水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> 水漏れの原因候補・水道の蛇口などトラブル調査・解決法を解説!

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

水漏れの原因候補・水道の蛇口などトラブル調査・解決法を解説!

水漏れの原因候補・水道の蛇口などトラブル調査・解決法を解説!

水漏れを修理するためには、まず、水漏れの原因を知ることからはじめましょう。

水漏れにはよくある原因がいくつかあり、その原因によって「自分で修理できるかどうか」や「どう修理したらよいか」が変わってきます。そのため、まずは水漏れの原因をつきとめることが大切なのです。

この記事では、水漏れの原因と、原因ごとの修理方法を紹介していきます。水漏れを発見した方は、この記事でご紹介するケースに当てはまる症状を探して、解決の参考にしてみてください。

また、水漏れ箇所がわからない方は、まずは見えない場所で水漏れが発生していることも…その調査方法をご覧ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水漏れの原因はおおまかに4種類にわけられる

今の私たちの生活において水道はなくてはならないものです。しかし、水道を利用することと水漏れという問題はどうしても切り離せないものです。水道から水漏れがあると、水道料金が高くなってしまうほか、お家がカビやすい環境になってしまうおそれがあります。

水漏れに対してはしっかりとした対策が必要です。そして水漏れの対策をするには、水漏れが起こってしまう原因を知ることが大切です。そこで、最初に水漏れのおもな原因を4つご紹介します。

フィルターや水道管内部などの汚れ

水漏れを発見したらまず応急処置をしよう

フィルターや水道管の中の汚れは異臭だけではなく、水漏れの原因にもなります。排水管の中に油汚れや髪の毛がたまると、排水管の水が流れにくくなります。そうなると、水が管の中でたまってしまい、管から染み出るように水漏れが起きるのです。

また、排水管の中に水がたまってしまう症状以外にも、汚れが管の内部を傷つけることで水が漏れだしてしまうケースもあります。

水道管内部の汚れによる水漏れを防ぐには、定期的に水道管の中を掃除して、キレイな状態を保つようにしましょう。水道管の掃除はパイプクリーナ―を使うだけで簡単におこなえます。あらかじめ購入しておくとよいでしょう。

パッキンなどの内部部品の劣化

私たちが毎日使っている台所や洗面所の蛇口などの水道設備には、耐久年数というものがあります。耐久年数とは、メーカーが問題なく使えると判断した期間のことを指します。

簡単にいうと、水道設備の消費期限のようなものです。そのため、耐久期間を過ぎた製品に何らかの不良が出るのは当然といえます。

中でも、蛇口やシャワーヘッドの中にある、水漏れを防止するためのパッキンと呼ばれるゴム製の部品は、耐久期間は5年~10年とされています。そのため、パッキンが耐久期間を過ぎて劣化してしまうと、本来の役割を果たせず水漏れが起こってしまうわけです。

内部部品の劣化による水漏れを防ぐためには、取扱説明書などで耐久年数を確認し、耐久年数を過ぎていたら新しいものと交換することが大切です。

内部部品の中でも、パッキンは自分で交換することが比較的簡単な部品です。パッキンはホームセンターなどで購入することができるので、メーカーに合わせたものを間違えずに選びましょう。

ナットなど、接合部の緩み

パッキンなど部品の耐久年数が過ぎていない場合でも、水漏れが起こることがあります。たとえば、水道の接合部分の緩みです。

長期間水道を使用していると、蛇口のナットやボルト、水道管の接合部分がしだいに緩んできます。このような接合部分の緩みによって、水漏れが発生してしまうことがあるのです。

接合部分から水漏れが起きたら、一度ナットなどの部品をはずしてみて、緩みや隙間ができないように装着し直してみましょう。部品をはずす際には、そこから水が噴き出さないよう、止水栓を閉め忘れないようにしてください。

水道管のヒビや穴

水道管にあいた穴やヒビが原因となって水漏れが発生することもあります。水道管のヒビや穴のおもな原因は、経年劣化や水道管の凍結です。経年劣化については定期的な点検が予防となりますが、凍結については冬場の注意で予防することができます。

