最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

マンションで起きた水漏れ事故の対処法と保証・責任について

マンション 水漏れ 事故
マンションで水漏れが起きた場合、どのような対処をするのが正解かご存じでしょうか?マンションで起きた水漏れは相手がいるため、戸建住宅で起きる水漏れより厄介になることもあります。ほかの住人に迷惑になるだけでなく、責任がなににあるかを見つけなくてはいけないからです。

 

今回は、マンションで水漏れが起きた場合の原因とそれに伴う責任について、適応する保険を紹介していきます。

 

 

まずは原因を突き止めることが大切

マンションで水漏れが発生したときは、まずは原因をつきとめることがとても重要になってきます。マンションでの水漏れは、一般の戸建住宅で発生した水漏れとは違う問題が発生することがあるからです。

 

この問題とは、「責任をだれが負うか」というものです。責任問題は金銭が絡んでくる話になりますので、後々揉めないためにも原因をはっきりさせておくことで、話をスムーズにもっていくことができます。では、よくある原因としてどのようなものがあるのでしょうか?

 

基本的には、水漏れは上階から流れてくるものですが、必ずしも上階が原因になっているとは限りません。マンションの構造や配管の位置などによって、まったく検討違いの場所が原因になっていることも考えられます。
一例は以下の通りです。

 

・雨樋にゴミなどが詰まって配管から水漏れをする
・配管の劣化
・屋上の劣化などで防水機能が低下することで水漏れが起こる
・水を大量に使った

 

このように、原因箇所はさまざまあります。どこが、だれが原因になっているかで、このあとの対応が変わってくるので、管理会社に連絡し原因の特定をしていきましょう。

 

水漏れの起きた場所によって責任をとる人が変わる

水漏れの起きた場所によって責任をとる人が変わる
マンションの水漏れには、さまざまな原因が潜んでいる可能性を上で説明しました。数ある可能性のなかから原因が判明したら、だれが責任をとるのか、ということがわかってきます。

 

一つ目は、水漏れの原因が明らかに個人にある場合です。この場合は、

 

・水漏れ原因が特定の部屋にある
・処理能力を超えるような大量の水を使ったことで水漏れが発生した
・異物をトイレに詰まらせた
・使っている洗濯機が壊れて階下まで漏水した

 

などが挙げられます。この場合は人為的なミスという判断で、その住人が責任を負うことになります。
二つ目は、水漏れの原因が個人でない場合です。この場合は、

 

・配管自体の劣化
・配管工事の欠陥

 

などが挙げられます。この場合は、工事を請け負った業者や管理会社が責任を負うことになります。このように、何が原因かによって責任の所在が変わるのです。

 

あとは、「どこで起きたか」も重要なポイントです。マンションには、共用部分と専有部分があります。バルコニーや玄関前の廊下など共用部分で起きた場合は、管理会社に責任があります。対して、キッチンやトイレといった専有部分で起きた場合は、区分所有者や住居者に責任があります。ただし、これは基本的な考え方です。水漏れ原因や、管理規約に定められたものによって責任問題は複雑化することもあります。

 

水漏れの修繕や賠償に保険は使えるか

水漏れの修繕や賠償に、保険を使うことは可能です。住んでいるマンションの規約などを確認すると、詳細が記載されているはずです。使える保険は、水漏れの原因、つまり「だれに水漏れの責任があったか」によって変わってきます。いつ加害者・被害者の立場になるかわからないので、保険について確認していきましょう。

 

まずは、管理会社側に問題があった場合です。この場合は、マンション側が万が一に備えて加入している火災保険や、マンション保険を適応します。共用部で起きた水漏れなどは、この保険を使って修理費用を賄います。

 

また、施工業者などが賠償することになった場合は、その業者が工事保険に加入していれば、保険金で内装の修復や電気製品の修理にあてることも可能です。給排水管などが原因で修理が必要なときは、大規模修繕工事瑕疵保険に施工する業者が加入していれば、この保険を使うこともできます。

 

では、個人に責任があった場合はどうでしょう?この場合は、賠償責任保険を適応します。賠償責任保険は、単体で売られているものではありません。火災保険や自動車などの保険に付帯しているものです。保険会社によって、損害の100パーセントを補えるのか、被害者の立場になっても使えるのか、などの線引きが変わってくるので、保険の内容、補償確認が必要です。

 

また賠償責任保険は通常、個人で契約するものですが、マンションによっては管理組合で一括加入しているケースもあるので、一度管理会社に尋ねてみるといいでしょう。

 

マンションで水漏れしたときの対策

マンションで水漏れしたときの対策
マンションで水漏れが発生したときは、どのような手順を踏むとスムーズに事が進むでしょうか?マンションで水漏れが起きると、あまりに突然の出来事に戸惑ってしまうことも少なくありません。とくに、マンションでの水漏れは責任問題も絡んできますから、頭が真っ白…といいう状態になってしまうこともあります。そこで、マンションで水漏れしたときの対策・手順を順に見ていきましょう。

 

1. まずは発生箇所と原因を見つける
冒頭でお話したとおり、原因の究明は大切です。とは言っても、目に見えない箇所が原因になっている場合は、自分だけで特定するのは困難です。壁の中にある配管が原因になっていることも考えられます。そこで、水漏れを発見したときはまず管理会社・管理組合・大家さんなどに連絡をいれましょう。管理会社などを通して、専門の業者が対応することになります。

 

2.証拠を残す
管理会社に連絡を入れるまえでもいいですが、証拠を残すことも大切です。具体的には、水漏れ箇所を写真で残す方法があります。発見当時の状況や水漏れの症状が、あとあと必要になることもあります。

 

最低限、これだけは発見者が行っておくといいです。連絡と証拠を残したら、あとは管理会社や修理業者におまかせすることになります。

 

まとめ

マンションで水漏れが発生したときは、だれに責任があるのか。これがとても重要です。それを明らかにするために、まずは原因の究明をします。原因を究明すると、責任の所在が明らかになるので、それに沿って対処をしていくことになります。マンションの水漏れは、このように水漏れ一つ取ってもトラブルになりがちです。

 

そのため、保険の加入がとても大切になってきます。管理会社が加入するもの、施工会社が加入するもの、そして個人で加入するものと保険はさまざま用意されています。いずれにせよ、まずは管理会社に保険の有無と、その内容を確認してみることをおすすめします。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