水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> 【水漏れへの応急処置】配管から・水道蛇口からの水漏れへ対処方法・閉栓や補修テープで水漏れを止めよう

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

【水漏れへの応急処置】配管から・水道蛇口からの水漏れへ対処方法・閉栓や補修テープで水漏れを止めよう

2021.09.10

水漏れへの応急処置

水漏れが起きたときには、どのように対処すればよいのかあせってしまいますよね。そこで本記事では、配管また水道蛇口から水漏れが起きたときの応急処置をご紹介していきます。なお、水漏れが起きたときには自分で応急処置をおこなうことももちろん大切ですが、まずは水道業者に相談することが重要です。

自分でおこなう応急処置には限界がありますし、何より水漏れは対処が遅れると被害が拡大して、そのうえ費用や水道料金が高額になってしまいます。そのため水漏れの応急処置は、水道業者に相談してプロが対処してくれるまでの間のつなぎと考えるようにしましょう。

なお、水漏れが起きた際には【水110番】をご利用いただくことがおすすめです。

水110番を利用するメリット
・水漏れに8,800円(税込)から対応
・受け付けは24時間365日対応
・現場への駆けつけは最短15分で対応

ご相談に加え、現地調査をおこなったうえでのお見積もりも無料となっているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

トイレのつまり・キッチンの水漏れなど税込8,800円~お電話1本ですぐに駆けつけます!※1 累計問合せ件数210万件以上※2 24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-220-377 メールで相談する
※1 対応エリア・加盟店・現場状況により価格が異なり、記載価格で対応できない場合がございます。 ※2 当サイト記載の累計問合せ件数について、弊社運営サイト全体のお問合せ件数になります。

水漏れの応急処置|止水栓・元栓を締める

水漏れが起きたときにまずやらなければいけない応急処置は、止水栓を締めて水を止めることです。水を止めることができれば、被害やかかる費用、そして水道料金も抑えることができます。

ハンドルがついている止水栓は、手で右に回して締めましょう。ハンドルがついていないものは、マイナスドライバーで同じように右に回すことで締めることができます。

なお、止水栓は普段から気にするものではないため、場所がわからない方もいるかもしれませんね。以下で水漏れを起こしやすいトイレやキッチン、またお風呂などの止水栓の場所を確認しておきましょう。

トイレの止水栓の場所

トイレの止水栓は、トイレタンクと壁をつなぐ配管についています。なお、トイレタンクと床をつなぐ配管についていることもあるので、確認してみましょう。

キッチンの止水栓の場所

キッチンの止水栓の場所は、シンクの下です。扉を開けると配管が見えて、そこにあるので確認してみましょう。なお、キッチンの止水栓は水とお湯の2つがあります。

洗面所の止水栓の場所

洗面所の止水栓の場所は、洗面台の下の扉のなかです。水とお湯の2つの配管があり、それぞれに止水栓がついているので、確認してみてください。

お風呂の止水栓の場所

浴室の水道蛇口に関しては、配管が目に見えるところにないこともあるでしょう。その場合、水道蛇口の脚の部分を見てみてください。そこにマイナスのネジが切ってあるはずです。これが止水栓になるので、マイナスドライバーで締めましょう。

水道元栓を締めてもよい

水漏れが起きたときの応急処置としては、止水栓ではなく水道元栓を締めてもよいです。止水栓がトイレやキッチン、またお風呂などのそれぞれの水を止められるのに対して、水道元栓は家全体の水を止めることができます。

水道元栓の場所は、戸建住宅だと敷地内の地面にある水道メーターボックスのなかです。家の入口付近や駐車場にあるケースが多いので、確認してみましょう。

マンションなどの集合住宅では、部屋の外の廊下にあるパイプシャフトと呼ばれる空間にあることが多いです。パイプシャフトのなかには水道メーターを含め、ガスメーターや電気メーターなどもあります。

水漏れが起きたときに必ずおこなっていただきたい応急処置が、この止水栓もしくは水道元栓を締めて水を止めることです。水道業者へ相談する前でも結構ですので、優先しておこなうようにしましょう。

水を止めることができたら、【水110番】へご相談ください。24時間365日いつでもお問い合わせを受け付けており、現場への駆けつけも最短15分とスピーディーに対応することができます。

トイレのつまり・キッチンの水漏れなど税込8,800円~お電話1本ですぐに駆けつけます!※1 累計問合せ件数210万件以上※2 24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-220-377 メールで相談する
※1 対応エリア・加盟店・現場状況により価格が異なり、記載価格で対応できない場合がございます。 ※2 当サイト記載の累計問合せ件数について、弊社運営サイト全体のお問合せ件数になります。

配管からの水漏れ|専用補修テープで応急処置

水漏れが配管から起きているときには、専用の補修テープを使用することも応急処置としてあげられます。まずは水道業者へ相談することが大切ですが、駆けつけてくれるまでの待っている間に状況を悪化させないためにも、自分でできることはやっておくことがおすすめです。

