日本全国受付対応!
トイレ・風呂・洗面・キッチンなど水のトラブル最短30分で駆けつけ!
水漏れ・つまり まずはご相談ください! 最短30分で到着!即日解決!今ならすぐにご対応可能です! 24時間365日、日本全国対応! 0120-220-377 各種クレジットカードOK! 調査見積り無料

現在、お電話がつながりやすくなっております。

皆様からご支持をいただき水110番は4冠達成! 顧客満足度No.1 到着スピードNo.1 価格満足度No.1 ご利用シェア

※1 実査委託先:ゼネラルリサーチ(2018年度調査)※2 実査委託先:楽天リサーチ(2016年度調査)

日本全国水のトラブル最短30で完了!

  • トイレ・排水口・洗面台など
  • 水道・トイレ・シャワーなど
  • 便器・蛇口・給湯器など

サービス料金一覧

※対応エリア・現場状況により記載価格で対応できない場合がございます。

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

水漏れ・つまり まずはご相談ください! 最短30分で到着!即日解決!今ならすぐにご対応可能です! 24時間365日、日本全国対応! 0120-220-377 各種クレジットカードOK! 調査見積り無料

現在、お電話がつながりやすくなっております。

水110番 は加盟店に対し 新型コロナウイルス対策を周知しています

ご利用の流れは簡単6ステップ

STEP.1 水110 番に電話!

まずは落ち着いてお電話ください。プロのスタッフが対応させていただきます。

STEP.2 すぐさま現場にかけつけ

受付対応後、トラブルが発生している現場に専門のスタッフが迅速に伺います!

STEP.3 トラブル箇所を確認

現場に到着後、まずトラブルが起きている箇所を確認させていただきます。

STEP.4 お見積りのご説明

原因を調査し、修理にかかるお時間、修理費用のお見積りをお伝えいたします。

STEP.5 最適な修理を実施

お客様のご了承後、ご納得いただける最適な方法で、迅速かつ丁寧に修理作業を実施いたします。

STEP.6 修理完了

水トラブルが無事解決後、水110番のスタッフから完了報告をさせていただきます。お見積りのご料金をお支払いいただき修理完了となります。

日本全国でご好評!
知るほど得する6個のPOINT

お見積り・キャンセル無料

お見積り後の追加料金はいただいておりません。もちろん相見積りも歓迎しております

24時間365日即日対応

水トラブルはいつ起こるかわかりません。いつ発生しても対応できるよう、水110番は24時間365日体制で受付しております。

安心の明朗会計

わかりやすいお見積りを心がけております。

もしものPL保険加入

修繕完了お引き渡し後、欠陥・被害に遭った場合の損害賠償保険であるPL保険に加入しております。

店舗・法人にも完全対応

一般のご家庭だけでなく、店舗・法人契約のご相談も承っております。

クーリングオフ対応

安心にご利用いただけるよう、クーリングオフを採用しております。

水漏れ・つまり まずはご相談ください! 最短30分で到着!即日解決!今ならすぐにご対応可能です! 24時間365日、日本全国対応! 0120-220-377 各種クレジットカードOK! 調査見積り無料

現在、お電話がつながりやすくなっております。

水のトラブルに関するQ&A

お客様のご依頼傾向

水トラブル情報

水漏れ・つまり まずはご相談ください! 最短30分で到着!即日解決!今ならすぐにご対応可能です! 24時間365日、日本全国対応! 0120-220-377 各種クレジットカードOK! 調査見積り無料

現在、お電話がつながりやすくなっております。

最新コラム・レポート

水トラブルの基礎知識

水トラブルと言って、思い浮かぶのはどんなトラブルですか?
家の中での水トラブルといえば、キッチン、浴室、トイレなどの水回りで起こる水漏れが代表的です。水漏れの他には、配水管のつまりやにおいなどが挙げられます。こうした水回りのトラブルは、どの家庭でも起こりうることです。毎日使う水回りが水トラブルで使えない!そんなことにならないために、水回りのトラブルについて知っておきましょう。

水回りで最も多く水トラブルが起こる場所が、キッチンです。キッチンの中でもとくに蛇口での水漏れが多く発生しております。蛇口の水漏れが起きる原因として、蛇口内の部品の劣化、汚れが考えられます。蛇口の形状によって対処・修理の方法が異なりますので、ご家庭の蛇口がどの形状なのか把握し、修理依頼の際に伝えていただくと、スムーズに修理できます。

  • 蛇口以外では、シンク下、排水口や給湯器からの水漏れが多く発生しております。
  • 排水口は、常に清潔を保ち、水漏れ、つまりやにおいの発生を防ぎましょう。
  • 給湯器は、劣化が原因として考えられるので、専門の知識を持った業者による修理が必要です。
  • 蛇口同様、給湯器のメーカーなどを修理依頼の際に伝えると、スムーズな修理が望めます。

