山口県対応業者のご紹介

お掃除サービス
お掃除サービスは山口県で水回りの修理も行っている会社です。水回りは年数とともに劣化しやすく、もっとも早く故障箇所が出てきやすいところになっています。まれに、築年数が古い家だと、水道水から赤サビの混じった水が出てくることもあるようです。これは給水管や給湯管の内側のサビが発生したものが流れ出てくるようです。赤サビの混じった水は人体に影響はあまりないとのことですが、洗濯物が赤く染まってしまったり、料理の風味が損なわれたり、いいことはありません。水回りをきれいにしていても、こればっかりは掃除のしようがないので、水道管の中の赤錆まではどうしようもありません。
そこで、赤錆が出てきてしまう前に「水道管を取り替えたい」という方や、「給水管や給湯管の寿命はいつまでなの?」と気になる方がいらっしゃると思います。実はこれは管の種類によって異なるため、耐用年数等の定めがないようです。しかし、水道管から赤錆がでてくるほどの状態になってしまっているとかなり腐食が進んで、管に穴が空いてしまう可能性もあります。管に穴が空くとそこから水が漏れて、「気がついたら部屋中水浸し」なんてことにもなりかねません。そのため、定期的に水回りをメンテナンスする必要があります。
ライフアシスト
ライフアシストは山口県を拠点に水回りのトラブルを解決してくれる会社です。毎日使用するお風呂場は、水漏れがよく起きる場所です。湯船への給湯蛇口やシャワーヘッド、カランの蛇口、シャワーとカランの切り替えレバーなど…風呂場には様々な給湯機器が密集しているため、それぞれに水漏れが起きる可能性があります。台所と同じく、水漏れの原因の多くはパッキンや内部部品、あるいは機器や器具の老巧化によって起きるケースが大半です。例えばシャワーヘッドの根元からの水漏れは、シャワーヘッドあるいは接続ホースの老巧化が考えられ、給湯蛇口からのポタポタ漏れは蛇口内部のパッキンが老巧化しているといった具合です。またゴミなどの異物が内部部品やシール部分に入り込んでしまっている可能性もあります。一方、給水パイプの根元などから勢いよく水漏れが起こるといった症状は、パイプ自体が老巧化などによって穴が開いたということが考えられます。そもそも蛇口内部に配置されているパッキンや各部品、配管パイプ、各種器具などは永遠に使えるというものではなく耐用年数があり、概ね10年程度で交換するべきものなのです。部品を交換しなくてはならないような水漏れにも対応していますので、トラブルの際はライフアシストが力になってくれます。
三洋トータルサービス
山口県で水回りのトラブルを解決してくれる会社が三洋トータルサービスです。水回りで1番厄介なのがトイレの詰まりなどのトラブルです。トイレが使えなくなり、汚水や汚物がトイレの詰まりが原因であふれてくる事態になります。トイレが沢山あるお宅はまだ良いのですが、ほとんどの家ではトイレは1つなので、できるだけ早く直したいところです。トイレの詰まりの原因に関して最も多いのがトイレットペーパーの詰まりです。小さいお子様がいるお宅ではトイレットペーパーを大量に流してしまいトイレが詰まってしまうことはよくあることです。ティッシュペーパーや他の紙を流してしまうのも、水に溶けず詰まりの原因になります。他には、排水不良による詰まりも考えられます。ほとんどの便器は水が溜まっている部分の下の方に穴があいてあります。こういった所に異物が詰まるとトイレの詰まりやその他のトイレトラブルの原因となることが考えられます。トイレの詰まりを自分で直すのは中々抵抗がありますよね。そんな時三洋トータルサービスはトラブルに関して力になってくれます。

意外と知らない?山口県の水洗トイレ使用人口。身近に潜むトイレなど水回りのトラブルもご紹介

山口県は、本州の最西端に位置する県で、昔から九州と文化的・経済的に強く結びついてきました。この山口県の県庁所在地は県の中央部に位置する山口市ですが、九州や広島県との結びつきが強い下関市や岩国市の方が、山口市よりも発展しています。現在、山口県の総人口は約140万人になっています。ただし、県の財政状態があまり思わしくないため、県民の日常生活を支えるインフラの整備がそれほど進んでいません。たとえば、山口県の下水道普及率は平成26年度末で63.7%になっています。これは、全国平均の77.6%を大きく下回る数字です。ちなみに、県内の水洗トイレ使用人口は、82万6425人になっています。現在でも60万人近い県民が浄化槽式トイレを使っていますが、少しずつとはいえ下水道の整備が進められていますので、今後は水洗トイレ使用人口が増加するだろうと予想されています。 水洗トイレの場合は、住宅のそばに浄化槽を設置して排泄物を溜めておく必要がなくなるため、悪臭が発生する心配がなく、とても衛生的です。ただし、水洗トイレならではの水漏れトラブルが発生する可能性があります。浄化槽式トイレを使用していた頃には無縁だった水漏れトラブルを前にして、どう対応してよいのかわからずに慌ててしまう人が少なくありません。しかし、流してはいけない物をトイレに流してしまったことが原因で水漏れトラブルが発生しているケースが多いので、正しい使用方法を心がけるようにするだけで、水漏れトラブルの発生を回避できる可能性が高くなります。 一方、原因不明の水漏れで困っている場合は、自分自身であちこち弄り回すよりも、最初から修理業者を呼ぶようにした方がよいです。素人が水洗タンクの中を弄り回した挙句、余計に状態を悪化させてしまうケースが実際にしばしばあります。そのようになってしまうと修理代が余分にかかってしまうだけになりますので、最初からトイレ修理の専門業者を呼ぶようにした方が修理代が安くあがります。

水110番の山口県地域における対応エリアについて

  • 下関市
  • 宇部市
  • 山口市
  • 萩市
  • 防府市
  • 下松市
  • 岩国市
  • 光市
  • 長門市
  • 柳井市
  • 美祢市
  • 周南市
  • 山陽小野田市
  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