水漏れ修理・水・トイレ回りのトラブルなら水110番 TOP> 最新情報・レポート> 【トイレが下水臭いときの対処法】原因は排水トラップ・水漏れ!カビや尿などのにおいは掃除で対処!

最新情報・レポート

水トラブルに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

【トイレが下水臭いときの対処法】原因は排水トラップ・水漏れ!カビや尿などのにおいは掃除で対処!

2021.09.10

トイレが下水臭い

トイレが下水臭いときには、そもそもこのトラブルを防止するための排水トラップに原因があることが多いです。ただ具体的な原因はさまざまで、自分で対処できないケースもあります

また、トイレが下水臭い原因は水漏れであることも。なお、水漏れが発生している場合には家そのものにも被害を及ぼすことがある
ため早急な対応が必要です。そのため、いずれにしても専門業者に相談することがおすすめとなります。なかでも、以下のようにメリットのある【水110番】をご利用いただくことがおすすめです。

水110番のメリット
・トイレのトラブルに8,800円(税込)から対応可能
・受け付けは24時間365日対応可能
・現場への駆けつけは最短15分で対応可能

【水110番】へのご相談と現地調査を含んだお見積もりは無料となっているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

トイレのつまり・キッチンの水漏れなど税込8,800円~お電話1本ですぐに駆けつけます!※1 累計問合せ件数210万件以上※2 24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-220-377 メールで相談する
※1 対応エリア・加盟店・現場状況により価格が異なり、記載価格で対応できない場合がございます。 ※2 当サイト記載の累計問合せ件数について、弊社運営サイト全体のお問合せ件数になります。

【トイレが下水臭い原因】排水トラップのトラブル

トイレが下水臭いのは、簡単にいうとトイレと下水管が直結してしまっているためです。この原因として考えられるのが、排水トラップのトラブルになります。

排水トラップとは?

排水トラップがそもそも何なのかわからない方もいるかもしれませんので、簡単にご紹介します。

排水トラップとは、便器また排水路に封水と呼ばれる一定量の水を溜めておくことで、トイレと下水管を直結させないようにするためのものです。これによって、下水のにおいや害虫が上がってくることを防ぐことができます。

逆にいえば、この排水トラップがうまく機能していないと、トイレが下水臭いトラブルを起こすことになるのです。具体的には、トイレと下水管を直結させないようにするフタの役割を担う封水が少なくなったりなくなったりすることが原因となります。

封水が少なくなる・なくなる原因

トイレが下水臭いのは封水が少なくなったりなくなったりするためですが、そもそもこのこと自体にも原因は複数あります。

毛細管現象

代表的な原因としては、毛細管現象があげられます。簡単にいうと、トイレのつまりです。排水管にトイレットペーパーや異物が引っかかり、これが封水を吸って流してしまうことがあるのです。なお、トイレのつまりでトイレが流れないトラブルを起こすこともあります。そんなトイレが流れないことに関しては、「トイレが流れない原因と対処法|つまりはラバーカップ等で・タンクのトラブルは水位を確認!予防方法も紹介!」で詳しくご紹介しているので、ぜひあわせてチェックしてみてください。

蒸発

封水が蒸発することも原因としては考えられます。数週間などの短期間であれば問題ないこともありますが、数か月などの長期間家を空ける際には、封水が蒸発することがあるのです。

排水管の気圧変化

排水管のなかの気圧が変化することでも、封水が少なくなったりなくなったりすることがあります。例えばマンションなどにおいて、上の階のトイレで大量に排水されると、下の階の別のトイレの封水がその勢いに吸い込まれて流されてしまうことがあるのです。この現象は一般的に、誘導サイホン作用と呼ばれます。ちなみに、マンションなどではこの誘導サイホン作用を防ぐために、空気の逃げ道となる通気管が設置されていることが多いです。

自己サイホン作用

トイレに一気に水を流すと、排水管のなかの気圧が変化します。そして、排水の勢いに吸い込まれて封水が流れてしまうことがあるのです。このことは、自己サイホン作用と呼ばれます。

対処法→解決できない場合は専門業者へ相談!

