水漏れ修理・水回りトラブルの事なら水110番 TOP > 最新情報・レポート > 配管から水漏れする原因

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

配管から水漏れする原因

給水管や排水管は水を巡回させるために必要な設備ですが、劣化や老朽化が進むことで水漏れすることがあります。
劣化や老朽化が原因になっている場合、配管の腐食により穴が開くことや、配管の中にある錆が詰まってしまうこともあります。
また、配管は健康でもそれをつなぐためのパッキンが腐食しているとつなぎ目から漏水することもあるようです。
劣化や老朽化が原因となるトラブルは、修理をするよりその部品を交換して対処することがおおいようで、直しても別の場所が破損してしまう確率が高いためだと言われています。

逆に配管に新しい時には、異物を詰まらせてしまう、外から衝撃を与えてしまうといったことが原因となることが多いそうです。普段は気を付けていても、うっかり物をぶつけた時に水漏れしたときなどがそれにあたるでしょう。

このように配管からの水漏れにも色んな原因が考えらえます。また、原因によって水道修理の方法にも違いが出てきます。ただ水が漏れているだけでもその対処法は多岐に渡りますので、素人判断で処理してしまうのはあまりおすすめできません。

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較