水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > トイレの水が止まらない!原因と対処法を知って慌てず解決

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレの水が止まらない!原因と対処法を知って慌てず解決

トイレの水が止まらないとき、まずは“止水栓”を閉めることが大切です。止水栓を閉めれば、水の流れを止めることができるので、最小限の被害で食い止めることができます。細かい修理作業は、そのあとです。

トイレの水が止まらない原因のほとんどが、タンク内にある部品の不具合によるものです。タンク内の部品は、不具合の原因がわかれば自分でも修理をすることができます。

この記事では、“トイレの水が止まらない原因“や”自分で解消する方法“をご紹介します。「トイレの水が止まらない!」こんなトラブルは、このコラムで解決しましょう!

トイレから水が止まらないトラブルお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

急なトイレトラブル。まずは構造を知っておこう

トイレの急なトラブルで慌てないためにも、構造を理解しているともしものときでも自分で対応できるようになります。トイレイレのタンクの構造と、よくあるトイレトラブルについて説明します。

トイレの水が止まらない原因を知るためにも、トイレの水が流れる仕組みやパーツの役割をイラストを使って簡単にご紹介します。

トイレの仕組みを知ることで、どのパーツにトラブルが起こっているのかを把握することができるので、スムーズに対処法を理解できるはずです。

トイレ内部の構造と水が流れる仕組み

トイレの構造
  • レバーハンドル:ゴムフロートを持ち上げる
  • オーバーフロー管:タンク内の水位を調節
  • ゴムフロート:便器につながる排水口のフタ
  • フロートバルブ:ゴムフロートが収まる場所
  • ボールタップ:水をタンク内と手洗い管に流す
  • 浮き玉:ボールタップを動かし水量を調節する
水が流れる仕組み
  1. トイレのレバーハンドルを引く
  2. ゴムフロートが上がり水が流れる
  3. 水位が下がり浮き球の位置も下がる
  4. ボールタップが開いて給水される

レバーを回すと、チェーンによってゴムフロートが引き上げられ、水が便器に流れていきます。

水が流れていくとタンク内部の水位が下がり、浮き玉の位置も下がっていきます。すると、ボールタップが開いて給水管と手洗い管へ水が給水されるのです。

水位が上昇すると浮き玉も上がり、一定の水位になればボールタップからの給水が止まります。

タンク内の水量は、“オーバーフロー管”という部品によって調整されていて、タンク内の水が溢れ出ないように水位を一定値に保つ役割をしてくれているのです。

トイレの水が止まらない!自分で対応しよう

突然トイレの水が止まらず、流れたままだと慌ててしまいます。チョロチョロ出てる程度でも放置しておくと、状況が悪化していく可能性もあるため気づいたら早めの対応をしましょう。ここでは、自分でできる水の止め方を解説していきます。

【手順1】止水栓をとめる

水回りには、必ず”止水栓”があります。まずはこの止水栓を閉めましょう。止水栓の多くは、トイレの近くの給水管についています。さまざまな種類がありますが、どれも構造は難しくないので簡単に止めることができます。

止水栓の位置
  • トイレと壁の中にある配管の接続部(背面や横の壁)
  • トイレと床の下にある配管の接続部
!注意!
ウォシュレット機能のあるトイレは、”ウォシュレット用の止水栓”があります。間違えないように注意しましょう。

タイプ別の止め方

トイレの種類 確認方法

フィルターなしのタイプ

マイナスドライバーで、くるくる回してください。
フィルターありのタイプ 付属の開閉具で、内側の溝のみ回してください。付属品がなければマイナスドライバーでも問題ありません。
内部に収納するタイプ トイレの種類によって、止水栓が便器の外側に収納されている型もあります。パネルを手間に弾いて、フタを開けると止水栓があるので、手で回しましょう。