【水道管の凍結を予防する方法】

冬になると、とくに気温が低い地域では水道管の凍結が起きやすいです。水道管が凍結すると水道が破裂して、水道が使えなってしまいます。水道管を凍結させないためには、水の流れを止めないことが大切です。

もったいないと感じてしまうかもしれませんが、気温が非常に低く、水道が凍結してしまいそうな日には、水道を出しっぱなしにしておくと、凍結を予防することができるでしょう。

ここまでは水漏れのおもな原因4つについて解説してきましたが、ここからは水漏れが起こる場所ごとに、原因と対処法をご紹介していきます。ご自宅の水漏れの症状と照らしあわせながら、原因と対処法を確認していきましょう。

トイレの水漏れ原因と対処法

トイレでは、さまざまな場所から水漏れする可能性があります。中でも水漏れしやすい箇所が便器、パイプ、タンク内、パイプと床(または壁)の接合部、手洗い管などです。そして、水漏れ箇所ごとによって原因は異なります。

タンクや便器に水が流れ続けてしまう、手洗い管の水が止まらない場合
このような症状の場合、タンク内にある下記のような部品の故障や不具合が原因と考えられます。

  • ボールタップ
  • 浮き球
  • ゴムフロート
  • チェーン(鎖)
  • オーバーフロー管

これらの部品の交換が必要な際には、トイレメーカー、ホームセンター、通販サイトなどで新しいものを探しましょう。ご自宅のトイレにあったものを用意しないと修理できないので、新しい部品を探す際にはよく確認したうえで購入するようにしてください。

パイプ(給水管)から水漏れしている場合
トイレの給水管からの水漏れは、トイレタンクや止水栓との接続部分が緩んでいたり、パッキンが劣化していたりすることが原因である場合が多いです。

まずは、給水管との接続部分のナットが緩んでいないかを確認しましょう。ナットの緩みが原因でない場合は、パッキンを交換します。接続部分によって使われているパッキンの種類が違うので、古いものを同じものを購入するようにしてください。

このように、トイレの水漏れはさまざまな箇所で発生しうるものです。原因についても、使用していくうちに部品が緩んで水漏れを起こすこともあれば、タンク内やパイプ内の部品の劣化が原因であることもあります。原因に応じた方法で対処しましょう。

しかし、原因がわからない場合や自分で修理するのが難しい場合は、水漏れ被害が悪化してしまう前に、修理業者やメーカーに相談することをおすすめします。

キッチンの水漏れ原因と対処法

キッチンでの水漏れはシンク、排水管、蛇口(水栓)などから起こりやすいです。その中でもとく多いのが、床下での水漏れとシンクからの水漏れです。

床下(シンク下)から水漏れしている場合
床下の水漏れは気が付きにくいため、いつの間にかひどい量の水が漏れており水浸しになっているということもあります。

床へ漏れる水の多くはシンクの傷や、シンクにつながっている排水管から漏れたものです。シンクの傷が原因の場合、パテなどで穴を塞いだり、住宅メーカーやリフォーム業者に相談してシンクを交換したりします。

また、シンク下の排水管からの水漏れについては、異物やゴミの詰まり、接続部分の緩み、接続部品の劣化が原因であることが多いです。異物やゴミの詰まりが原因の場合は、詰まっているものを除去しましょう。接続部分の緩みも、ナットなどの固定部品をしっかり締め直すことで解決できます。

しかし、接続部分のパッキンのような部品の劣化が原因である場合には、新しいものに交換が必要です。排水トラップとシンクの接続部分や、排水トラップと排水ホースの接続部分のパッキンが劣化していないか確認してみてください。

蛇口(水栓)から水漏れしている場合
蛇口からの水漏れは、蛇口の種類によって原因や修理方法が異なります。キッチンに設置されている水栓の種類で多いものは、レバータイプ(シングルレバー混合水栓)とハンドルタイプ(2ハンドル混合水栓)です。

