水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 排水口に指輪を落としてしまったときの対処法|すぐやるべきこととは

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

排水口に指輪を落としてしまったときの対処法|すぐやるべきこととは

排水口に指輪を落としてしまったときの対処法|すぐやるべきこととは

排水口には「トラップ」と呼ばれる水たまりがあるため、指輪のようにある程度重量のあるものであれば、そこで止まっていることも少なくありません。そのため、速やかに水を止め、指輪がさらに奥へ流されていってしまうのを防ぎましょう。

指輪の紛失原因の上位に来るものとして、「排水口に指輪を落とした」というものがあります。指輪は大切なものなので、傷ついてしまったり、さらに奥へいってしまい取れなくなるというのは避けたいでしょうから、すぐに回収したいものです。

では、水を止めたあと、どのようにして指輪を取り出すのか、その方法をご紹介します。

排水口に指輪を落とした!まず確認しよう

うっかり排水口に指輪を落としてしまったというとき、最初に取る行動が重要になってきます。しっかりと確認していきましょう。

見える場所にあるのかどうか

まずは排水口を覗き込んで指輪の位置を確認していきましょう。

・ゴミや水気を取り除いて確かめる
排水口を除いたときに、指輪以外にもゴミが絡まっていることがあります。この場合、指輪の場所を正しく把握できないので、排水管内のゴミや水気を取って再度確認しましょう。

落としてしまった指輪が見える場所にある場合は、比較的簡単に取りだすことができる確率が高いです。

見える場所にある場合の対処法

排水口を覗き込んだとき、指輪が見える場所にあった場合は下記の方法を試してみてください。

・素手で取る方法
指輪が見える場所にある場合は、素手で取ることができる場合があります。この方法をおこなうときは、ゴム手袋を着用して取り出してみましょう。しかし、目では見えていても手が届かない場合は、無理せず別の方法を試しましょう。

・掃除機を使う方法
指輪くらいのサイズと重量であれば、掃除機を使う方法も有効です。掃除機のノズルの先端にストッキングなどをストッパーとしてつけて排水口の中へ差し込んだら、スイッチを入れて吸い込みましょう。ただし、排水口には水が貯まっている場合があり、掃除機で吸い込むと故障の原因になるので注意しましょう。

指輪が見えない場合の対処法

排水口に指輪を落としてしまったときの対処法|すぐやるべきこととは

落とした指輪が目で確認できないと余計に不安になってしまいますが、手順を追って冷静に対処していきましょう。

「トラップ」に引っかかっていることが多い

排水口がU字型になっているものを見かけたことがあると思います。このU字型の底の部分は「トラップ」と呼ばれていて、排水管の臭いが上がってこないように底の部分に水たまりができる構造になっています。指輪を落としてしまった場合、ここに引っかかっていることが多いです。

対処法

では、「トラップ」に引っかかっている指輪はどのように取りだしたらよいのでしょうか?

・排水パイプを分解する
「トラップ」に引っかかっている指輪を取り出す方法として、排水パイプを分解する方法があります。まず排水パイプの下にバケツを用意して、パイプ内に溜まっている水がこぼれないように対策しましょう。次にパイプの接合部のネジなどをドライバーなどの工具を使って分解していきます。

パイプ内から指輪が見つかったら、パイプをもとどおりに組み立てて水を流して水漏れがないか確認しましょう。

指輪は絶対に救出したい!ならプロに任せてみよう

「大切にしている指輪だから絶対に救出したい!」という場合には、水道修理の業者に依頼するとよいでしょう。頑張って取り出そうとしてみたが取れないということも多いトラブルです。しかし水道修理の業者であれば、自分ではできなかった作業もおこなってもらえます。また、排水パイプの分解をした後にもとに戻せなくなったという二次的なトラブルを防止する上でも、業者への依頼が効果的といえるでしょう。

いざというとき頼りになる業者さん

排水口に指輪を落としてしまったときの対処法|すぐやるべきこととは

ここでは、「どこの業者に依頼するのがよいのか?」という疑問が浮かんだかたに向けて、業者に頼むメリットや費用の相場、業者選びのコツについてご紹介していきます。

業者さんに頼むメリット

業者に依頼すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、そんな疑問を解決していきます。

・結果的に早く解決
業者は多くの排水管のトラブルを解決してきたプロですので、自力でおこなえる取り出し方を何度も繰り返すより、結果的に早く解決できる確率が高いといえます。

・取り出せないのでは?という不安が解消
自分でできる方法をいくつも繰り返し、失敗が積み重なってくると「もう取り出せないのではないか」という不安に駆られることがあるかと思います。しかし、業者に依頼すれば現地調査の段階でどのような状態なのか説明がされるので、いち早く不安が解消されることでしょう。

・排水管を無駄に傷つけずに済む
自分で取り出そうとするときに針金などの金属製の物で排水溝を探るかたもいますが、この方法はむやみに排水管の中を傷つける上に、指輪がより奥に入っていってしまうことがあるのでやめましょう。このようなリスクを抑えることができることも、メリットのひとつといえるでしょう。

・分解⇒元に戻す作業で失敗するリスクがない
自力で排水パイプの分解をおこなった場合、指輪の救出後にパイプをもとに戻せなくなったというトラブルも少なくありません。しかし、プロならば丁寧で迅速な作業で、ミスの心配もなくもとに戻すことができるでしょう。

業者さんに頼むといくらかかる?

