが、原因不明であったり、トイレ自体の劣化が激しいときはプロへ相談することをおすすめします。

     

    トイレが使えないのは、日常生活を送るのにとても不便です。水が止まらないと、あふれ出てもっと大変な状況にもなります。プロへ依頼すると費用はかかりますが、確実に直してくれるため安心です。自分で修理が難しいときは無理をせず、専門のプロへ相談をしましょう。

    0120-932-621
    サービス品質について
    無料相談窓口へ
    よくあるご質問
    スタッフ紹介
    他社との比較