水トラブルの2次被害?責任は、保険はどうなってるの?

私たちの生活には水が欠かせません。それだけに、水に関するトラブルは身近な所にあります。一軒家にお住まいの方なら、その被害はその家だけで済むでしょう。しかし、共同住宅や集合住宅にお住まいの方にとっては、そうはいきません。上から流れた水が階下のご家庭に悪影響が及ぼすこともありますし、中高層住宅にお住まいの場合は何階にもわたって被害が広がることもあります。そのまま放置してしまえば、隣人トラブルに発展する可能性があるのです。逆に、上階のお部屋から被害を被ることもあり得ます。このような水トラブルが発生した時、どのように対処すればいいのでしょうか。

発生する二次被害とは

発生する二次被害とは

集合住宅や複合住宅などの場合、水のトラブルが深刻な問題に発展する恐れがあります。例えば、水漏れが発生した場合はどうなるでしょうか。上の階から染み込んだ水はマンションの天井をつたい、やがてカーペットや家具に滴り落ちます。また、ベランダで流した水が隣室に流れ込むこともあります。マンションの上の階に住んでいるひとは知らぬ間に加害者となっていることがあるのです。水のトラブルは静かに進行していきます。そのため、通報を受けて初めてトラブルに気が付くこともあるのです。

どのように対処すればいいのでしょうか?

住宅形態によって変化する水トラブルの対応

一刻も早く解決したい水トラブルですが、住宅の形態によって対応方法も変化します。自分自身で対処しなければいけないのか、それとも、別の誰かに任せるのか。責任は管理人と家側どちらにあるのか。新築物件でも被害に遭わない保障はありませんので、よく覚えておくようにしましょう。

持ち家の場合

持ち家の場合

持ち家での水トラブルは、その住宅の所有者が行わなければいけません。大量の水を階下にこぼしても、その家の中だけで解決されます。

賃貸住宅・複合住宅の場合

賃貸住宅・複合住宅の場合

アパートやUR住宅、団地などで水トラブルが発生した場合、速やかに管理者に連絡しましょう。原因がアパート側にあればすぐに対応してもらえます。

分譲マンションの場合

分譲マンションの場合

分譲マンションでの水トラブルも、賃貸住宅の場合と同様です。どのくらいの量で水漏れトラブルが発生するかはマンションごとに異なりますが、十分に注意しましょう。

2次被害がおきてしまった時の責任は?

マンションでの賠償問題!その責任は誰に?

もしも被害が拡大した場合、その被害額の請求や引っ越し費用の請求が入居者に行われることがあります。しかし、必ずしも全てが入居者負担となるわけではありません。その水トラブルがどこで発生したのか。何が原因となったのか。それによって責任の所在は変わります。もしもご近所の方から苦情が寄せられたとしても、焦ってはいけません。お金に関わることなのでつい感情的になりがちですが、慰謝料請求の判決を巡るトラブルもありますので、言われるがままに賠償金請求に応じないようにご注意ください。代表的なトラブル原因毎に責任範囲を紹介していきます。

老朽化が原因だった場合

老朽化が原因だった場合

老朽化が原因だった場合、故障部分の場所によって責任の所在が変わります。管理組合は主に共有部分が原因となっている水トラブルの責任を負うことになります。賃貸マンションの場合なら、家主が責任を負うでしょう。ただし、入居者が善管注意義務を怠ったり、専有部分に含まれるものが原因の場合は、賠償責任が入居者側にあることが多いようです。また、契約時に家賃減額や家賃交渉が為されている場合は、入居者の責任が免除されないこともあります。

突発的な事故が原因の場合

突発的な事故が原因の場合

賃貸住宅では、お部屋にある水道蛇口や洗濯機などの突発的な事故には注意が必要です。といいますのも、突発的な事故は家主が賠償責任を負うことがありますので、入居者負担かどうか、まずはご注意ください。基本的には「老朽化の場合」と同様で、共用部分か専有部分かに大きく左右されます。しかし老朽化など、過失や原因がマンション設備にあった場合は免責になるケースもあるのです。警察や弁護士などの機関や念書を利用して、まずは事故の原因調査を依頼しましょう。