キッチンの水栓の水漏れケースとして、今回は、吐水口、レバー・ハンドルの下、スパウトの付け根、蛇口本体の付け根の水漏れをピックアップして下記の表にまとめました。

どの水漏れも、おもな原因は内部部品の劣化です。部品が劣化しているか確認し、必要であれば新しいものに交換します。

水漏れ箇所 劣化部品
吐水口 シングルレバー混合水栓:カートリッジ
2ハンドル混合水栓:スピンドルやケレップ
レバーまたはハンドルの下 シングルレバー混合水栓:カートリッジやパッキン
2ハンドル混合水栓:パッキン
スパウトの付け根 シングルレバー混合水栓:カートリッジやパッキン
2ハンドル混合水栓:パッキン
蛇口本体の付け根 シングルレバー混合水栓、2ハンドル混合水栓:パッキン、シールテープ

風呂場・洗面台の水漏れ原因と対処法

風呂場では、蛇口や配管、シャワーホース、浴槽、水栓などから水漏れを起こすことが多いです。

お風呂は湿度が高く、ほかの部屋に比べると部品の劣化が早いです。長く使うことで部品が老朽化して水漏れを起こすこともあれば、浴槽の見えない部分が破損していたということもあります。

お風呂での水漏れはさまざまな原因が考えられるため、原因箇所をきちんと特定することが重要です。

蛇口(水栓)から水漏れしている場合
風呂場で設置されることの多い水栓の種類は、サーモスタット混合水栓と、2ハンドル混合水栓です。サーモスタット混合水栓はレバーで水温を変更できる水栓で、2ハンドル混合水栓はお湯と水のハンドルがついているタイプの水栓です。

洗面台でよく見られる水栓の種類については、上記の2ハンドル混合水栓と、シングルレバー混合水栓というものがあります。シングルレバー混合水栓は、レバーの向きでお湯と水の量を調整するタイプの水栓です。

サーモスタット混合水栓の水漏れは、内部のパッキンや開閉バルブの劣化が原因であることが多いです。これらの部品の劣化が原因である場合は、水栓メーカーやホームセンターなどで同じものを購入し、交換してください。

2ハンドル混合水栓とシングルレバー混合水栓の水漏れついては、この記事のキッチンの水漏れ原因と対処法で解説しているので、ご参照ください。

シャワーから水漏れしている場合
風呂場のシャワーの水漏れは、シャワーヘッドの先や、シャワーホースの接続部分で発生しやすいです。

シャワーヘッドの水漏れは開閉バルブの劣化が、シャワーホースの接続部分の水漏れはナットの緩みやパッキンの劣化が原因であることが多いです。シャワーヘッドやホース自体を新しいものに交換するか、同じ部品を購入して交換しましょう。

浴槽から水漏れしている場合
浴槽にヒビや傷があり水が漏れてしまう場合、その大きさによって対処法や費用は大きく違ってきます。浴槽の損傷が軽度であればその部分を補強するという選択肢もありますが、軽度以上であれば浴槽を交換することになり、費用は高くなるでしょう。

浴槽の水漏れを発見したら、浴槽のメーカーやリフォーム業者に連絡し、対処法や費用について相談するのがよいです。

洗濯機置き場の水漏れ原因と対処法

洗濯機置き場の水漏れケースとして多いのは、洗濯用水栓、給水ホース、排水ホースからの水漏れです。また、まれに洗濯機本体から水漏れすることもあるようです。

洗濯用水栓(蛇口)から水漏れしている場合
水栓から水漏れしている場合、ナットや内部部品の劣化がおもな原因です。ナットが緩んでいないか、ナットが劣化していないか、水栓内部のパッキンが劣化していないかを確認しましょう。ナットやパッキンが劣化している場合は、新しいものに交換します。

給水ホースから水漏れしている場合
給水ホースに傷があり水漏れしている場合は、ホースを交換するか、傷を防水テープなどで塞いで対処しましょう。

しかし、給水ホースと水栓の接続部分から水漏れしている場合は、ニップルという接続部品の緩みや劣化が原因であることが多いです。接続の緩みであればふたたび締め直せば解決できますが、劣化が原因であれば新しいものに交換しましょう。

