水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 水漏れ・詰まり > 水漏れの原因箇所はどこ?よくある5つの場所と自分でできる調査方法

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

水漏れの原因箇所はどこ?よくある5つの場所と自分でできる調査方法

水漏れの原因

今の私たちの生活において水道はなくてはならないものです。しかし、水道を利用することと水漏れという問題はどうしても切り離せないものです。水道から水漏れがあると、水道料金が高くなってしまうほか、お家がカビやすい環境になってしまうおそれがあります。

水漏れに対してはしっかりとした対策が必要です。そして水漏れの対策をするには、水漏れが起こってしまう原因を知ることが大切です。そこで、この記事では水漏れが起こる原因についてご紹介いたします。水漏れを解決、予防するためにぜひ参考にしてみてください。

フィルターや水道管内部などの汚れ

水漏れを発見したらまず応急処置をしよう

フィルターや水道管の中の汚れは異臭だけではなく、水漏れの原因にもなります。排水管の中に油汚れや髪の毛が溜まると、排水管の水が流れにくくなります。そうなると、水が管の中で溜まってしまい、管から染み出るように水漏れが起きるのです。また、それ以外にも、汚れが管の内部を傷つけることで水が漏れだしてしまうケースもあります。

定期的に、水道管の中を掃除してキレイな状態を保つようにしましょう。水道管の掃除はパイプクリーナ―を使うだけで簡単におこなえます。あらかじめ購入しておくとよいでしょう。

パッキンの劣化

私たちが毎日使っている、台所や洗面所の蛇口などの水道設備には、耐久年数というものがあります。耐久年数とは、メーカーが問題なく使えると判断した期間のことを指します。簡単にいうと、水道設備の消費期限のようなものです。そのため、耐久期間を過ぎた製品に、何らかの不良が出るのは当然といえます。

中でも、蛇口やシャワーヘッドの中にある、水漏れを防止するためのパッキンと呼ばれるゴム製の部品は、耐久期間は5年~10年とされています。そのため、パッキンが耐久期間を過ぎて劣化してしまうと、本来の役割を果たせず水漏れが起こってしまうわけです。

耐久年数をよく確認して、耐久年数を過ぎていたら新しいものと交換するようにしましょう。パッキンは自分で交換することが可能です。ホームセンターなどで購入することができるので、メーカーに合わせたものを間違えずに選びましょう。

ナットなど、接合部のゆるみ

パッキンなど部品の耐久年数が過ぎていない場合でも水漏れが起こることがあります。長期間、水道を使用していると、蛇口のナットやボルト、水道管の接合部がゆるんできます。これによって水道から水が漏れてきてしまうといったケースもあるのです。

接合部から水漏れが起きたら、一度ナットなどの部品をはずしてみて、ゆるみや隙間ができないように装着し直してみましょう。部品をはずす際は、そこから水が噴き出さないよう止水栓を閉め忘れないようにしてください。

水道管のヒビや穴

水漏れの原因として、水道管に空いた穴やヒビもあります。こうしたヒビや穴の原因としては、経年劣化や冬場の水道管の凍結があげられます。

冬になると、とくに気温が低い地域では水道管の凍結が起きやすいです。水道管が凍結すると水道が破裂して、水道が使えなってしまいます。水道管を凍結させないためには、水の流れを止まらなくすることが大切です。

もったいないと感じてしまうかもしれませんが、気温が非常に低く、水道が凍結してしまいそうな日には、水道を出しっぱなしにするなどといった対策を取っておくことをおすすめいたします。

ここまで水漏れの原因やその対策について紹介してきましたが、水漏れは自分でおこなえる対策だけでは解決しきれないこともあります。「対策をしたのに水漏れが止まらない……」そんなときは水漏れを修理してくれる業者に相談してしましょう。

弊社では、水漏れ被害の現地調査を無料でおこなう業者を紹介しております。水漏れでお困りの際は一度、弊社までご相談ください。

水漏れが起こりやすい5つの場所

台所やお風呂場などといった場所は、換気や乾燥しきっていないかぎり床が水で濡れていることが普通でしょう。このため、水漏れが起きていても気づかない場合が多いです。

しかし、こういった毎日のように水を使う場所こそ水漏れが起きやすいものです。知らないうちに水漏れが起こっていないか確認できるように、水漏れが起こりやすい場所を5つご紹介いたします。ぜひ参考にして、水漏れが起きていないかチェックしてみてください。

トイレ

トイレタンクの水量の減少

トイレではさまざまな場所から水漏れする可能性があります。中でも水漏れしやすいのが便器、パイプ、タンク内、パイプと床の接合部、手洗い管です。これらの部分から水漏れしてしまう原因は1つではありません。

使用していくうちに部品が緩み、それによって水漏れを起こすこともあれば、タンク内での接続不良、ネジなど部品の劣化によるものもあり、目では確認できない場所にある配管が壊れているといったケースもあります。

キッチン

キッチンでの水漏れはシンク、排水管、蛇口、水栓などから起こりやすいです。特に多いのが床下での水漏れとシンクからの水漏れです。確認するまでは漏れていることに気が付かないため、いつの間にかひどい量の水が漏れており水浸しになっているということもあります。

床へ漏れる水の多くはシンクの傷や、シンクに繋がっている排水管から漏れたものです。管に物が詰まって水漏れしてしまうこともあり、その場合は詰まっているものを除去すれば解決することができます。

風呂場・洗面台

お風呂では蛇口や配管、シャワーホース、浴槽、水栓などから水漏れを起こすことが多いです。お風呂は湿度が高く、ほかの部屋に比べると部品の劣化が早いです。長く使うことで部品が老朽化して水漏れを起こすこともあれば、浴槽の見えない部分が破損していたということもあります。

