水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > トイレのトラブル > 節水型トイレは詰まりやすい|原因と自分でできる対処法を徹底解説

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

節水型トイレは詰まりやすい|原因と自分でできる対処法を徹底解説

節水型トイレが詰まりやすい原因とは

近年、環境汚染問題や、水道代節約のために節水型トイレの需要が高まっています。新築のマンションや戸建て住宅でも、この節水型トイレが導入されていることが多いです。

しかし、それと同時にトイレの流れが悪くなってしまったり、詰まったりといったトラブルが増えてくるようになりました。このトラブルを解消するには詰まりやすい原因を理解することが大切です。

この記事では、節水型トイレの詰まりを解消するために自分でできる対処法や原因を詳しくご紹介します。自分で対処できないほか、詰まりの原因がわからないときは業者に相談しましょう。業者へ依頼するときにかかる費用相場などもご説明しますのでぜひ参考にしてください。

節水型トイレは詰まりやすい

節水型トイレは詰まりやすい

近年、最新型のトイレでは節水が推し進められ、流す水の量が少なくなっています。節水型トイレにリフォームすると、詰まりやすくなるというお宅があります。これは、排水管に流れる水の量が少なくなり、トイレットペーパーなどが途中の配管で詰まってしまうことがあるからです。

また、集合住宅よりも、戸建て住宅の方がつまりの発生件数は多いようです。集合住宅では、配水管が垂直になっているので、少量の水でも勢いが付くのですが、戸建ての場合は、排水管の中を水がゆっくりと流れていくことが多いので、途中で詰まりが発生しやすいようです。

これを解消するためには、トイレの水が流れる量を調節する必要があります。お困りの事がございましたら、水トラブルのプロへご相談することをお勧め致します。

トイレトラブル・トイレ水漏れやトイレ詰まりについての詳しい解説は、
こちら⇒⇒⇒トイレの水漏れ・詰まりトラブル等の原因と解決法をチェック!

サイフォンの原理を活用

節水型トイレは、サイフォンの原理で、重力を利用し水を流す仕組みになります。簡単に説明すると、水を高い位置から管を通して、一気に低い位置に移動させることができるのです。そのため、少ない水でも排泄物を流すことが可能になります。

流す水が少ないため節水トイレは詰まりやすく、適切に使う必要があります。排泄物が少ないときは1回で流して、多いときは、数回にわけて流すとよいでしょう。トイレットペーパーの量も多すぎると詰まる原因になるので、数回にわけて流しましょう。

また、節水トイレの水量を増やすために自分の判断で、止水栓などを操作することはやめましょう。なぜなら、マンションや二階建て住宅の場合、便器内の水位を上げてしまうと、トイレが詰まって流れが悪くなっているときには水が溢れてしまうおそれがあるからです。

自分の家だけなら問題ないと思っていても、他人にまで迷惑をかけてしまうおそれがあるので業者に相談してからおこなうようにしましょう。

排水管の構造が詰まりやすくすることも

節水型トイレの詰まりは、他にも排水管の設置場所に原因があることがあります。排水管は、家の構造によって設置場所は異なりますが、どこのご家庭でも水が流れやすくなるように勾配がついていることが多いです。

しかし、長年使っていくうちに排水管に汚れなどが付着し、流れにくくなることがあります。節水型トイレにリフォームしてから詰まりやすくなったといっても、排泄物だけが原因とはかぎらないのです。

排水管に問題があることもあるので覚えておくとよいでしょう。しかし、排水管の詰まりは自分で確認することは難しいです。そのときは、業者に依頼して詰まりを解消してもらいましょう。

プロに依頼して詰まりの原因を突き止めよう!

節水型トイレの詰まりは、その構造に問題があることも考えられます。自分で対処できないときは、水道修理のプロに相談しましょう。豊富な知識をもった業者なら、トラブルを解決してくれるはずです。一人でかかえこまずに気軽に相談してみましょう。

「水110番」は、水のトラブルを解決してくれる日本全国の加盟店と提携しています。豊富な知識と経験から、どんなトラブルもすぐに解決してくれることでしょう。水のトラブルはいつ起きるかわかりません。365日24時間無料で相談をお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

【節水トイレでの詰まり】正しい方法と間違った方法

節水トイレが詰まったとき、家にあるもので対処することはありませんか。じつは、その方法が間違っていることがあります。間違った方法で対処してしまうと、トイレが破損するほか、水漏れを引き起こすなどトラブルが悪化することがあるので注意してください。

ここでは、自分でできる詰まりの解消方法や、やってはいけない方法をご説明します。トラブルが拡大しないよう正しい方法を知っておきましょう。

自分でできる節水トイレ詰まり解消法

自分でできる節水トイレ詰まり解消法

節水トイレが詰まったらなるべく自分で対処したいですよね。じつは、どこの家庭でもあるものでトイレ詰まりを解消する方法があるのです。解消方法をいくつかご紹介しますのでぜひ試してみてください。