止水栓が見つからないときは元栓を閉める

止水栓がどこにあるかわからないときは、”元栓“を閉めるようにします。元栓とは、水道の大元の栓のことです。元栓の場所は、以下のとおりです。

元栓の位置
  • 一軒家:ガレージ内など敷地内の地面の中
  • マンションやアパート:玄関横のパイプシャフト内

パイプシャフト”とは、上下水道・ガスを各階に通すための配管がある空間のことです。水が止まったかどうかは、水道メーターの一部である”パイロット”というコマ状のパーツが動いていないことで、確認可能です。

パイロットは、水が流れていると回転し水が止まると動かなくなる仕組みになっています。

パイロット針は、止水栓・元栓からの水が止まっていることを確認するときだけでなく、家のどこかから水漏れしていないかを確認するときの目印にもなります。水を使用していないのにパイロットが動いていたら、水漏れのサインです。

【手順2】タンクのフタを外す

タンクのフタは落とさないように、両手で垂直に持ち上げてください。手洗い器のないタイプはそのまま上に持ち上げれば外れますが、手洗い器付きのタンクは固定されている型もあります

タイプ別の外し方

トイレの種類 確認方法

金属パイプで接続

手洗い管と金属パイプがつながっているタイプです。これは、タンクを上へ持ち上げることで簡単に外すことができます。
蛇腹ホースで接続 手洗い器と透明な蛇腹ホースがつながっているタイプです。ナットで固定されていることもあるので、ナットをゆるめるとタンクも簡単に外せます。
ゴムホースで接続 手洗い器とゴムホースがつながっていて、バンドがついています。バンドをゆるめるとタンクも外れます。
タンク自体がない タンク自体ないタイプは、タンクレストイレの水が止まらない!2つの原因と対処法についてに詳しく記載。

 

【手順3】タンク内の水位を確認

タンクを無事に取り外せたら、”タンク内部の水位”を確認しましょう。水位によって対処法が異なりますので、状況に合わせて以下の対処法をおこないます。

水位が標準より上の場合

ボールタップのパッキン交換
タンク内の水位がオーバーフロー管の標準ラインよりも上にきている場合は、タンク内への給水が過剰におこなわれていることが考えられます。

このような場合、浮き玉を持ち上げてみてください。浮き球を持ち上げることで、ボールタップが正常に機能すれば給水は止まります。

しかし、浮き玉を持ち上げてみても水が止まらない場合は、ボールタップのパッキンの劣化が原因として考えられます。パッキンが劣化すると隙間ができるため、水が漏れてしまうのです。

ボールタップのパッキンの劣化が原因の場合は、メーカーに問い合わせるか、パッキンの型番を調べてインターネットやホームセンターで購入し交換してみてください。

水量の調節
浮き玉に異常がみられると、タンク内に正常な水量を保つことができません。水が止まらない場合は、浮き玉がうまく機能していないことが考えられます。

タンク内の水位が上昇しても浮き玉が浮かび上がらない場合は、浮き玉が破損しているなどの原因が考えられるので交換が必要です。

浮き玉の交換には、ボールタップと浮き球がセットになって販売されていることが多いため、同じ型番のボールタップを購入する必要があります。

しかし、販売されているボールタップの種類は数が多く、使用中のボールタップが廃盤になっていることもあります。このように、ボールタップを自分で用意するには苦労することもあるのです。

また、ボールタップを手に入れることができたとしても、取り付けにはドライバーやモンキーレンチなどの工具が必要となります。普段から”DIY”(自分で交換や修理をおこなうこと)に慣れていないと、作業もスムーズにいきません。

最悪の場合は、もともと正常だったほかのパーツまで壊してしまい、新たな水漏れの原因をつくってしまうことも考えられます。自分で交換作業が難しいと感じる場合は、水のトラブルに関して熟知しているプロに相談してみることをおすすめします。

水位が標準より下の場合

トイレのタンク内の水位が”標準より下”の場合は、次の対処法が有効です。

フロートバルブの交換
タンク内の水位が、トイレのタンク内の水位がオーバーフロー管の標準ラインより下の場合は、フロートバルブのパッキンの劣化ゴムフロートの摩耗が考えられます。

