エアコンから水漏れした時の対処法

「水漏れ」と聞くと、洗面所やトイレなどの水回りで起きるものと連想されがちですが、実はエアコンにおいても水漏れが発生することがあります。この「エアコン水漏れ」が起きてしまうと、冷暖房の効率が悪くなるだけでなく、垂れた水が住居の境界を越えて隣家とのトラブルにまで発展してしまうことも。ルームエアコンの室内機や室外機下部など、エアコン近辺で起きるトラブルの意外な原因や見落としやすい場所、対策方法についてご紹介をさせて頂きます。

エアコンから排水される仕組み

エアコンは室内機と室外機で構成されており、水を利用して温度を調節しています。この機能があるおかげで、冷房運転と暖房運転を切り替える事ができるのです。しかし冷房時に、極端に低温に設定したり、エアコン内部で詰まりが発生したりすると、エアコンに負荷がかかって正常に機能しなくなります。そのため、お手入れするには、エアコンにどのような部品が使われているか、どこから水トラブルが起きるのかを知ることが重要になります。

エアコン室内機から室外側に向かう水の流れ

エアコン室内機から室外側に向かう水の流れ

  1. エアコンの前面にある、ルーバー内のフィルター部分や蒸発器(熱交換器)のアルミフィンで発生した水は、一度室内機にあるドレンパンという部分に集まります。
  2. ドレンパンに溜まった水はドレンホース内部を通って、住居外部にある室外機内部に流れ込みます。

シチュエーションから予測する原因と対策

一般のエアコンは、室内機と室外機両方が使用されています。しかし中には、室外機を必要としない「ウィンドウエアコン」という種類もあるので、全てのご家庭が同じ機能とは限りません。そのため、事前にご自身が使っているエアコンの種類や仕組みと、それぞれの水の流れをよく理解しておきましょう。そうすれば、トラブルに遭遇してもすぐにエアコンの故障原因を調べることが可能です。ここからは、よくある水トラブルと原因・対策などをシチュエーション別にご紹介しますので、ご参考ください。

ケース 1エアコン運転中に起きる水漏れ

エアコン運転中に起きる水漏れ

【考えられる原因】

湿度の高い状況では、温度差によって水トラブルが発生しやすくなります。そして溜まった水分がエアコンからポタポタと落ち、水漏れを発生させてしまうのです。具体的には、冷房時には結露が、暖房時には霜が、原因となる場合が多くなります。

【結露の対策をする】

ルーバーを下向きにした状態でエアコンを使い続けると、ルーバー自体にも冷気が跳ね返ってしまい、結露が発生します。ルーバーの向きを極端な設定にするのは避け、温度差が発生しにくいようにしましょう。

【霜の対策をする】

霜取り運転はなるべくこまめに行い、室外機の霜の量もチェックするようにしましょう。積雪の多い地域でエアコンを使い続ける場合は、室外機を「高置台」に乗せると霜の蓄積量も少なくなり、手入れが楽になります。

【風量にも要注意】

エアコンは内部で温度を調節し、風に乗せて温度を運びます。そのため、風量が不足していると、水トラブルの原因になることがあるのです。フィルターの目詰まりや急激な温度変化によって、結露などが起こりやすくなりますので、風の通り道をきちんと確保するようにしましょう。

ケース 2ホースの不具合で起きる水漏れ

ホースの不具合で起きる水漏れ

【考えられる原因】

ドレンホースの詰まりや配管の異常が原因で不調を起こしている可能性があります。室外機は屋外に設置されているので、近くに落葉樹や泥土があると、ホースの先端が落ち葉や泥土で塞がれてしまうことがあるのです。また、ドレンホースの逆勾配や劣化から水漏れが発生してしまうこともあります。

【ゴミの対策をする】

ドレンホースに詰まったゴキブリなどの虫や落ち葉などのゴミには、エアコン用ドレンホースクリーナーが使えます。ホースの先端に差し込み、ポンプ部分を引っ張ればゴミを吸い取れます。また、エアコンの排水マスが泥などに埋まっている場合は水の逃げ道を作りましょう。

【配管の調査を行う】

目視などの方法で、エアコンの配管を自分で調査することが可能です。水は上から下に流れているか、配管外側に亀裂や割れなどは存在しないか、を調査しましょう。調査の際に異常が見つかった際には、業者などに依頼して、原因の詳細調査が必要です。

【季節の変わり目にも要注意】

エアコンを使っていない期間が長いと、自然に落ち葉や泥土が堆積していきます。そのため、季節の変わり目には特に注意が必要です。時期初めにエアコンを最初に使用する際には、フィルターの掃除だけでなく、ドレンホースや配管の清掃を行うようにしましょう。

エアコンの水漏れを放置していると故障やその他トラブルの原因となることもあるので、修理が必要自分で修理できない時には、業者を利用して早めにトラブルを解決しましょう。

  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