水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP > 最新情報・レポート > 古い水道設備を使い続けるリスク

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

古い水道設備を使い続けるリスク

なんでも大切にするのは良いことですが、度が過ぎると余計にトラブルなどが発生してしまうことも考えられます。特に水道設備のように、トラブルが起きると大きな被害が発生することがあるものについては、劣化が見られる場合は早めの交換も必要です。
例えば、水道の蛇口からいつでもポタポタと水が漏れ続けているのなら、部品交換で済むならそれでも良いかもしれません。しかし、摩耗などがひどくなり、部品交換では対処できないくらいの損傷に発展すると、水が常に漏れ続けてしまうことにもなります。
漏れる場所によっては、床などを水浸しにしてしまうかもしれません。
また、トイレの詰まりのように、一度詰まるとその設備が使えなくなるようなトラブルも、その水道設備を使いだしてからの年数が長ければ長いほど、リスクが高くなります。
定期的に水道設備の更新を行うことは美観維持にも繋がりますし、賃貸住宅であれば入居者の獲得のためにも必要なリフォームとも言えます。
まだまだ使えると思っていても、実際には使いづらさなどもあるかもしれませんから、交換ついでに使い勝手向上のための蛇口交換なども進められてはいかがでしょうか。
水道修理・蛇口交換や水道水漏れについての詳しい解説は、こちらをチェック!

0120-932-621
サービス品質について
無料相談窓口へ
よくあるご質問
スタッフ紹介
他社との比較