排水ホースから水漏れしている場合
洗濯機の排水ホースからの水漏れは、洗濯機の下に水があふれて気づくことが多いです。また、排水パンから水があふれてしまうこともあります。

おもな原因として、排水ホースの損傷や内部の詰まりが考えられます。排水ホースに穴があいてないか、ホースの内側にゴミや汚れがたまっていないかを確認しましょう。

庭などにある屋外の水道の水漏れ原因と対処法

庭、駐車場、外構などの屋外にある水道は、常に外の風や砂などにさらされています。そのため、室内にある水道よりも劣化が早く、水漏れが起こる可能性も高いです。また、外にあると水漏れがあっても気づきにくいということもあります。

屋外の水栓は一般的には単水栓という種類です。水漏れの原因として、パッキンやケレップといった内部部品の劣化が考え、その場合は新しいものに交換します。

また、屋外の水道が劣化しやすいという問題については、使わないときは袋をかぶせて雨水から守ってやるなど何らかの対策をとるとよいでしょう。

見えない場所で水漏れが発生していることも…その調査方法

見えない場所で水漏れが発生していることも…その確認方法

水漏れによって床が水浸しになったり、目に見える場所から水が出続けていたりすれば、すぐに水漏れを起こしていると判断できます。しかし、水漏れに気が付く原因として多いのが水道代の高騰です。

普段通り水道を利用しているのに最近何故か水道代が高くなり、不審に思い調べてみたところ見えない場所で水漏れを起こしていたというケースも多いです。

水漏れはトイレやキッチンなど目に見える場所でのみ起こるものではありません。また、トイレやキッチンであっても細かい原因箇所まで特定することができないこともあるでしょう。

水漏れしているかどうかを水道メーターで確認

トイレで水漏れ……止水栓から?自力で簡単に水を止める方法と解決策

見えない場所で水漏れしているかを確認するには、水道メーターを見てみるとよいです。水道メーターにはパイロットと呼ばれる部分があります。このパイロットは水を使用することでゆっくりと回転し、水を使用していなければ止まっています。

自宅のすべての水道を使っていない状態でパイロットが回っているのであれば、どこかで水漏れを起こしているということになります。非常に少量の水漏れだった場合はパイロットの動きが非常に遅くなるので、根気よくじっくり観察してみましょう。

水道メーターが設置されている場所

水道メーターは、戸建住宅やアパートなどの2階や3階建ての建物なのか、マンションなど高層住宅なのかによって設置場所が異なります。

戸建住宅やアパートの場合は玄関先や駐車場などに埋められて設置されていることが多いです。埋められている場合水道メーターの形は確認できませんが、ボックス型になっているものが多いです。そのボックスに蓋がしてあり、蓋は地表に出ているため見て確認することができます。

水道局などの指定により、蓋は青色や白色、黒色になっていることが多いです。玄関先や駐車場の地面に、青・白・黒などの蓋を見つけたらおそらくそれが水道メーターです。

マンションなど高層住宅の場合は、玄関や廊下にあるメーターボックス内に設置されていることが多いです。メーターボックスには水道メーターだけでなく電気メーターやガスメーターが一緒に入っていることがほとんどで、多くの場合水道メーターは一番下にあります。

水道メーターを確認して、水漏れがありそうだと思ったら原因を探してみましょう。そのままにしておくと水道代がかさんで、とてももったいないことになってしまいます。原因がわからないというときは、無料で現地調査をしてくれる業者に相談することをおすすめします。

止水栓を使って原因箇所の特定をしてみよう

止水栓を使って原因箇所の特定をしてみましょう

家のどこかで水漏れしていることが確認できたら、いったいどこで水漏れしているのかを特定します。その際に使うのが「止水栓」です。止水栓というのは名前の通り水を止めるための線のことです。キッチンやお風呂、トイレなど水回りにはだいたい止水栓がついています。