トイレが下水臭いときの原因が排水トラップのトラブル、つまり封水が少なくなったりなくなったりしていることである場合には、以下の対処法をおこなってみましょう。

対処法
・トイレのつまりのもとを取り除く
・水を補充して封水とする

排水トラップの代表的なトラブルである毛細管現象を起こしているのであれば、ラバーカップなどを使用してトイレのつまりに対処することで問題を解決できることがあります。また、水を補充してこれを封水とすることでも、トイレの下水臭い症状をなくすことはできるでしょう。

しかし、トイレのつまりに関しては排水管の奥に原因があることもあります。また、そもそも誘導サイホン作用や自己サイホン作用が原因なら、排水管や通気管の設置、また施工上のトラブルかもしれません。そのため、水を補充して封水としたところで、あくまでも応急処置でしかなく、根本的なトラブル解決にはならないこともあるのです。

つまり、トイレが下水臭いトラブルには自分で対処できないケースもあるということ。そのため、先ほどご紹介した対処法を試してみてトラブルが解決されないようであれば、専門業者に相談するようにしましょう。

なかでも、以下のメリットがある【水110番】をご利用いただくことがおすすめです。

水110番のメリット
・トイレのトラブルに8,800円(税込)から対応可能
・受け付けは24時間365日対応可能
・現場への駆けつけは最短15分で対応可能

【水110番】へのご相談と現地調査を含んだお見積もりは無料となっているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

トイレのつまり・キッチンの水漏れなど税込8,800円~お電話1本ですぐに駆けつけます!※1 累計問合せ件数210万件以上※2 24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-220-377 メールで相談する
※1 対応エリア・加盟店・現場状況により価格が異なり、記載価格で対応できない場合がございます。 ※2 当サイト記載の累計問合せ件数について、弊社運営サイト全体のお問合せ件数になります。

【トイレが下水臭い原因】便器の破損・床との隙間・排水管からの水漏れ

トイレが下水臭いときには、排水トラップのトラブルが原因ではないこともあります。じつは、以下のようなこともトイレが下水臭いトラブルを起こす原因としては考えられるのです。

原因
・便器の破損
・床との隙間
・排水管からの水漏れ

まず便器そのものが破損して、ひび割れなどがあることが原因として考えられます。この場合、便器から水が染み出してにおいの原因となることがあるのです。

また、便器と床の接合部分に隙間ができてしまうことも、トイレが下水臭いトラブルの原因として考えられます。便器と床の接合部分には、ガスケットやフランジといった部品がありますが、これらが劣化や破損してしまうことがあるのです。そうすると、隙間ができてしまい、トイレが下水臭いトラブルを起こします。

加えて、この便器と床の接合部分のガスケットやフランジといった部品に不具合が生じている場合、水漏れを起こすこともあるのです。なお、水漏れに関しては床下の排水管で起こることもあります。もちろんこのことも、トイレが下水臭いトラブルの原因のひとつです。

水漏れが確認できたら早急に専門業者に相談

トイレが下水臭いとき、先ほどご紹介したように原因が水漏れであった場合、結論からいうと早急に専門業者に相談することが大切です。

水漏れは、放置して対処することが遅れると、さらに状況を悪化させてしまいます。便器や排水管の交換修理に加え、床の張り替えといった大掛かりな工事をしなければいけないことにもなりかねません。

また、水漏れが起こることは湿気がある状態になります。そうなると、シロアリが発生するなどの害虫トラブルを引き起こすこともあるのです。つまり、トイレだけの問題ではなく、家そのものにも被害が拡大するおそれがあるということ。

こういった理由から、水漏れが確認できたら早急な対応が必要になるのです。なお、なかには自分で対処しようと考える方もいるかもしれませんが、これはおすすめできません。

お伝えしているように、トイレの水漏れには早急に対処しないと被害が拡大してしまいます。自分で対応するとなると、原因の特定や実際に対処するための工具や部品を揃えることなどに時間がかかってしまうでしょう。また、知識や技術がないことから対応に失敗したり、かえって状況を悪化させたりしてしまうことがあるかもしれません。

そのため、専門業者に相談することがおすすめなのです。

【水110番】では、トイレの水漏れに8,800円(税込)から対応することができます。加えて受け付けは24時間365日現場への駆けつけは最短15分と、スピーディーに対応することも可能です。

【水110番】へのご相談と現地調査を含んだお見積もりは無料となっているので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