止水栓・水道元栓を締めて水を止める

水道業者へ相談したら、まずは止水栓もしくは水道元栓を締めて水を止めましょう。なお、配管から水漏れを起こしている場合には、その種類によって締めるべき栓は異なります。

配管の種類

■給水管
家に水を供給するための配管

■排水管
家で使用した水を外へ運ぶ配管

配管の種類は上記のとおりです。

給水管から水漏れを起こしているなら、そもそも水の供給を止める必要があるため、水道元栓を締める必要があります。逆に排水管から水漏れを起こしているなら、栓を閉める必要はなく、水道蛇口を締めておけば大丈夫です。

水漏れ専用補修テープの使用方法

水漏れ専用補修テープを使用する方法はとても簡単です。水漏れを起こしている配管に、きつめにぐるぐる巻くことで応急処置をおこなうことができます。

なお、止水栓もしくは水道元栓を締めたとしても、配管のなかに水が残っていることもあります。そのため、こぼれても大丈夫なようにバケツを用意したりタオルを敷いたりするようにしましょう。

また、水漏れ専用補修テープにはいくつか種類があり、それぞれ特徴が異なります。そのため、状況にあわせたものを使用することが大切です。以下で水漏れ専用補修テープの種類をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

水漏れ専用補修テープの種類

防水補修テープ

テープと聞いて多くの方が思い浮かべるのが、粘着性のあるものでしょう。そんな粘着性のある水漏れ専用補修テープが、防水補修テープです。ただ、粘着面に空気が入ると水がにじみ出てきてしまうため、使用する際には気をつける必要があります。

自己融着テープ

自己融着テープは、粘着性のない水漏れ専用補修テープです。ゴム素材となっており、テープが重なることでくっつきます。のりを使用していないため、耐水性が高いことが特徴です。

水道用ラップテープ

水道用ラップテープは、感覚的には料理で使用するラップをイメージしていただくとよいでしょう。自己融着テープのようにのりを使用していないため、耐水性が高い特徴を持っています。なお、強度はあまりなく、排水管からの勢いの弱い水漏れに使用されることが多いです。

購入前に特徴をしっかり確認

水漏れ専用補修テープの種類をご紹介してきましたが、細かい特徴は商品によって異なります。実際に使用する状況によって、耐酸、耐アルカリ性、耐熱など、重視したい水漏れ専用補修テープの特徴は変わってくるでしょう。そのため、商品を購入する際にはしっかりと確認をして、合ったものを選ぶようにしてください。

床・壁・天井のなかの配管からの水漏れ→すぐに水道業者に相談

配管から水漏れが起こっているときには、専用の補修テープを使用することで応急処置をおこなうことができます。

しかし、配管は床や壁、また天井のなかにもあり、そのような目に見えないところで水漏れが起きている場合には、専用の補修テープでの応急処置は難しいです。加えて、このような場所での水漏れは、柱などを腐食させるといった家そのものにも被害をおよぼします。さらに、シロアリの発生などの害虫被害につながることもあるのです。

上記のように被害が拡大してしまうと、当然かかる費用も高額になってしまいます。そのため、すぐに水道業者へ相談することが大切です。

また、そもそも水漏れに専用の補修テープで対処する方法は、あくまでも応急処置となります。水漏れ専用補修テープを使用したからといって、根本的なトラブルの解決にはなりません。そのため、いずれにおいても水道業者へ相談することは大切なのです。

【水110番】では水漏れに8,800円(税込)から対応が可能で、24時間365日いつでもご相談を受け付けています。さらに、現場への駆けつけは最短15分となっており、緊急時でもしっかり対応することが可能です。ご相談に加え、料金の詳しいお見積もりも無料となっているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

トイレのつまり・キッチンの水漏れなど税込8,800円~お電話1本ですぐに駆けつけます!※1 累計問合せ件数210万件以上※2 24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-220-377 メールで相談する
※1 対応エリア・加盟店・現場状況により価格が異なり、記載価格で対応できない場合がございます。 ※2 当サイト記載の累計問合せ件数について、弊社運営サイト全体のお問合せ件数になります。

水道蛇口からの水漏れ|応急処置・原因ごとの対処方法

水漏れが水道蛇口そのものから起こっていることもあるでしょう。

なお、この水漏れの応急処置となるのも、止水栓もしくは水道元栓を締めて水を止めることです。まずはこれをしっかりおこなって、被害の拡大や費用また水道料金が高額になってしまうことを防ぎましょう。

そのうえで、原因ごとに自分でできる対処方法を、以下からご紹介していきます。

対処方法①止水栓を軽く締める

水漏れへの応急処置は、先ほどもお伝えしたように、止水栓もしくは水道元栓を締めることです。なお、水道蛇口からの水漏れにそこまで勢いがないのであれば、止水栓を軽く締めるだけで対処できるかもしれません。