・【ラバーカップ】で解消
ラバーカップとは、昔でいうスッポンです。ラバーカップをゆっくりと便器に押し込み、一気に引きましょう。そのときは、力いっぱい引くと圧力がかかり、より効果があるといわれています。

また、ラバーカップは和式と洋式で形状が異なります。それぞれに適したラバーカップでおこなわないと吸引力の効果が薄くなるので注意しましょう。また、水が飛び散るおそれがあるので床が汚れても問題ないように新聞紙やビニールシートなどを敷いておくとよいでしょう。

・【重曹と酢】で解消
トイレットペーパーや排泄物が詰まりの原因の場合は、重曹とお酢で解消できることがあります。用意するものは、重曹150g、お酢100ml、ぬるめのお湯を便器の半分程度の量です。

まず重曹を入れてからお酢を流してください。そのあとにぬるま湯を入れましょう。ぬるま湯を入れると泡だってくるのでそのまま放置してください。60分ほど放置してから、水圧がかかるように水を高めの位置から少しずつ入れることで流れていきます。

しかし、重曹とお酢を取り扱うときは注意が必要です。なぜなら、重曹とお酢を混ぜると化学反応で炭酸ガスが発生します。量を間違えてしまうと、泡があふれてくるおそれがあるので適量を守りましょう。適量だと、汚れをきれいに落とす効果があるのです。

・【食器用洗剤】で解消
トイレの詰まりの原因は主に排泄物やトイレットペーパーです。これらの成分は、油分のほか、たんぱく質が多く含まれています。食器用洗剤はこれらの成分を分解する成分が入っているので、詰まりが解消される場合があります。

食器用洗剤は原液を直接便器に入れましょう。そのあとに、約50度のぬるま湯をゆっくりと流しましょう。一度に大量に入れてしまうとあふれるおそれがあるので注意してくださいます。

詰まりを放置する危険性

トイレが詰まったからといって放置するのはとても危険です。なぜなら、水があふれてコンセントなどに浸入するとショートするからです。そうなると、感電またはトイレが故障してしまうことがあります。

トイレそのものを交換することになってしまうと、修理費以外の出費がかさむケースもあるのです。そうならないためにも、トイレの詰まりは放置しないで業者に相談してみましょう。

また、トイレの詰まりを放置することで、汚水や汚物が逆流することがあります。そうなると、その後の処理がとても大変です。なぜなら、掃除してもトイレや床に臭いが染みついてしまうおそれがあるほか、雑菌処理をおこなわないといけません。

雑菌処理が不十分だと、トイレの中は不衛生な状態になります。免疫力がない小さいお子さんや年配の方が誤って床などに付着した雑菌に触れることで、思わぬ病気にかかってしまうおそれがあるのです。

マンションなどの賃貸物件では、下の階の人や隣の人に迷惑をかけてしまうことも考えられます。トイレが詰まって対処できない場合は、放置せずにはやめに詰まりを解消してください。自分でおこなうのが難しいときは業者に相談しましょう。

しかし、場合によっては放置して自然につまりが解消することもあります。それは、トイレットペーパーなど水に溶けるものが詰まりの原因の場合です。これらは、水を含むことで柔らかくなり、時間とともに流れていくことがあるので、この場合は少し様子をみてみましょう。

詰まりの解消法でダメな方法

多くのメディアでは、トイレが詰まったときの対処法をご紹介していることがありますが、その中には絶対にやってはいけない方法がいくつか存在します。その方法を試したことで、トイレが壊れてしまうほか、新品に交換しなければいけない場合もあるのです。ここでは、やってはいけない詰まりの対処法をご紹介します。

トイレに熱湯を流し込むことはやめましょう。なぜなら、トイレの素材は陶器でできています。陶器は高い温度に弱いので、熱湯をトイレにそそぐことでヒビが入るほか、水漏れのトラブルが起きやすいのです。そのため、熱湯など温度が高いものを流すことはやめてください。

また、便器を取り外すことは危険なのでやめてください。トイレをリフォームするために自分で取り外したいと考えている人もいるでしょう。しかし、取り外すときに便器をどこかにぶつけてしまい、破損することがあります。

また、取り外した便器を元に戻すことができなくなってしまうことも考えられます。そのため、自分でトイレを取り外すことはせず、業者に依頼しましょう。そして、トイレが詰まったからといって、強力な泡が発生する薬剤などは使用しないでください。なぜなら、泡が大量発生するとあふれて床が汚れてしまいます。

また、詰まりで流れが悪くなったときに、水を流し続けることは危険です。詰まっているのにさらにそこに水が加わるとあふれてしまうほか、汚水で床などが汚れてしまうことがあります。必ず、ラバーカップなどで詰まった原因を取り除いてから、水が流れるか様子をみましょう。

難しい詰まりは業者に依頼しよう

節水トイレの詰まりを解消するには正しい方法と、間違った方法があるのです。無理やり修理すると汚水や汚物があふれてしまうほか、水漏れの原因につながります。そうならないためにも、正しい方法で詰まりを解消していきましょう。

