水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレや浴室など|水回りの老朽化による水漏れは早めに修理・交換を

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

トイレや浴室など|水回りの老朽化による水漏れは早めに修理・交換を

トイレや浴室などの水回り設備では、老朽化による水漏れが起こることは珍しくありません。なぜなら、水回り設備には耐用年数があるからです。定期的にメンテナンスや掃除をしっかりおこなっていても、やはり時間の経過とともに不具合は出てきてしまいます。

当記事では水回り設備が老朽化したときにどのような不具合が出るのか、また耐用年数や修理方法について詳しくご紹介します。現在水漏れが発生している方や、今後水漏れ被害を未然に防ぎたい方はぜひ参考にしてください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

水道設備やトイレの耐用年数はどれぐらい?

私たちが普段使っているトイレや浴室などの水回り設備ですが、どれぐらい使い続けられるか気になりますよね。この章では、トイレ・浴室・洗面所・キッチンの耐用年数について解説しています。それぞれの寿命の目安を知り、リフォームする時期などの参考にしてください。

トイレの耐用年数

トイレの耐用年数

便器やタンクは陶器製なので頑丈にできています。ヒビが入ったりしなければ、耐用年数は50年以上にもなるといわれています。しかし、配管やゴムパッキンなどの消耗品は10~20年ほどで交換しなければいけません。

浴室の耐用年数

浴室の耐用年数は、15~20年ほどといわれています。15年以上経過すると、経年劣化により浴槽やタイルにひび割れが発生することがあるので、リフォームを検討したほうがよいでしょう。また、シャワーホースの耐用年数は10年ほどといわれています。そして、お風呂の蛇口は10年以上使っていると、劣化してきます。

洗面所の耐用年数

洗面所の耐用年数は、10~20年ほどです。また、洗面ボウルは陶器でできているものが多く、耐久性が高いのできれいにしていれば長く使うことができます。

キッチンの耐用年数

キッチンの耐用年数は10~20年ほどといわれています。また、蛇口の耐用年数は浴室同様、10年ほどです。しかし、蛇口のタイプによって耐久年数に差があり、掃除の仕方や頻度によってもこの耐用年数は変わってくるでしょう。

水回りの老朽化によって起こる不具合はさまざま

水回りの老朽化によって起こる不具合はさまざまなものがあります。この章では水回り設備が老朽化すると、どんな不具合が出てくるのかを見ていきましょう。

トイレの不具合

トイレの不具合

トイレの不具合でよくあるのが、タンク内の部品の劣化による水漏れです。タンクの中からチョロチョロと水が流れる音がしたら、タンク内で水漏れが起きているかもしれません。

また、給水管や排水管などから水漏れが発生する場合はゴムパッキンの経年劣化、またはナットが緩くなっていることが原因です。そして、床から水漏れが発生した場合は床下の排水管の経年劣化が原因としてあげられます。

浴室の不具合

浴室で使っているシャワーにも経年劣化で不具合が発生します。シャワーホースと本体をつなぐ部分に使われているパッキンの経年劣化により、水漏れが発生してしまうのす。

また、お風呂の蛇口も内部のパッキンの劣化によって水漏れしていることがあります。パッキンは自分で交換することもできます。

洗面所の不具合

蛇口からポタポタと水漏れしている場合は、蛇口の中のパッキンが劣化している可能性があります。

また、排水管と洗面所のつなぎ目から水漏れすることもあります。その場合はまず、ナットの緩みを確認しましょう。緩みがなかった場合は、ゴムパッキンの劣化が原因の可能性があります。

キッチンの不具合

キッチンの不具合には、シンクの下の排水管からの水漏れがあります。原因は、シンクと排水トラップの接続部分に取り付けられているゴムパッキンが劣化するものです。

また、蛇口から水漏れが発生する場合もあります。蛇口からポタポタと水が漏れているときは、内部のパッキンの劣化やカートリッジの故障が考えられます。

老朽化による不具合は放置しないで修理しよう

水回り設備の老朽化により不具合が発生したときは、自分で修理ができる場合があります。不具合を発見したときは、放置せずに自分で修理したり業者に依頼したりするなどの対応をしましょう。

トイレタンクは部品交換

トイレタンクは部品交換

トイレのタンクからチョロチョロ音が聞こえるといった場合は、タンク内部の部品が劣化している可能性があります。タンクへの給水を調整している「ボールタップ」、タンクから便器への排水を調節する「フロートバルブ」といった部品は、自分で交換することもできます。