交換する際は、使用中の型番と同じものを揃える必要があります。ボールタップ同様、すぐに同じ型番を用意することが難しい場合もあることを覚えておきましょう。

レバーハンドルの交換
タンク内の水位がもう1つ、タンク内の水位が標準より低くなる原因として、レバーハンドルの異常が考えられます。たとえば、レバーハンドルを回しても元の位置に戻らないなどの症状です。

レバーハンドルを回したあと、正常な位置に戻らず引っかかっている場合は、ゴムフロートがフロートバルブに収まっていない状態になるため水が止まらなくなります。

レバーハンドルの交換も同じ型番のものでないとフィットしないので、交換用のレバーハンドルを購入する際にはメーカーに確認しましょう。

【手順4】ゴムフロートの確認

ゴムフロート”とは、タンクの水が便器に流れないように止めているパーツです。チェーン付きの黒いボールです。ゴムフロートが劣化するとタンク内の水が勝手に便器へ流れてしまいます。不具合が見つかれば交換が必要です。

ゴムフロートの交換方法
  1. タンク内の水を全部抜く
  2. 古いゴムフロートを外す
  3. 新しいゴムフロートをつける

必ず最初に止水栓を止めて、水を流すレバーを引くことでタンク内の水を抜きましょう。ゴムフロートは、チェーンとオーバーフロー管の2箇所接続されています。先にチェーンを外し、次にオーバーフロー管を外します。こちらも左右にひっかけてあるので簡単に外せます。

 新しいゴムフロートを取り付けるときは、取り外したときと逆におこなうだけです。オーバーフロー管を先に取り付けてから、チェーンをひっかけてください。

【手順4】ボールタップの確認

タンクの中にボール状の浮き玉が浮いています。浮き玉とつながれているパーツがボールタップです。タンクに水が給水されると、一定の水量で自動に止める役割をしています。

水が流れ続けていると、このボールタップが正常に作動していないことになります。不具合が見つかれば交換をしましょう。

ボールタップの外し方
  1. 給水管を外す
  2. 新しいボールタップをつける
  3. 外側から固定する
  4. 止水栓を開けて水量を調整する

止水栓を止めてからおこないます。ボールタップは給水管とナットでつながれているので、モンチーレンチでナットをゆるめボールタップを外します。

そして、タンクに内側からパッキンと新しいボールタップを給水管に入れ込みます。新しいボールタップを取り付けたら、外側もパッキンとナットを取り付けましょう。

止水栓を開けると、新しいボールタップから給水されてくるはずです。そしてある一定の量まで水がきたら、自動で止まります。

理想の水位は、オーバーフロー管から2~3㎝下です。水位の調整機能は、ボールタップにリングもしくは支持棒がついているので、それを上下または左右に動かすと、水位を調整できます。

【手順5】オーバーフロー管の確認

オーバーフロー管は、タンク内にある細長い管のことです。給水管からの水が止まらないときに、タンクから水があふれないようにしています。これに亀裂が入るなどすると、便器内に水が流れ続けてしまいます

オーバーフロー管の確認方法
  1. タンクを外す
  2. オーバーフロート管を外す
  3. 新しいオーバーフロー管を取り付ける
  4. タンクを戻す

止水栓を止め、中のレバーを引いて水を空にします。タンクと給水管をつないでいるナットをゆるめ、タンクごと外します。タンクの底を見るとでっぱった輪っかがついているので、回して外します。

新しいオーバーフロー菅を取り付けるときは、取り外したときと逆に回して閉めましょう。給水管とタンクも、元のようにナットで閉めましょう。

オーバーフロー管の交換は、タンクごと取り外さないといけません。タンクは重く、男の人でも力が必要です。交換用のオーバーフロー管も売っていますか、できればプロの方へおまかせした方が安心です。

手洗い管の水が止まらない!