水漏れによって、日常生活に大きな支障が出る場所が、トイレです。トイレの水漏れトラブルが起こると、トイレが使えなくなってしまうため、迅速な対処・修理が必要になります。主にタンクや便器からの水漏れが挙げられますが、キッチン同様、劣化が原因として考えられます。簡単なネジのゆるみなどは自分で直せますが、誤った対処をすると大きな被害になりえますので、水回りの修理業者へ修理を依頼しましょう。

水トラブルが起きた際、周辺への影響が大きい場所は、浴室です。ご家庭の水回りの中で、最も大量の水を使用する場所ですので、浴室で水漏れが起きた場合、周辺への影響が懸念されます。マンションやアパートで水漏れが発生した場合、階下にも被害を与えてしまう可能性があります。浴室での水漏れに気付いた際には、できるだけ早く修理を依頼しましょう。

キッチン・浴室・トイレ以外の水回りにも水トラブルの可能性は十分にあります。たとえば、洗面所、洗濯機、屋外の水回り、ベランダなど、水を使用する場所には、水トラブルの可能性が必ずあります。少しの水トラブルでも軽視せず、水回りの修理業者へ修理を依頼しましょう。

また、水回り以外にも配管など目に見えないところで水トラブルが起こることもあります。水回りではないのに、どこからか水の音がする、水漏れは見当たらないけれど、水道料金がいつもより高いなどご自身で解決できない問題が多くあげられます。また、目に見えないところで二次被害の発生も考えられますので、水回りの修理業者に調査を依頼しましょう。

では、水回りの修理を依頼する際、どんなことを基準に修理業者を選びますか?
修理費の安い業者、24時間受付対応の業者、修理内容が幅広い業者など様々あります。「修理費が安い業者に修理を依頼したが、水漏れによる床の腐敗に対応してもらえず、リフォーム業者に床の張替えを依頼し結局高くなってしまった」等、修理業者をよく見ずに依頼して、失敗してしまう例も多く聞きます。こうした失敗がないよう、修理業者を選ぶ際は、しっかりと情報を整理し、修理を依頼しましょう。

水トラブルの対策はされていますか?

水漏れや配水管のつまり、においなどの水回りのトラブルは、どの家庭でも起こりうることです。夜中にトイレに行ったら水漏れが起きていた!水回りがなんだかにおう…等、水漏れをはじめとする水トラブルには、できれば遭いたくないものですよね?日頃のメンテナンスをしっかり行うことで、水トラブルの発生を防いだり、被害を小さくすることができます。突然の水トラブルに遭わないために、ここでは、ご家庭でできる水トラブル対策をご紹介します。

水漏れや配水管のつまり、においなどの水トラブルが起こる原因として、水回りの部品の劣化や、汚れがあげられます。毎日使う場所ですから、劣化や汚れは付き物です。日頃から水回りの掃除に力を入れ、清潔に保ちましょう。

水回りを清潔に保つポイントとして、以下のことをおすすめします。

  • こまめに掃除する
  • 水回りに飛び散った水滴はすぐにふき取る
  • 汚れがついたらすぐに掃除して蓄積させない

水回りは、水を使うだけで水垢が蓄積しますので、こまめに掃除することが重要です。排水口は1日の終わりにごみを取り除く、水で流す等をすることで、ぬめりも防げます。汚れは、部品の劣化を早める原因にもなりますので、水漏れなどの水トラブルを招き、最終的には修理が必要になってしまいます。水回りを清潔に保つことは、水トラブルを防ぐ第一歩ですので、しっかりお掃除しましょう。

また、日常のお掃除のついでに変わったところがないかチェックするなど、定期的に水回りを気にかけましょう。水回りの蛇口部分や、タンク、浴槽などの目に見える箇所のほかにシンク下や止水栓等、普段目にしない箇所も月に1回はチェックしましょう。

具体的には、以下の箇所のチェックをおすすめします。

  • 蛇口のゆるみがないか
  • 止水栓のゆるみがないか
  • 配水管やホースなどの傷み、変化がないか
  • 連結部に汚れがたまっていないか
  • 部品の下に水がたまっていないか

上記以外にも、使っていないのに水の音がしていないかなど、水回りに気をかけましょう。

また、水漏れがいつ起きても気付ける様に、水道メーターや水道料金をチェックすることも有効です。水道料金がはねあがったり、元栓をしめているのに水道メーターがまわっている等の場合は水漏れが疑われます。また、毎月の検針時に配布される「水道使用水量のお知らせ」には、使用水量が急に増えた際には、お知らせが記載されます。水漏れに気付く手がかりとなりますので、毎月の水道料金にもしっかり目を通しましょう。また、目に見えない場所での水漏れは二次被害が懸念されるので、早めに気付いて修理を依頼し、二次被害を防ぎましょう。