ここでは一例としてボールタップの交換方法をご紹介します。ボールタップとはトイレのタンクの中にあり、タンク内の給水や水を止めるための部品です。

まず、トイレタンクの修理作業をする前に給水を止めるために止水栓を閉めます。止水栓は壁や床の給水管接続口の付近についているので、探してみましょう。

止水栓をマイナスドライバーで動かなくなるまで右方向に回します。このとき、ドライバーを何回回したか覚えておくことがポイントです。止水栓を開けるときに、元の状態に戻しやすくするためです。

そして、フタとカバーを取り外します。手洗い器がないタイプは、上に持ち上げて簡単にフタが外せるようになっています。しかし手洗い器がついているタイプは、蛇腹ホースで接続されていて、手洗い器と蛇腹ホースの接続部分のナットを取り外す必要があるものもあるので注意しましょう。

次にレバーを回して水を抜き、タンクの水を空にします。ボールタップを交換するときに取り外す部品は、2つあります。タンクにつながっている袋ナットとツバ付きナットをモンキーレンチでゆるめて外します。

外側の管を外したら、ボールタップをタンクの内側に引き抜きます。そして、ボールタップを新しいものと交換します。

水栓の不具合はパッキン交換

蛇口から水漏れしている場合は、パッキンが経年劣化していることが考えられます。パッキンの交換は自分でおこなうことができます。以下でキッチンのシングルレバー混合水栓の場合のパッキンの交換の方法を解説していきます。

作業するときは必ず、止水栓を閉めておきましょう。止水栓を閉めないと、作業しているときに水が出てくることがあるからです。止水栓が見つからない時は元栓を閉めましょう。元栓は、一戸建ての場合は、水道メーターの近くに設置されていることが多く、マンションなどの場合は玄関近くのメーターボックスの中にあります。

次に蛇口のレバーを外していきます。レバーを外すときは、ドライバーを使ってネジを外します。レバーを外したら、その下のバルブカートリッジを取り外します。このときに、モンキーレンチを使うと便利です。モンキーレンチは、ボルトやナットを締めることができる工具で、幅広いサイズのナットやボルトに合わせることができます。

胴体部分のカバーを外し、パッキンの交換をします。パッキンを交換するときは、取り付けの向きに注意しましょう。パッキンの交換後は、部品を元に戻し水道の水が出るか確認してみましょう。

業者に修理を依頼したときの費用相場は?

さいごに水漏れ修理を業者に依頼したときに、いくらかかるのか、修理費用の相場をみていきましょう。

・トイレ
トイレが水漏れをしたときに業者に作業を依頼した場合、修理箇所によって以下のような費用がかかります。

調整作業やパッキンの交換……約4,000円~
給水管の交換……約5,000円~
タンク内の部品交換……6,000~8,000円程度
便器の交換……2,0000~4,0000円程度

便器の交換には、作業費のほかに便器自体の費用がかかります。

・浴室
浴室の場合も、蛇口の調整やパッキン交換などの費用相場は約4,000円~です。また、シャワーヘッドを交換した場合は8,000~1,0000円ほどかかります。

・洗面所
洗面所の不具合は、パッキンの交換や水栓の交換のようなものまでさまざまですが、相場は5,000円~1万2千円程度です。

・キッチン
キッチンの修理費用の相場は、簡単なつまりの修理などの場合は4,000円~となっております。また、蛇口の交換が必要な場合は、蛇口の種類によっても変わりますが、約1万円~3万円ほどかかるでしょう。

水漏れ修理が起きてしまったとき、自分で修理できることもありますが、自分で修理をすると事態が悪化する可能性もあります。そういったときには、プロの助けを借りることで解決することができます。

水漏れ修理でお困りの際には弊社までご相談ください。弊社にご相談していただきますと、お客様に最適な業者を派遣いたします。また、お見積りは無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

まとめ

トイレや、浴室など水回りの設備は毎日使っていると水漏れなどの不具合が出てきてしまいます。それは、水回り設備にはそれぞれ耐用年数があり、部品が老朽化してしまうからです。

老朽化による不具合が出てきた場合は、放置せず修理をしましょう。また自分で修理するのが難しい場合は無理をせず、業者に依頼をして早めに対応をすることをおすすめします。

業者探しにお困りの際には、ぜひ弊社にご相談ください。水回りのあらゆるトラブルに対応できるお近くの業者を、すぐに無料でご紹介いたします。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較