上記では便器への水流れがメインでしたが、手洗い管からも水が止まらなくなることはあります。次に、手洗い管からの水が止まらないときの対応についてチェック手順をお伝えします。タンクのフタを開け、中を見てみましょう。

手洗い管の確認方法

手洗い管から水が止まらないようなときは、タンク内部の部品に異常が起こっているおそれがあります。タンクを開けて内部を確認し、原因を追究しますが、作業前には必ず他の作業と同じように“止水栓”を閉めておきましょう。

タンクの外し方は、先述したようにトイレの種類にあわせて外します。タンクを外し、内部の水位の状況によって水が止まらない原因は異なりますので、まずは状況を確認してください。

タンクの水位を確認したら、以下に紹介している原因にあわせた対処法をとりましょう。

タンク内の水位がオーバーフロー管まできていない

1.チェーンが邪魔をしている
チェーンが引っかかっているとゴムフロートが閉まらず、水が流れます。チェーンをちょっと引っ張るなどして位置を直してあげましょう。
2.ゴムフロートと排水弁がつまる
排水弁とはオーバーフロー管の底にある、排水口の弁です。ゴムフロートと排水弁にゴミ異物が挟まると、ゴムフロートがうまく開閉できなくなります。ゴミを取り除きましょう。
3.ゴムフロートが劣化している
ゴムフロートが劣化すると、勝手に水が流れるので交換をしましょう。

タンク内の水位がオーバーフロー管の上にある

1.浮き玉が固定されていない
何かにひっかかっている、または外れているならしっかり固定しましょう。
2.ボールタップの異変
水アカがたまっている、パーツが外れている劣化しているのなら交換や掃除をしてみましょう。

トイレの修理にかかる費用は?

個人で修理をするなら、問題のあるパーツを購入するだけなので高額になることはあまりないでしょう。

しかし、素人による修理は失敗するおそれもあるため、失敗してよけいにひどい状態になる可能性もあります

そうなると、専門業者へ依頼することとなりますが、気になるのが費用です。ここでは、その費用について解説します。

費用は修理内容によって異なる

トイレにはさまざまなパーツがあります。パーツを交換するだけ、タンクごと交換が必要など、修理内容によって料金に差が出てしまうのです。

このように、修理内容によって費用が異なりますが、たとえばタンク内部の修理や交換の費用相場は“約8,000円~20,000円”です。

費用に差がある理由は、修理・交換する部品の種類や作業の難易度など業者によって異なるからです。たとえば、タンクごと交換のほうが料金は上がります。

またパーツだけの交換でも、タンクを取り外すかどうかで変わります。タンクを外さず交換をするほうが安価で済むのです。

パーツの交換で、止水栓・ゴムフロート・ボールタップならタンクを外さず交換できるので、このあたりの交換では料金に差があまり出ないでしょう。しかし、給水管の交換は少し料金が上がることがあります。

自分で修理して失敗…
業者に頼むより高くなるかも…
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

よくあるトラブル!原因を知って対処する

水が止まらないトラブルも多いですが”つまって流れない”トラブルも多いです。つまる原因は、トイレットペーパーを多く流しすぎた、異物や水に溶けないものを落としてしまったことが考えられます。

このような場合に、自分で簡単にできる対処法を解説します。

お湯を流す
トイレットペーパーのような溶ける素材であれば、ゆっくりお湯を流すことで溶けやすくなりつまりも解消されます。
ラバーカップを使う
排水口にゆっくりラバーカップを押し当て、いきおいよく引っ張りあげます。異物を無理に流すのではなく、引き上げることでつまりを解消します。
ワイヤーブラシ
便器の排水口はS字型に曲がっているので、奥でつまっているときは、ワイヤーブラシでひっかけて異物を取り出します