というのも、水道蛇口からの水漏れの原因としては、止水栓での水量の調節が不適切になっていることが考えられるのです。止水栓が何らかの影響を受けて徐々に開いてしまうと、それだけ水量が多くなってしまいます。その結果、水道蛇口から水漏れを起こしてしまうことがあるのです。

そのため、水道蛇口からの水漏れの勢いがそこまでないのであれば、一度止水栓を軽く締めてみましょう。そうすることで、水漏れを止めることができるかもしれません。

対処方法②配管接続の緩みを直す

水道蛇口からの水漏れは、配管接続が緩んでいることも原因として考えられます。この場合は、水道蛇口の各配管の接続部分の緩みを直すことで対処できるでしょう。ナットやネジで固定されているため、それらを締め直してみてください

水道蛇口の配管接続の緩みは、地震などの揺れがあった際に起こることもあります。そのため、このようなときには水道蛇口を確認するようにしましょう。

対処方法③部品の交換修理をおこなう

水道蛇口からの水漏れは、内部の部品が破損したり劣化したりすることが原因である場合が多いです。このときには、部品の交換修理で対処することになります。

なお、部品の交換修理といっても、実際の方法は水道蛇口の種類によって異なります。また、水道蛇口の種類によっては原因となる具体的な部品が異なることもあります。以下で詳しく確認してみましょう。

ハンドル式の水道蛇口

ハンドルを回すことで水もしくはお湯を出したり止めたりすることのできる水道蛇口で水漏れが起きるなら、基本的にはパッキンの破損や劣化が原因であることが多いです。なお、水漏れがどこから起きているのかで、破損また劣化しているパッキンは異なります。

水漏れ場所ごとの原因パッキン

■ハンドルの下から水漏れ
三角パッキン

■吐水口から水漏れ
コマパッキン

いずれのパッキンに関しても、交換修理をおこなう際にはまずビスを回してハンドルを取り外します。そして三角パッキンはカバーナットの下に、コマパッキンはスピンドルの下にあるので、それぞれ取り外して新しいものを取り付けましょう。そして取り外した他の部品を取り付ければ、交換修理は完了です。

レバー式の水道蛇口

レバーを操作することで水もしくはお湯を出したり止めたりすることのできる水道蛇口で水漏れが起きるなら、カートリッジと呼ばれる部品の破損や劣化が原因として考えられます。カートリッジとは、レバーの操作にあわせて水とお湯の切り替えを、またそれぞれ出したり止めたりする役割を持つ部品です。

交換修理の方法は、まずはレバーを取り外しましょう。そして、カートリッジの上のフタを取り外してください。そうするとカートリッジが見えますので、古いものを取り外して新しいものを取り付けます。その後は取り外した各部品を取り付ければ、交換修理は完了です。

水道蛇口からの水漏れへの対処には時間・手間がかかる

ここまで、水道蛇口から水漏れが起こったときの対処方法をご紹介してきました。

ただ原因はさまざまなので、自分で対処しようとするとそもそもなぜ水漏れが水道蛇口から起こっているのかを特定することに時間がかかってしまうでしょう。また、もし部品の交換修理をおこなう必要がある場合には、新しい部品や作業をおこなうための工具なども用意しなければいけません

水漏れというのは、対処が遅れるほど被害が拡大して、費用や水道料金が高額になってしまいます。そのため、自分での対処に自信がない場合はすぐに水道業者へ相談することがおすすめです。

【水110番】では水漏れに8,800円(税込)から対応が可能で、24時間365日いつでもご相談を受け付けています。さらに、現場への駆けつけは最短15分となっているため、すぐに対応することが可能です。ご相談に加えて、料金の詳しいお見積もりも無料となっているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

トイレのつまり・キッチンの水漏れなど税込8,800円~お電話1本ですぐに駆けつけます!※1 累計問合せ件数210万件以上※2 24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-220-377 メールで相談する
※1 対応エリア・加盟店・現場状況により価格が異なり、記載価格で対応できない場合がございます。 ※2 当サイト記載の累計問合せ件数について、弊社運営サイト全体のお問合せ件数になります。

まとめ

配管また水道蛇口からの水漏れに問わず、応急処置として大切となるのが止水栓もしくは水道元栓を締めて水を止めることになります。ただ、最も重要なのが水道業者へ相談することです。

配管に水漏れ専用補修テープを使用することは、あくまでも応急処置で根本的なトラブル解決にはなりません。水道蛇口からの水漏れに関してもそもそも原因の特定が難しいうえ、自分で対処するとなると時間がかかります。

また、水漏れは対処が遅れるとさまざまなトラブルを引き起こすということからも、水道業者へ相談することがおすすめなのです。なおその際には、【水110番】をぜひご利用ください。

水110番を利用するメリット
・水漏れに8,800円(税込)から対応
・受け付けは24時間365日対応
・現場への駆けつけは最短15分で対応

ご相談に加え、現地調査をおこなったうえでのお見積もりも無料となっているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-220-377 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較