止水栓を使った水漏れ箇所の特定は、以下のような手順でおこないましょう。

止水栓を使った水漏れ箇所の特定手順を紹介します。

  1. キッチンや浴室など、どこか一つの止水栓を締めて水を止める

  2. 水道メーターのパイロットが止まっていないかを確認する

  3. 動いていた場合は、先ほど締めた止水栓はそのままにして別の場所の止水栓を締める

  4. もう一度、水道メーターのパイロットが止まっていないかを確認する

  5. パイロットの動きが止まるまで1~4を続ける

以上の手順を、パイロットの動きが止まるまで続けます。ある場所の止水栓を閉めた結果パイロットが止まったのであれば、その閉めた止水栓の先が水漏れの原因箇所なのだとわかります。

もしもすべての止水栓を閉めてもパイロットが止まらなかった場合は、自分では調査できないような場所で水漏れをしている可能性が高いため、業者へ調査を依頼するのがよいでしょう。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水漏れ修理は業者に任せるのが安心!

水漏れは、水栓の部品を交換するなど簡単な作業であれば、自分で修理できるかもしれません。しかし、水栓が取り付けられている壁や土台の内部の水道管が破損している場合のように、難しい修理が必要な場合には、業者に依頼するのが一般的です。

また、「早く水漏れを直したい」「新しい部品がすぐに見つからない」という場合にも、業者に依頼することで結果的に早く解決できるかもしれません。

自分で水漏れ修理をするリスク

自分で水漏れ修理をするリスク

水漏れ箇所がわかった際に、「自分で水道を修理したい」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、自分で修理する場合に考えられるリスクについても目を向けてみましょう。

たとえば、水漏れの原因としてパッキンの劣化というのがあげられます。このケースではパッキンを交換すれば直ることが多く、交換くらいならと自分で修理しようとする人もいます。

しかし、交換するだけの作業であっても失敗や破損してしまうことが多くあります。最悪の場合パッキンを含む部分丸ごとを交換しなければならなくなった、という可能性もあります。

水道修理はリスクをともなうもので、はじめから業者へ依頼していた方が安上がりだったということも起こりかねません。そのため、水漏れなどの水道修理は、業者へ依頼するのをおすすめします。

業者に修理を依頼する場合の費用

この記事でもご紹介してきたように、水漏れはさまざまなケースがあるため、状況によって修理料金は差があります。そのため、「この場合はだいたい~~円」というのをご紹介するのは難しいといえます。

しかし、修理料金は一般的に下記のように算出されることが多いです。インターネットなどで業者の料金を調べる際に役立つ情報なので、参考にしてみてください。

  • 修理料金=基本料金+作業料金+部品代+出張料

たとえば、業者の料金を調べた際に、「基本料金5,000円」と記載されている場合、最終的な修理料金は5,000円ではないでしょう。おそらく、その金額に作業料金、部品代、出張料などが加算されることになります。

このように、水道の修理料金は業者のホームページや広告チラシを見ただけではわかりにくいことがあるため、実際の料金を知るには現地調査や見積りを依頼したほうがよいのです。

弊社はお電話でのご相談をいただいたら、後日スタッフが現地調査にうかがい、見積りを提示させていただくサービスの流れとなっています。見積りにご納得いただき、作業を依頼いただくまではキャンセル料金は発生しないので、ぜひご利用ください。

水漏れで増えた水道料金は返金してもらえる?

水漏れで水道料金が増えてしまった場合、場合によっては返金してもらえることがあります。水漏れによる水道料金の返金が受けられるかどうかは自治体によって条件が異なりますが、一般的な条件の例として、下記のような項目があるようです。

  • 災害によって発生した水漏れ
  • 水道の使用者による過失が原因ではない水漏れ

返金の条件に当てはまるかどうか知るには、自治体や水道局のホームページなどを確認したり、窓口に問い合わせてみたりしましょう。その後、自治体や水道局によって調査や修理が手配されることもあれば、ご自身で業者を手配しなくてはならないこともあるようです。

弊社はお近くの修理業者をご紹介するサービスを展開しているので、ご自身で業者を手配する必要があるときには、ぜひ弊社にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較