最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレつまりの前兆を知ってトラブルを回避しましょう

ご家庭のトイレがつまりによって使えなくなると想像以上に大変です。ご近所に家族総出でトイレを借りに行く……ということになりかねません。なんとかすぐに使えるようにDIYで修理を試みようとする方もいらっしゃるようですが、トイレの修理はつまりであっても難しいものが多いようです。水回り修理のプロにお願いすることになると思いますが、トラブルが起きたあとでは場所の性質上、解決するまで不便とストレスを強いられます。トイレつまりを未然に防ぐことが一番です。
今回はトイレつまりの前兆について見ていきます。前兆の段階で処置しておけば、ストレスの大きいトイレトラブルを回避できるかもしれません!

洋式トイレ

トイレのしくみ

トイレの使い方がわからない方はいないと思いますが、どういったしくみで水が流れているかご存知でしょうか。実はトイレは意外とたくさんの部品から作られており、複雑なしくみをしています。

▼ボールタップでタンク内の水量を制御します

ボールタップとは、タンク内にある水の出る管のことです。タンク内に浮いている浮き球と連動しており、水かさが減ると支持棒を通してボールタップへと動きが伝わり、給水が始まるようになっています。このしくみにより、常にタンク内は水で満たされています。

▼オーバーフロー管で水のたまりすぎを防ぎます

タンクの上部についており、水かさが異常に上がってしまった場合オーバーフロー管から排水がされるようになっています。

▼フロートバルブで便器へ水を流します

フロートバルブとは、タンク内に水を貯めるための栓のことです。この開閉で、便器への排水を制御します。レバーハンドルと鎖によって連動しています。
これらの部品によるしくみは一つでも欠けたらトイレはその機能を失ってしまいます。定期的な点検を忘れないようにしましょう。

トイレつまりの原因

トイレつまりは主に二つの原因より発生します。

①タンク内の異常

トイレは設計段階で緻密な計算により様々な最適化がされています。そのためタンク内の水圧などが規定の数値になっていないと想定外のトラブルが発生する危険があります。タンクから落ちてくる水の勢いによって排水路へ水が流れるようになっていますが、ここに異常があればつまりが生じてしまいます。よくある例として、節水のためタンク内に水を入れたペットボトルなどの重りを入れ、水かさを増やしていたのが原因で規定の水圧にならずに動作に異常が発生し、つまってしまうケースがあります。タンク内は非常にデリケートにできていますので、あまりいじらないようにしましょう。

①異物による水流異常

水に溶けない固形物を流すとつまってしまうのは当たり前ですが、トイレットペーパーや流せるティッシュペーパー、汚物なども多く流すとつまりの原因となってしまいます。また、気づかずに持ち物を落としてしまったものが原因のケースも多いそうです。トイレを利用する際は持ち物に気を付けましょう。何かを誤って流してしまって排水管の奥へ入り込んでしまった場合は、自分で取り出そうとするのはやめましょう。排水管が割れてしまう危険性があります。余分な修理費がかかってしまうかもしれませんので業者に依頼するのが良いでしょう。

トイレつまりの前兆

トイレつまりには前兆がある場合があります。

▼便器内の水位が高い

水を流したあとに溜まる水の水位が高いときは、トイレつまりの前兆です。この場合は排水管につまりが生じている可能性が高いです。水位が上がってから通常の位置までに戻る時間でつまり具合を確認する事ができます。あまりにも時間がかかる状態でしたら、本格的につまってしまう前に業者を呼びましょう。その際には異常が発生した日時も詳しく伝えるとスムーズです。

▼水流が少ない

タンク内の水圧や水量が規定量に達していないとトイレに流れる水流が少なくなります。この場合、フロート弁など、タンク内部の故障の可能性が高いです。鎖の錆やよごれ、たるみなどが原因かもしれませんので、目視で確認してみましょう。異常が確認できた場合は業者に速やかに連絡しましょう。また、水が常に流れ出ている場合は余分な水道代を払うことになってしまうので、早めの対処をおすすめします。

▼水がちょろちょろと止まらない

手洗い管から水が止まらない場合、ボールタップ、パッキン、浮き球周りの破損が考えられます。いずれも目視で確認できますので、異常を感じたらタンク内を点検してみましょう。便器内に水が流れ続ける場合、ボールタップ、フロートバルブ、オーバーフロー管の破損の可能性が考えられます。タンク内の水位が異常に上がっていないか、ゴムフロートの劣化によりずれが生じていないか、配水管に水漏れはないかを確認しましょう。

▼異音がする

トイレから異音がする場合は、すでにつまりが発生している可能性があります。ゴボゴボと音がしたら、配水管の中へ正常に水が流れず空気のみが移動している可能性が高いです。配水管はほかの水場とつながっていることが多く被害が拡大しやすいので、異常が認められた場合はすぐに業者へ連絡しましょう。集合住宅の場合は管理人さんへ報告しておくと安心です。しっかりと前兆を見極め、早め早めの対応をしましょう。

パニックな女性

前兆を知ることでトイレトラブルを回避することができる

トイレは人間の生理現象を解消する場所ですのでトラブルが起きた場合の被害は甚大ですが、前兆の段階で水回り修理のプロへ依頼して処置を施してもらえば、トラブルを回避することができます。
つまりが発生したときに、ラバーカップやワイヤーブラシ、バケツでお湯を流すなどの対処法を用いてご自身で直そうとする方もいらっしゃいますが、最初に説明した通りトイレのしくみは意外と複雑です。素人のトイレ修理は、直すつもりが逆に異常を増やしてしまうことにもなりかねませんので注意しましょう。

まとめ

トイレはいくつもの部品によって複雑に構成されていますが、部品の破損によるトイレつまりは前兆がある場合が多いので本格的なトラブルが発生する前に対応することができます。トイレを使う際は、何か異常がないか常に確認するように心がけましょう。トイレ掃除をする際に、点検を手順に含めると良いかもしれません。何かおかしいなと感じた場合はすぐに水回り修理のプロへ連絡してトラブルを回避しましょう。
薬品洗浄や高圧ポンプ作業、トーラー作業などプロの道具を用いた方法で確実にトラブルを解消してくれます。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