最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

浴室で起こる水漏れの種類と対処方法とは?

毎日使う浴室は、水漏れする箇所が多い場所です。もともと濡れていることが多いため、水漏れに気付きにくい場所でもあります。マンションだと下の階の人からの苦情で気付いたり、夜など静かな時間にポタポタと変な音が聞こえて気付くことがあります。
また、浴室からの水漏れが原因で水道代が高くなることもあるので、注意しておきましょう。
今回は浴室で起こる水漏れの種類をご紹介します。原因や起こる場所を知って、水漏れが発生したときにすぐに対処ができるようにしておきましょう。

 

 

浴室

 

浴室で水漏れしたときの対処法

浴室での水漏れはいくつかの種類に分けられます。浴室内の水漏れしやすい部分と、それぞれの部分で水漏れが起きた場合の対処法をご紹介します。

・蛇口、シャワーヘッドからの水漏れ

浴室での水漏れで一番見つけやすいのは蛇口・水栓金具・シャワーヘッドです。これらは長期の使用による劣化によって起きることが多いようです。また、ホース内部に残っていた残留水が漏れている場合のほか、バルブ・スパウト・パッキンといった各部品の損傷、ハンドルやナットなど継ぎの部分の緩みが原因な場合もあります。
これらを改善するためには、シャワーヘッドの内部を拭き、水分を取り除くとよいでしょう。それでも直らない場合は蛇口部分の修理・交換が必要です。

 

・浴槽からの水漏れ

浴槽は長期使用で劣化したまま使用し続けると、ひび割れを起こしやすくなります。ひび割れた部分から水が漏れる場合もありますし、水が流れ出ていく排水口・ゴム栓の劣化も水漏れの要因になります。
ゴム栓の交換やひび割れた部分の補修・修理をして改善を図りましょう。

 

・床下、壁内部からの水漏れ

壁や床のタイルのつなぎ目はシリコンなど密度の高い素材で埋められていますが、つなぎ目の素材が劣化すると水は床下へと流れてしまいます。この場合、壁・床だけでなく床下にある配管の修理が必要なこともあるようです。
特に床下の水漏れはシロアリ発生の原因になるので、水漏れを発見したらすぐに壁・床の修理とともに床下の腐食対策もしましょう。

 

・給湯器からの水漏れ

給湯器はお風呂場に設置するものと家の外に設置するものとがありますが、特に水漏れの可能性があるのはお風呂場の中に設置するタイプのものです。原因としては、パッキンの劣化や、安全弁という水とお湯をコントロールする部品やそのほかの給湯器内部の部品の劣化・緩みが考えられます。
給湯器の水漏れは故障している部品の交換で解決しますが、部分によっては自分での対処は難しいようです。修理業者やメーカーに相談する方が安全といえます。

 

・換気扇からの意外な水漏れ

意外だと思われるかもしれませんが、換気扇から水漏れが発生するケースもあります。温かく湿ったお風呂場では、換気扇を通して蒸気が出入りするため、劣化が早くサビができてしまいがちです。また、劣化しているとひび割れの部分から侵入した雨水が換気扇の内部に溜まり、浴室内へと水滴が漏れてくることもあります。
換気扇の水漏れを改善するには、換気扇の使用をやめ、なるべく窓や扉を通しての換気をするようにしてみましょう。それでも水漏れする場合は、換気扇を掃除し、内部に溜まった水分を除くとよいでしょう。故障しているようなら、故障した部分を特定して部品の修理をする必要があります。

 

自分で直すか業者に連絡するかの判断基準

水漏れを発見して修理・修繕を考える際、自分で直せば、手間はかかっても修理費が安く済むので自分で修理したいと考える方もいらっしゃるでしょう。
しかし、故障部分によっては経験と知識が豊富な人でないと修理が難しく危険な場合もあるので、自分でできるのかできないのかを判断する必要があります。判断を誤ったまま自分で修理をしてしまうと、修理方法を間違えたために部品や機器そのものを交換しなければならなくなり、余計に費用と時間がかかってしまう恐れがあります。次のことに気を付けて適切な判断をしましょう。

 

自分での修理・修繕は、水漏れしている場所と原因が明確にわかっている場合で、かつ簡単な作業で修繕できる場合のみにしましょう。
部品の交換や緩みの解決は比較的簡単に行えます。モンキーレンチなどの道具と部品をそろえるときは、サイズの間違いに十分注意しましょう。必要な部品がホームセンターなどで手軽に手に入れることができない場合は、業者やメーカーに依頼する方がよいでしょう。
また、緩んだ箇所を修繕する際は、締めすぎるとナットが変形し、また水漏れを起こす原因になるので、締めすぎないよう注意しましょう。

 

日常の使い方で水漏れを予防できます

水漏れの修理・修繕の方法を知り適切な対処ができるようになることは大切ですが、水漏れを未然に防ぐことができたらもっといいです。予防をするといっても、特別なことをする必要はありません。日常で行っていることに少し気を使うだけで、水漏れ予防が期待できるのです。

 

・お湯を張る際は湯船からお湯があふれないようにしましょう。
・いつも蛇口を締めすぎていると水漏れする確率が高くなります。パッキンの劣化を防ぐために、締めすぎには注意しましょう。
・石鹸や髪の毛が排水管や排水口に詰まることのないように気を付け、定期的に排水口は掃除するようにしましょう。
・床のタイル間のシリコン・ゴム部分などにカビがつくと、劣化の原因になるので、お風呂場の湿度を下げる、掃除をこまめにするなどをしてカビを寄せ付けないようにしましょう。

 

水漏れ修理

 

まとめ

ご家庭で水漏れをそのまま放っておくと、下の階の住民に迷惑をかけてしまう可能性があります。住民間のトラブルの原因になる可能性もあるので、特に水漏れの起こりやすいお風呂場で水漏れが起きていないかを定期的にチェックすることは大切です。
水漏れを確認した場合には業者に依頼するか自分で直すかを正しく判断し、早急に対処をしましょう。
また、日ごろの浴室の使い方を改善することが部品の劣化を防ぎ、水漏れは予防にもつながります。ぜひ本記事でご紹介した予防法を実践してみてはいかがでしょうか。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