最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

夏によくあるエアコンの水漏れトラブル

真夏には30度を超える日が続いていることも多く、エアコンの使用頻度は高くなります。夏の必需品といってもいいエアコンから水が漏れてきたら困りますよね。それも水漏れは突然起こるトラブルなので、対処法もわからないかと思います。
これからさらに暑くなっていくこの時期にエアコンが故障してしまうと放置するわけにはいきません。今回はエアコンから水漏れが起こる原因とご自身でできる対処法をご紹介します。この記事を読んで急なエアコンのトラブルにお役立てください。

エアコンの水漏れの原因

エアコンの水漏れの原因

水漏れには様々な原因が考えられます。まずはよくある原因についてみていきましょう。

■原因が内部にある場合
・アルミフィンの結露
・ドレンパンの汚れ
・部品の故障

■原因が外部にある場合
・ドレンホースのつまり
・ドレンホースの形状がゆがんでいる・たるんでいる
・ドレンホースが水に浸かっている

■その他
・エアコン本体の傾き
・雨水の侵入

大量に水が漏れてくる場合の対処法

①エアコンの傾きをチェックする
エアコンはいつの間にか傾いてしまっていることがあります。前方に傾くと奥に流れるはずの水が前に流れてしまい、排水が逆流し室内機から水漏れすることになります。
この場合の対処法は、布やダンボールをエアコンの裏側に挟みまっすぐにすることです。しかしこのときにエアコン本体が外れてしまうことがあるのであまり無理にはしないようにしましょう。

②エアコンの外のドレンホースを確認
ドレンホースの排出口のあたりに水たまりができてしまっていると、先端がふさがってしまうため、室内機から水漏れを起こすことがあります。この場合は水たまりを解消し、ドレンホースの先を切るなどして水没を防ぎましょう。
ゴミがたまっている場合もゴミを取り除き綺麗にしましょう。
また、ドレンホースが折れ曲がったり破損など形状がおかしい部分がないか確認し、もし不具合があった場合は自分での対処は難しいため専門家に相談しましょう。

③掃除機でエアコンの汚れを吸う
こちらは掃除機を使ってドレンホース内部のゴミなどつまりの原因を取り除く方法ですが、注意しなければならないのが水を吸い込ませないようにすることです。掃除機の故障を防ぐために、冷房を使わずに数日放置してから掃除をすることをおすすめします。もし数日待たずに行う場合は排出口に布やタオルを当てるなど工夫をしてください。

④ドレンホースクリーナーを使う
ドレンホースクリーナーはドレンホース専用のグッズなので、掃除機よりも効果は安定しています。エアコンから大量に水漏れが起きている場合でも使用でき、掃除機のように水を心配しなくてもいいです。

エアコンからポタポタと水が漏れてくる場合の対処法
①エアコンの温度を上げる
湿度が高い日にエアコンの温度を下げ過ぎると、本体への負荷が大きくなるのでフィンの結露や凍結を起こし水漏れになることがあります。まずは設定温度を少し上げて様子を見てみましょう。

②エアコンに扇風機の風を当てる
こちらも結露や凍結を防ぐ方法の一つで、冷気を同じ場所に溜まらないようにします。扇風機から出る風を当て、エアコン周りの風通りをよくしましょう。

③アルミフィンを掃除する
エアコンから出る風のカビ臭さを取るために洗浄スプレーを使う方もいるでしょう。洗浄することでカビ臭さを取るだけでなく、つまりも改善できるのでアルミフィンは定期的に掃除しましょう。

水漏れの原因は8割がドレンホース

ドレンホースとは、エアコン内部の水を外に排出するための排水管のことをいいます。室外機の近くにあることが多く、じゃばら状の細いホースのことです。ドレンホースの管はとても細いため、ゴミがつまりやすくなっています。もしゴミが詰まり水が外に排出されなくなると、その水が逆流して水漏れが発生する事態になります。
エアコンから水漏れがあった場合のおよそ8割はこのドレンホースが原因です。そのためこの管を掃除すれば業者に依頼する前にほとんどの場合は解決します。

水漏れ修理はお早めに

エアコン水漏れを予防しましょう

定期的にエアコンクリーニングをしましょう。水漏れの問題だけでなく、エアコントラブルの原因はほとんどが汚れです。フィルターなど内部を綺麗に保てばエアコンの効きもよくなり、節約にも繋がるので、月に1回は最低でも行いましょう。
あと外部の原因でも触れたように、ドレンホースの汚れを防ぐことも大切ですが、虫などが入り込み死骸がつまる可能性もあります。防虫キャップも市販であるので、虫の侵入を防ぐために使用するといいでしょう。

簡単にできる対策としては、風量と風向きの設定を“自動”にすることです。弱い設定にしているほうが節約になりそうですが、部屋が快適な空気にするまでの時間がかかり電力を消費してしまうことになります。風量と風向きは自動に設定することで、最適な状態に制御されるので、霜や結晶ができにくくなります

まとめ

いかがでしたか?今回は自分で対処できるエアコンの水漏れについて触れましたが、自分では対処できないことももちろんあります。夏本番を迎えるこれからの時期はクーラーが大いに活躍する時期でもあります。突然の水漏れへの対処が困ったら、すぐに水漏れ修理のプロに相談するのが一番早く問題解決でき、夏を快適に過ごせることに繋がるでしょう。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