水道被害に保険を利用する

責任が賃貸住宅側にある場合、賃貸側に賠償の責任があります。しかし、もしもご自身が責任を取る場合、その賠償額は莫大なものになる危険があります。そのような場合も、保険に入っていれば安心です。逆に被害者になってしまっても、雑損控除や家財保険の対象となっていれば、その被害を補償してくれるのです。賃貸住宅に入居する際、不動産屋や管理者に保険の加入を勧められることもあります。アパートで無保険で暮らしていますとトラブルの賠償・慰謝料に対応できないことがありますので、何かしらの対策はしておいて損はないでしょう。

入居者を守る保険

マンションや賃貸では保険の加入が必須のことも珍しくありません。損害賠償問題は賃貸でも容赦なく襲いかかります。水漏れ箇所の下の階の方も保険に入っていれば、被害が補償される場合がありますので、まずは保険の種類と適応範囲を確認しましょう。

<個人賠償責任保険>

階下被害の弁償代など、その被害を補償してくれるのがこの保険です。基本的には特約になっており、火災保険などとセットにして販売されています。この保険は加害者にとって重要な保険です。

<火災保険>

損害保険の一種で、火災はもちろん、漏水による建物の損害を補償してくれます。マンションの修理費用にも充てられますが、物損に対する補償は不十分なため、同時に家財保険にも加入することが推奨されます。また、損害の原因が単なる劣化では保険が適用されないこともあります。

<リフォーム保険>

リフォーム工事を行った部分の瑕疵に起因したトラブルを補償してもらえます。戸建住宅はもちろん、共同住宅でも補償の対象になります。

保険適用の可否

いざという時に頼りになる保険ですが、必ずしも保険が適用されるとは限りません。それではどのような場合に適用の可否が決められるのでしょうか。

<保険適用される場合>

当たり前ですが、保険に入っていなければいけません。基本的には賃貸住宅の入居者は火災保険等に加入している場合がほとんとですし、同時に個人賠償責任保険に加入することもあります。しかし、義務というわけではありません。ご自身が保険に加入しているのか確認しておきましょう。

<保険適用されない場合>

保険に入っていても適用されないケースがあります。個人賠償責任保険の場合、故意に損害を与えることは、保険の適用範囲外に当たります。また、職務遂行中の損害や、同居する親族への損害も適用外となります。
火災保険の場合も、被保険者に過失がある場合は同様に適用外になります。また、火災保険は災害や事故などによる損害を対象とするため、単なる老朽化では保険が適用されません。ただし、一見経年劣化に見えるものも保険適用の対象になることはありますので、その場合は一度調査してもらうと良いでしょう。

まずは保険の確保を!

アパートやマンションなど、賃貸では費用の節約のために保険に加入していないケースは稀にあります。まずは何より、自身が保険に加入しているかどうか調べましょう。そして、その保険の内容をよく確認しましょう。保険会社は迷惑料請求相場や慰謝料請求相場の平均額や天井額を知っていることも多く、お詫びやお礼などの見舞金を決める指標にもなります。

一軒家に一人暮らしでもしていない限り、水トラブルはご近所の方々を巻き込む恐れがあります。集合住宅にお住まいの場合、1階にお住まいならまだしも、2階以上になりますと階下の方を巻き込むリスクが発生します。水トラブルは広範囲に被害を及ぼすため、万が一の事が起きてしまいますと、謝罪や詫び状などが必要になることもあるでしょう。水トラブルを防ために重要なことは、早期対応と一定期間毎のメンテナンスです。管理会社と連携して、知識を持った水道業者に依頼をすることで、安心の生活を送ってみてはどうでしょうか。

  • 0120-923-426
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