業者に指輪の救出を依頼すると、いくらくらいかかるのかというのは気になるポイントですよね。また、依頼する業者を選ぶ上でも重要になってくるところだと思います。

水道修理業者に依頼したときにかかる費用の内容は主に、作業費、部品費、出張費、見積り費など(※業者によっては出張費、見積り費無料のところもあり)です。作業費の相場がおよそ5,000円~となっており、そこに使った機材や部品などの料金が追加されるのが一般的な料金体系になります。

業者さん選びのヒント!

ここでは、依頼する業者を選ぶときの注意点を3つご紹介していきます。3つの注意点は下記のとおりです。

1.いくつかの業者に見積りを取る
いくつかの業者に見積りを取って比較検討したあとに、自分が信頼でき、料金設定なども納得のいく業者に依頼しましょう。

2.見積りは無料でおこなっている業者に依頼する
いくつかの業者を比較することが業者選びのコツですが、見積りの段階で料金がかかってしまうと、比較している段階で支払いが発生してしまいます。自分が納得のいく業者に依頼するためにも、見積りは無料の業者に依頼するのがオススメです。

3.作業前に見積りを取ってくれる業者に依頼する
見積りを作業前に提示してくれない業者は、修理後に高額の請求をしてくる場合があります。作業に入る前に、明確に支払い料金を提示してくれる業者に依頼しましょう。

今後失敗を繰り返さないために

一度大切なものを流してしまうと「もう2度とこんな失敗はしない」と決心すると思います。しかし、うっかりミスは思わぬタイミングで起こったしまうものです。そのため、失敗を繰り返さないための予防方法をおこないましょう。

排水口に流しやすい小物に注意

指輪以外にもピアスやイヤリングなどの小さなアクセサリーは、うっかり落としてしまいがちではないでしょうか?水回りで排水口に入ってしまうようなサイズの小物を扱うときは、最善の注意を払うようにしましょう。

排水口に物が詰まるとどうなる?

排水口に物が詰まってしまうとどうなるのでしょうか?小さいものや安価なものなら「まあいいか」と放置してしまいがちかもしれません。しかし放置することによってトラブルの原因につながることもあるのです。

・放置するとどうなるのか
排水口に落としたものを放置していると排水パイプが詰まってしまい、水が流れなくなるおそれがあります。

・普段から排水管を掃除しておく重要性
排水管が詰まると排水管内で雑菌が繁殖し、ヌメリの発生やさらなる詰まりの原因になります。詰まりの原因は蓄積していくものなので、日ごろからこまめに排水管を掃除しておくことで、詰まりや雑菌の発生を抑えることにつながります。

小物を流さないための予防法

アクセサリーやヘアピンなどの小物は、排水口に流してしまうものの代表的なものではないでしょうか。ここでは、これらの小物を排水口に流さないようにする予防法をご紹介します。

・アクセサリー類を水回りに置かない
水回りにアクセサリー類などの小物を置かないようにしましょう。水回りに置いていると、うっかり手が当たって落ちてしまうなどのミスを起こすリスクが高まります。

・アクセサリー類を外して料理や洗面をおこなう
料理や洗面など水回りの作業をおこなうときは、あらかじめアクセサリー類を外して決められた場所においておくとよいでしょう。この習慣を徹底することで、排水口にアクセサリーを落とすリスクが低減できます。

・ヘアキャッチャーなどの道具を取り付ける
排水口にヘアキャッチャーなどの道具を取り付けて、小物などが落ちてしまった場合でもキャッチしてくれるようにしましょう。この対策をすることで、小物を落としてしまっても排水管の内部まで落ちていくのを防ぐことができます。

まとめ

「排水口に指輪を落とした」というトラブルは数多く発生しています。大切にしている指輪を落としてしまうと大変なショックですし、何としても救出したいですよね。

ここでは、排水口に指輪を落としてしまったときの対処法をいくつか紹介してきました。これらの方法を実践することで、指輪を落としたというトラブルを解決することができるでしょう。

しかし、それでも取れないという場合には、業者に依頼してみてはいかがでしょうか?プロならば、排水管への負担などもなく安全で迅速に対応してくれます。

業者選びで悩んでしまうかたは、弊社にご相談ください。優良な水道修理業者をご紹介いたします。また、弊社は24時間365日電話を受け付けておりますので、トラブルが発生したそのときに、すぐお電話いただくことができます。

落ちてしまったときの対処法を知っておくとともに、落とさない工夫をすることで排水口のトラブルを減らすことができます。これを機に、予防にも取り組んでいきましょう。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較