自分で詰まりが解消できないときは、業者に依頼しましょう。「水110番」は全国の優れた業者と提携しているため素早い対応が可能です。修理実績や豊富な知識を持つ業者なら、安心してトイレの詰まりを解消することができるでしょう。

トイレが詰まりやすいときは、原因を突き止めて素早く対処することです。「水110番」は365日24時間いつでも電話で相談ができます。お仕事で帰りが遅い人や土日休みでない人でもお気軽に相談できる窓口です。水のトラブルで困ったことがあれば相談してみてはいかがでしょうか。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー

詰まり防止方法・業者に依頼する詰まりとは

突然トイレの水が流れなくて、焦る人も少なくないでしょう。詰まりの原因はさまざまで、トイレの室内に詰まりの原因となるものが隠れていることがあるのです。そのため、普段から簡単に予防できる対策法をご紹介していきます。

また、自分で対処できないときは、業者に依頼するという方法もあります。しかし、依頼するとどのくらいの費用がかかるのか気になりますよね。ここでは、業者に依頼したときの費用についてご紹介します。業者を選ぶときの基準も一緒にご紹介しますので、参考にしてみてください。

日ごろからできる詰まり対策法

日ごろからできる詰まり対策法

トイレの空間には、詰まりの原因となるものを置かないようにしましょう。とくに、子供のおもちゃなどを置くのは危険です。なぜなら、誤って便器に落ちたりするほか、おもちゃがトイレにぶつかって破損するおそれがあります。トイレの空間は、必要のないものを極力置かないようにしましょう。

また、トイレの便器には、排泄物とトイレットペーパー以外の物を極力流さないようにしましょう。トイレットペーパーは水に溶けやすい素材なので問題ないです。しかし、ティッシュペーパーなど水の溶けにくい素材を誤ってトイレに流すと、詰まる原因につながるので注意してください。

なお、トイレットペーパーの使い過ぎもよくありません。節水トイレは、1回で流れる水の量が決まっています。そのため、トイレットペーパーの量が多いと詰まりの原因になるのです。トイレットペーパーの量が多いときは、数回にわけて流すようにしてください。

トイレの詰まる原因として、節水トイレを正しく使っていないということも考えられます。トイレのレバーは「小」と「大」があり、これをきちんと使いわける必要があります。なぜなら、大便を流すのに「小」で流すと詰まりの原因になるのです。また、小便でも大量にトイレットペーパーを使用するときは「大」で流すように心がけましょう。

業者による解消が必要な詰まりとは

トイレの詰まりには、自分で対処できない原因もあります。理由がわからないのに無理に対処しようとしても逆に詰まりが悪化するおそれがあるのです。そのため、次のような症状が出たら、まずは業者に相談するようにしてください。

トイレのレバーを操作しても便器内の水位が変化しないときは、業者に相談してください。なぜなら、便器内の水はレバー操作で流れる仕組みです。水位が変化しない場合は、詰まっている可能性が高いのです。

時間をかけて水位が下がるようであれば多少の詰まりが考えられますが、変化しないときは、詰まりが悪化している可能性があります。トイレットペーパーが詰まりの原因であれば、この記事で紹介した対処法をおこなうことで解消することがあります。しかし、それでも詰まりが解消されないときは、原因は別にあると考えましょう。

知らないうちに物が落下してそのまま便器の中に落ちて詰まった可能性が考えられます。そうなると便器の奥で詰まってしまうほか、自分で対処することが困難な場合があるのです。水で溶けないものが詰まりの原因は、業者に依頼することですぐに解消されることがあります。

また、トイレの流れが悪いときは、排水管に問題が起きていることがあるのです。長年使っていると、尿石が排水管内部で固まり水の流れが悪くなることがあります。このような場合は、自分で対処することが難しいです。そのため、業者に依頼して解消していきましょう。

業者に依頼するといくらかかるのか

業者に依頼するとき、一番気になるのは費用ではないでしょうか。修理内容によって費用は異なりますが、平均的な相場をご紹介します。

トイレの詰まり 5,000円~

この費用には、出張費、材料費、作業費が含まれているケースが多いです。しかし、修理内容によっては、使用する道具で追加料金が別途かかることがあるのです。そのため、業者に依頼するときは、必ず見積りをとるようにしてください。

トイレの詰まりはいつ発生するか予測が難しいです。前兆がなく、詰まることもあります。自分で対処が難しいときは、業者に依頼しましょう。「水110番」は365日24時間いつでもお電話相談をおこなっており、お客様のご希望にあった業者をご紹介いたします。また、ご相談や現地見積りは無料です。

見積り金額がご希望にそぐわないときはキャンセルが可能なほか、見積もり後に追加料金を請求することも基本的にはありません。トイレの詰まりで困ったことがあればお気軽に相談してください。

通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-923-426 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較