以上の方法でも、うまくつまりが解消されなければ専門業者へ依頼しましょう。

また、ウォシュレット機能の不具合であれば、自分での対処は難しいです。寿命による経年劣化も考えられるで、買い替えも検討する必要があります。

対処できないときはプロへお願い

自分で対処できるトラブルもあれば、プロへまかせたほうがいいトラブルもあります。プロへ依頼するとき、信頼できる業者へお願いしたいですが、たくさんの業者があってどこがよいのかわかりませんよね。ここでは、よい業者の選び方をお伝えします。

スピーディーな解決をしてくれる

水回りのトラブルは、早い解決が必要です。時間がかかれば、その間、使用できずに生活に支障がでます

また、水漏れであれば水道代も必要以上にかかります。連絡をしたらすぐに対応してくれることが重要です。

明確な見積書

料金設定が明確で、修理費用も相場とかけ離れていないことを確認しましょう。

急いでいるときは目についた業者へ連絡してしまいがちですが、あとから冷静になったとき後悔しないようにしなくてはなりません。無料見積りで、よく話を聞いてくれる業者を選びましょう。

アフターケアがある

修理をしたのに、次の日にはまたトラブルが起きたとなったら困りますよね。

もしものときのために、無料で対応してくれる保証やアフターサービスがきちんとあるか確認をしましょう。

プロに任せたほうがよいケースとは?

トイレの水が止まらない原因は特定できましたか。原因が特定できても、修理・交換方法が複雑でわからない場合はプロに相談することをおすすめします。

プロに修理を依頼したほうがよいケースをまとめましたので、参考にしてください。

プロに任せたほうがよいケース
  • 水漏れの原因がわからない
  • 修理する自信がない
  • 便器本体が破損している
  • 床下から水漏れしている
  • 重度の水漏れに発展している

上記の5つにうち、どれかひとつでも当てはまるものがあれば、自分で解決しようとせずプロにお任せしたほうが安心です。ここからは、プロに修理を依頼するケースをもう少し詳しく解説します。

水漏れ原因を特定できないときや修理に自信がないとき

原因不明の場合はどうすることもできませんので、業者に相談しましょう。

また、トイレの水が止まらない原因がわかったとしても、交換には同じ型番の部品を揃えたり、工具を準備したりと時間と手間がかかります。

プロに依頼すれば、早急に部品や工具を揃えて、適切な方法で修理・交換をしてくれるため、自力での修理が不安な人や多忙な人におすすめです。

便器本体が破損しているとき

また、便器がひび割れているなど便器自体の破損が原因の場合は、便器ごと交換が必要になります。

トイレメーカーも、万が一便器がひび割れた場合は安全のため交換することを推奨しています。便器本体の交換は業者でなければできないためすぐに依頼してください。

床下から水漏れが発生しているとき

床下からの水漏れは、床下にある排水管自体がひび割れてしまい、水漏れしていることが考えられます。この場合は、床下を掘り起こして排水管を交換する必要があるため、素人では対処することが難しいです。

すぐにできることは、止水栓や元栓を閉めて水が流れないようにすることくらいです。

そのまま放っておくと、床に染みができたりカビが生えてしまったりするので、早急に業者へ相談するようにしてください。

重度の水漏れに発展しているとき

水漏れの勢いがひどい場合も同様に、まずは止水栓や元栓をしっかり閉めて、水が出ない状況をつくりましょう。

水漏れの勢いがひどいということは、それだけパーツの損傷具合もひどくなっているおそれがあります。すぐに業者に相談しましょう。

できるだけ早い段階で業者に相談しよう

今回は、トイレの水が止まらないときの対処法をお伝えしました。まずタンクを開けて、どこがおかしいのか原因を特定することで解決できることがあります。

それにより自分で修理できることもありますが、原因不明であったり、トイレ自体の劣化が激しいときはプロへ相談することをおすすめします

トイレが使えないのは、日常生活を送るのにとても不便です。水が止まらないと、あふれ出てもっと大変な状況にもなります。

プロへ依頼すると費用はかかりますが、確実に直してくれるため安心です。自分で修理が難しいときは無理をせず、専門のプロへ相談をしましょう。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較