日頃の掃除とチェックを行っていても、水トラブルは起こります。そもそも水回りの部品は、消耗品であり、耐用年数がくると交換、修理するべきものです。部品だけでなく、蛇口やタンク、浴槽そのものが老朽化して水漏れをはじめとする水トラブルが起こる場合もあります。その場合、修理箇所、修理費用、修理期間は大きくなり、ご家庭の負担が増えてしまいます。水回りが使えないと、生活が困難になりますので、早めのメンテナンスで、突然の水トラブルを防ぎましょう。

具体的には、以下の様なメンテナンスをおすすめします。

  • 定期的にパッキンやボルトを交換する
  • 定期的にメーカー点検を受ける

水回りは毎日使う場所ですから、問題が大きくならないうちに修理や交換を済ませるなど、早めのメンテナンスを行いましょう。しかし、蛇口やタンク、浴槽そのもののメンテナンスは、専門の知識を持った水回りの修理業者に依頼することをおすすめします。ご自身で対処・修理もできますが、あくまで応急処置だと思いましょう。素人判断での修理は、かえって大きな問題になりかねません。少しでも異常を見つけたら軽視せず、水回りの修理業者へ修理を依頼しましょう。

日頃のお掃除、定期的なチェック、早めのメンテナンスのほかにも生活の中で水トラブル対策はできます。
例えば、蛇口をやさしく締めるなど。力いっぱい締めることでパッキンへ負担がかかり、水漏れの可能性がでてきます。そのまま使い続けると、水漏れだけでなく、蛇口の故障にもつながりますので、水の止まりが悪い場合は、力いっぱい締めるのではなく、水回りの修理業者へ相談しましょう。
ほかにも、トイレットペーパーを一気に使い過ぎない等できることから水トラブル対策をしていきましょう。

トイレつまりは急に起こるかも!正しい方法を知って解消しよう!

日常生活に不可欠なもののひとつに、トイレがあります。「さっきまで使えていたのに」と思っていても、トイレつまりは突然やってきます。
しかし、こういった場合の正しい対処法を知らない方が多いのではないでしょうか。正しい方法で直さないと、トイレが壊れてしまうおそれもあります。
ここではもしもの時に役立つかもしれない、トイレつまりの対処方法について詳しくご紹介していきます。

トイレのつまりを直すには、まず落ち着いて原因を確認

・異物
トイレつまりの原因のほとんどが、異物を誤って流してしまうことです。自分が流してしまったときは何が原因かをすぐに判断できますが、他人が流してしまったものは原因を特定することが難しくなります。焦って取り除こうとすれば、奥に入り込んで取れなくなることもあるため、まずはどんな異物を落としたかを知る必要があります。
・水流の強さ
トイレは汚物を流すとき、タンク内に貯めた水を使い、大と小に分かれたレバーを引いて水流を調節しています。しかし、節水目的でタンクの水を減らしたりしてしまうと、タンク本来の機能が低下してしまいます。過度な節水は、トイレつまりが起こる原因となってしまうのです。

これで大丈夫!トイレのつまり解消方法5選

普段使えていたトイレがつまり、急に汚物と一緒に水があふれてきたら、誰でも焦ってしまうはずです。
まずは落ち着いて様子を見てみてください。症状によっては、家にある道具などでつまりを解消できるかもしれません。

1. ラバーカップ
トイレつまりと聞いてまず思いつくのが、ラバーカップかと思います。ホームセンターなどで簡単に入手でき、日頃からあっても邪魔になるものではありません。また汚物だけでなく、生理用ナプキンやおむつといった水で膨らんでしまうものに対しても効果的です。
吸引力が強いため、子供用のおもちゃ程度なら取り出すことができるかもしれません。
2. お湯
トイレットペーパーなどふやけるものに対してお湯を使うことは有効です。お湯で解決できないと思ったら、早めに他の方法を試すことをおすすめします。
3. 洗浄剤
トイレットペーパーやティッシュペーパー、お掃除シートなどといったものは、溶かすことでつまりを解消することができます。
4. バケツ
バケツに水を汲み、勢いをつけて流します。排水口めがけてピンポイントで流し、隙間をつくることでつまりを解消できます。便器から水があふれるおそれがあるので、床を汚さないように注意して行いましょう。
5. ワイヤー
ハンカチやハンドタオルといったものは、水を流せば流すほど奥に入り込み取れなくなってしまいます。そんなときはワイヤーを使い慎重に取り除くのがおすすめです。また、ラバーカップではできなかったものも、ワイヤーを使えば取り出せることもあります。

トイレつまりを起こしてしまい、さまざまな方法を試してみても解消できない場合もあります。
そういったときには、早めに業者に相談することをおすすめします。