トイレのつまり・キッチンの水漏れなど税込8,800円~お電話1本ですぐに駆けつけます!※1 累計問合せ件数210万件以上※2 24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-220-377 メールで相談する
※1 対応エリア・加盟店・現場状況により価格が異なり、記載価格で対応できない場合がございます。 ※2 当サイト記載の累計問合せ件数について、弊社運営サイト全体のお問合せ件数になります。

トイレのにおいの原因はさまざま

トイレが臭いときには、そもそも下水からのにおいが原因ではないケースもあります。ここでは、トイレが臭いときの原因を一挙ご紹介していきます。あわせて対処法についても触れていくので、ぜひ参考にしてみてください。

アンモニア臭

トイレが臭いときの原因として代表的なのが、アンモニア臭です。このアンモニア臭は、排泄された尿が便器に跳ね返り、飛び散ったものが尿石になることで発生します。

対処法

対処法は、便器に跳ね返って飛び散った尿をきれいに掃除することです。

排泄された尿が便器に跳ね返って飛び散る範囲というのは、思いのほか広範囲になります。そのため、床はもちろん壁などもしっかり掃除することが大切です。また、便器と床の接合部分は見落としがちになるので、注意して見るようにしましょう。

掃除は、クエン酸を使用した方法が効果的なので、ぜひ実践してみてください。

なお、そもそも便器に尿が跳ね返って飛び散らないように、座って用を足すことで対策することが可能です。慣れない方もいるかもしれませんが、トイレをきれいに保つためにもぜひやってみてください。

換気扇の汚れ

空気の入れ替えをおこなう換気扇が汚れている場合、これがトイレが臭い原因になっていることもあります。排泄された便にはガスが含まれていて、空気中に拡散することでトイレににおいが充満してしまいます。換気扇がしっかり機能していれば問題ありませんが、汚れによって役割を果たせない状態になっていることがあるのです。

対処法

換気扇が汚れているなら、掃除をしてきれいにすることが対処法となります。トイレにはトイレットペーパーや便座カバーなどがあり、これらによって換気扇のフィルターが汚れてしまいます。

換気扇を取り外して掃除をしたり、それが難しい場合にはシートなどで拭いたりして汚れを落としましょう。毎日掃除をする必要はありませんが、定期的におこなうのがおすすめです。

トイレタンクのカビ

トイレでは水を使用するため、湿気がこもりやすいです。そのためカビが発生しやすく、トイレが臭いときにはこのことが原因であるケースもあります。なかでもトイレタンクのなかは水が常にあるため、カビが発生しやすいです。

対処法

トイレタンクのなかでカビが発生している場合には、洗浄をすることが対処法となります。トイレタンクのふたを開けて、なかを中性洗剤を使用して掃除しましょう。

トイレタンクのふたは、上に持ち上げることで開けることができます。ただ、なかには固定されているものもあるため、その場合はナットを緩めて開けましょう。

実際に掃除をおこなう際には、ブラシやスポンジでこすることで、カビを落とすことができます。また歯ブラシを使用することで、細かい部分の掃除もおこなうことができますよ。

なお、トイレタンクのなかを掃除するうえでは注意点があります。それが、オーバーフロー管やボールタップ、浮き玉などの部品があること。掃除をするときにこれらの部品を破損させてしまうと、水が流れないなどのトラブルを引き起こしてしまうことがあるため、気をつけましょう。

まとめ

トイレが下水臭いとき、排水トラップの封水が少なくなったりなくなったりしていることが原因であることが多いです。そのため、トイレつまりを起こしていればそのもとを取り除いたり、水を補充してこれを封水としたりするなどで対処しましょう。

ただ、なかには排水管や通気管のトラブルなど、自分で対処できないケースもあります。また、トイレが下水臭い原因が水漏れであるなんてことも。そのため、上記の応急処置をおこなってもトラブルが解決されない場合には、専門業者に相談するようにしましょう。

なおトイレのトラブルにお困りの際には、【水110】番をぜひご利用ください。

水110番のメリット
・トイレのトラブルに8,800円(税込)から対応可能
・受け付けは24時間365日対応可能
・現場への駆けつけは最短15分で対応可能
・ご相談と現地調査を含んだお見積もりは無料
水のトラブルは水110番にお任せください!
通話
無料
0120-220-377 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
プライバシーポリシー
無料相談窓口へ
よくあるご質問
他社との比較