お風呂での水漏れはさまざまな原因が考えられるため、原因箇所をきちんと特定することが重要です。

洗濯機

洗濯機の水漏れは、洗濯機の下に水あふれて気づくことが多いです。また、排水パンから水があふれてしまうこともあります。このような場合には排水ホースが水漏れの原因であることが多いです。これ以外にも部品の劣化や破損、洗濯機自体の故障が原因なこともあります。

洗濯機の場合は洗濯用水栓や排水ホース、洗濯機本体からの水漏れが多いです。

庭などにある屋外の水道

庭、駐車場、外構などの屋外にある水道は、常に外の風や砂などにさらされています。このため、室内にある水道よりも劣化は早く、水漏れが起こる可能性も高いです。また、外にあると水漏れがあっても気づきにくいということもあります。

外にある水道には、使わないときは袋をかぶせて雨水から守ってやるなど何らかの対策を取ってあげることをおすすめいたします。

屋外にある水道は劣化すると、「実は部品を全部交換しなければならない」ということもしばしばあります。部品を全部交換するとなると正しく直せるか不安な方も多いのではないでしょうか?

弊社では水周りのトラブルであれば、なんでも相談をお聞きします。弊社と加盟している業者は蛇口の交換も承っておりますので、お困りの際はまずお電話で状況をお聞かせください。お悩みの状況に応じて最適な業者をご紹介いたします。

見えない場所で水漏れが発生していることも…その確認方法

水漏れによって床が水浸しになったり、目に見える場所から水が出続けていたりすれば、すぐに水漏れを起こしていると判断できます。しかし、水漏れに気が付く原因として多いのが水道代の高騰です。普段通り水道を利用しているのに最近何故か水道代が高くなり、不審に思い調べてみたところ見えない場所で水漏れを起こしていたというケースも多いです。

水漏れはトイレやキッチンなど目に見える場所でのみ起こるものではありません。また、トイレやキッチンであっても細かい原因箇所まで特定することができないこともあります。

水漏れしているかどうかを水道メーターで確認

トイレで水漏れ……止水栓から?自力で簡単に水を止める方法と解決策

見えない場所で水漏れを起こしているのかを確認するには、水道メーターを見てみるとよいでしょう。

水道メーターにはパイロットと呼ばれる部分があります。このパイロットは水を使用することでゆっくりと回転し、水を使用していなければ止まっています。

水道を使っていない状態にしてもパイロットが回っているのであれば、どこかで水漏れを起こしているということになります。非常に少量の水漏れだった場合はパイロットの動きが非常に遅くなるので、根気よくじっくり観察してみましょう。

水道メーターが設置されている場所

水道メーターは戸建住宅やアパートなどの2階や3階建ての建物なのか、マンションなど高層住宅なのかによって設置場所が異なります。

戸建住宅やアパートの場合は玄関先や駐車場などに埋められて設置されていることが多いです。埋められている場合水道メーターの形は確認できませんが、ボックス型になっているものが多いです。そのボックスに蓋がしてあり、蓋は地表に出ているため見て確認することができます。

水道局などの指定により、蓋は青色や白色、黒色になっていることが多いです。玄関先や駐車場の地面に、青・白・黒などの蓋を見つけたらおそらくそれが水道メーターです。

マンションなど高層住宅の場合は、玄関や廊下にあるメーターボックス内に設置されていることが多いです。メーターボックスには水道メーターだけでなく電気メーターやガスメーターが一緒に入っていることがほとんどで、多くの場合水道メーターは一番下にあります。

水道メーターを確認して、水漏れがありそうだと思ったら原因を探してみましょう。そのままにしておくと水道代がかさんで、とてももったいないことになってしまいます。原因がわからないというときは、無料で現地調査をしてくれる業者に相談することをおすすめします。

止水栓を使って原因箇所の特定をしてみましょう

水漏れしていることが確認出来たら、いったいどこで水漏れしているのかを特定をします。その際に使うのが「止水栓」です。止水栓というのは名前の通り水を止めるための線のことです。キッチンやお風呂、トイレなど水回りにはだいたい止水栓がついています。

止水栓を使った水漏れ箇所の特定手順を紹介します。

  1. キッチンや浴室など、どこか一つの止水栓を締めて水を止める
  2. 水道メーターのパイロットが止まっていないかを確認する
  3. 動いていた場合は、先ほど締めた止水栓はそのままにして別の場所の止水栓を締める
  4. 水道メーターのパイロットが止まっていないかを確認する

以上の手順を、パイロットの動きが止まるまで続けます。ある場所の止水栓を締めた結果パイロットが止まったのであれば、その締めた止水栓の先が水漏れの原因箇所なのだとわかります。

もしもすべての止水栓を締めてもパイロットが止まらなかった場合は、自分では調査できないような場所で水漏れをしている可能性が高いため、業者へ調査を依頼しましょう。

自分で水漏れ修理をするリスク

水漏れ箇所がわかったからといって、自分で水道修理をするのはおすすめできません。

水漏れの原因としてパッキンの劣化というのが挙げられます。このケースではパッキンを交換すれば直ることが多く、交換くらいならと自分で修理しようとする人もいます。

しかし、交換するだけの作業であっても失敗や破損してしまうことが多くあります。最悪の場合パッキンを含む部分丸ごとを交換しなければならなくなった、という可能性もあります。

水道修理はリスクを伴うもので、初めから業者へ依頼していた方が安上がりだったということも起こりかねません。失敗のリスクが高い水道修理は、業者へ依頼するのをおすすめします。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較